慰留を受けたときの賢い対処法とは?

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 慰留を受けたときの賢い対処法とは?

公開日:

最終更新日:

慰留とは、思いとどまらせること。退職の意志を上司に伝えると、一時的であっても慰留されることが多い傾向にあります。慰留とは退職を考え直すように引き留められることですが、なかには言い負かされて退職するタイミングを逃してしまう人もいるようです。ここでは、慰留にあうパターンと、その対処法について説明します。

慰留にあうのはどんなとき?

慰留にあうのはどのような場合が考えられるでしょうか。
退職希望日までに後任者が見つからないときなど組織体制が整わないために、もう少しいてほしいと頼まれる場合があります。
正社員の採用はタイミングがあわないと長期化することもあります。内定を出した人が現職中の人であれば、入社が1カ月以上先になることもあるでしょう。
そのため、退職希望を出しても「後任に引き継いでからにしてほしい」というのが企業側の本音とも言えます。
もちろん、能力を高く評価されているため、留まってほしいと慰留されることもあります。大型顧客を抱えていたり、会社への貢献度が高かったりする場合は、退職を惜しまれるでしょう。
上司としても、入社から育ててきた部下の退職は残念ですし、新たに新入社員に教育をし直す手間や労力を考えると退職を思いとどまってほしいと考えるのは自然な傾向です。
または、部下の退職が自分のマネジメント能力不足などと幹部に非難されることを恐れているとも考えられます。離職率が高いと職場の士気も落ち、新規採用にも費用がかかるので、経営側としては喜ばしい話ではありません。


慰留はこう乗り切る!

はじめは慰留されても、退職の意志をはっきり伝えれば退職手続きに入ることがほとんどです。
しかし、なかにはしつこく慰留してくる上司もいます。退職届を人事部に提出しないなど、悪質な場合もあるので、強い意志を持って対応するべきでしょう。
慰留を乗り切るためには、退職を決断した理由を改めて意識し、ブレない態度で臨むことが大切です。
退職理由など、想定される質問に対する回答を用意しておくといいでしょう。
例えば、慰留のために昇給や昇格を約束するということも考えられます。ただし、上司が社長などでない限り、その場で昇給や昇格を約束することはできないことが多いでしょう。
最終的には承認されずに口約束で終わってしまい、1度きりの賞与を支払うということで納得させられる可能性もあります。
また、仮に昇給や昇格が叶ったとしても、他の社員にそのことが知られて居づらくなったり、その後の昇給がしばらくなくなったりなど、嫌な思いをすることもあるかもしれません。
自分がどうして退職しようと決めたのかをもう1度明確にし、辞めると決めたのであれば、上司に慰留されるスキを見せないほうがいいでしょう。


慰留しづらい退職理由とは?

それでは、慰留しづらい退職理由とはどのようなものでしょうか。給与が不満というと、上に挙げた例のように、昇給を提案されるかもしれません。仕事内容が不満というと、部署異動や昇格などを提案される可能性もあります。
ここでは、どうしても退職しなければいけない理由を説明することが望ましいといえます。
本当の理由でなくても、「家庭の事情で引っ越さなければならなくなった」「両親の家業を継ぐことになった」などです。
また、新しい転職先が決まっている場合には、転職する旨を伝えて入社日が決まっていると説明するのもいいでしょう。新しい会社名などは伝える必要がありません。「そこに行くなら当社のほうがいい」など相手に反論の余地を与えてしまうからです。
転職先が決まっていると、慰留にも負けずにキッパリと退職しやすいと考えられます。
転職を検討している方は、経験豊富な転職のプロがアドバイスする転職エージェントの利用をおすすめします。
ハタラクティブは20代の若手層に特化して転職・就職のサポートをしている転職エージェントです。未経験歓迎の求人なども多く取り扱っているので、ぜひ1度ご相談ください。

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ