仕事が憂鬱…乗り切る方法は?会社に行きたくないと感じるときの対処法

仕事が憂鬱…乗り切る方法は?会社に行きたくないと感じるときの対処法の画像

この記事のまとめ

  • 仕事が憂鬱と感じる原因には、職場環境や仕事量の多さなどがある
  • 仕事が憂鬱なまま働き続けると、ミスが多くなったり体調が悪くなったりする恐れがある
  • 仕事に対する考え方や生活習慣を変えると、憂鬱な気持ちが解消することがある
  • どうしても仕事が憂鬱な気分から抜け出せない場合は、転職も検討してみる

仕事が憂鬱で会社に行きたくないという気持ちは、誰でも一度は感じたことがあるでしょう。職場の人間関係や仕事への不満など、憂鬱を感じる原因は人それぞれ異なります。どうしても仕事が憂鬱な気分から抜け出せない場合は、転職も視野に入れて対処法を考えましょう。
このコラムでは、仕事が憂鬱と感じる際の原因と対処法について解説しました。憂鬱な気分で仕事を続けるリスクについてもまとめているので、お役立てください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 今の仕事がつらい・・・
  • 自分に向いてる仕事あるのかな?
  • 職場を変えても、結局同じかも・・・
どんな仕事が合うかからお伝えします!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

仕事が憂鬱で行きたくないと感じる4つの理由

仕事が憂鬱で会社に行きたくないと感じる理由には、職場の人間関係や社内の雰囲気、担当業務の多さなど、さまざまなものが挙げられます。また、直接的な理由がなくても「なんとなく仕事に行きたくない」と思う方はいるようです。

1.仕事場の人間関係が良くない

「理不尽なことで怒る上司がいる」「同期と馴染めない」など、職場の人間関係にストレスを抱えて、仕事が憂鬱になってしまうことがあります。周囲との人間関係が良好ではない場合、苦手な人と働くことを苦痛に感じてしまい、仕事に行きたくなくなってしまうでしょう。

2.仕事場にハラスメントがある

職場にパワハラやセクハラといったハラスメントが横行していると、仕事に行くのが憂鬱になってしまうでしょう。自分がハラスメントを受けていなくても、周囲に被害が及んでいれば職場の雰囲気は悪くなってしまいます。感受性が豊かな方だと、ハラスメントの現場を見ただけでストレスになることもあるでしょう。

3.仕事が多すぎて残業が発生しやすい

仕事が多過ぎて毎日のように残業をしていると、だんだん憂鬱な気持ちが募ってしまうようです。たとえ好きな仕事であっても、残業があまりに多ければ疲労が溜まり、モチベーションも保てなくなります。「今日も定時に帰れないだろうな…」という気持ちがあると、仕事へのやる気は出づらくなるでしょう。

4.今の仕事が向いていないと思っている

今の仕事が自分に向いていないと思っていると、働くことが憂鬱になっていく可能性があります。単純作業が好きな方が応用力を求められる仕事を任されたり、コミュニケーションが苦手な方が営業部に配属されたりすれば、思うように仕事をこなせずストレスが溜まってしまうでしょう。

仕事が憂鬱になるのは当たり前

仕事が憂鬱になるのは誰にでもあることで、決して悪いことではありません。仕事をしていると、人間関係や将来への漠然とした不安など、ストレスを感じる場面は多いため、憂鬱になってしまうのは当たり前です。仕事を憂鬱に思ってしまう自分を責めると余計に辛くなり、よりストレスや疲労に繋がってしまう可能性があります。まずは、憂鬱な気持ちや違和感を認識していることが重要です。仕事が憂鬱なときは、「何が辛いんだろう」「どうしたら抜け出せるだろう」と、自分の気持ちと向き合ってみることから始めましょう。
未経験OK多数!求人を見てみる

仕事が憂鬱なまま働き続ける3つのリスク

仕事が憂鬱なまま働き続ける3つのリスクの画像

ここでは、仕事が憂鬱なまま働き続ける3つのリスクについて解説します。何も対処せずに憂鬱な気分を我慢していると、以下のような悪影響を及ぼす可能性があるでしょう。

1.仕事でミスをしやすくなる

憂鬱な気分のままでは仕事に集中できず、ミスをしやすくなってしまうでしょう。ミスをすれば注意され、注意されたことでさらに憂鬱になり、またミスを繰り返すという悪循環に陥ってしまう恐れも。仕事でミスが多いと感じる方は、「仕事でミスが多いのはなぜ?辞めたいと思ったら理由を振り返って対策しよう」のコラムで対処法を確認してみてください。

2.仕事のストレスで気疲れする

仕事を憂鬱に思う気持ちはストレスになるので、解消できないと気疲れします。また、ストレスを溜めると集中力が落ちたり常にイライラしたりするなど、憂鬱以外のネガティブな気持ちが出てくる可能性もあるでしょう。

3.無理を続けると体調不良を引き起こす場合がある

憂鬱な状態のまま無理して仕事を続けると、体調不良を引き起こす場合があります。「なんとなく頭が痛い」「仕事が憂鬱すぎて、なかなか眠れない」など、些細な症状であっても放置すれば悪化の恐れも。元々健康な人であっても、緊張や不安などのストレスが体調に影響することはあるので、注意が必要です。

仕事が憂鬱で朝起きれないのはなぜ?

仕事が憂鬱で朝起きれない方は少なくないでしょう。朝起きれないのは、「これから憂鬱な仕事へ向かわなければならない」「職場で嫌なことがあるかもしれない」など、働くことにネガティブになりやすいからです。朝は早めに起きて好きなお店で朝食を食べたり、散歩してみたりするなど、自分の気持ちがリフレッシュされる行動を取りましょう。

仕事が憂鬱と感じたときの対処法

仕事が憂鬱と感じる原因を認識できたら、次は対処法を考えてみましょう。仕事に対して憂鬱に感じた際は、以下の方法で対処してみるのがおすすめです。

仕事場に行くときの生活習慣を変えてみる

仕事が憂鬱なときは、本来の起床時間から30分〜1時間ほど早く起きて、生活習慣を変えてみましょう。毎日の満員電車が憂鬱の原因なら、普段よりも早い時間に乗車することで人が多くない状態で通勤できます。出社時間よりも早く会社に着く場合は、カフェやファミレスなどでゆっくりしてから仕事に向かうことも可能です。いつもとは違う新鮮な気持ちで一日を始められるでしょう。
ほかにも、通勤の交通手段を変えてみるのもおすすめです。電車やバスで通勤している方は、通える範囲であれば車やバイク、自転車に変えてみると、気分が変わりストレス軽減が期待できるでしょう。

自分のやる気を出すルーティンを作る

仕事そのものよりも、職場へ向かうという行動自体が憂鬱に感じる人は、毎日のルーティンを変えてみるのもおすすめです。職場への準備や道中などに、自分が仕事に対してスイッチが入るようにする瞬間を取り入れるのです。たとえば、「気合いの入る音楽を聞く」「早めに家を出て職場近くでコーヒーや朝食を摂る」など。自分のルーティンに組み込むことで、憂鬱な気持ちから仕事モードへ切り替えられるようになるでしょう。

「仕事」の考え方を変える

仕事に対する憂鬱な気持ちは、考え方を変えると解消される可能性があります。たとえば、人間関係が憂鬱で仕事に行きたくない場合、「上司や先輩からの要求はゲームのミッションのようなもの」と考えてこなしてみるのがおすすめ。ほかにも、「自分の仕事は誰かのために役立っている」と考えるのも、モチベーションを上げるのに有効です。
このように、働いている環境を今すぐに変えることは難しいですが、仕事に対する考え方は自分次第で変化させられます。

朝や仕事終わりに楽しみを作る

仕事が憂鬱で会社に行きたくないときは、朝や仕事終わりに何か楽しみを作りましょう。たとえば、「朝起きたら美味しいコーヒーを淹れて豪華な朝食を準備する」「寝る前に1話だけ好きなアニメを見る」など、自分が楽しみと思えることなら何でも良いです。短い時間でも楽しさを感じると、1日が充実した気持ちになります。また、仕事終わりに楽しみなことが待っていると考えるだけで、1日の仕事が捗ることも。仕事以外の時間に楽しみを作れば、憂鬱な気持ちが薄れるでしょう。

仕事が憂鬱な時の過ごし方!マイナスな気分から抜け出せないときは?」のコラムでは、仕事が憂鬱に感じたときの過ごし方について詳しくまとめているので、あわせてご覧ください。

憂鬱でも今の仕事を続けた方が良いか迷ったときは?

憂鬱でも今の仕事を続けた方が良いか迷ったときは?の画像

仕事が憂鬱で辞めたいと思っている方のなかには、簡単に辞めてしまって良いのか悩む方もいるでしょう。ここでは、「憂鬱な気持ちのまま仕事を続けた方が良いかどうか」「迷ったときはどうしたら良いか」をまとめました。

憂鬱の原因を明確にする

仕事を辞める決断をする前に、まず憂鬱の原因を明確にしましょう。「なぜ辞めたいと思ったのか」「憂鬱の原因は何だったのか」などを曖昧にしたまま退職すると、転職先でもまた仕事が憂鬱になってしまう可能性があります。憂鬱の原因によっては、仕事を辞めずに解決できることもあるでしょう。
会社を辞めたいと思う原因をはっきりさせたいときは、このコラムの「仕事が憂鬱で行きたくないと感じる4つの理由」を参考にしてください。

ストレスによる憂鬱が体調に表れていないか確認する

ストレスが体調に表れているかどうかも、仕事を続けるか迷ったときの一つの判断基準です。「仕事が憂鬱なまま働き続ける3つのリスク」でも触れたように、ストレスを我慢したまま無理を続けると体調不良を引き起こす恐れがあります。ストレスが体調に表れている状態であれば、退職や休職も視野に入れた方が良いでしょう。

仕事で頑張る期間を決める

自分の中で仕事を頑張る期間を決めて、期間中は憂鬱でも全力で働いてみましょう。仕事に対して真剣に向き合うことで、今までは気付かなかったやりがいや楽しさなどを発見できる場合があります。仕事にやりがいを感じられれば、憂鬱な気持ちも解消される可能性が高いでしょう。

仕事のキャリアプランを長期的に考える

仕事が憂鬱で辞めるか迷ったときは、キャリアプランを長期的に考えてみましょう。「自分はこの先どのような仕事をしたいのか」「どう働きたいのか」を想像したとき、今の仕事で理想のキャリアを実現できるかどうかは判断基準の一つにできます。仕事が憂鬱だからという理由だけで転職を繰り返さないよう、自分のキャリアプランを一度見つめ直してみてください。

仕事が憂鬱にならない転職先を選ぶには?

ここでは、仕事が憂鬱にならない転職先を選ぶ方法について解説します。転職しても、新しい職場で同じように仕事が憂鬱になってしまっては意味がありません。同じことを繰り返さないためにも、転職先を探す際は以下の2つを利用するのがおすすめです。

ハローワークを利用して仕事を探す

ハローワークは厚生労働省が運営する職業紹介所です。求職者は誰でも無料で利用可能で、自分で求人を検索したり職員に転職先の相談をしたりもできます。ハローワークには所在地域の求人が多いため、自宅から近い場所で転職したいと考えている方にはおすすめです。仕事で憂鬱になることが原因で転職先を探したい方は、まず最寄りのハローワークを調べてみてください。始めて利用する方は、事前に「ハローワークとはどんなところ?サービス内容と利用の流れを解説!」のコラムで概要を確認しておくと、スムーズに利用できるでしょう。

転職エージェントを利用して仕事を探す

「転職先の仕事も憂鬱になって辞めたらどうしよう…」と不安がある方は、転職エージェントを利用するのも選択肢の一つです。転職エージェントではハローワークと同じく転職に関する相談ができるほか、カウンセリングに基づいてアドバイザーが希望に合った求人を紹介してくれます。面接や履歴書の書き方も練習できるので、しっかり対策をしてから本番に臨めるでしょう。

自分に合った仕事への転職を考えている方は、ハタラクティブをご利用ください。ハタラクティブは、若年層に特化した転職エージェントです。プロのアドバイザーがマンツーマンでカウンセリングを実施し、一人ひとりに合った仕事をご紹介します。応募書類の作成や面接対策もしっかりフォローするので、転職活動に自信がない方も安心して選考に挑めるのが特徴です。サービスはすべて無料なので、まずはお気軽にご相談ください。

この記事に関連するタグ