面接が怖い!行きたくないのはなぜ?ニートやフリーターの練習法もご紹介

面接が怖い!行きたくないのはなぜ?ニートやフリーターの練習法もご紹介の画像

この記事のまとめ

  • 面接を怖いと感じる原因には、本番での失敗や対策不足に関する不安や恐れなどがある
  • 面接を怖いと思わなくなるには「自信を持つ」「完璧を目指さない」といったことが重要
  • 本番の面接で怖いと感じたら、体を少し動かしたり緊張を素直に申し出たりすると良い
  • 本番の面接を怖いと感じないようにするためには、模擬面接で繰り返し練習する

面接を受けるにあたって、怖いと感じる方も多いのではないでしょうか。本番で恐怖を強く感じてしまうと緊張し過ぎて言葉が出てこなくなったり、元気のなさから消極的な印象を与えてしまったりする可能性があります。そのため、本番まで面接の練習を繰り返すことと、当日頭が真っ白になってしまったときの対応策を押さえておくことが肝心です。悔いの残らないないよう、このコラムで面接に関する恐怖への対策を押さえましょう。

ハタラビット

ハタラクティブは20代の
フリーター・既卒・第二新卒

特化した
就職支援サービスです

面接を怖いと感じる5つの原因 

面接が怖いと感じる原因には、次の5つの心情が関係しているようです。以下、それぞれご紹介します。

1.不採用になると社会人失格といわれている気分になる

就活で不採用が続くと、自分が「社会人としての適性がない」と判断されたように感じ、それ以上面接を受けるのが怖くなるようです。不採用の理由はほとんどの企業で知らせないので、なぜダメだったのか分からないこともより不安になる原因でしょう。

2.内定が決まらなかった場合の生活が心配になる

内定が決まらなかった場合、面接のたびに「このままどの企業にも入れなかったら、どうやって生活しよう?」と今後が不安になってしまう人も。金銭面の心配や周囲の反応などが気になり、面接を受けるのが憂鬱になるようです。

3.面接対策が万全でなく不安

面接に対するやる気があるものの「もっと対策をしておけば良かった」と後悔しているときには、面接がうまくいくかどうか不安になってしまい、会場に向かうのが怖いと思うようです。通過したいという強い思いがあるからこそ、自分が納得いくまで準備したかったという悔いが残るのでしょう。

4.本番で失敗してしまうのではないかという恐れがある

しっかり選考対策をしてきても、いざ本番となると失敗してしまうのではないかという恐れから面接に行くのが怖いと思う人もいます。どんなに準備してもあくまで練習であって本番ではないと無意識に思っていることから、いざ本番では動揺して失敗するのではないかと考えてしまうようです。

5.面接官や他の応募者の反応が気になる

面接ではどんな人々と一緒になるか分からないため「面接官につまらない回答だと思われたらどうしよう」「ほかの応募者が自分より良い回答をしたらどうしよう」と、周囲にマイナスの反応を受ける可能性を思い浮かべてしまい、本番が怖くなる場合も。本番になってみないと分からない緊張感から、つい悪い想像をしてしまうのでしょう。
面接に対する不安のある方には「面接がうまくいくか不安…どんなことに気をつけるべき?」のコラムも参考になります。

面接が怖いと思わなくなる5つの考え方

面接に対する考え方を切り替えれば、怖いと思うことはなくなるでしょう。ここでは、どんな考え方をすれば怖くなくなるかをご紹介します。

1.面接官の質問にすべて完璧に答えようと思わない

面接ではすべて完璧な回答をしなければと思いつめないのが大事です。本番では絶対失敗できないというプレッシャーから、受け答えを完璧にしなくてはいけないと思いがちな人は多いでしょう。しかし、面接官の質問には正解はありません。面接官は応募者の緊張をよく分かったうえで、その人が「どう考え、どう行動するのか」という思考や行動の過程に着目しています。そのため、自分の考えを誠実に伝えようとする姿勢があれば、内容が完璧でなくても面接官に伝わる回答となるでしょう。

2.自分も企業を選ぶ側なのを認識する

面接では応募者と企業は対等の立場であり、応募者には働く場所を選ぶ権利があります。しかし、面接を何度も受けていると、自分は「選ばれる側」と思ってしまう人も。「選ばれる側」と思うことはジャッジや品定めをされているという意識につながりやすく、自分を否定されるのではないかという恐れを抱きやすくなります。よって、折に触れて「自分もまた企業を選ぶ側」という意識を持つことが大事です。そうすると、仮に不採用だったとしても、自分の価値を否定されたのではなく相性の問題だったと思えるようになるでしょう。

3.本番でも「ほかの面接の練習になる」と考える

面接では本番であることをあまり強く意識しないのが大切です。特に、緊張しやすい人は注意しましょう。本番だと強く意識すると力が入ってしまって本来の実力が発揮できない場合があるからです。たとえ選考であっても「ほかの企業の面接にも役立つ貴重な経験」ととらえて、プレッシャーを感じすぎないようにしましょう。

4.自分には良いところがあると自信を持つ

自信のない人はほかの応募者が自分より優れていると思い込んだり、面接官に評価されないのではないかとむやみに不安がったりします。しかし、人には個性があり、企業によって評価は分かれるものです。自分と相性の合う企業は必ず見つかると考え、自信を持って選考に臨みましょう

5.成功・失敗にかかわらず良い経験ととらえる

面接が通過したかどうかにかかわらず、一回一回を良い経験と捉えてみましょう。必ずしも成功が良く、失敗が悪い経験とは限りません。不採用だった面接でも、面接官の質問内容や指摘などから多くの学びがあったでしょう。通過した面接だけが大事なのではなく、経験を活かして自分の魅力をうまくアピールできるようになることが重要です。どんな面接も良い経験と捉え、前向きに就活を進めましょう

面接が怖いと思わなくなる4つの行動

面接への恐怖を取り除くには、体を少し動かしてみたり自分の様子を口に出して伝えてみたりすると効果的です。以下、面接が怖いと思ったときにおすすめの行動を4つご紹介します。

1.本番で緊張したら体を動かしてみる

面接でどうしても緊張してしまうなら、少し体を動かしてみるのがおすすめ。緊張すると体がこわばり、さらに心の余裕がなくなってしまうものです。無意識のうちに体に力が入っているので、体勢を変えるかのようにさりげなく動かしてみてください。余計な力が抜けると同時に少し気持ちがゆるみます。ただし、あまり頻繁に動かしたり身振りが大きかったりすると落ち着きがない印象を与えたり、貧乏ゆすりでマナー違反と勘違いされてしまったりするので注意しましょう。

2.「緊張しています」など自分の様子を面接官に話す

「少し緊張していて申し訳ありません」など、敢えて自分の様子を面接官に伝えるのも一つの手。緊張を抑えなくてはと思うと意識して余計に動揺してしまうので、隠そうとしないのがポイントです。
実際は応募者側だけでなく面接官も緊張していることが多いので、緊張を素直に伝えると面接官もほっとするもの。その後、場の空気を和ませる効果も期待できるでしょう。

3.模擬面接を受けるなど予行演習をしておく

本番を自信を持って迎えるには、何度も繰り返し練習しておくのが大事です。面接官役をほかの人に頼み、本番を想定して時間を計りながら志望動機や自己PRを言う練習をするのがおすすめ。提出書類に書いたエピソードのなかからどこを中心に話すかを選んだり、口頭で補う部分を考えたりと話す内容をブラッシュアップしていくと良いでしょう。

4.笑顔や大きな声を意識する

面接で話すときには、笑顔を心がけつつ大きな声を出すようにしましょう。緊張していると表情がこわばったり声がうまく出なくなって小さくなったりしてしまうもの。あらかじめ緊張でそうなってしまうことを念頭に入れ、笑顔で大きな声を出そうと意識しておくと良いでしょう

面接は誰でも緊張してしまうもの。少しでも面接で緊張しないよう、事前準備はバン他院にしておくことが大切です。本番の面接までにやっておくべきことは「面接は練習で決まる?!本番に挑む前にやるべきこと」のコラムで詳しくご紹介していますので、併せて参考にしてみてください。

面接が怖い人は頻出質問やマナーの基本を復習しよう

面接を控えて怖い気持ちが拭えない人は、よく聞かれる質問や基本的なマナーを復習しておくと少し安心できるでしょう。以下、面接で聞かれやすい質問と重要なマナーをご紹介しますので押さえておいてください。

面接で聞かれやすい5つの質問

面接で主によく聞かれる質問は以下の5つです。ここでご紹介するのは基本的な質問事項なので、すべてスムーズに答えられるようにしておきましょう。

1.自己紹介をしてください

自己紹介を求められたら、自分の経歴を簡単に説明したうえで面接の機会を設けてもらったお礼を述べてください。まずは名前と出身校を紹介したうえで、前職の社名や所属部署、仕事内容について説明します。その際に、応募先の業務内容に役立ちそうなスキル、経験などに軽く触れると望ましいでしょう。

2.志望動機を教えてください

志望動機は「結論」「エピソード」「入社後にやりたい仕事」の3つで構成します。1~2分で話し終えるくらいのボリュームにするのが望ましいでしょう。1分は300文字程度とされているので、400~500字くらいで面接用の志望動機を作成しておくのがおすすめです。

3.自己PRをお願いします

自己PRは「強み」「エピソード」「入社後どう活かせそうか」の3つで作成します。アピールポイントを探す際は、応募先企業が求める人材像を先につかんでそれに合う自分の強みを探すのがおすすめ。そうすることで、自分の強みと企業のニーズがズレにくくなります。

4.10年後どうなっていたいですか

10年後、応募先企業でどんな仕事をしていたいかについて、役職名や携わってみたい業務を具体的に言及します。それを現実化するためにどう仕事に取り組むのかという点も併せて説明すると説得力が増して好印象を与えられるでしょう。

5.入社したらやりたい仕事は何ですか

応募先企業の業務のなかでやってみたいことを事前に考えておきましょう。また、その際に自分はどんな強みで企業にどう貢献できそうかも併せて答えると、実際に働いている様子が面接官に想起されるので、より説得力を持つでしょう。

面接でよくある質問については「面接で聞かれることとは?よく質問される項目と回答例を紹介!」のコラムで詳しくご紹介していますので、参考にしてみてください。

面接で重要な5つのマナー

面接の前に押さえておきたいマナーには、「面接官の目を見て話す」「入室前のノックは3回」などがあります。今一度、内容を確認しておきましょう。

1.話すときには面接官の目を見る

自分が話す番になったら、面接官の目を見ながら話しましょう。面接官が複数いる場合は、視線をそれぞれの面接官に動かしながら話します。しかし、じっと目を見続けると逆に不自然だったり面接官に不快感を与えてしまったりするので注意。適度に視線を外しながら、大事なところを伝えるときにはしっかりと目を見るのが良いでしょう。

2.大きな声ではきはきと話す

面接では聞き取りやすい大きな声で話すのが基本。小さい声では面接官に聞こえづらいので内容が伝わりにくく、消極的な印象を与えるからです。ただでさえ面接は緊張して声が小さくなりやすいので、普段声が小さめの人は意識して大きな声で話す練習をしておくのをおすすめします。

3.面接室のドアのノックは3回

ノックの回数も間違えやすいので確認しておくと良いでしょう。入室確認のノックの回数は3回がマナーです。一般的には2回はトイレの場合とされているので注意してください。

4.面接開始時間の10分前に着くようにする

面接会場への到着時間は、開始時間の10分前が一般的なマナーです。それ以上早いと会場の準備ができていないことがあり、企業側に迷惑をかけてしまうので注意しましょう。

5.お辞儀は挨拶を言い終わったあとにする

挨拶の際のお辞儀は、言い終わったあとが正しいタイミングです。挨拶をしながら頭を下げてしまう人も多いですが、一般的にはマナー違反。また、挨拶とお辞儀は別に行うことで所作が丁寧な印象を与えます。

面接の一連の流れやマナーを理解しよう!受付から退室までを徹底解説」のコラムでは、面接の流れやマナーについて詳しく解説していますので、併せてご覧ください。

面接官が怖い?面接で気をつけるべき3つの行動

面接官にどう思われるのか心配な方も多いですが、通常通りの態度で受け答えをしていたら違和感を抱かれることはないでしょう。しかし、以下のような行動はマナー違反。緊張から知らず知らずのうちにしてしまうこともあるので、気をつけましょう。

1.断りなしに上着を脱いだりネクタイをゆるめたりする

たとえ面接室内が暑いと感じても、面接官に断りもなく上着を脱いだりネクタイをゆるめたりするのはマナー違反。どうしても暑いときには、面接官に「暑いので上着を脱いでも良いですか」など一声かければ承諾してくれる場合が多いです。勝手に脱いでしまうのは、相手への敬意が足りず失礼な行動と受け取られるので気をつけましょう。

2.メモを取る

後々の面接の参考にしたいとメモを取る人がいるようですが、これもマナー違反です。限られた面接時間でメモを取るのはもったいないうえ、面接官と話している間にほかのことをするのは失礼にあたります。入社後の勤務形態など大事なことについては許される可能性もありますが、印象が良くないので基本的にメモは取らないほうが無難です。

3.泣き出す

面接が怖いと感じて泣きそうになってしまっても、泣き出さないように注意しましょう。面接中に泣き出すのはその場に応じたふるまいができないと解釈されるので、大きく印象を下げてしまう可能性が高いです。うまく答えられなくてパニックになっても、ぐっとこらえてできるだけ冷静さを保ちましょう。

面接で避けたほうが良い発言に関しては「面接対策の1つ!面接で言ってはいけないNGワード集」のコラムでご紹介していますので、ご一読ください。

面接が怖いと感じて行きたくないときの4つの対処法

面接が怖くて行くのが憂鬱になってしまったときは、以下のような方法を試してみてください。ここでは、すぐにできる対処法を4つご紹介します。

1.行きたくない気持ちを人に聞いてもらう

どうしても憂鬱なときは、面接に行きたくないという気持ちを家族や友人などに話すのがおすすめ。気持ちを人に話すと、理解してもらえたり励ましてもらえたりしてまた前向きな気持ちになれるからです。辛い気持ちは一人で抱えるのではなく、他人と共有することで楽になるでしょう。

2.SNSを遠ざける

面接直前には、SNSを見ないほうが良いでしょう。SNSでほかの人の求職活動の結果や仕事を頑張っている様子が目に入ると、不安になりやすいからです。余計な情報は入れず、自分の面接対策にだけ集中すると良いでしょう。

3.入浴や睡眠でリラックスを図る

どうしても緊張してしまい次の日の面接が怖いと感じるなら、ゆっくりお風呂に入ったり早く床について睡眠時間を多くとったりしてリラックスを図りましょう。不安な気持ちでずっと起きていても、余計に緊張してしまったりうまく休めず体力が削られてしまったりするので、無理をせず休むのも一つの手です。

4.軽い散歩をして体を動かす

ずっと家で面接対策をしていても、緊張していては気持ちが滅入ってしまうものです。そんなときは、外に出て軽く散歩を楽しみましょう。外に出ると気分転換になるうえ、体を動かすことで緊張がほぐれる効果があります。

面接が怖いニートやフリーター向けの4つの対策

ニートやフリーターが正社員の採用面接を受ける場合、就活の雰囲気に慣れていなかったり経歴に対して答えにくかったりすることもあるでしょう。面接が怖いと感じる場合は、以下のことに取り組んでみてください。

1.空白期間について答えられるようにしておく

ニートやフリーターの場合は、空白期間への質問に対する回答が特に難しいと感じる人も多いでしょう。空白期間については必ず聞かれるので、「その間何をしていたのか」「空白期間ができてしまったことをどう思っているか」「これからどうして行きたいのか」といった事柄についてまとめておきましょう。空白期間にマイナスの印象を持たれるのではと不安に思うでしょうが、最後は「これから頑張っていきたい」という前向きな内容で締めるとポジティブな印象で終えられるので、心配し過ぎなくて大丈夫です。

2.なぜ就職しなかったのか理由を答えられるようにする

「どうして新卒時に就職しなかったのか」についても必ず聞かれるので、しっかり準備しておいてください。人によっては、「ほかに目指していたものがあった」というようなポジティブな理由ではなく、「社会に出るのが怖かった」というようなネガティブな理由もあるでしょう。しかし、たとえネガティブな理由であっても「その後どのように考え方が変わったか」を具体的に説明できればOKなので、不安がらずに前向きな回答を心がけると良いでしょう。

3.正社員を目指す理由を明らかにしておく

「なぜ今正社員を目指そうとしているのか」についても回答を用意しておきましょう。この質問は、応募者に本当に正社員として働く気があるかを確かめるためのものなので、「考えが変わってきた」「周囲の様子を見て自分もなりたいと思った」など、筋が通っていれば立派な内容でなくても構いません。自分なりの言葉で説明できるようにしてください。

4.模擬面接で何度も練習する

本番の前にできるだけ何度も面接練習を重ねるのがおすすめです。フリーターやニートの人の中には、他人と話すこと自体が苦手という人も少なくありません。面接は誰もが緊張しやすいものでもあるので、特に対策が必要です。実際の面接のような形式で何度も練習を重ねることで、だんだんと面接の空気に慣れてくるでしょう。できれば、面接官役を毎回違う人に担当してもらうのがおすすめです。

面接が怖いなら就職支援を受けてサポートしてもらおう

面接がどうしても怖くてうまくいかないなら、就職支援を受けるのがおすすめです。以下、主な就職支援サービスについてご説明します。

ハローワーク

ハローワークは、全国各地に所在し管轄地域の求人を多く持っているのが特徴です。そのため、地元で就職したい人に向いています。また、ハローワークでは無料で就職セミナーを受けられたり、予約をすれば応募書類の添削や模擬面接をしてもらえたりするので、活用してみると良いでしょう。

就職エージェント

就職エージェントは、民間企業の運営する就職支援サービスです。就職エージェントの特徴は企業ごとに扱う業界や支援対象者が異なること。よって、自分に合ったところを選べば、希望に近い求人に出会いやすいでしょう。また、就活アドバイザーにカウンセリングから求人紹介、企業とのやり取りや選考対策まで、就職に関するすべてのサポートをしてもらえるのがメリットです。

面接が怖いと感じてしまい、なかなか内定がもらえないとお悩みの方は、就職エージェントのハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブは20代30代のスキルや経験が少ない方に向け、人柄やポテンシャルを重視する企業の求人をご紹介しています。フリーターやニートの方で選考に自信のない場合でも、専任の就活アドバイザーが丁寧なカウンセリングのうえ就職活動を全面的にサポートいたしますので安心です。ハタラクティブのご登録、ご利用はすべて無料ですので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

面接が怖い人向けのQ&A

ここでは、面接が怖いと思ってしまう人に関係する質問と回答をご紹介します。

面接が怖くて当日行けない…キャンセルは可能?

面接の当日キャンセルは企業に大きな迷惑をかけるので避けたほうが良いですが、キャンセルすることは可能です。その場合は必ず企業に電話連絡を入れ、丁重にお詫びの言葉を伝えましょう。連絡なしに無断キャンセルするのは企業に大変失礼なので、必ず連絡するようにしてください。「面接当日のキャンセルは可能?メールで辞退できる?正しい連絡方法と伝え方」のコラムでは面接当日のキャンセルについて詳しく解説していますので、こちらを参考にしてください。

明日の面接が怖くて落ち着かない…どうしたら良い?

どうしても落ち着かない場合は、入浴や早めの睡眠でリラックスするのが効果的です。また、出歩ける時間であれば軽い散歩をしても良いでしょう。一人ではどうしても不安な場合、家族や友人に気持ちを聞いてもらうのもおすすめです。落ち着かないので前日に面接のポイントを最終確認しておきたいという方は「面接前日は何をする?最終確認すべき内容とは」のコラムをご参照ください。

面接が怖い…本番で落ち着く方法はある?

面接前には「面接では緊張しても良い」と緊張を自分で肯定したり、あらかじめ入念に準備をしておいたりするのがおすすめ。本番で頭が真っ白になったら、緊張を素直に伝えてもう一度質問を繰り返してもらったり、面接官の発言を繰り返す間に頭の中で答えを整理したりする方法があります。また、緊張で忘れないために志望動機や自己PRは丸暗記しないほうが無難です。「面接でどもるのをどうにかしたい…緊張を和らげる方法」のコラムでは、面接の緊張を和らげる方法をご紹介していますので、併せてご覧ください。

面接が怖いと思わなくなるにはどうしたら良い?

とにかく面接の場数を踏むことです。本番の面接は何度も受けられるとは限らないため、模擬面接を利用すると良いでしょう。模擬面接の相手は家族や友人でも構いませんが、就活のプロに見てもらうと問題点を的確に指摘してくれるのでおすすめです。就職エージェントのハタラクティブでは、就活のプロのアドバイザーによるカウンセリングや、模擬面接などの選考対策が受けられます。就活で行き詰まりを感じている方は、一度ご相談ください。

関連タグ

  • arrow