仕事を辞めたいと思ったときの対処法

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・仕事をやめたいと思う理由は、給与面、人間関係、労働時間に対する不満が多い

    ・今すぐ仕事を辞めてしまうのではなく、状況を改善する方法を考えることが大切

    ・転職を決意したら、在職中、退職後のどちらに求職活動をするのかを考える

    ・転職の仕方で迷ったら、ハタラクティブに相談してみるのもおすすめ

仕事をしている人の中には、仕事に不満やストレスがあり、仕事を今すぐにでも辞めて転職したいと考える人もいるのではないでしょうか。

しかし、先を考えずに仕事を辞めてしまうことは、後々リスクになる恐れがあり、注意が必要です。

そこで、仕事を辞める前に考えるべきこと・やるべきこと、転職のタイミングについてまとめました。

◆仕事を辞めたいと思う理由とは

仕事を辞めたい理由にはどのようなものがあるでしょうか。代表的なものを挙げてみました。

 

【給与に対する不満がある】

一生懸命働いても、給料が安い、福利厚生が乏しい場合などは、仕事に対するモチベーションが下がってしまうこともあります。
残業時間も含めて時給換算すると、アルバイトをした方が稼げるという結果になれば、労働意欲が削がれるのも無理はないでしょう。

 

【人間関係に問題がある】

苦手意識を持つ人と毎日一緒に仕事をするというのは、想像以上にストレスになります。

それが自分の上司であったりすると、精神的な逃げ場がない状態になってしまうこともあります。

そんな状況に耐えられず、仕事を辞めて新しい環境で働きたいと考える人も多いようです。

 

【残業時間が長すぎる】

サービス残業や長時間労働の問題が目立つ一方、プライベートの時間を大切にしたいという労働者も増えつつあります。

そのため、企業と労働者の間で労働時間における認識のミスマッチが起こり、残業の多さを理由に仕事を辞めたいという人も多いようです。

 

そのほかにも、「仕事にやりがいを感じない」「仕事を評価してもらえない」「社風や経営方針が合わない」なども、仕事を辞めたい理由としてよく挙げられます。

◆仕事を辞める決断をする前にするべきこと

仕事を今すぐに辞めたからといって、今抱えている不満や問題が解決するとは限りません。

根本的な問題がある場合、転職先でも同じようなことを繰り返してしまう可能性があります。

退職を決断をする前に、今の状況を改善できないかどうかを考え、本当に仕事を辞める必要があるのかを考えましょう。

 

【給料に不満があるとき】

給料が不満で辞めたいのであれば、仕事の成果と給与が見合っているかを検討してみましょう。

明らかに自分の成果に見合っていない場合は、会社と交渉してみるのも良いでしょう。

給料アップに合った仕事ができていないと感じるのであれば、転職しても収入アップは期待できないかもしれません。

給料を上げたいと考えるなら、何をすれば給料が上がるのかを考え、評価査定を意識した働き方や、実績を作ることから始めると良いのではないでしょうか。

 

【残業が多いとき】

残業時間が多いと感じる場合は、残業時間を減らすために、自分で改善する方法はないのかを考えてみましょう。

効率よく仕事ができていないことや、能力不足が原因で仕事が終わらないというケースもあるようです。

そんな時は、残業が少ない人の仕事の仕方を見習ったり、スキルアップのための努力をしたりすると状況が改善する場合もあります。

また、優先順位を考えて仕事をする、急ぎでない仕事を次の日に回すなど、残業に対する考え方を変えてみるのも良いでしょう。

 

【人間関係の悩みがあるとき】

人間関係の悩みで辞めたいと思う場合は、1人で悩まずに上司や周りの人に悩みを打ち明けてみると道が開けるかもしれません。

また、苦手意識を持っている人とは、「仕事上の付き合い」とある程度割り切ると、気持ちが楽になることもあります。

挨拶やお礼など、基本的なことからコミュニケーションを取ってみるのも良いでしょう。

 

ストレスを抱え、つらい状況で耐え続けてしまうと、心身共に疲れ切ってしまうこともあります。

上記のような対策をしても問題が解決しない場合は、無理をせず転職を検討するのもやむを得ないでしょう。

 

体調不良などのどうしてもという理由が無い場合は、すぐに辞めるのではなく、ある程度貯金をしたり、余裕を持って生活や転職活動ができるよう、事前にしっかりと準備をしておくことが大切です。

◆退職前と退職後の転職活動!それぞれのメリットとデメリット

転職を決意したら、転職活動のタイミングを考えましょう。

転職活動の時期は、働きながら仕事を探すか、会社を辞めてから仕事を探すかの大きく分けて2つです。

 

働きながら仕事を探す場合は、給与が途絶える心配がないのがメリットです。
転職先がなかなか決まらなくても、今の職場で働き続ければ、生活を維持できます。
その反面、業務と並行して転職活動をしなければならないため、転職活動の時間が限られることがデメリットと言えるでしょう。

一方、仕事を辞めてから転職活動をするメリットは、思う存分転職活動に集中できるという点です。一日の時間を自由に使うことができるので、面接などのスケジュール管理もしやすいでしょう。
しかしながら、収入がない状態のため、転職先が決まらないと、生活に困っていしまうこともあるでしょう。
その結果、焦りに繋がりやすいことがデメリットと言えるでしょう。

 

在職中に求職活動をする場合と退職後に仕事を探す場合では、求職者の置かれている状況や、性格などによって向き・不向きがあるため、一概にどちらが良いとは言えません。

 

自分はどのタイミングで転職活動をしたらよいか分からない、1人での転職活動が不安だという人は、就職・転職支援サポートサービスのハタラクティブを利用してはいかがでしょうか。

ハタラクティブは既卒、フリーター、第二新卒など、若年層向けの就職サービスで、常時1,000以上の求人から、性格や適性とマッチした仕事をご紹介しています。

経験豊かな就活アドバイザーがマンツーマンで就活全般をサポートしているので、効率よく転職活動を進められます。

サービスはすべて無料なので、ぜひお気軽にご相談ください。              

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ