自己PRの知識を押さえて面接に強くなろう

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 自己PRの知識を押さえて面接に強くなろう

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・自己PRとは、自分の良いところを企業側に知ってもらうためのアピール
    ・面接官に、『この人と一緒に働きたい』と思ってもらえるような表現が大切
    ・相手に自分を知ってもらう前に、自己分析して自分自身をよく知ることで良い自己PRに繋がる
    ・過去の経験や教訓を、志望先の企業でどう活かせるかを伝える
    ・面接する上で『気をつけること』を意識し、自己PRを構成する
    ・退職理由はポジティブな理由を述べる

面接で必須となっている『自己PR』。
就職活動を行うにはまず、自分自身のことをよく知っておくことが大切です。
話すことが苦手な方でも、事前にアピール方法を準備することにより、自信を持って面接に挑むことができるというメリットがあります。

◆自己PRで最も大切なこと

『自己PR』とは、自分のことを企業側に知ってもらい、自分の『良いところ』をアピールすることです。
この時、自分のアピールがただの『自慢話』になっていないかよく注意しておきましょう。
面接官が『この人と一緒に働きたい』と思ってもらうには、どんな自己PRをすれば良いのでしょうか。

【面接官に興味を持ってもらうために】

例えば、過去にあなたが何かで、ものすごく良い成績を出したとして、それを次々と過去に得た結果ばかりをアピールしていては、面接官の心には何も響きません。むしろ、好感度も下がってしまいます。
大切なことは、『経験から得た教訓、それを会社でどう活かせるか?』です。
面接官は、経験や成績を重要視していません。過去の経験から何を得て、会社でどんなことに挑戦したいのかを知りたいのです。具体的なエピソードを交えて構成を組んで伝えると、より伝わりやすいでしょう。


◆空回りしない自己PRにするために

採用をもらいたいばかりに、勢い余ってとにかく熱意だけを強引にアピールする人がいるのも少なくないのが事実。特に、面接指導を受けていない方や未経験の方にありがちです。
面接の基本として、『気を付けること』をよく理解しておきましょう。

【気を付けること】

・自己PR文を考える前には、自己分析をするとよりスムーズ
・前職の批判やネガティブ発言になっていないか
・話しが長くて、伝えたいことがわかりにくくないか
・どうしてこの会社を選んだのかしっかり説明する
・どんな会社なのか、しっかり情報収集する
・へりくだりや謙遜が行き過ぎて、自信がないように見えていないか
・情熱のあまり、内容が薄っぺらくなっていないか
・自分の能力をアピールする時、根拠を述べる
・エピソードを詰め込みすぎない
・過去の経験と教訓は、自分が1番知ってもらいたいものを選ぶ
・履歴書やエントリーシートに書いたものは聞かれることが多い。コピーして手元に残しておくと良い
・ネット上の例文はあくまで参考程度に。同じような表現が多いので、自分の言葉で伝えるとベスト

上記で紹介した中に自己分析とありますが、自己分析とは一体何をすれば良いのでしょうか?

【自己分析のやり方】

・ペンとメモを準備する
・中学と高校、大学時代に頑張ってきたこと全て書いてみる
・躓いたこと、挫折したこと
・その時、あなたがとった行動
・その行動がどんな結果だったか、どんな学びを得たのか
・頑張れた理由や原動力は何か
・複数の経験から共通する行動パターンはどんなものか
・共通する行動から長所を読み取る
・あなただけのキャッチフレーズを考えてみる

上記のことを表にして書き留めるとわかりやすいです。
まずは、自分のことを相手に伝える前に、自分自身のことを過去の経験から知るのも、うまく自己アピールすることに繋がります。


◆新卒と転職のアピール要点

社会人経験のない新卒の方と、社会人経験のある転職の方では、アピール方法が若干変わってきます。
そこで、新卒と転職に分けて自己PRの要点を紹介します。

【新卒編】

・自分の強みをアピール。学生時代、意欲的に取り組んだもので、それを裏付けするエピソードを説明する
・その経験、自分の強みから会社でどう活かせるのかを伝える
・将来の展望は、具体性・論理性・ポジティブさを意識する
・自己PRを通して人間性も伝える
・新卒採用はポテンシャルが重視される

【転職編】

・応募企業が求める人物像を理解しておく。(情報収集する)
・前職での経験から得た強みやスキルを、転職先の業務にどのように活かせるか伝える
・数ある企業の中で選んだ理由。『この企業だからこそ働きたい』という具体的な理由を述べる
・入社後の活躍を想像できるようなアピールを心がける
・前職を退職した理由を聞かれたら、ポジティブな表現で説明する


転職の方は、面接官により前職での『退職理由』をか聞かれることもあります。例え苦い思い出があったとしても、それをそのまま伝えず何かポジティブな表現で伝えることができないか考えてみましょう。

【退職理由を聞かれた時】

自分の希望していた配属先と違った場合の、例を上げてみます。

『入社後希望していた配属先が営業ではなく事務なり、しばらく事務で頑張ってきたものの、人員の関係で希望する営業への移動は、ほぼ不可能とのことでした。私は人と関わることが好きで、御社の業務内容に魅力を感じました。また、自身の持っているコミュニケーション力を活かしたいと思い、志望しました。』

このように、前職で発揮できなかったものを志望先の企業で発揮したいという意思をポジティブに伝えることにより、企業側は『この人は、会社で能力を発揮してくれそうだ』という思考に繋がる可能性が高いです。


◆就職活動をサポートしてくれるサービスを利用

やっぱりひとりで就職活動するには、難しい。色んな知識を習得して面接に挑みたい方は、転職・就職サポートを行ってくれるサービスを利用してみるのもひとつの手です。

【ハタラクティブとは】

ハタラクティブは面接・書類対策・自己分析など、就職活動に関することをトータルでサポートしています。
あなたが就職活動で気になること、不安点などを就活アドバイザーがマンツーマンで指導。また、前職では活かせなかったスキルを次の就職先で活かしたいという方も、一人ひとりにマッチした求人を紹介しています。
是非、『ハタラクティブ』をご覧ください。



関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ