退職理由はポジティブにアレンジ!転職成功の秘訣とは?

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 退職理由はポジティブにアレンジ!転職成功の秘訣とは?

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・人間関係の悩みや残業時間の長さ、給与や仕事内容への不満が転職理由のトップを占める
    ・後ろ向きな人材は評価されない、面接では前向きな退職理由を回答しよう
    ・円満退職するなら、退職を申し出るタイミングと退職理由に気をつけよう

転職を考える理由は現職への不満である場合がほとんどですが、面接ではネガティブな退職理由をポジティブに表現する必要があります。
「そんなことってできるの?」と思った方は、コラムの内容をチェック!
退職の手続きから面接のポイントまでをお教えします。

◆パワハラや人間関係…転職を考えるきっかけとは?

転職を考えている人は、現在の職場や仕事に何かしらの問題を抱えているはずです。
転職の事情は人それぞれですが、ここではよくある転職理由を挙げていきます。

・パワーハラスメントを受けていた

パワハラとは、同じ職場にいる社員に対して精神的あるいは身体的な苦痛を与える行為を指しています。
パワハラというと上司が部下に行うイメージがありますが、職位に関わらず職場での優位性を背景に相手を侮辱する行動はパワハラとして扱われます。
パワハラの横行している職場は風通しが悪くギスギスした雰囲気があるため、労働環境を変えようと転職を検討する人は少なくありません。

・人間関係に悩んでいた

特にチームで仕事をする職種にとって、人間関係の悪化は深刻な問題です。人間関係が悪くなると業務の相談をできる相手がいなくなったり、職場内のコミュニケーション不足で業務上のミスが多発したりします。

・給与に不満があった

年功序列の企業だと、「全然結果を出していない上司の方が給与がいい!」という不満が発生しがちです。評価制度を理解しないまま入社すると、昇進や昇給に関する不満を抱えてしまうことになります。

・業務内容が自分に合わなかった

残念ながら、「入社前に思っていた仕事と違う」「希望の職種だったものの、実際にやってみると向いていないことがわかった」というケースがあります。
この場合の主な原因は、自分の適性を見極めるための自己分析と、企業を知るための企業研究の不足でしょう。想像していた仕事と実際の業務にギャップを感じている方は、業界や企業のリサーチを重ねてから次の転職先を決める必要があります。


◆絶対聞かれる転職理由、面接ではどう回答する?

退職理由は面接で必ず聞かれる項目の一つ。
どんな面接であっても、「ネガティブな回答をしない」というのが評価を下げない条件となります。面接官は同じ職場で働く仲間として、後ろ向きな人や愚痴ばかり言う人を迎えたいとは思いません。

たとえ職場への不満が原因で辞めるのであっても、転職活動をしているからには「次はこうなりたい」という希望があるはずです。面接では不満ではなく希望の部分、今後への展望を中心にアピールしていきましょう。
以下に簡単な回答の例をまとめたので、ネガティブな転職理由しか思いつかない人は参考にしてみてください。

【人間関係が悪く退職する場合】

回答例:「チームワークが良好な環境で活き活きと働きたかったから」「職位に関係なく意見が言える風通しの良い職場で働きたいから」

【ワンマン社長のやり方が嫌になって退職する場合】

回答例:「自分で積極的にアイデアを出し、主体的に仕事がしたいと思ったから」

【残業が嫌で退職する場合】

回答例:「自分の時間を確保し仕事に活かせるスキルを磨きたかったから」

【給与が不満で退職する場合】

回答例「能力主義の職場でモチベーションをもって働きたいから」

【ノルマがきつ過ぎて退職する場合】

回答例:「顧客一人ひとりと時間をかけて向き合う仕事をしたいと思ったから」


◆円満退職するなら、退職の相談相手とタイミングに気をつけよう!

転職先が決まったら、現在の職場と話し合って気持ちよく退職したいものです。
職場に不満があるから転職した場合も、今の上司や同僚と今後一切付き合う機会がなくなるとは限りません。
特に同業種であれば何かの折に顔を合わせる可能性もあるため、将来のためにも良好な関係を維持できるよう退職するのが賢明でしょう。
円満退職するのに押さえておきたい基本事項をまとめました。

【退職意思は直属の上司に伝える】

日本の企業では、退職意思は一番初めに直属の上司に伝えるのがマナーです。
「上の人に伝えれば良い」という気持ちで上司より職位が上の人や社長に退職を申し出るのはNG。上司の管理能力が疑われ、あなたと上司の信頼関係にヒビが入る恐れがあります。
退職意思はほかの人に話を聞かれる心配のない場所で伝えると良いでしょう。あらかじめ会議室などを予約し、上司にアポイントをとって決まった日取りに話を切り出します

【退職日は繁忙期を避けよう】

円満退職したいなら、退職のタイミングは職場の繁忙期を避けましょう。繁忙期は職場の人たちに時間的・気持ち的な余裕がなく、1人が抜けるとほかの人の仕事量が増えて反感を買う恐れがあります。
一般に、退職意思は退職を希望する日の1~3ヶ月前に表明するのがマナーです。詳しくは職場ごとの就業規則に従いますが、繁忙期と引継ぎにかかる時間を考慮し、ベストなタイミングを見つけましょう。

【ネガティブな退職理由は相手を不愉快にする!】

退職を伝えると退職の理由を聞かれることがほとんどだと思いますが、ここで職場の人が不快に感じるような回答をすると円満退職を遠ざけてしまいます。
実際には人間関係や残業時間の長さが問題だったとしても、「別の分野でキャリアアップしたい」など、今後の展望を前向きに語る退職理由のほうが、上司側も受け入れやすいでしょう。
また、「給与が悪い」といった条件面での不満を伝えると、「待遇を変えるから残って欲しい」と引き止めに遭う確立が高くなります。


◆転職のアドバイスが欲しい方は、職探しのプロに相談しよう!

未経験業界に挑戦する不安や、自分の能力で転職できるかという心配のある方は、仕事探しのプロである転職エージェントを利用するのがおすすめです。

ハタラクティブは若年層の就職・転職支援に特化しているため、職歴の浅い20代の相談に的確なアドバイスを行えます。未経験OKの求人も多数取り扱っているので、キャリアチェンジを考えているという方にも対応が可能です。
求人紹介にとどまらず、書類・面接対策、面接日程の調整など転職活動全般を支援するサービスを展開しているので、初めて転職するという方もご安心ください。
企業とのやり取りは全てハタラクティブの就活アドバイザーが代行するので、現職と両立しながら転職活動をする方の負担を少なくできます!
転職に不安のある方、希望を叶えていきたい方は、まずは就活アドバイザーのカウンセリングを受けてみまんせんか?



関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ