円満な仕事の辞め方で大切なこととは?退職理由やタイミングなどを確認しよう

円満な仕事の辞め方で大切なこととは?退職理由やタイミングなどを確認しようの画像

この記事のまとめ

  • スムーズに退職するには、円満な仕事の辞め方を理解しておくことが重要
  • 円満な仕事の辞め方をするには、引継ぎ業務や退職のあいさつを丁寧に行おう
  • 円満な仕事の辞め方をするには、周囲が納得できる退職理由を伝える必要がある
  • 仕事の辞め方として、会社や人間関係の不満を理由にするのは避けたほうが良い
  • 仕事の辞め方で後悔しないよう、退職したい理由は自分の中で明確にしておこう

「円満な仕事の辞め方って?」と悩む方もいるのではないでしょうか。後悔しない転職をするためには、職場への配慮を示しつつ、計画的に準備を進めることが大切です。余計なトラブルを生まないよう、仕事の辞め方はできるだけ円満に済ませるのが得策といえるでしょう。
このコラムでは、仕事の辞め方や退職理由の伝え方などを解説します。退職に際して知っておいたほうが良い知識も紹介していますので、ぜひご一読ください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

仕事の辞め方とは?退職を決めたらやるべきこと

退職を決意したら、現職を辞める前に転職先を決めましょう。転職先が決まったら、退職のマナーに則って直属の上司に口頭で伝えてから退職願(届)を提出します。
「もう会社を辞めたい」「円満な仕事の辞め方ってあるのかな?」と思ったら、退職後も見据えたうえで必要な準備を進めることが大切です。

転職活動をする

仕事を辞める際は、会社に切り出す前に転職活動を行った方が良いでしょう。転職先が決まる前に退職してしまうと、次の就職先が見つかるまで大幅な収入減となります。
また、転職活動を行うことで今の会社のほうが条件が良いと感じる場合も。しっかりと将来を見据えた行動を取るためにも、退職前に転職活動を始めましょう。

退職願を用意して上司に提出する

仕事を辞める意志が固まり転職先が見つかったら、いよいよ会社に意向を伝えます。このとき、退職願は用意しておくべきですが、いきなり提出することは避けましょう。
まずは自分の意志を上司に伝えたうえで退職願を提出するのが、基本的な仕事の辞め方といえます。また、退職理由を自分の言葉で角が立たないよう伝えることも大切でしょう。

引継ぎの準備を進める

会社に退職願が受理され退職日が決まったら、引継ぎの準備を進めましょう。退職の準備には社会保険の手続き・年休消化など自身に関するものと仕事の引継ぎがありますが、重要視するのは後者です。理由は何であれ自身が退職することで、少なからず周囲に迷惑を掛けます。
可能な限りデータやペーパーで引継ぎ資料を残し、口頭でも注意点を伝えるのがビジネスマナーといえるでしょう。
仕事の辞め方に悩んでいる方は、「会社の辞め方や手順を解説!退職する際の注意点や理由例も紹介」もあわせてご覧ください。

円満に仕事を辞めるための4つのポイント

仕事を辞めるときは退職理由の伝え方や伝える時期に注意して、円満退職を心掛けましょう。具体的には「角の立たない退職理由」「退職を伝える時期」を意識します。

1.角の立ちにくい退職理由を上司に伝える

仕事の退職理由は、角が立ちにくく、周囲に応援してもらえるようなポジティブな内容を伝えることをおすすめします。退職する理由は人それぞれであり、ネガティブな理由で退職を決意する人もいるでしょう。しかし、ネガティブな退職理由をそのまま上司に伝えてしまうのは、トラブルを引き起こすリスクがあるため、できるだけ避けたほうが無難です。

一身上の都合

退職理由の中でも広く知られているフレーズが「一身上の都合」です。「一身上の都合」とは、退職理由が自己都合であることを意味するため、会社に対して不満はないことの意思表示にも繋がります。長々と退職理由を述べるよりスマートな仕事の辞め方といえるでしょう。

家庭の事情

退職理由として「家庭の事情」を挙げるのも、引き止められたり深掘りされたりするのを回避でき、円満な仕事の辞め方に繋がりやすいでしょう。ただし、曖昧な伝え方をしてしまうと必要以上に詮索される恐れもあります。内容の詳細は省きつつも、具体的な理由を端的に伝えるのがおすすめです。

ほかで挑戦したいことがある

「ほかの場所で挑戦したいことがある」と伝えるのも、円満な仕事の辞め方の一つです。ただし、「もっと大きな仕事がしたい」「人の役に立ちたい」といった抽象的な理由では説得力に欠けてしまいます。業種や職種、将来的な目標などを具体的にしたうえで、「なぜ退職する必要があるのか」を明確に伝えることが大切です。

退職理由は嘘をついてもいい?

仕事の辞め方として退職理由は嘘をつかないのが基本です。万が一、上司や同僚にバレてしまうと、円満退職が難しくなるリスクがあります。退職理由が「給料が低い」「人間関係が悪い」といったネガティブな内容の場合は、「〇〇の仕事がしたい」「よりスキルアップを目指したい」とポジティブな言い換え方を工夫すると良いでしょう。

2.繁忙期以外のタイミングで退職意思を伝える

緊急を要する退職でない限り、退職意思を伝えるのは繁忙期を避けたほうが良いでしょう。円満退社の秘訣は、自分が仕事を辞めることによって周囲に負担が掛からないよう努めることです。そのため、退職意思を伝えるタイミングも大切といえます。勤め先が閑散期に入る時期や自分の仕事の区切りがついた時点に退職意思を伝えるようにしましょう。

3.1~3ヶ月前に退職意思を伝える

やむを得ない理由がないのであれば、1~3ヶ月前には退職意思を伝えることを心掛けましょう。いくら閑散期といえども、退職の1週間前に意思表示するのはビジネスマナーに反します。
退職が決まれば、企業は不足する要員の補充や、退職者の各種保険など諸々の手続きを行わなければなりません。また、現場では仕事の引継ぎが必要です。自分本位ではなく、職場のことを考えて行動することが円満な仕事の辞め方に結びつくといえるでしょう。

4.お世話になった人にあいさつをする

お世話になった人に、退職のあいさつをすることも円満な仕事の辞め方として大切です。いくら会社に不満があったとしても、そこで働く人々との関係は別と考えましょう。退職する身であっても、これまでの感謝の気持ちやお礼を述べれば、周囲も気持ち良く送り出しやすくなるもの。お世話になった人に対して、最後まで丁寧な対応に努めてください。
円満な仕事の辞め方をするコツについては、「円満退職成功のための10のコツを解説!言いづらいときはどうする?

そもそも「円満退職」とは?行う目的を確認しよう

円満退職とは、会社と退職者どちらも仕事を辞めることに賛同している状態のこと。
会社側は従業員が退職することを快諾しており、退職者側は会社に対して不満を抱くことなく退職に向けて動けていることを、「円満退職」と表します。
たとえ退職理由が会社や上司に対する不満であっても、喧嘩別れをしてしまうと、後々のトラブルに発展してしまう恐れがあります。

退職手続きがスムーズに進む

会社と退職者の双方が退職に賛同しする円満退職なら、退職の手続きや退職日の決定がスムーズに進みます。もし退職トラブルが発生すると、転職先への入社日を調整する必要が出る可能性も。
また、周囲も退職に賛同していれば、引き継ぎや連絡など退職に際して業務に影響することも快く協力してくれるでしょう。

退職理由を自信を持って述べられる

転職活動で退職理由について聞かれることは多く、円満退職が叶えば自信を持って退職理由を述べることができます。
退職に関してトラブルがあると、面接で退職理由を聞かれたときにネガティブな理由を伝えてしまう可能性もあるでしょう。仕事を辞めることに賛同してくれている、自分のキャリアを応援してくれているという状態は、自信につながります。

円満退職ができていると好印象につながる!

円満退職を転職の面接などで伝えることで、「人間関係でトラブルを生まない」「円滑な関係性を構築できる人材」「周囲と協力したり信頼されたりする」とポジティブな印象を与えられます。
採用するならトラブルのない人材、周囲と良好な関係を構築できる人材を求める企業は多いため、プラス要素になるでしょう。

人間関係が今後に役立つ可能性がある

会社を辞めても、仕事での関係性が続くこともあります。転職先が同業者や関連業界という以外にも、思わぬところで前職の人間関係が活用できることも。円満退職が叶えば、退職後も良好な関係性を保てます。

円満な仕事の辞め方として避けるべき3つの退職理由

ここでは、退職理由として上司に伝えるのは避けたほうが良い内容を紹介します。将来的なことを考えれば、精神的に辛い状況であっても円満な仕事の辞め方を目指すのが賢明です。退職理由には自分の本音が出てしまいがちですが、伝え方を間違えると円満に退社できないこともあります。このような事態を回避するためにも、円満な仕事の辞め方としてNGな退職理由を把握しておきましょう。

1.今の仕事内容への不満

今の仕事内容への不満を退職理由とすると、自身のスキルや経験が不足していることを逆に指摘される可能性があります。その結果、「もう一度基礎から教える」「別のアプローチ方法を考えよう」などと諭され、退職できない状況に陥ることもあるでしょう。
「自分が何をやりたいのか」を明らかにしたうえで、今の仕事内容とのミスマッチやギャップを伝えることが大切です。あくまでも前向きな考え方で退職したい旨を伝えるよう心掛けましょう。

2.会社に対する不満

会社に対する不満を退職理由とするのは、円満な仕事の辞め方としてはおすすめしません。もちろんハラスメント行為やサービス残業などにより、退職せざるを得ない状況に陥ることもあるでしょう。しかし、前述したように、会社への不満をそのまま伝えてしまうと角が立ち、円満な退職に至らない恐れがあります。トラブルに発展するリスクもゼロではありません。退職理由が会社に対する不満だったとしても、「一身上の都合」とするのが賢明です。

3.職場の人間関係での問題

円満な仕事の辞め方を望むのであれば、退職理由として職場の人間関係を挙げるのは避けたほうが良いでしょう。退職理由に職場の人間関係による問題を持ち出すと、配置換えを打診され辞められなくなることがあります。仮に配置換えで会社に残った場合、「人間関係を理由に退職しようとした人」といった認識を持たれるリスクも考えられるでしょう。
円満に仕事を辞めやすい退職理由を知りたい方は、「退職理由は正直に言うべき?上司や面接官への上手な伝え方を紹介」もぜひ参考にしてみてください。

退職を伝えた際の上司の反応は?状況別の仕事の辞め方

ここでは、上司に退職意思を伝えた際の対処法を状況別に見ていきましょう。上司に退職の意志を伝えれば、多様な反応が想定されます。すんなり受け入れられると少し寂しい気持ちになるものですが、強引に引き止められるのも考えものです。上司の反応に困惑しないためにも、あらゆる場面に備えて仕事の辞め方を考えておきましょう。

すんなりと受理された場合

退職届もしくは退職願がすんなりと受理された場合、引き止められない寂しさを覚える人もいるかもしれませんが、「円満な仕事の辞め方ができた」と素直に喜びましょう。退職する社員を引き止めるのも、引き止めないのも会社の判断であり、要員事情によっても異なります。あまり考え込まず転職活動に取り組みましょう。

「考え直してほしい」と説得された場合

人手不足が深刻な会社だと「考え直してほしい」と説得されることも少なくありません。このような場合は、退職理由を明確に伝えて、退職の意志の固さを示すことが仕事の辞め方として大切です。曖昧な態度を取るのはかえって相手に対して失礼にあたります。お世話になった上司や懇意にしていただいた先輩であれば、きちんと事情を話すことで応援してくれるでしょう。

転職先を聞かれた場合

退職の意志を伝えた際に転職先を聞かれることもあります。相手が仕事上の付き合いしかない上司や先輩であるなら、「転職先は探しているところです」とあえて明言しないでおくのが無難です。
退職を決意!仕事を辞める際に角の立たない理由や退職願の書き方を解説」では、上司に退職を伝える際の注意点を解説しているので、ぜひご覧ください。

円満退職を叶えるために必要な3つの知識

ここでは、スムーズな仕事の辞め方をするために必要な知識をまとめました。退職の手続きを進める際や退職後に慌てなくて済むよう、事前にチェックしておきましょう。

1.退職届と退職願の使い分け

退職届と退職願は同じ意味で使われやすいですが、厳密には異なる意味を持っています。退職届は会社に対して「退職する」ことを決定事項として伝えるものです。これに対して、退職願は「退職させていただきたい」と会社の了解を仰ぐ意味が含まれています。また、退職願は仕事を辞めたい具体的な理由があっても、「一身上の都合」とするのがおすすめな仕事の辞め方です。

2.健康保険の手続き方法

会社を退職すると、そこで加入していた健康保険の被保険者の資格を失います。すぐに次の仕事が決まる場合は、転職先で資格取得の手続きが可能です。しかし、次の就職までに空白期間がある場合、「健康保険の任意継続被保険者制度の利用」「国民健康保険に加入」「被扶養者となる」のいずれかを選んで手続きする必要があります。

参照元
全国健康保険協会
会社を退職するとき

3.雇用保険の申請方法

転職先が決まっていない場合、当面の生活を安定させるために雇用保険を申請します。雇用保険は、離職の日からさかのぼって2年間に被保険者期間が12ヶ月以上あることが条件です。
なお、雇用保険の受給手続きはハローワークで行います。ただし、受給資格決定日から7日間は「待期期間」となり受給できません。したがって、受給要件に該当する場合には速やかに手続きを行いましょう。

参照元
ハローワークインターネットサービス
雇用保険の具体的な手続き

円満な仕事の辞め方を知って次のステップに進もう

円満な仕事の辞め方をすれば、余計なトラブルの回避や精神的ストレスの軽減に繋がるとともに、よりスムーズに次の段階へ進める可能性が高いでしょう。退職を決意したら、自分の考えを明確にしたうえで、計画的に準備を行うことが大切です。周囲の理解を得られるよう適切に退職手続きを済ませ、次のステップへと踏み出しましょう。

「仕事の辞め方が分からない」「転職先が見つかるか自信がない」とお悩みの方はハタラクティブを利用してみませんか?
ハタラクティブは、既卒・第二新卒・フリーターなどの若年層を対象に就職活動をサポートしている就職・転職エージェントです。専任の就活アドバイザーがマンツーマンで対応し、あなたの希望の業種や仕事をするうえでの悩みに沿った求人をご紹介いたします。応募先企業とのやり取りも代行するため、在職中で時間がないという方でも安心です。1人での転職活動に不安を抱いている方は、ぜひ一度ハタラクティブへご相談ください。

この記事に関連するタグ