仕事を辞めることしか考えられない!退職を伝える際の言い方やマナーを解説

仕事を辞めることしか考えられない!退職を伝える際の言い方やマナーを解説の画像

この記事のまとめ

  • 仕事を辞めることは、「逃げ」ではない
  • 仕事を辞めることを決めた人に多い理由は、人間関係のストレスや評価に対する不満など
  • 仕事を辞めることにしたら、将来のビジョンを視野に入れて企業選びをしよう
  • 仕事を辞めることを決意したら、まずは直属の上司に相談する必要がある

「仕事を辞めることを決意したけれど、罪悪感がある…」とお悩みの方もいるでしょう。仕事を辞めることは、逃げではありません。仕事をするなかで抱えたストレスが解消される見込みのない場合は、思い切って退職するのがおすすめです。このコラムでは、仕事を辞める理由や、転職先の企業を選ぶポイント、退職時のマナーについてご紹介します。仕事を辞めることに罪悪感があるという方は、ぜひ参考にしてみてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

仕事を辞めることばかり考えるなら退職を検討しよう

仕事を辞めることは珍しいことではありません。仕事を辞めることばかり考える時間が長期間にわたって続くようなら、思い切って退職することをおすすめします。その際に、仕事を辞めることを決意した理由や、転職の目的を明確にすることが重要です。上司や人事に相談をして解決するような問題でなく、仕事を辞めることでしか解消できない理由があるのであれば、退職に向けて動き始めるのが良いでしょう。
退職を決断するだけでも、「仕事を辞めると決めたら楽になった」というように、前向きな気持ちになれる可能性があります。転職活動を行う際は自分に合った転職サイトや転職エージェントを利用すると、スムーズに転職活動を行えるでしょう。

仕事を辞めることは逃げではない

仕事を辞めることは、必ずしも「逃げ」になるわけではありません。状況や理由によっては、転職したほうが良いこともあるでしょう。仕事を辞めることが「逃げ」のように感じてしまう罪悪感は、前向きな気持ちに切り替えて対処することが大切です。自分はダメな人間なのではと悩み過ぎる必要はありません。「仕事を辞めるのは逃げ?退職しても良いときは?辞め癖の克服方法も解説!」では、仕事を辞めるかどうかの判断基準などについても詳しく解説しています。ぜひご参照ください。

未経験OK多数!求人を見てみる

よくある仕事を辞める理由

会社を辞めることは、自分が任されている仕事を途中で放棄するようで、逃げるような後ろめたさを感じてしまう人は少なくありません。心身ともに限界になる前に、どうして転職したくなったのかを客観的に分析することがおすすめです。ここでは、多くの人が転職を考える理由をご紹介します。

1.人間関係のストレス

職場での人間関係がうまくいかず、仕事を辞めることを決意する人も多いでしょう。仕事において、周囲の人との関係性は非常に重要です。社員同士のコミュニケーションだけでなく、クライアントとの交流が必要な仕事もあるでしょう。他者とコミュニケーションを取ることが苦手だったり、上司や同僚からハラスメントを受けていると感じたりすると、職場での人間関係がストレスになり、仕事を辞めたいと感じやすくなります。

2.評価に対する不満

「頑張っているのに評価されない」「仕事量に見合った給料が支払われない」などの悩みを抱えている人は、仕事を辞めやすいようです。自分が思っているより評価されないと、仕事に対するモチベーションも下がり、働く意欲が湧きにくくなるでしょう

3.会社の方向性や将来への不安

会社の方向性や企業理念が自分の考え方と異なる場合や、将来に不安を覚えたときに、仕事を辞めることを決意する人もいるでしょう。入社したあとにミスマッチを感じたり、働くなかで自身のキャリアビジョンが変わったという場合もあります。
将来性のある業界について知りたい方は、「将来性のある業界って何?需要の高い仕事の特徴と企業選びのポイント」もあわせてご覧ください。

仕事を辞めることにしたら!企業選びのポイント

転職サイトに書かれている待遇の良さだけを気にして転職活動をしてしまうのは危険です。たとえば、自分の仕事に対する評価に不満がある場合、収入面だけを重視して転職すると、評価体制が整っておらず、前職と同じような不満を抱えてしまう恐れもあります。さらに、将来的なことまで視野に入れて企業を選ばなければ、また転職をしたくなる可能性も。転職のきっかけになった条件改善に加えて、将来の見通しも視野に入れた企業選びが必要といえるでしょう。ここでは、前の項で挙げた3つの転職理由をもとに、企業選びのポイントをまとめましたので参考にしてください。

人間関係のストレスが原因の場合

人間関係にストレスを感じて仕事を辞める場合は、以下のことを重視して企業選びを行うのがおすすめです。

・組織体制はどのようなものか
・希望する部署の人数や構成比
・職場の雰囲気

仕事をするうえで誰ともかかわらずに働くことは難しいものの、自分に合った職場の雰囲気かどうかを重視して企業選びを行うことで、人間関係にストレスを感じにくくなるでしょう。転職サイトでは実際の職場の人間関係を確認することは難しいですが、「少人数の会社が良い」などの希望条件に当てはまるかどうかを確認することはできます。また、転職エージェントを利用すれば、応募先企業の雰囲気を教えてもらえる可能性もあるでしょう。
職場での人間関係については、「会社の人間関係にストレスを感じる?転職を決める前に試したい対処法を解説」のコラムを参考にしてみてください。

評価に対する不満が原因の場合

自分の仕事に対する評価が不満で仕事を辞める場合は、企業選びの際、以下のことに注目すると良いでしょう。

・評価体制、給与体系が整っているか
・自分と同じ年齢の社員はどのようなポジションか
・キャリアアップした実績について

評価体制が整っている企業を選びたい場合は、企業の公式Webサイトや転職サイトなどでどのような評価制度が設けられているかを確認するのが良いでしょう。実績を評価してほしいという人は、年功序列で評価される企業より、能力評価や業績評価が充実している企業を選ぶのがおすすめです
評価制度については、「仕事で評価されない…制度の詳細と低評価の理由とは」のコラムをぜひご参照ください。

会社の方向性や将来への不安が原因の場合

会社の方向性や将来性に不安を感じて仕事を辞める場合は、以下のことを確認したうえで企業を選ぶのがおすすめです。

・企業理念と自分の理想がマッチしているか
・業界や市場はどのような動きか
・人材育成に力を入れているか

これらは転職サイトに載っている求人情報のほか、企業のWebサイトで確認できることもあるため、チェックすることをおすすめします。企業をいくつか選定したあとは、企業研究をしっかりすることも忘れないようにしましょう。企業研究を入念に行うことで、転職後のミスマッチを防げます。

転職サイトや転職エージェントの利用について詳しく知りたい方は、「フリーターは転職サイトを使うべき?併用すべきエージェントの特徴も解説!」をご一読ください。

仕事を辞める前に転職活動を始めるのもアリ

仕事を辞めることを決意したあとも、働きながら転職活動を行う人は多いようです。転職先を決めてから退職することで、職歴のブランクや無収入の期間ができるのを避けられるメリットがあります。有給を利用してハローワークに行ったり、転職エージェントを利用したりすると、仕事を続けながらスムーズに転職活動ができるでしょう。転職エージェントを利用するメリットは、「転職エージェント利用のメリット」を参考にしてみてください。

気を付けるべき仕事辞める時のマナーとは?

たとえ嫌なことがあったとしても、逃げるように会社を辞めるのは良くありません。できる限りの配慮をして退職準備を進めましょう。

退職の意思をしっかり伝える

仕事を辞めることを決意したら、まずは上司に退職の意思を伝えましょう。メールやチャットではなく、口頭で伝えるのが無難です。取引先やお世話になった人への挨拶回りなど、退職までにやるべきことは数多くあります。余裕を持って退職の意思を伝え、慌てることがないようにしましょう。
また、会社によっては就業規則で「退職する場合は○○ヶ月前までに申し出ること」などと定められている場合があるため、必ず確認するようにしてください。会社の繁忙期を避けて退職する配慮も必要です。

退社と退職の違いとは?

「退社」には意味が2つあり、「仕事を辞めること」と「仕事が終わって会社を退勤すること」のどちらともとれます。そのため、「退社」という言葉だけでは相手が勘違いしてしまう恐れがあるでしょう。一方、「退職」の意味は「仕事を辞めること」のみなので、会社を辞めることを伝えたい場合は「退職」という表現を用いると誤解なく相手に伝わりやすいようです。

業務の引継ぎを行う

上司と相談して退職日が決まったら、自分が今担当している業務の引継ぎや残務整理を行います。後任者のためにマニュアルを作成したり、資料をまとめたりしておくと安心でしょう。仕事でお世話になった人には、退職の挨拶をして、しっかりと感謝の気持ちを伝えることも大切です。人事がまだ退職をオープンにしていない段階で勝手に挨拶をするのではなく、上司とタイミングを話し合ってからきちんと挨拶をしましょう。

公的手続きを行う

退職日の10日前を目安に、公的手続きの確認も行いましょう。具体的には、「年金手帳の受け取り」「税金に関する手続き」「雇用保険被保険者証の受け取り」などです。ギリギリになって慌てないよう、余裕を持って確認しておきましょう。

退職時に会社に返却するものを確認する

退職時に、会社に返却しなければならないものもあります。たとえば健康保険被保険者証や、社員証、業務で作成した書類などです。また、制服が貸し出されている場合は、忘れずに返却するようにしましょう。

退職後の手続きを行う

退職後にも手続きが残っているため、準備をしておきましょう。転職先が決まっているかそうでないかで、退職後の手続きは異なる部分があります。

転職先が決まっている場合

転職先が決まっている場合、雇用保険被保険者証や源泉徴収票、マイナンバーなどの提出を転職先企業に求められる可能性があります。企業によってはほかの書類も提出しなくてはならないこともあるため、早めに準備をしておきましょう

転職先が決まっていない場合

転職先が決まっていない場合は、ハローワークで失業給付の受給手続きをしたり、国民健康保険の加入手続きをしたりする必要があるでしょう。年末調整や確定申告などに関する確認も早めに行っておくと安心です
転職先の探し方については、「ニートにおすすめの就職・転職サイトとは?利用できるサービスや活用のメリット」のコラムも参考にしてみてください。

「仕事を辞めることを決意したけれど、転職が不安…」などとお悩みの方は、転職エージェントの利用がおすすめです。ハタラクティブは、20代の若年層を対象とした転職エージェント。一人ひとりに合わせた求人の紹介だけでなく、専任アドバイザーとのカウンセリングや面接対策、応募書類の添削など、転職活動を成功させるためのサービスを実施します。サービスはすべて無料なので、まずはお気軽にご相談ください。

この記事に関連するタグ