新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 仕事を辞めるのは逃げ?退職しても良いときは?辞め癖の克服方法も解説!

仕事を辞めるのは逃げ?退職しても良いときは?辞め癖の克服方法も解説!

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・仕事を辞めるのは必ずしも逃げではなく、状況によっては辞めても良い
  • ・逃げになるかどうかは、仕事のやりがいや辞めたい原因が取り除けるかで判断する
  • ・仕事を辞めるのが逃げにならないのは、適性がないときや精神的に追いつめられたとき
  • ・すぐ仕事を辞めてしまう逃げ癖がつくと、仕事が決まりにくくなるなどのリスクがある
  • ・逃げ癖を改善するには「問題解決に動く」「適性がある仕事を探す」などが有効

監修者:吉田早江

就活アドバイザー

就活アドバイザーとして数々の就職のお悩み相談をしてきました。言葉にならないモヤモヤやお悩みを何でもご相談下さい!

仕事を辞めたいとき「本当に辞めていいのか」と迷うのではないでしょうか。そのとき、単なる「逃げ」にならないためには、判断基準を設けて考えるのが必要です。基準を満たしていれば、辞めるという選択肢も現実的となるでしょう。しかし、短期間で仕事を辞めるのが多い場合は「逃げ癖」がついている可能性も。
このコラムでは、仕事を辞めたいときの判断基準や逃げ癖の改善方法を解説していますので、ぜひご一読ください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

今の仕事を辞めるのは逃げ?判断基準は?

今の仕事を辞めたいと思ったとき、逃げになるかどうかは状況によります。

仕事を辞めるのは必ずしも逃げではない

仕事を辞めたいと感じたとき、「まだ頑張るべき」「逃げてはいけない」と考え、限界まで無理をしてしまう人もいます。しかし、仕事を辞めること自体は逃げではありません。辞めても良いかどうかは、状況に応じて判断されるべきでしょう。無理をして働き続けると心身に大きな負担がかかり、健康を害してしまう可能性があります。

今の仕事を辞めるか迷ったら…3つの判断基準

仕事を辞めたいと思ったら、以下の判断基準に照らして考えてみましょう。

1. その仕事にやりがいを見出しているかどうか

「自分に合った仕事かどうか」というのがポイントです。
何らかの目的意識を持って入社し、業務内容にやりがいを感じるのであれば、今の仕事は自分に合っているといえます。仕事を辞めたい気持ちは一時的な感情である可能性が高いでしょう。

2. 辞めずにいたときにメリットがあるかどうか

その仕事を続けた場合、「自分の望むスキルが得られる」「昇進して望む業務ができる」など、何かしらのメリットがあるかどうかを考えてみましょう。もし、その仕事を続けて得られるものがあるなら、辞めるのは再検討する必要があるでしょう。当初の目的を思い出し、もう少し頑張ってみても良いのではないでしょうか。

3. 仕事を辞めたい原因が自分で変えられそうか

辞めたい原因が「なかなか仕事を覚えられず、ミスが多いから」といったものであれば、自分の努力で改善できる可能性が高いでしょう。仕事の進め方について先輩や上司に相談してみたり、自分で工夫してみたりと、できる限り対策を取ってみてください。仕事ができるようになれば精神的にも楽になり、働き続けられるようになります。

今の仕事から逃げたい…とお悩みの方は「仕事から逃げたいと思うのは甘え?悩んだときの対処法をご紹介」のコラムも併せて参考にしてみてください。

仕事を辞めるのが逃げにならない4つのパターン

仕事を辞めるのが「逃げ」であるとはいえないときには、以下のような場合があります。

1.原因が自分で変えられないとき

仕事を辞めたい原因が、職場環境や人間関係という自分の意思で解決するのが難しい場合には、退職を検討する道もあるでしょう。
ただし、嫌だと思うだけで何も行動を起こさなければ、キャリアがもったいないです。職場環境を改善できないか上司にかけあってみたり、人間関係で悩んでいることを他の人に相談してみたりと、まずは自分でできることをしてみましょう。

2.精神的に追いつめられているとき

精神的に追いつめられ、心身に深刻な影響を及ぼしている場合には、仕事を辞めるのを真剣に検討する必要があります。健康を害してしまってはそもそも働くことができなくなるうえ、生活に大きな支障をきたすからです。
状況が悪化するまえに、早めの退職を検討したほうが良いでしょう。

3.今の仕事が向いてないと考えられるとき

今の仕事に適性がないと感じるときには、退職を早めに検討しても良いでしょう。適性がなければ努力しても結果がついてこないうえ、周囲からも厳しい目で見られがちです。辛い気持ちで働き続けなくてはならず、自信も失ってしまうので、適性がないと思ったら早めに判断しましょう。

4.ほかにやりたい仕事があるとき

ほかに挑戦したいと思う仕事があるなら、退職を前向きに検討しても良いでしょう。しかし、注意すべきなのは「今、辞めてしまっても良いのか」という点です。本当にやりたい仕事であっても「今の職場でまだ学べることはないか」「とにかく今の仕事が嫌だからという理由ではないか」などの観点から慎重に検討すべきでしょう。

仕事を辞めるかどうかの判断で迷っている方には「仕事が辛い時…仕事を続ける?辞める?」のコラムも参考になるでしょう。ぜひご一読ください。

すぐ仕事を辞める逃げ癖で生じる4つのリスク

仕事が嫌になるとすぐ辞めてしまう「逃げ癖」がついてしまっていると、以下のような4つのリスクがあります。

1.失業保険が受け取れない場合がある

失業保険を受け取るには、自己都合退職の場合は1年以上の在籍が必要です。
1年未満で退職してしまうと、失業保険が受け取れません。
逃げ癖がついている人は1年未満で退職してしまうことも多いので、失業保険が受け取れずに生活が不安定であるなか、就活を繰り返さなくてはならなくなります。

2.短期間での退職が多いと仕事が決まりにくくなる

すぐに仕事を辞めてしまうと、短い職歴が履歴書にいくつも書かれることに。すると、次の職場を受けても、履歴書を見た採用担当者に「こんなに転職回数が多いと、うちもすぐ辞めてしまうのでは…」と警戒されてしまい、採用されにくくなるというリスクがあります。2回以上短期離職の経歴があると要注意とされるようです。

3.職場への理解が足りないまま辞めることになる

短期間で仕事を辞めると、その職場の良いところが分からずに終わってしまいます。
続けていれば、だんだん職場や仕事に慣れ、退職せずに済む場合もあります。短期間だから分からななかっただけで、本当は自分に合う仕事だったという可能性もあるのです。

4.仕事で嫌なことがあったとき我慢できなくなる

仕事で嫌な思いをするたびに退職を繰り返すと、忍耐力がなくなってしまう可能性があります。
その後の転職先でも嫌なことが起こったとき、我慢して続けるという選択肢がなくなり、問題に立ち向かおうとせず辞めてしまうようになるのです。嫌なことはどんな仕事でも起きるものなので、我慢ができないと仕事を続けるのは難しくなるでしょう。

仕事の逃げ癖を治したいと思ったら?原因と克服方法を解説!」のコラムでは、逃げ癖の対処法について詳しく解説していますので、仕事で逃げ癖がついているのではないか…とお悩みの方の参考になるでしょう。併せてご覧ください。

すぐ仕事を辞める逃げ癖を改善する4つの方法

すぐに仕事を辞める「逃げ癖」を改善するには、以下のような4つの方法があります。

1.逃げたときのデメリットは何かを考える

仕事を辞めて逃げ出したときに、どんな不都合があるかを挙げてみましょう。
「貯金がなく生活できない」「周囲にまた辞めたのかといわれる」「次の仕事が決まりづらい」など、思いつくままに挙げてみてください。紙に書き出してみると、自分が思っていたよりもデメリットが多いことに気がつく可能性があります。

2.問題に直面したら自分から行動する

「仕事を辞めたい」と思うような問題が起こったら、解決すべく行動してみましょう。
人間関係や業務内容での悩みは、自分一人で抱え込むのではなく、誰かに相談することが大切です。相談してみてどうしても解決できないようであれば、そこで改めて退職を検討しても遅くはありません。
まずは、今の職場で自分にできることはないかを探してみましょう。

3.企業を選ぶ基準を明確にする

仕事を辞めるのを繰り返してしまう人は、自分に合った仕事を選んでいない可能性があります。
仕事をすぐ辞めてしまうのを止めるためには、どんな企業なら自分に合うのかを真剣に検討する必要があるでしょう。自己分析や企業研究が不十分なまま仕事選びをすると、なかなか合う仕事が見つからず、辞め癖の解消が難しくなります。求人探しをする前に、自分なりのしっかりした基準を必ず設けるようにしてください。

4.今の仕事で目標を設定する

今の仕事にとどまり、自分なりの目標を立てるのも良い方法です。「今の仕事でなにか得てから辞めよう」と思い、立てた目標を達成することに注力すると、なにかをやり切るという達成感が得られます。
仕事で成果を出すと自分に対する職場での評価が変わり、仕事を続けやすくなるというメリットもあるでしょう。

逃げるように仕事を辞めるのは卒業!仕事探しのコツ

せっかく決まった仕事をすぐに辞めないためには、仕事選びの時点が一番大切です。コツをつかんで、長く続けられる仕事を探しましょう。
自分に合った仕事を探すには、以下の4つのような方法があります。

1.自分の好きな仕事以外にも目を向ける

仕事を選ぶときに、やってみたいことや好きなことから選ぶ人は多いですが、自分の適性と合っているとは限りません。
自分の好きな仕事以外にも目を向けてみてください。
適性を考える際には、得意なことと苦手なことをそれぞれいくつか挙げてみます。そのなかから、どうしても苦手で避けたいものから順番に考えていき、その要素がある仕事は除いていくと効率的です。

2.自分に必要な条件をよく考える

求人を選ぶとき、できるだけ良い条件が多いものを選ぼうとするなら要注意。なぜなら、その良い条件がすべて自分にとって必要なものとは限らないからです。
大切なのは、良い条件を多く備えていることではなく、自分にとっての必須条件を満たしているかどうか。自分にとって譲れない、どうしても必要な条件を挙げたら、そのほかは満たしていなくても良いとしたほうが選択肢が広がります。
ここで注意したいのは、自分の必須条件を待遇だけで決めないことです。待遇も大事ですが、日々仕事をするうえでは、職場環境や業務内容のほうが影響が大きいので、それらの条件を必ず考慮したうえで決めましょう。

3.第三者からアドバイスをもらう

一人で考えていると、なかなか自分のことが見えてこないもの。そんなときは、第三者に自分を分析してもらうのも有効です。周囲の人に「自分にはどんな強みと弱みがあるのか」「どんな仕事が向いているのか」を聞いてみましょう。自分では気づかなかった新たな一面に気づくことがあります。
また、他の人は自分の知らない仕事を知っていることもあるので、職業選びの選択肢が増える可能性もあるでしょう。

4.就職支援サービスを活用してみる

ハローワークや就職エージェントといった、就職支援サービスを活用するのもおすすめです。
就職支援サービスを活用するメリットは、就活のプロのアドバイスを受けられること。職員が求職者の経歴やキャリアの悩みを聞いたうえで、どんな仕事が向いてるかを一緒に考えてくれるのがメリットです。また、合う求人を探して紹介してくれるので、よりマッチした仕事に出会いやすいといえます。
特に、民間企業の運営する就職エージェントでは、サービスによって対象者や扱う業界がそれぞれ異なるのが特徴です。自分に合ったサービスを選ぶことで、よりマッチした求人に出会えるでしょう。

20代・30代の若年層向け就職エージェントのハタラクティブでは「今度こそ長く働ける仕事に就きたい」と考える方に向け、正社員就職を支援しています。
ハタラクティブでご紹介する求人は、人柄を重視し、若さにポテンシャルを感じている企業ばかりなので、これまでの職歴に不安のある方や、職務経験の浅い方でもご安心ください。専任の就活アドバイザーが、カウンセリングでお悩みを丁寧に伺い、多数の求人のなかからあなたに合ったものを厳選してご紹介します。
ご利用はすべて無料。まずはお気軽にお問い合わせください。

「すぐ仕事を辞める」「逃げ癖」に関するQ&A

ここではすぐに仕事を辞めてしまうというお悩みや、逃げ癖に関する質問と回答をまとめました。

すぐに仕事を辞めてしまい、職歴を重ねてしまいます

まずは、なぜ短期間で離職してしまうのかを考えてみましょう。職場に対する不満や適性のない仕事についてしまっているなど、その原因はさまざま。原因を特定しないと、同じような理由で離職を繰り返し、どんどん仕事が決まりにくくなります。「仕事をすぐ辞める人の特徴は?理由は甘え?改善策や転職のポイントを紹介」のコラムでは、改善策について詳しく解説しているので、こちらも併せて参考にしてみてください。

「逃げ癖」かどうかはどうやって判断すれば良い?

辞めたいという気持ちが逃げ癖かどうかは、このコラムの「今の仕事を辞めるか迷ったら…3つの判断基準」でご紹介した、3つの判断基準に基づいて考えてみてください。ポイントは、今の仕事を続けた場合のメリットを考えることです。やりがいや得られるスキルなどがあるなら、辞めたいと思うのは一時的な感情である可能性が高いでしょう。

すぐ仕事を辞める「逃げ癖」はどう改善したら良い?

逃げ癖を改善するには、今の仕事で目標を設定したり、問題を回避せずに解決するよう行動したりするのが有効です。また、今の仕事がどうしても合わないようなら、求人を選ぶ段階で問題がある可能性があるので、企業選びの軸をしっかり定めるのが必要でしょう。仕事が続かないことへの対処法は「仕事が続かない人の特徴と対処法を解説!長く働くにはどうしたらいい?」のコラムで詳しく解説しているので、ご参照ください。

仕事を辞めることなく、続けられる職場を探しています

すぐに仕事を辞めてしまう人は、自分に合わない職ばかりを選んでしまっている可能性が高いです。「すぐ次の仕事を決めなくては」と焦らず、まずは自分が仕事に求める条件をよく検討したり、信頼できる第三者に相談したりすると良いでしょう。ハタラクティブでは就活のプロが一緒に適職を考えますので、仕事の選び方に迷う人も安心です。ぜひ一度ご相談ください。

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

では

  • 最短2週間で内定!

    ハタラクティブご利用者はカウンセリングから
    平均2~3週間以内で内定を獲得

    ▼ ご相談はこちらから ▼

    登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

    • はい

    • いいえ

    おすすめ記事

    RECOMMEND

    ハタラクティブ 人気の記事一覧

    適職診断
    twitter
    • arrow
    • youtubeIcn

    © 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ
    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ