会社説明会は行くべき?メリットや対策について

会社説明会は行くべき?メリットや対策についての画像

【このページのまとめ】

  • ・会社説明会は1社のみによる単独説明会と複数の企業が集まる合同説明会がある
    ・会社説明会は採用試験の条件になることもあるので注意しよう
    ・合同説明会は、さまざまな企業について知ることができる点がメリット
    ・単独説明会は、その企業についてより深く知ることができるのがメリット
    ・会社説明会に参加する前に質問を用意しておこう
    ・説明会の後に面接や筆記試験があるか事前に確認しよう

「行きたい会社については十分企業研究したから、会社説明会には行かなくてもいいかな…」なんて思っている人はいませんか?
会社説明会は、実は採用選考の1つとして考えている企業も少なくありません。
今回のコラムでは、会社説明会の種類と概要から参加前の注意点まで詳しく解説しています。

◆会社説明会の概要と種類

会社説明会と一口に言っても、企業ごとにその形態はさまざま。この項目では、会社説明会の目的や代表的な種類についてご紹介ます。

・会社説明会とは?

会社説明会とは企業が応募者に対して、事業内容を始めとする会社の概要や取り組みなどについて説明をする場のことです。
どんな人材を求めているかなど、詳しい採用情報を聞くことができるので、就活のスタートと位置づけられることも。「企業説明会」「企業セミナー」「就職セミナー」という名称で開催されることもあります。

・会社説明会の目的

自社をより深く知ってもらい、マッチング度の高い応募者と出会うために設定されます。
会社説明会の参加が、採用試験に進むための条件になるケースもあるので注意が必要です。

・会社説明会の種類

会社説明会は1社のみによる単独説明会と複数の企業が集まる合同説明会の2つに分かれます。
1社による単独説明会は、事前に予約が必要なケースが多く、説明会の後に一次選考を行うことも。単独説明会に参加する場合は、面接や筆記試験があることも予想しておいたほうがよいでしょう。
合同説明会の主催は、主に就職支援サービスを行う民間企業や公共団体。幅広い業界の企業が参加するので多くの企業を知るチャンスです。
また、地域を絞って開催される説明会や、ある業界に特化した説明会が開かれることもあります。
業界に特化した説明会では、業界全体のことを知ることができるので、志望する業界が明確になっている就活生におすすめ。企業ごとの比較がしやすいのが特徴です。





◆会社説明会に参加するメリット

前項でも述べたように合同説明会は、さまざまな企業について知ることができるのが特徴です。
志望業界や志望企業が絞り込めていない場合、参加することで自分がどういった業界に関心も持ち、どの会社に入りたいのか知るきっかけを掴めるかもしれません。積極的に参加することをおすすめします。

単独説明会であれば、その企業についてより深く知ることができるのがメリットと言えるでしょう。
在籍社員と直接やりとりできる時間を設けている企業が多く、Webサイトや求人情報だけでは得られない生の情報を得ることができるのがポイント。さらに社内で開催されている場合は、実際の職場の雰囲気を知ることができるので、入社後のミスマッチを防ぎやすいといえるでしょう。
しかし、残念ながら参加した結果、「イメージと違った」「自分には合わない」と感じることがあるのも事実。無駄な時間を費やしてしまったと感じてしまうかもしれませんが、自分とは「何が」合わないかを知ることで、どんな企業が自分に合うのかが明確になるはずです。
入社後のミスマッチを防げたと思って次に進みましょう。

分に合った就職先を見つけるには、できるだけ多く会社説明会に参加し、自分の肌で体感することをおすすめします。





◆会社説明会の参加前に準備しておきたいこと

この項目では、会社説明会に参加する前に準備しておきたい事柄について解説します。
下記を踏まえて早速準備を始めましょう。

・質問を用意しておく

会社説明は、企業について知ることができる貴重な機会であるだけではなく、選考に大きな意味を持つこともあります。受け身で参加するのではなく、積極的な姿勢で参加しましょう。
気になる企業については、事前に企業研究し、質問できるようにしておくことをおすすめします。
注意したいのは、少し調べればわかるような質問はしないこと。その企業に関心がないのかと思われるだけではなく、就職活動に対する熱意や姿勢を疑われてしまう恐れがあります。
説明会に参加する前に、徹底的にリサーチてから質問を考えましょう。
また、同様に注意したいのが質問を全くしないこと。上記と同じように企業に就職意欲を伝えることはできません。
説明会で聞いたことを質問する、他の就活生と同じような質問をするのもマイナスな印象を与えてしまいます。他の就活生と質問が重複しないように何パターンか用意しておくと安心です。
福利厚生や条件面ばかり聞くのも考えものです。仕事内容や事業内容についての質問が望ましいでしょう。

・会社説明会の内容を確認しておく

質問以外で注意したいのは、参加したい会社説明会がどのような意図で開催されるのかという点。ただの説明会なのか選考試験を含んでいるのかを確認しましょう。
説明会後に筆記試験や面接が設定されることもあるので、事前に確認し、対策をしておくと安心です。
説明会参加が選考試験の必須条件になっている場合もあるので、気になる企業がある場合はチャンスを逃さないよう情報収集しましょう。
会社説明会の案内は、企業のWebサイトで告知があるのが一般的。最近ではSNSアカウントを用意している企業も。

何度もお伝えしていますが、会社説明会から選考は始まっていると言っても過言ではありません。下準備を徹底的にしてから参加するよう心掛けましょう。


会社説明会について、いかがだったでしょうか?

自分に合った企業を選ぶには、職場環境や業務内容だけではなく、社風や会社の方向性などを詳しく知ることが大切です。
会社説明会に参加することで、企業について詳しく知ることができるのはもちろんですが、就職活動をスタートする前に詳しい企業情報を集め、効率的に就職活動を進めたいという方は、就職エージェントを活用するのもおすすめです。

20代を中心とした若年層に特化した就活支援を行っているハタラクティブでは、専任のキャリアアドバイザーがマンツーマン体制であなたの就活をサポートします。
ハタラクティブがご紹介している求人は、私たちが実際に訪れた信頼できる企業の求人のみ。リアルな職場の雰囲気や詳しい仕事内容について具体的な情報をお伝えすることができるのがポイントです。
入社後にミスマッチを感じないよう、気になる企業で働いた場合のメリットやデメリットについてもきちんとお伝えしています。
自分に合った就職先選びは、ぜひ就職支援のハタラクティブにお任せください!
応募書類の書き方についてのアドバイスや面接対策まで、就活にまつわるあらゆるサポートも提供しています。
まずは、お気軽にご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION