仕事を辞めたいと思った時の対処法とは?退職を検討すべき状況も解説!

仕事を辞めたいと思った時の対処法とは?退職を検討すべき状況も解説!の画像

この記事のまとめ

  • 仕事を辞めたいと思う理由は「給与面」「人間関係」「労働時間」への不満が多い
  • 今すぐ仕事を辞めたいと思っても、まずは状況を改善する方法を考えることが大切
  • 過度なストレスで仕事を辞めたい時は、心身に影響が出る前に転職を検討してみよう
  • 転職を決意したら、在職中と退職後のどちらに求職活動するのかを考えよう

仕事をしている人の中には、仕事に対する不満やストレスから「今すぐにでも仕事を辞めたい、転職したい」と考える人もいるのではないでしょうか。仕事を辞めたいと思ったら、まずは冷静に現状分析を行い、問題解決の糸口を探すことが大切です。このコラムでは、仕事を辞めたいと思う理由やその対処法などを紹介します。退職したほうが良い状況や円満に仕事を辞めるコツも解説しているので、ぜひご一読ください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

仕事を辞めたいと思う主な3つの理由

仕事を辞めたい理由には、どのようなものがあるのでしょうか。以下に、代表的なものを3つ挙げてみました。

1.給与に不満がある

一生懸命働いても給料が安かったり、福利厚生が乏しかったりする場合は、仕事のモチベーションが下がってしまうこともあります。残業時間も含めて時給換算した際に「アルバイトをしたほうが稼げる」という結果になれば、労働意欲が削がれ「仕事を辞めたい」と感じるのも無理はないでしょう。

2.人間関係に疲れた

人間関係に疲れたと感じ、「仕事を辞めたい」と思う人もいるでしょう。苦手意識を持つ人と毎日一緒に仕事をするのは、想像以上のストレスとなる場合があります。それが自分の上司であれば、精神的な逃げ場がない状態に陥ってしまうことも。そのような状況に耐えられず、仕事を辞めて新しい環境で働きたいと考える人も多いようです。

3.残業時間が長過ぎる

サービス残業や長時間労働が問題視される一方、プライベートの時間を大切にしたいと考える労働者は増えつつあります。そのため、企業と労働者の間で労働時間における認識のミスマッチが起こり、残業の多さを理由に仕事を辞めたいという人もいるようです

そのほかにも、「仕事にやりがいを感じない」「仕事を評価してもらえない」「社風や経営方針が合わない」なども、仕事を辞めたい理由としてよく挙げられます。
「仕事を辞めたい…退職しても良いかな?と悩んでいる方は、「これって仕事辞めたい病?原因と対策を解説」もぜひご覧ください。

仕事を辞めたい理由別!退職決断の前にやるべきこと

「仕事を辞めたい」と考えている人は、退職を決断する前に、今の状況を改善できないかどうかを考え、本当に仕事を辞める必要があるのかを考えましょう。仕事を今すぐに辞めたからといって、現在抱えている不満や問題が解決するとは限りません。根本的な問題がある場合、転職先でも同じようなことを繰り返してしまう可能性があるため注意が必要です。

給料が不満な時は「交渉してみる」

給料が不満で仕事を辞めたいのであれば、仕事の成果と給与が見合っているかを精査してみましょう。明らかに自分の成果に見合っていない場合は、会社と交渉してみるのも一つの方法です。給料アップに見合った仕事ができていないと、転職しても収入アップは期待できない可能性があります。給料を上げたいと考えるなら、何をすれば給料が上がるのかを考え、評価査定を意識した働き方や、実績を作ることから始めると良いでしょう。

人間関係に疲れた時は「周りに相談してみる」

人間関係の悩みで仕事を辞めたいと思う場合は、1人で悩まずに上司や周りの人に悩みを打ち明けてみると道が開けることも。第三者に話を聞いてもらえるだけで、気持ちが楽になる可能性もあるでしょう。また、苦手意識を持っている相手とは、「仕事上の付き合い」とある程度割り切って接するのも一つのやり方です。挨拶やお礼など、基本的なことから徐々にコミュニケーションを取ってみるのも良いでしょう。
人間関係のストレスを抱え、つらい状況で耐え続けてしまうと、心身ともに疲れ切ってしまうこともあります。上記のような対策をしても問題が解決しない場合は、無理をせず転職を検討してみましょう。体調不良といったやむを得ない理由でなければ、すぐに辞めるのではなくある程度貯金をし、余裕を持って生活や転職活動ができるよう、事前にしっかりと準備をしておくことが大切です。

残業が多い時は「仕事の効率化を考えてみる」

残業時間が多くて「仕事を辞めたい」と感じる場合は、残業時間を減らすために、自分で改善する方法はないのかを考えてみましょう。効率良く仕事ができていないことや、能力不足が原因で仕事が終わらないというケースもあるようです。そんな時は、残業が少ない人の仕事の仕方を見習ったり、スキルアップのための努力をしたりすると状況が改善する場合もあります。また、優先順位を考えて仕事をする、急ぎでない仕事を次の日に回すなど、残業に対する考え方を変えてみるのも良いでしょう。

現在の仕事に悩みを抱え「仕事を辞めたい」と考えている方は、「仕事のストレスで会社を辞めたいと思った時は」と「仕事を辞めたい方必読!状況の改善方法」のコラムもぜひご参照ください。

「仕事を辞めたい」は甘え?退職を検討すべき状況とは

「仕事を辞めたいけど、これって甘え?」「どんな状況なら仕事を辞めたほうが良い?」と疑問を抱いている人もいるでしょう。人間関係や労働環境に過度なストレスを感じているのであれば、退職を検討しても良いと考えられます。以下をチェックして、自身が置かれている現状と照らし合わせてみてください。

1.人間関係に過度なストレスを感じている

職場の人間関係に過度なストレスがあり「仕事を辞めたい」と感じている人は、退職・転職を検討するのも一つの方法です。「職場で無視されている」「パワハラを受けている」といった状況にも関わらず、何もせず働き続けると自分の心身に支障が出てしまうリスクもあります。働いていれば人間関係の悩みは生じるものですが、自分のキャパシティを超える負担になっていると思うなら無理をしないことも大切です。

2.労働環境が劣悪である

「残業が多過ぎて寝る時間が持てない」「残業代が支払われない」「休日出勤ばかりで休みがない」など、現在の勤め先の労働環境が明らかに悪い場合には、退職を検討してみても良いでしょう
身体を休める時間がないと仕事に打ち込む体力や精神力を回復できません。また、成果に見合った給与がもらえなければ、仕事のやりがいを感じにくいため「辞めたい…」と思う場合も。職場の労働環境の悪さや評価基準の不透明さから仕事へのモチベーションが下がっているのであれば、転職することで事態が好転する可能性もあります。

3.会社の経営状態が不安定である

仕事を続けていくためには、自分たちの会社が安定した経営状況なのかどうかも大きく影響します。会社の経営状態が思わしくないと、整理解雇や給与の未払いなどの可能性も。そのようなリスクを抱える会社で安心して働き続けるのは難しいため、退職・転職を検討するのも一つの手段です
「仕事を辞めたいのは甘え?」と躊躇する方もいるかもしれませんが、仕事はあくまでも自身の生活を豊かにするために行うものです。自分の生活が立ち行かなくなる前に行動を起こしたほうが良いでしょう。

4.仕事内容が自分に向いていない

「いつまでたっても仕事に慣れない」「努力しても一向に成果が出ない」などで仕事を辞めたい場合は、仕事の内容自体が自分に向いていない可能性もあります。自分なりに現状を改善すべく動いたにも関わらず、どうしても「仕事がうまくいかない」「仕事をすることがストレスでしかない」のであれば、退職・転職を検討してみましょう。その際は、自己分析を行い、自分の好き・嫌いや得意・不得意などを把握したうえで、「自分に合っている仕事とは?」と明確にすることをおすすめします。

30代で仕事を辞めたいと思ったら?

30代である程度のキャリアを積んでいた場合、転職することで収入が減る可能性があります。転職するメリット・デメリットを踏まえたうえで、それでも「仕事を辞めたい」と思うのであれば、早めに行動を起こしましょう。転職活動は年齢が若いほど成功しやすいのが一般的な傾向です。
30代の転職活動については、「30代・未経験の転職は厳しい?成功のコツとおすすめの職種や資格をご紹介」をチェックしてみてください。

仕事を辞めたい時の転職活動は在職中?退職後?

転職を決意したら、転職活動のタイミングを考えましょう。転職活動のやり方は、働きながら仕事を探すか、会社を辞めてから仕事を探すかの大きく分けて2つです。在職中と退職後のどちらに転職活動をしたほうが良いかは、自分の置かれている状況や性格によるため一概には言えません。
仕事を辞めたい方は、在職中と退職後それぞれにおける転職活動のメリット・デメリットを以下で確認し、自分に合ったやり方で転職活動を進めましょう。

在職中に転職活動をするメリット・デメリット

働きながら仕事を探す場合は、給与が途絶える心配がないのがメリットです。転職先がなかなか決まらなくても、今の職場で働き続ければ生活を維持できます。
その反面、業務と並行して転職活動をしなければならないため、転職活動に割く時間が限られることがデメリットといえるでしょう。

退職後に転職活動をするメリット・デメリット

仕事を辞めてから転職活動をするメリットは、思う存分転職活動に集中できる点です。一日の時間を自由に使えるので、面接のスケジュール管理もしやすいでしょう。
一方、仕事を辞めて収入がない状態のため、転職先が決まらないと生活に困る可能性があります。その結果、焦りにつながりやすいことがデメリットです。「早く転職先を決めたい」という思いから熟考せずに就職してしまい、転職を後悔するリスクもあるので注意しましょう。

仕事を辞めたい時に円満退社をする5つのコツ

この項目では、仕事を辞めたいときに、在職中の職場から円満退社をする方法を紹介していきます。円満退社をするためにも、仕事を辞める際のポイントをしっかりと押さえ、最後まできちんと勤め上げましょう。

1.退職日はあらかじめ決めておく

退職日はあらかじめ設定し、それに沿って計画的に手続きを進めましょう。退職日が決まれば逆算をして、引き継ぎへの準備や打ち合わせへの日程調整ができるはずです。

仕事を辞めたい時の退職の流れ

1.退職から転職までのスケジュールを組む
2.退職意思を上司に伝える
3.退職届を提出する
4.仕事の引き継ぎを行う

退職の意志は直属の上司に伝えるのがマナー。仕事の引継ぎ期間も踏まえ、退職予定日の1~3ヶ月前を目安に退職の意志を伝えるのがおすすめです。会社や職場のスタッフの負担をできるだけ軽減できるよう、時間に余裕を持って行動すると円満退職につながります。

2.繁忙期に退職の意思を伝えるのは避ける

「仕事を辞めたい」と退職の意思を伝えるタイミングは、繁忙期を避けるようにしましょう。繁忙期に退職されたり、退職の意思を伝えられたりすると、職場からの反感を買う恐れも。退職をするのであれば、職場に一番迷惑が掛からない時期を計算して伝えるようにしましょう。

3.退職の意思は相談ベースで伝える

上司に退職の意思を伝える場合には、報告ではなく、相談という形にすると角が立ちにくいでしょう。場合によっては、仕事を辞めたい理由を解消でき、退職する必要がなくなることもあります。
上司は「できれば仕事を辞めて欲しくない」と考えるのが一般的。相談ベースで退職を伝えれば、会社として退職の原因を解決する方法を考えてくれる可能性があるでしょう。話し合った結果、「やはり退職する」となったのであれば、会社も納得して送り出してくれるはず。双方が納得する形での円満退職ができるよう、伝え方を工夫することも重要です。

4.お世話になった人には挨拶回りをする

「仕事を辞めたい」という意志を伝え、退職が決定したのであれば、社内外でお世話になった方々への挨拶回りを忘れずに行いましょう。退職の挨拶回りをするのは、基本的には退職日当日です。
取引先といった社外の関係者に対しては、メールや電話で退職の挨拶を行いましょう。退職が決まった段階で伝え、今後の仕事の進め方や、後任にしっかりと引き継ぎする旨も説明しておくと丁寧な印象になります。取引先が今後の仕事の進め方に対して、不安にならないよう最大限の配慮をしましょう。

5.自分が担当していた仕事は必ず引き継ぐ

自分が担当していた仕事は、後任者にすべて引き継いでから退職しましょう。引き継ぎ内容の資料を作っておくと、後任者がいつでも見返せるのでおすすめです。自分が退職したあとに、職場の人たちが困らないような対応に努めてください。

仕事を辞めたいけれど、「どのタイミングで転職活動をしたら良いか分からない」「1人での転職活動が不安…」という人は、就職・転職エージェントのハタラクティブを利用してみませんか?
ハタラクティブは、既卒・フリーター・第二新卒といった若年層向けの就職支援サービスです。丁寧なキャリアカウンセリングを行ったうえで、一人ひとりの適性や要望にマッチした仕事をご紹介しています。経験豊かな就活アドバイザーがマンツーマンで就活全般をサポートしているので、1人での就職・転職活動に自信がないという方も安心です。サービスはすべて無料で受けられるため、「仕事を辞めたい…」とお悩みの方は、ぜひお気軽にハタラクティブへご相談ください。

関連タグ