会社説明会のマナーを事前にチェック!服装・お礼メール・質問を徹底解説

会社説明会のマナーを事前にチェック!服装・お礼メール・質問を徹底解説の画像

この記事のまとめ

  • 会社説明会とは、企業が事業内容や取り組みを応募者に説明する場のこと
  • 企業によっては会社説明会で筆記試験を実施するなど選考の場として活用される
  • 会社説明会はスーツで参加するのが基本
  • 就職に対して明確な希望や目的がなければ、合同説明会への参加がおすすめ

企業の雰囲気や働く社員の様子を確認できるのが会社説明会。積極的に参加したいところですが、守るべきマナーなどが不安で参加を悩む方が多いのが実情のようです。しかし、会社説明会に参加すれば募集要項やWebサイトでは分からない企業の情報を知ることもできます。コラムでは、会社説明会で不安になる方の多い「服装」「質問」「お礼メール」をはじめとする基本についてまとめました。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

会社説明会とは?

会社説明会とは、企業が応募者に対して事業内容を始めとする会社の概要や取り組みなどについて説明をする場のことです。
どんな人材を求めているかなど、詳しい採用情報を聞くことができるので、就活のスタートと位置づけられることも。「企業説明会」「企業セミナー」「就職セミナー」という名称で開催されることもあります。また、会社説明会で面接や筆記試験を行うなど、選考の場と位置づける企業もあると覚えておきましょう。

会社説明会の種類

会社説明会は1社のみによる単独説明会と複数の企業が集まる合同説明会の2つに分かれます。
1社による単独説明会は、事前に予約が必要なケースが多く、説明会の後に一次選考を行うことも。単独説明会に参加する場合は、面接や筆記試験があることも予想しておいたほうがよいでしょう。
合同説明会の主催は、主に就職支援サービスを行う民間企業や公共団体。幅広い業界の企業が参加するので多くの企業を知るチャンスです。また、地域を絞って開催される説明会や、ある業界に特化した説明会が開かれることもあります。業界に特化した説明会では、業界全体のことを知ることができるので、志望する業界が明確になっている就活生におすすめ。企業ごとの比較がしやすいのが特徴です。

会社説明会の基本的な流れ

会社説明会は、受付→説明会→質疑応答の順で開催されるのが基本です。
なお、参加に関して予約やエントリーシートの提出が求められる企業も。必要に応じて準備しておきましょう。
会社説明会の開催情報については、各企業のWebサイトや就職情報サイト、新聞などで入手できます。新卒向けが多いですが、近年では第二新卒や転職者向けの説明会も多く開催されているので、自分に合ったものを選びます。「既卒が説明会に参加する方法はある?」のコラムもご覧ください。

会社説明会に参加するメリット

会社説明会に参加するメリットは、文字だけでは分からない情報を得られること。また、企業で開催される説明会なら、社内の雰囲気も確認できます。

合同説明会の参加メリット

前項でも述べたように合同説明会は、さまざまな企業について知ることができるのが特徴です。志望業界や志望企業が絞り込めていない場合、参加することで自分がどういった業界に関心も持ち、どの会社に入りたいのか知るきっかけを掴めることも。「第二新卒が参加できる合同説明会とは」のコラムでも、合同説明会への参加メリットをまとめています。

単独説明会の参加メリット

単独説明会は、その企業についてより深く知ることができるのがメリットといえるでしょう。
在籍社員と直接やりとりできる時間を設けている企業が多く、Webサイトや求人情報では分からない生の情報を得られるのがポイント。さらに社内で開催されている場合は、実際の職場の雰囲気を確認できるので、入社後のミスマッチを防ぎやすいといえるでしょう。
しかし、残念ながら参加した結果、「イメージと違った」「自分には合わない」と感じることがあるのも事実。無駄な時間を費やしてしまったと感じてしまうかもしれませんが、自分とは「何が」合わないかを知ることで、どんな企業が自分に合うのかが明確になるはずです。入社後のミスマッチを防げたと思って次に進みましょう。

自分に合った就職先を見つけるには、できるだけ多く会社説明会に参加し、自分の肌で体感することをおすすめします。

会社説明会に参加しないと選考に進めない?
企業によっては、会社説明会への参加がないと選考に進めないことも。面倒だから、と参加を躊躇せずに興味のある会社の説明会には積極的に参加しましょう。

会社説明会に行く際の服装

会社説明会に参加する場合は、スーツを着用するのが基本です。説明会とはいえ、ビジネスの場。特別な指定がない限りはスーツで参加しましょう。

スーツの種類は?

20代前半なら、リクルートスーツを着用しても問題ないことが多いようです。20代後半になると、リクルートスーツでは「頼りない」といった印象を与えやすくなるので避けたほうが安心。
リクルートスーツ以外であれば、黒や紺といったベーシックなスーツを選びましょう。転職時のスーツについては「転職活動にリクルートスーツは着てもいい?好印象を与える8つのポイント」のコラムでもご確認いただけます。

自由な服装を指定されたら?

説明会の服装でよく困るのが「自由な服装でお越しください」と書いてある場合。結論からいうと、自由な服と記載がある場合もスーツでの参加が安心。自由な服なのでもちろんスーツもOKということになります。
自由な服装の意味をそのまま受け取り、カジュアルすぎる服装で説明会に参加するのは避けたほうが良いでしょう。「「服装自由」に普段着はNG!知っておきたい面接の掟」でも、選考と服装の関係についてまとめています。

私服を指定されたら何を着る?

ビジネスの場における「私服」とは、オフィスカジュアルを指すのが一般的です。休日に着るような服装とは異なるので注意しましょう。
基本的に、男性ならチノパンにシャツ、女性なら膝下のスカートかロングパンツにブラウス。性別に関わらずジャケットは着用します。デニム生地やTシャツといったカジュアルすぎる服装や露出の多いもの、派手な色柄、過度なアクセサリーは避けましょう。
「面接は私服でお越しください」何を着ていくのが正解?」のコラムでも、私服の考え方やビジネスカジュアルについてまとめています。

会社説明会で用意したい質問

会社説明は、企業について知ることができる貴重な機会であるだけではなく、選考に大きな意味を持つこともあります。受け身で参加するのではなく、積極的な姿勢で参加しましょう。気になる企業については、事前に企業研究し、質問できるようにしておくことをおすすめします。

質問を考えるときは、自分が実際に働くことを想定するのがポイント。
配属の事業部や一日の業務の流れ、仕事に欠かせない物事など、働く姿を具体的にイメージできる質問を考えてみましょう。
なお、会社説明会での質問は基本的に1人につき1回まで。質問が多くある場合は優先度を決めておきます。

好印象を与える質問のコツ

「資料の○ページですが」など、質問に関する事柄を追加すると「相手に配慮できる」「説明をしっかり聞いている」と好印象を与えることができます。また、「御社のWebサイトでは○○と記載がありましたが」など、説明会では触れていない情報を混ぜ込むことで、企業研究の深さや志望度の高さをアピールできるでしょう。

避けるべき質問は?

少し調べればわかるような質問はしないこと。その企業に関心がないのかと思われるだけではなく、就職活動に対する熱意や姿勢を疑われてしまう恐れがあります。説明会に参加する前に、徹底的にリサーチしてから質問を考えましょう。
また、同様に注意したいのが質問を全くしないこと。上記と同じように企業に就職意欲を伝えることはできません。
説明会で聞いたことを質問する、他の就活生と同じような質問をするのもマイナスな印象を与えてしまいます。他の就活生と質問が重複しないように何パターンか用意しておくと安心です。
福利厚生や条件面ばかり聞くのも考えものです。仕事内容や事業内容についての質問が望ましいでしょう。

自己アピールになる質問にも気をつけよう
「○○が得意ですが業務で活用できますか?」など、自己アピールと受け取れる質問も避けたほうがベター。自己アピールの場ではなく、あくまでも会社説明会における質疑応答の場です。その場にふさわしい質問を用意しましょう。

会社説明会にお礼メールは必要?

会社説明会のマナーで意外と忘れがちですが、お礼メールも重要なポイントです。
実際お礼メールが合否に直結することはありませんが、少なくとも印象は良くなります。悩んだら送るのがおすすめです。
お礼メールを送る際は以下の項目を参考にメールを作ると良いでしょう。

件名:会社説明会の日にち、氏名
本文:宛先
挨拶文
説明会の感想
入社意欲など抱負
締め
署名

説明会のお礼メールについては、「説明会後のお礼メールは必要?就活マナーを知ろう」のコラムもご活用ください。例文や注意点をご確認いただけます。また、メールを送る際は日にちを開けず、その日のうちに送る方が熱意も伝わるので、説明会後時間を見つけてお礼メールを送るようにしましょう。

会社説明会のマナー・注意点

会社説明会でも、最低限のマナーは守るべき。「説明会だから」と気を抜いているとネガティブな印象を抱かれてしまい、選考で不利になってしまう可能性も考えられます。社会人としてのマナーを守り、目的を持って参加しましょう。

会社説明会の内容を確認しておく

参加したい会社説明会がどのような意図で開催されるのか確認しておきましょう。ただの説明会なのか選考試験を含んでいるのかを調べ、必要に応じて筆記試験や選考の準備も進めておきます。また、会社によっては「合同説明会では基本的なことを、単独説明会ではより深入りした内容を説明する」と、説明会のフェーズに合わせて内容を変更していることも。事前に予約フォームなどで説明会の内容を公開する企業もあるので、自分の求める内容に合った説明会を選択しましょう。

参加前の準備

会社説明会になんとなく参加するのはもったいないこと。単に説明を聞くのではなく、能動的な参加を心がけましょう。会社説明会の内容は、企業研究だけでなく志望動機や自己PRに活用できるものも多くあります。参加までに自己分析を済ませ、意義ある時間とする意識が大切です。

会社説明会に必要な持ち物

会社説明会には、以下の持ち物を用意していきましょう。

・筆記用具
・メモ、手帳
・クリアファイル
・会社案内
・会場までの地図

上記以外にも、変えのストッキングや身だしなみを整えるアイテム、モバイルバッテリー、折りたたみ傘などはあると便利。選考が実施される場合は、履歴書や職務経歴書、証明写真などを持参しても良いでしょう。会社説明会の持ち物は基本的には面接と変わらないため、「面接時の持ち物は大丈夫?必須アイテムを確認しよう」も参考にしてください。

会社説明会で注目すべきポイント

せっかく会社説明会に参加するのであれば、対面でしか見ることができない企業の一面をチェックしましょう。
まずは説明をしている社員。
仕事に向き合い積極的に説明会を行っているか、嫌そうに説明会をしているのかは目や表情を見ればある程度わかります。社員の働きぶりから、会社の社風や体質が見えてくるでしょう。
時間管理も注目ポイントのひとつ。管理がうまくできておらず、時間が押しているような企業は要注意です。時間に対する意識の低さは、残業の常態化や業務の正確さに影響を及ぼすものです。

自分に合った企業を選ぶには、職場環境や業務内容だけではなく、社風や会社の方向性などを詳しく知ることが大切です。
会社説明会に参加することで、事業やビジョンだけでなく、社員や社風などを確認できます。文字だけの情報よりも、具体的に企業や仕事についてイメージできるため「思っていたのと違った」という事態を回避できるでしょう。気になる企業が説明会を実施していたら、積極的に参加してみてください。

フリーターや第二新卒で会社説明会に参加できるか不安なら、就職エージェントのハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブでは、スタッフが訪問調査を行った企業の求人をご紹介しています。会社説明会に参加できなくても、実際の企業の雰囲気や働く社員の特徴、福利厚生といった情報をお伝えできるのが特徴。さらに、専任アドバイザーによるカウンセリングを行い、性格や適性、希望を考慮した求人のご提案も行っています。応募の際には、企業ごとに対策を行い、面接の練習も実施。内定まではもちろん、内定後もヒアリングを行い、ミスマッチの少ない就職を叶えます。
「会社説明会に参加したいけど、どうしたら良い?」「会社説明会に参加しなくても企業情報を知りたい」「会社説明会の活用法を知りたい」など、就職や転職に関するご相談をお待ちしております。

この記事に関連するタグ