1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 「面接は私服でお越しください」何を着ていくのが正解?

「面接は私服でお越しください」何を着ていくのが正解?

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・面接時の服装に私服を指定する企業は、会社の心遣いや応募者のセンスを確認するなどの理由がある
    ・私服指定の場合は、スーツは着用せず必ず私服で面接を受ける
    ・私服面接の場合の服装は、ジャケットを着用したオフィスカジュアルが望ましい

「面接は私服でお越しください」何を着ていくのが正解?の画像

面接は、第一印象が9割と言われることがあります。大切なのは、態度や仕草、話し方、見た目など。見た目はこの中でも、気軽に誰でも改善することが可能なポイントの1つです。事実、同じスキルを持つ2人でも、シワのよった服や汚れたままの靴などで臨むルーズなビジュアルの人よりも、TPOをわきまえた清潔感あるビジュアルの人を採用するのは言わずもがなでしょう。今回は、そんな面接で、「私服」を指定された場合の注意点についてご紹介いたします。

私服面接を行う企業の意図とは?

「自由な服装でお越しください」そう言われれば大半の方がスーツを着用すると思います。しかし、「私服」を指定されたら話は別。そもそもなぜ企業側は私服を指定するのでしょうか?その理由は、下記のようなことが挙げられます。

社風が自由

お仕事上、スーツの着用が義務付けられていない、Web関係やIT関係などの会社では、普段どおりの服装で面接にお越しくださいと言われるケースがあります。「うちは自由な社風なんだ」と、応募者に理解してもらうという意図があるのです。

応募者のセンスをチェック

特に、美容院・アパレルショップ・出版社など、オシャレがものを言う業界では、私服を通じ応募者のセンスをチェックするために指定されるケースがあります。こういった企業の場合は、オフィスカジュアルを目指して、大勢の中の一人になりやすい無難な服装を選ぶよりも、自分らしさを表現したその業界にふさわしい服装を選ぶことも大切だと言えます。

企業側の心遣い

冬場はともかく、暑い季節である夏場のスーツは大変です。体調不良で普段の力が発揮できないという事態に陥らないよう、企業側の配慮で指定されるケースがあります。

リラックスして欲しいから

普段着慣れないスーツを着ることで、「背筋が自然に伸びる、程よい緊張感があっていい」といったポジティブな意見もあれば、「堅苦しくて好きじゃない」というマイナスの意見を持つ人も少なくありません。普段どおりの自分らしい服装を着ることで、少しでも緊張感を軽減できればという企業側の優しさで指定されることもあります。

TPOを判断できるか見ている

私服指定だからといって、スウェットやダメージジーンズなどのカジュアル過ぎるものは企業によってはNGになるケースも少なくありません。求められているのは、「社会人として恥ずかしくない範囲の私服」。TPOに合った服装ができるのかをチェックしています。

「私服」と言われてスーツを着ていくのは駄目?

私服=何でもOKとは限りません。社会人として私服で面接を臨む際には、気にすべきいくつかの注意点があります。

「私服可」という指示のとき

この場合、スーツはもちろん私服でも大丈夫ですよという意味が含まれています。よって、スーツでもカジュアルな服装でもどちらでもOKです。

「服装自由」という指示のとき

この場合、「うちは求職者にとって良心的な会社ですよ」という企業側のアピールであり、社交辞令なケースがほとんどです。そのため、基本的にはスーツで臨む方が好ましいでしょう。

「私服でお越しください」という指示のとき

この場合は、私服を指定しているわけですから私服で臨みましょう。スーツを着ていくのは避けておいたほうが無難です。

「あなたらしさを表現できる服装で」

この指定が1番頭を抱えるのではないでしょうか。業界によって大きく異なるため一概には言えませんが、無難なのは職場にマッチした格好です。会社のWebサイトなどで実際に働くスタッフの格好を事前にチェックしておき、その職場にいても浮かずに馴染むであろう服装が望ましいでしょう。面接官にも、自分がその場で働いても違和感ないというイメージを与えることができます。基本は私服ですが、企業側を納得させられる理由があればスーツでも大丈夫です。

スーツを着ておけば間違いない。その認識が間違っているとは言えませんが、どんな指示のある面接にもスーツを着て行って良いというわけではありません。企業から出された指示の意図を読み取りながら、適切な服装を選ぶようにしましょう。

私服を着ていくときの、基本の心得

基本的に、面接での私服指定の場合はオフィスカジュアルと考えていいでしょう。ただし、近所のコンビニに行くのとは訳が違います。「やる気はあるのかな」と思われないよう、ビジネスの場にふさわしい格好が好ましいです。ポイントは清潔感。ダメージデニムやサンダルなどを避け、面接官に不快な思いをさせない、職種に見合った服装を考えてみてください。
しかし、美容師やアパレル雑誌の編集者など、センスが問われる職種の面接については「オフィスカジュアルを避け、普段の格好で」といった指定を出す会社もあります。そういった場合は普段どおりの自分が好きな服装で臨んで大丈夫です。
また、応募先がアパレルブランドの場合は、そのブランドのアイテムを取り入れたり、ブランドテイストに沿ったデザインの服を着用したりといった工夫をしましょう。
次は、実際にどんな私服で行けばいいのか男女別にご紹介いたします。企業によって異なりますが、ここではオフィスカジュアルにポイントを絞りました。

私服面接の服装 ~男性編~

男性と女性でも着こなし方は異なります。まずは男性編からご紹介。

OK例

ジャケット

スーツまではいかなくても、ジャケットを着用するだけで堅めの印象を与えることができます。色は、ブラック・ブラウン・グレーが無難です。また、1着を着回すのではなく、季節感を意識した生地のジャケットを羽織るようにしましょう。シワがよっていないかも確認してください。

シャツ

色は白が無難ですが、ストライプなどの派手すぎない柄であればOKです。襟や袖の汚れに注意します。また、ジャケットを着用するのであれば、中はTシャツやニットなどでも良いでしょう。夏場の場合はジャケットを着用せずに、ポロシャツ1枚でも大丈夫です。

カーディガン

企業の雰囲気によっては、カーディガンの着用もいいでしょう。色は派手すぎず、清潔感を与えられる範囲のものを選ぶようにしてください。その際は、毛玉に注意しましょう。

スラックス、チノパン

基本的にはスラックス・チノパン、またはブラックや白などのカラーパンツが無難です。こちらもシワに注意しましょう。

革靴

基本的には革靴で臨むようにしましょう。色は、ブラックやブラウンが好ましいです。面接前にしっかり磨いておき、汚れがないよう注意してください。

腕時計

腕時計を必ずしも着けなくてはいけないという決まりはないですが、高い年齢層の面接官だとビジネスシーンにおいての腕時計は時間を守ることの象徴だと考える人も少なくありません。付ける場合には、大きすぎないシルバーのものや落ち着いた色合いの革のベルトのものを選びましょう。

NG例

パーカー、トレーナー、ランニングシャツ

あまりにラフ過ぎるものや露出の多い服装は面接には不釣り合い。また、キャラクターものは避け、無地やシンプルな柄のもので臨みましょう。

半ズボン、ジーンズ

ボトムスも露出は避け、長ズボンを選びます。足首が見える七分丈もNGです。また、企業によってはジーンズOKのところもあるかと思いますが、カジュアルダウンしすぎるため、避けたほうが無難でしょう。スウェット生地のものもNGです。

スニーカー、サンダル

企業によってはスニーカーOKというところもありますが、面接では避けておきましょう。

派手なファッション小物

女性の場合は、デザインによってピアスやネックレスなどの着用はOKですが、男性の場合は結婚指輪・シンプルな腕時計以外の小物は付けないようにしたほうが無難です。腕時計は、基本的に大きすぎないシルバーまたは落ち着いた色の革のデザインのものをチョイス。ゴールドやキャラクターもの、ビビッドカラーのスポーツウォッチなどは避けます。

私服面接の服装 ~女性編~

女性の場合は、男性に比べオフィスカジュアルの幅は広め。以下のことに気をつけてみてください。

OK例

ジャケット

女性の場合も、ジャケットを取り入れた方が無難だと言えます。色は男性よりも幅広く、ベージュやネイビーなどの色もOK。派手すぎない色を選びましょう。

スカート、パンツ

気にして欲しいのは色と素材。色は、ジャケットと合わせておくと間違いないかと思います。もちろん違う色でも大丈夫ですが、上下おかしくない組み合わせを目指します。また、素材は、綿100%やニットだとカジュアル過ぎる印象を与えてしまうので、できればスーツ生地のようなナイロン素材のものが好ましいでしょう。

カーディガン

ジャケットがない場合はカーディガンでもOK。こちらも男性よりも色の幅は広く、柄さえ派手でなければ、ピンク・黄色・緑などの色物も着用OK。派手すぎずに自分に似合う色、顔色をよく見せる色をチョイスしてみましょう。

パンプス

ミュールやサンダル、ブーツ、モカシン、厚底スニーカーなどは避け、落ち着いた色合いのパンプスを履きましょう。ヒールの高さは高すぎない5センチくらいのものが無難です。

NG例

露出

オフショルダーやミニスカート、ホットパンツ、胸元が見える深いVネックなど、過度な露出は面接にふさわしくありません。スカートであればひざ丈、パンツはロング丈のものをチョイスしましょう。

アクセサリーの重ね付け

結婚指輪や腕時計、主張しすぎないネックレス、ピアス、イヤリングなどの着用はいいですが、歩く度にじゃらじゃらと音がなってしまうような、過度なアクセサリーは面接には不釣り合いです。

派手な柄物

基本的には無地のプレーンなもの、または派手すぎないストライプが好ましいです。ボーダーやチェック、ドット、レオパード、ペイズリー、カモフラージュなどの柄物は面接では避けましょう。

香水

自分の好きな香りを身にまとうことで、緊張せずにリラックスした状態で面接に臨めることもありますので、香水をつけること自体はOK。しかし、香りがきつ過ぎるのはNGです。面接会場中をあなたのにおいでいっぱいにしてしまわないよう注意しましょう。心配であればつけない、または香りの優しいものを膝裏や足首などにワンプッシュくらいに止めておきます。

素足

靴下ではなくストッキングを着用するのがマナーです。「素肌とストッキングとで色がそこまで変わらないのでいいのでは」と言う方もよくいますが、意外に気づくものです。必ずストッキングを着用して欲しいのと、万が一伝線したときのことを考え、予備のストッキングをカバンに入れておきましょう。

男女共通の注意点

カバン

男女ともにA4の書類が折らずに入る鞄が良いでしょう。色は、ブラックやブラウンなどを選び派手な色を避けるようにします。

一概には言えませんが、トップスには襟の付いたものをチョイスすると間違いないかもしれません。ジャケットはもちろん、カーディガンを着用するのであれば中のインナーにシャツなどの襟付きのものを選ぶなど。さらにボタンを上までしっかり留めることで、きちんとした身なりで好印象を与えることができます。

アウター

寒い時期の転職活動であれば、ジャケットだけでは厳しいこともあるでしょう。面接時には脱いでいるものの、面接会場に一緒に持っていくケースが多く面接官の目に触れることも思いますので、アウターにも注意が必要です。Gジャン、スタジャン、ライダース、ミリタリージャケット、ダウンジャケット、MA1などのカジュアル過ぎるものは避け、トレンチコート・Pコート・チェスターコート・ダッフルコートなどを選びましょう。
コート類であっても、ファー付き・派手な色・装飾の多いものなどはNGです。

匂い

面接官と少し距離がある面接会場もありますが、テーブルを挟んで面接を行うケースも多くあります。面接前にはブレスケアを、汗をかく季節には制汗スプレーや汗ふきシートなどでケアを行いましょう。

いかがでしたか?面接=スーツのところも多いですが、企業によっては私服を指定されるケースも少なくないのが現状です。スーツであれば比較的誰でもビシっと決まりますが、私服であればそうはいきません。でも、心配は無用です。上記のちょっとしたポイントをおさえるだけで、好印象を与える服装で面接を受けることができます。
私服面接の場合は、ぜひ参考にしてみてください。

面接に関しては、あくまでも社会人としてTPOをわきまえた服装で挑み、オシャレは入社後に楽しむようにしましょう。

転職活動は、ハタラクティブに任せてください!

ハタラクティブは、転職に関するさまざまな悩みに対し、幅広くサポートできる会社です。
「面接で何を着ていけばいいのか分からない」そんなお悩みから、「自分に合った職業が分からない」といったお悩みまで、就活アドバイザーがマンツーマンでしっかりお応えします
自分一人で悩む前に、ぜひプロにお任せを。失敗しない転職活動をあなたにお約束します。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる