仕事を辞める理由は嘘でも良い?本音を伝えないメリットとデメリットを解説

仕事を辞める理由は嘘でも良い?本音を伝えないメリットとデメリットを解説の画像

この記事のまとめ

  • 本音をいうと角が立つ場合は、嘘の理由を伝えて仕事を辞めるのが得策
  • 仕事を辞めるために嘘の理由をいうメリットは、引き止めを回避しやすいこと
  • 仕事を辞めるために嘘の理由をいうデメリットは、つじつまを合わせる大変さ

仕事を辞めるとき、本音をいいづらいから、嘘の理由を伝えたいと思う方は多いでしょう。会社や仕事の不満などが退職理由の場合は、本音より嘘の理由を伝えたほうが良いようです。このコラムでは、仕事を辞める理由として嘘をいったほうが良い状況を紹介。仕事を辞めるために嘘をつくメリットとデメリットや、注意点についてもまとめました。円満に仕事を辞めるのに効果的な退職理由を考えるための参考にしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

仕事を辞めるときに嘘の理由をいっても良い?

本当の理由で退職するのが難しそうであれば、仕事を辞めるときに嘘の理由をいっても問題はありません。たとえ本当のことでも、会社や個人への不満を退職理由としてそのまま伝えると相手に不快感を抱かせてしまったり、本気度が伝わらず引き止めに合ったりする恐れがあります。仕事を辞めたいと思った原因によっては、体裁の良い嘘をついたほうが円満に退職できる可能性は高いでしょう。

嘘の理由でも仕事を辞めるほうが良い場合とは?

この項では、仕事を辞める際に嘘の理由をいったほうが良い場合を紹介します。自分の状況と照らし合わせて、嘘の退職理由をいうか判断するための参考にしてみてください。

会社の待遇や環境に不満がある場合

会社の待遇や環境に不満がある場合、会社には嘘の理由を伝えたほうが良いでしょう。具体的な会社への不満としては、以下のような例が挙げられます。

・業務量と給与が釣り合っていない
・残業が多く身体的な負担が大きい
・人間関係が悪く仕事をしづらい
・社風や経営方針に馴染めない
・会社の将来性に不安を感じる

仕事を辞める理由として上記のような不満を伝えると、「自分も同じ環境で働いているのに無責任だ」と思われてしまう恐れがあるようです。周囲の協力を得ながら円満に退職するためには、会社への不満はそのまま伝えないほうが良いでしょう。

仕事内容にやりがいを感じない場合

仕事内容にやりがいを感じない場合も、本音を避けて嘘の理由を伝えるほうが円満に退職できるでしょう

・業務内容に興味を持てずやる気が出ない
・ノルマを達成するのが大変でモチベーションが維持できない
・仕事が単調で自分の成長につながっていない

仕事を辞める理由として上記のような原因を述べると、「経験を積むことで面白みが分かるはず」と引き止められてしまう可能性があります。強く引き止められると、退職の意思そのものが揺らぐこともあるため、正直に理由を話さないほうが得策です。

嘘の理由でも伝え方には気を配ろう

仕事を辞める理由は、内容だけではなく伝え方にも気を配りましょう。退職希望日までに十分な余裕を確保して、まずは直属の上司に相談します。メールでの報告は避け、口頭ではっきり伝えることが大切です。退職理由の伝え方は「仕事を辞める理由の伝え方とは?例文を参考に円満退職を目指そう」で紹介しているので、参考にしてみてください。

仕事を辞めるために嘘の理由をいうメリット

仕事を辞めるために嘘の理由をいうメリットは、「引き止められる可能性が低い」「退職手続きがスムーズに進みやすい」ということです。

引き止められる可能性が低い

仕事を辞めるために嘘の理由を述べることで、引き止められる可能性が低くなります。結婚や体調不良などの個人的な理由であれば、会社側も引き止めにくいでしょう。
引き止めを振り切って強引に退職しようとすると、就業規則に反する行為につながる恐れもあります。引き止められやすい退職理由なら、本音ではなく嘘の理由を伝えたほうが良いといえるでしょう。会社側が退職を許可してくれない場合の対処法は「上司が辞めさせてくれないという人必見!退職方法や相談先をご紹介」で解説しているので、ご一読ください。

退職手続きがスムーズに進む

仕事を辞めるために嘘の理由をいうことで、退職手続きがスムーズに進むメリットもあります。上司や同僚を納得させやすい理由を伝えることで周囲の協力を得やすくなり、書類のやり取りや業務の引き継ぎといった退職手続きを問題なく進められるでしょう。
また、角が立ちにくい退職理由を伝えることで、退社後も会社と良好な関係を保てるというメリットも。退職後に公的手続きや転職で前職の会社に書類の発行を依頼する場合もあるので、そのような場面で気後れすることなく連絡できるのは大きなメリットといえるでしょう。

退職後の手続きで必要な書類とは?

「雇用保険被保険者証」や「源泉徴収票」、「離職票」などは退職後の転職手続きや公的手続きで必要なので、忘れずに受け取りましょう。「源泉徴収票」と「離職票」は退職日以降に発行されるため、郵送で受け取ります。「退職手続きに必要な書類とは?用意する方法や提出のタイミングを解説」では仕事を辞めるときの手続きや公的手続きで必要な書類を紹介しているので、参考にしてみてください。

仕事を辞めるために嘘の理由をいうデメリット

仕事を辞めるために嘘の理由をいうデメリットは、「つじつまを合わせるのに気を使う」ことと「本当のことをいえずにストレスが溜まる」ことです。以下で解説しているので、退職を切り出す前に確認しておきましょう。

つじつまを合わせるために気を使う必要がある

嘘の退職理由をいってしまうと、つじつまを合わせるために気を使う必要があります。会社の規定や手続きに要する期間にもよりますが、申し出から実際の退職日までは1ヶ月程度かかるのが一般的です。その場しのぎの嘘をついた結果、途中でバレてしまうと、気まずい雰囲気の中で退職手続きを進めなければいけません。仕事を辞めるまでは、矛盾を生まないように「全員に同じ理由を話す」「必要以上のことを話さない」などの注意が必要なことを理解しておきましょう。

本当の理由をいえないことにストレスを感じる

仕事を辞めるとき、嘘の理由をいうことで、事実を話せずにストレスを感じる人もいるようです。本音を隠して嘘の理由をつき続けることに、罪悪感を抱いてしまう場合も。また、周囲の人や会社への不満を話せず、問題が解決しないまま会社を辞めることに釈然としない心持ちになる人もいるでしょう。円満に退職するためには、体裁の良い嘘をつくことも必要だと割り切って考えることが大切です。

仕事を辞める際に嘘だと思われにくい5つの理由

この項では、仕事を辞める際に嘘だと思われにくい理由を5つ紹介します。上司や社内の人に納得してもらいやすい理由を考えるための参考にしてみてください。

1.結婚するため

結婚は仕事を辞める理由として挙げる人が多く、嘘だと思われにくい退職理由の一つです。ただし、結婚した後も同じ会社で勤務し続ける人もいます。「結婚するから」だけでは、納得できる退職理由として不十分といえるでしょう。
説得力をアップさせるためには、「結婚のタイミングで退職する理由」をしっかり説明することが大切です。具体的な理由としては、「結婚して遠隔地へ引っ越す」「配偶者の扶養に入るので仕事を辞める」「結婚を機に家業を継ぐ」など。結婚後に仕事を続けられない理由を具体的に伝えましょう。

2.体調不良のため

「体調不良のため」も、仕事を辞める理由としては嘘だと思われにくい理由です。会社側が体調不良の悪化を懸念して、強引な引き止めを行う可能性も低いでしょう。もし休職を提案されたとしても、「仕事から離れて療養に専念したい」とはっきり意思を伝えることが大切です。「体調不良は退職理由になる!診断書の必要性や退職届の書き方について解説」では、体調不良で退職する場合の流れやマナーを解説しているので、ぜひご一読ください。

3.家族の看病や介護のため

「家族の看病や介護のために、自身の生活スタイルを変える必要がある」というのも納得されやすい理由の一つです。自分の意思や会社の意向では解決できない問題のため、引き止められたり事情を詮索されたりすることも少ないと考えられます。
家族の看病や介護を理由に仕事を辞める場合、矛盾や誤解を生まないためにも、社内の人に具体的な病名を話すのは避けましょう。病名を伝えなければ、退職後に前職の同僚と会ったとしても、「家族の体調が良くなった」と釈明することができ、嘘だと気づかれにくくなります。

4.家業を引き継ぐため

「家業を引き継ぐため」も、嘘と思われにくい退職理由の一つです。「両親が高齢のため」や「実家へ引っ越す必要があるため」などの理由をつけ加えると説得力が増し、引き止めも回避できます。そもそも「実家で家業を営んでいる」こと自体が嘘の場合は、仕事を辞めるまでに矛盾点を指摘されないよう、業種や地名などの詳細を話さないように気を配りましょう。

5.興味のある仕事に挑戦するため

「興味のある仕事に挑戦したい」という退職理由も、嘘だと疑われにくいようです。とはいえ、前述した4つの理由に比べて、引き止められやすいという特徴もあります。部署異動や待遇の改善を提案されて、強く引き止められることもあるでしょう。
スムーズに仕事を辞めるためには、「すでに転職先が決まっている」や「新しい環境でキャリアアップしたい」などと述べて、将来のために積極的に行動する姿勢を示す必要があります。従業員の前向きな気持ちを否定してまで引き止める会社は少ないでしょう。異業種への転職を伝えて熱意や向上心をアピールするのも、退職を認めてもらうのには効果的です。

円満退職するための伝え方は?上司に切り出すときの注意点もご紹介」では円満に仕事を辞めるのに効果的な理由の例文を紹介しているので、あわせてご覧ください。

理由が「一身上の都合」のみでも退職できる

仕事を辞める理由が「一身上の都合」のみでも問題ありません。理由の詳細を聞かれたくない場合や、嘘をつくことに罪悪感を覚える人は会社側に「一身上の都合で退職したい」と伝えましょう。「一身上の都合」の使い方は「「一身上の都合」とは?使い方や面接で理由を聞かれたときの対策を解説!」で解説しているので、ご一読ください。

嘘の理由で仕事を辞める際の3つの注意点

嘘の理由で仕事を辞める際には、「一貫性をもたせる」「繁忙期を避けて申告する」「会社を批判しない」といった3つの点に注意する必要があります。以下で解説しているので、参考にしてみてください。

1.理由には一貫性をもたせる

仕事を辞める嘘の理由には、一貫性をもたせましょう。相手によって話す内容が変わったり、当初伝えていた理由とズレたりすると、矛盾を指摘される恐れがあります。嘘の理由と気づかれないように、整合性のある内容を事前に練っておくことが大切です。

2.辞める意思表示は繁忙期を避ける

仕事を辞める申し出は、繁忙期を避けましょう。いくら体裁の良い嘘の理由を考えても、伝えるタイミングを誤ると「周りのことを考えていない無責任な人」とマイナスのイメージを与えてしまう恐れがあります。忙しい時期を避ければ上司にゆっくり話を聞いてもらえて、同僚に引き継ぎの協力も仰ぎやすいでしょう。仕事を辞めやすい時期の目安は「退職時期の決め方とは?おすすめのタイミングや伝える流れもご紹介」で解説しているので、ご覧ください。

退職日は会社側の都合も考慮して決めよう

退職日を決めるときは、自分の意思だけでなく会社側の都合も考慮しましょう。後任者の決定や引き継ぎに掛かる期間などを考えず一方的に退職日を決めてしまうと、悪い印象を与えてしまいます。まずは直属の上司に退職の意思を伝え、仕事を辞めるまでに必要な手続きや業務を確認したうえで日程を決定しましょう。好印象な退職の切り出し方は「退職の切り出し方やタイミングについて解説!退職理由ごとの伝え方も紹介」で解説しているので、ご一読ください。

3.会社を批判する表現はしない

嘘の退職理由を考えるときは、会社を批判する表現は使わないように注意します。誰にも悪い印象を与えずに仕事を辞めるためには、会社の責任を問うような表現は避けるのがベターです。待遇や人間関係に不満がある場合でも会社を責めず、「自分に至らなかった点がある」という謙虚な姿勢で退職の意思を伝えましょう。

「印象の良い退職理由が思いつかない…」という方は、ぜひハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブは、既卒や第二新卒などの若年層に特化した転職エージェント。専任のアドバイザーが希望に沿った求人紹介や選考対策を行うだけでなく、退職にまつわる相談にもマンツーマンでお答えします。プロのアドバイスを受けながら退職手続きを進められるので、円満に退職できるか自信がない方も安心です。サービスはすべて無料なので、お気軽にご利用ください。

仕事を辞めるときの嘘の理由に関するQ&A

ここでは、仕事を辞めるために嘘の理由をいってもいいのか疑問に思っている方のお悩みをQ&A方式で解決します。

仕事を辞める理由として嘘をいっても問題はない?

本音を伝えてしまうと円満退職が難しそうな場合は、仕事を辞める理由として嘘をいっても問題はありません。会社への不満や人間関係、仕事に対するモチベーションの低下などが原因で仕事を辞める場合、体裁の良い嘘をついたほうがスムーズに退職できる可能性は高まるでしょう。「退職理由は正直に言うべき?上司や面接官への上手な伝え方を紹介」では退職理由の好印象な伝え方を解説しているので、ご一読ください。

退職理由で嘘をつくメリットとは?

退職理由で嘘をつくメリットは、「引き止めを回避しやすい」ことと「退職手続きがスムーズに進みやすい」ことの2点です。結婚や体調不良などの個人的な退職理由を伝えることで、引き止められる可能性は低くなります。また、角が立ちにくい嘘の理由を伝えることで、退職手続きに関して上司や同僚の協力を得られやすくなるのもメリットの一つです。詳しくはこのコラムの「仕事を辞めるために嘘の理由をいうメリット」をご覧ください。

嘘の理由で仕事を辞める場合の退職届の書き方は?

退職届には嘘の理由を記載する必要はなく、「一身上の都合」とだけ書くのが一般的です。もし具体的な退職理由の記載を求められた場合は、口頭で伝えるのと同様にポジティブな内容を書きましょう。「退職事由はどう書く?人間関係や病気など理由ごとの具体的な書き方と伝え方」では退職届の書き方を詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

仕事を辞めるときに嘘と疑われにくい理由はある?

「結婚するため」や「体調不良のため」、「家族の看病や介護のため」などの個人的な理由は、嘘だと疑われにくいようです。また、「興味のある仕事に挑戦するため」のような前向きな理由も嘘だと思われにくいといえます。「嘘をついているのでは」と疑われないためには、一貫性のある内容を考えることが大切です。ハタラクティブでは専任のアドバイザーが退職に関する相談にお答えしますので、仕事を辞める理由でお悩みの方はぜひご相談ください。

この記事に関連するタグ