新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 【仕事を辞める理由】前向きに転職するためにできること

【仕事を辞める理由】前向きに転職するためにできること

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・会社を辞める理由は会社への不満、ステップアップなど人それぞれ
    ・仕事を辞める意思を伝える時はブレない意思を持って円満に退職できるようにしよう
    ・仕事を辞めることが決まる前に今後の計画を立ててスムーズに転職できるようにしよう

「よし、会社を辞めよう」と決断する理由は人それぞれです。辞めざるを得ない事情があったり、何かしらの不満があったり。
その様々な理由から仕事を辞めようと決めたら、次のステップは実行することです。
しかしながら、「仕事を辞めます」と言ってすんなりOKとなるケースばかりではありません。伝え方によっては円満に退職できない場合もあります。
そこで、仕事を辞める旨を伝える時に気にかけておくと良いポイントをいくつかご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

◆仕事を辞める理由は皆同じじゃない

仕事を辞める理由の中には、ポジティブなものとそうでないものがあります。不満が溜まったことで、これ以上会社に留まりたくないと思う気持ち。そして、新天地でもっとスキルアップしたい、幅広い分野で活躍したいなどの意欲的な気持ち…。では、実際にどんな理由で退職を決断されているのか見ていきましょう。

・昇進、給与や評価など待遇面に不満がある
・残業や休日出勤が多く、体力的に辛い
・人間関係がうまくいかず、出勤するのが辛い
・ワンマンな体制についていけなくなった
・仕事内容が合わない、思うように成果が出ない
・この職場でやれることはやりきったと感じた
・転職でキャリアアップしたい
・他にやりたいことがある
など

待遇面や体制といった会社への不満から仕事を辞めようと決断する場合があるようです。勿論それだけではなく、自分自身の力を高めるために転職を考えている人もいます。そういった人は、今の会社にとどまっていては、これ以上の成長が見込めない、そこで得られるものは全部網羅したと感じて転職の道を考えるのでしょう。
自身のための選択ですから、たとえ仕事を辞めることになっても、自分にプラスとなる道に進むべきです。
一方で、不満が溜まって仕事を辞めると決断した人は、新天地でまた同じ悩みにぶつかる可能性があります。
それでも、転職することで自分自身が前向きになれるということであれば、環境を変えることも1つの手段といえるでしょう。


◆仕事を辞める意思を伝える時のポイント

では、仕事を辞める場合に、退職の旨をどのように伝えるといいでしょうか。
自分の気持ちを率直に伝えるのか、円満に退職できることを前提とした理由で伝えるのか。これは退職を考えた時に悩むポイントでもあります。
辞めようと決めた理由と照らし合わせながら、どういった伝え方がいいのかを考えましょう。

・嘘はつかず、正直な理由を伝える

真っ直ぐに自分の気持を伝えることが相手に一番伝わりやすいのではないでしょうか。
ただし、伝える内容は不満ばかりを漏らさないこと。会社の悪口と捉えられる可能性があります。
実際に仕事内容や人間関係などでトラブルがあったり、改善の余地がなかったりしたことで仕事を辞める決断をしたとしても、会社や誰かのせいにするような伝え方は会社側に悪い印象を与えかねません。
円満に仕事を辞めたいのであれば、不満は避けたい所です。

・「辞めることでしか叶わない」というニュアンスで伝える

やりたいことがある時は、それを貫きましょう。退職の旨を伝えても会社側から引き止められることはありますが、「辞めて叶えたいことがある」という意思を伝えることで、会社側は今の環境では叶えられないことなのだと理解せざるを得ません。

・慰留されてもブレない意思を持つ

「仕事をやめさせてください」と言って、すんなり理解を得られるのなら話は早いですが、場合によっては「もう少し頑張ってみないか」と言われることもあります。
辞める理由や、今後どうするのかなどを聞かれるでしょう。中には「根性がない」などと根拠のない説教をされるケースもあるようです。
それでも、仕事を辞めたいと思うのなら頑なに辞める意思を貫きましょう。
辞めたいという意思が固まっている人を、無理やり会社に置いておくことは会社にとってもいい影響とはいえません。
そのため、強い意思だと感じれば会社もそこまで強く引き止めることはしないでしょう。
逆に、その強い意思が伝わればこれから新しい挑戦をする自分に励ましの言葉をかけてくれることも。

会社を辞めるとき、後味の悪い辞め方は避けたいところです。ですが、そこにとらわれすぎず、正直な気持ちを伝えることも大切。上記ポイントを踏まえて、自分が後悔しない仕事の辞め方を考えましょう。


◆辞める前に考えよう!転職活動のこと

では、いざ仕事を辞めることになったとして、将来への計画性が低いとどうなるでしょうか。
少なからず不安や焦りがよぎり、時には仕事を辞めることに一瞬迷いが生じることも。
そこで、まずは転職活動のことについて考えて、どう行動するかを決めておくとフットワーク軽く動くことができ、迷わず新天地へ飛び込めるでしょう。
転職をする道を選んだとして、在職中に仕事探しをするか、退職後に仕事探しをするかでも違いがあります。やりたいことが明確な方でも、すぐに自分にマッチする就職先を探すのは簡単ではありません。

・在職中に仕事探し…時間がないから理想の職場を見つけづらいが、金銭面な心配は少ない
・退職後に仕事探し…時間はあるが、その間の生活費を事前に貯めておく必要がある

それぞれにメリット・デメリットがあります。現在自分が置かれている状況に合う就職活動で、自分の力を存分に発揮できる就職先を探しましょう。


◆転職への悩みやサポートはお任せ!

ハタラクティブでは、新しいことがしたい、転職したいとお考えの方の相談をいつでも受け付けています。
知識や実績が豊富な就活アドバイザーがあなたのご経験や悩み、希望の業種などをヒアリングし、あなたにぴったりな就職先をマッチングし、ご提案。面接対策やカウンセリングを丁寧に行いますので、一人で悩ますに、まずはご相談ください。


関連キーワード

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

関連キーワード

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ