知ってる?仕事の辞め方でやるべきこと、マナーまとめ

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 知ってる?仕事の辞め方でやるべきこと、マナーまとめ

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・仕事を辞めたい理由は人それぞれで、場合によってはそのまま続けた方が良いときもある
    ・退職を伝える時はマナーとタイミングを守ろう
    ・転職を考えるなら、在職中、退職後関係なく計画性を持って行うことが大切

仕事の辞め方はその時経験をしてみないとピンとこないもの。仕事を辞めたいと思ったら、まず何をしたらいいでしょうか。円満な辞め方、納得のいく辞め方にするために、マナーやタイミングについてまとめました。
「会社を辞めたい」、「もう辞める決意が固まった」…そんなことを考えている方にぜひ読んで欲しいコラムです。

◆仕事を続けた方が良い状況

仕事を辞めたい!そう思った時に、本当に辞めてしまっていいのか、後悔はしないか。
まずは冷静に現状を見つめましょう。

・入社したばかり

その会社入社したばかりで、毎日が知らないことの連続。それでいて結果を残せずジレンマを感じて、「自分にはこの仕事が合わないのでは」と感じる人もいるでしょう。新天地では新しく覚える仕事への苦労はもちろん、慣れない環境での緊張感、人間関係にも気を回さなければならないため、疲れやすい期間といえます。
実は新人時代にありがちで、「慣れていない」ことから「仕事を辞めたい」と考えるようです。
仕事のやりがいや楽しさを知る前に退職を選択してしまっては勿体ないので、この時期を乗り越えて仕事の真髄を見極めてから思い直してもいいかもしれません。

・次の就職先、将来プランが決まっていない

今の仕事は辞めたいと考えていても、次に何をしたいか決まっていない人は、次の就職先を探してみるといった将来のプランを立てたほうがいいかもしれません。その場から「逃げたい」という感情任せな行動だけで今後のプランがない
と、実際に仕事を辞めてしまった後、次に進む速度が遅くなってしまったり、なかなか新しい仕事を見つけられなかったりと、不安定な状況に陥る可能性があります。

・辞めたい理由がはっきりしていない

仕事を辞めたい理由として、人間関係や仕事量など様々挙げられますが、嫌と感じる決定打がある訳でもなく、ただなんとなく「仕事を辞めたい」と思っている方は、退職を選択する前にまず自分自身と向き合ってみましょう。状況によっては問題を分析し、それに向けた対処を行うことで仕事を長く続けられることもあります。

◆仕事を辞めた方が良い状況

仕事をしていると、時には自分の力だけではいい方向へと進めないことがあります。
場合によっては、仕事を辞めることで解決できることも。

・連日の残業や休日出勤で心身の限界を感じる

休みが取れないとか、超過勤務が続くことで心身のバランスを崩してしまい、働くこと自体が困難になってしまうケースがあります。
病気になってしまった時は「時既に遅し」。休職させてもらえる会社であれば一度休養を取るといいですが、もし休職できないようであれば、早めに退職の旨を伝えて休養をとらないと、次の仕事を探すどころではなくなってしまいます。

・職場がブラック企業

人の入れ替わりが激しい会社はブラック企業の特徴の1つです。どんどん入社してもすぐ辞めてしまう状況は、少なからず何らかの負の要因があるといえます。また、入社して2,3年目の社員が少ない、若手の先輩がいない、少ないといった会社も要注意。
人の入れ替わりが激しい会社は、それ相応の理由がありそうです。

・人間関係に煮詰まっている

職場の人間関係に悩んでいる人は少なくありません。実際に、どう頑張ってもうまくいかず、結果辞めてしまう人も中にはいます。
過去にも人間関係で退職した経験がある方は、同じことの繰り返しにならないよう、まず自分の考えや行動を見つめ直してみましょう。それでもいい方向に進まなければ、辞める選択をして心機一転新たな環境で頑張ることも1つの手段です。

・仕事に適性がない

仕事を1年以上続けていても、どうしても「向いていない」と感じてしまう方は、さっぱり辞めてしまってもいいでしょう。仕事の適性を見定める期間は人それぞれですが、ある程度仕事の概要が掴めた頃になっても全然やりがいを感じない、一生懸命取り組んでいるのに結果が付いてこないなどで悩んでいる方は、その仕事が自分に合っていないことも考えられます。環境を変えることで、自分の能力をもっと発揮できる職場が見つかるかもしれません。

◆退職のタイミングやマナーについて

退職を決断したら、いよいよその旨を伝えなければなりません。
失礼のない伝え方、マナ-など完結にまとめましたので、参考にしてみてください。

・退職の意思表明⇒一般的には退職予定日の1~2ヶ月前に伝えること
(会社によって異なる場合があるので、事前に会社の就業規則を確認)
・退職意思を伝える相手⇒直属の上司に伝えること
・退職理由⇒職場への不平不満にならないようにすること
・退職することで会社に迷惑をかけたくない⇒円満退社したいなら繁忙期を避けること
・引継きをしっかり行うこと

◆仕事探しは在職中、退職後のどっちにすべき?

どちらが正しいということはありません。
自分の置かれている状況を考えて、やりやすい方で探しましょう。
そこで、それぞれのメリットとデメリットをご紹介します。


【在職中の転職活動】

メリット
・収入が途絶えない

デメリット
・現職との両立で忙しい
・職場に転職活動をしているのを隠す配慮が必要


【退職後の求職活動】

メリット
・時間がある

デメリット
・収入が途絶え、焦りから本来の希望とは違う職場に就職する恐れあり

在職中、退職後どちらにしろ転職はスケジューリングが大切です。在職中は現職場に迷惑をかけないように就活を行わなければなりませんし、退職後を考えいる方は、在職中に当面の生活費を貯金しておくことを念頭に入れておきましょう。


どちらにしても、次のステップに進むには計画性を持つことが大事。
しかしながら、自分だけで就職先を探したり、面接にこぎつけて準備を行なったりと、なかなか簡単とはいえない「やるべきこと」があなたを待っています。特に在職中は時間が限られていることで、思ったように就活ができないと悩むことがあるかもしれません。

そんな時に役立つのがハタラクティブ。希望の業種や仕事をする上での悩みなどを就活アドバイザーに相談すれば、あなたにぴったりな求人を探してくれます。また、就職が完了するまでのサポートを丁寧に行いますので、1人で頭を抱えることはありません。ぜひ一度ご相談ください。

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ