仕事が憂鬱と感じる理由は?予防策や対処法をご紹介!

仕事が憂鬱と感じる理由は?予防策や対処法をご紹介!の画像

【このページのまとめ】

  • ・仕事の憂鬱は、仕事内容や職場環境が原因な場合も多くある
  • ・仕事が憂鬱と感じている自分を責める必要はない
  • ・生活習慣や仕事に対する考え方を変えると、憂鬱な気持ちが解消することもある
  • ・休日を充実させたり悩みを書き出したりすると、憂鬱になる前に予防できることもある
  • ・どうしても憂鬱な気持ちが解消されない場合は、異動や転職を考えてみる

仕事が憂鬱で会社に行きたくないという気持ちは、誰でも一度は感じたことがあるでしょう。通勤や仕事へのプレッシャーなど、憂鬱を感じる原因は人それぞれ異なります。憂鬱な気持ちは自分と向き合うきっかけになるため、デメリットだけではありません。このコラムでは、仕事が憂鬱と感じる際の原因と対処法をご紹介しています。ほかにも、憂鬱にならないための予防策を解説していますので、ぜひお役立てください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

仕事に行くのが憂鬱と感じる理由

仕事が憂鬱で行きたくないと感じている人は少なくありません。憂鬱な気持ちを解消するためには、仕事に行きたくない理由を自分で理解する必要があります。まずは、自分が仕事を憂鬱に感じる原因を見つけましょう。

仕事のプレッシャーが大きい

自分ではこなせないような仕事を任されたり、上司から必要以上に期待されていたりすると、プレッシャーを感じてしまうこともあるようです。周りに頼れる人がいなければ、さらに大きなプレッシャーを感じて憂鬱になることも。上司から期待されているのが分かっていると、「できません」といえずにさらに追い込まれて、仕事に行きたくないと考える人もいるでしょう。

通勤や満員電車が苦痛

仕事自体に不満はないものの、通勤を苦痛に感じて憂鬱になるという方もいます。電車で通勤する場合は、大抵の方が通勤ラッシュの時間に乗車することになるでしょう。満員電車に乗る頻度や通勤時間の長さによっては、始業前から心身ともに疲れてしまい、仕事が憂鬱と感じやすくなってしまいます。

職場の人間関係が良くない

「いつも理不尽な上司がいる」「同期となじめない」など、職場の人間関係にストレスを抱えて憂鬱になってしまうこともあります。自分の周りの人間関係が良くない場合、「今日も苦手な人と一緒に働かなければいけない」と感じてしまい、仕事に行きたくなくなってしまうでしょう。

仕事の疲れが取れない

残業や休日出勤が多い方は、仕事の疲れが取れずに出社が憂鬱と感じてしまいます。残業や休日出勤を続けていれば、どんどん疲労が蓄積されていってしまい、やがて体力的な限界から仕事への意欲が低下し憂鬱になってしまうでしょう。

仕事でよくミスをしてしまう

仕事でのミスは誰にでもあることですが、あまりにも多いと憂鬱になることもあるでしょう。特に、「この仕事は自分に向いていない、辞めたい」と感じている場合、ミスも起こりやすく業務をこなす時間も多くかかってしまいます。自分のミスが原因で周りに迷惑をかけてしまうと、会社に行きたくない気持ちが強くなるでしょう。

努力しても仕事の成果が出ない

どれだけ努力しても成果が出ず評価されないと、仕事へのやりがいがなくなり、憂鬱を感じる方も少なくありません。会社側の評価は、仕事の過程より結果を見て判断する場合が多いでしょう。そのため、結果を出すまでに多くの努力をしたとしても、評価されないこともあります。ほかにも仕事に行きたくない原因を知りたい方は、「「仕事したくない」は病気?原因と対処法をご紹介」もぜひご覧ください。

仕事が憂鬱になるのは悪いことではない

仕事が憂鬱になるのは悪いことではありません。どのような人でも、仕事に対し憂鬱と感じることはあるものです。仕事内容や人間関係、将来への漠然とした不安など、さまざまな状況で憂鬱を感じる場面はあるため、自分を責める必要はありません。自分のことを責めると余計に辛くなり、ストレスや疲労繋がってしまう可能性があります。まずは、憂鬱な気持ちや違和感を認識していることが重要です。仕事が憂鬱なときは、「何が辛いんだろう」「どうしたら抜け出せるだろう」と、自分の気持ちと向き合ってみることから始めましょう。

仕事が憂鬱と感じたときの対処法

仕事が憂鬱と感じる理由は人それぞれですが、その原因を認識できたら次は対処法を考えてみましょう。仕事に対する憂鬱には、下記の方法がおすすめです。

朝は早く起きて生活習慣を変えてみる

本来の起床時間から30分~1時間ほど早く起きて、生活習慣を変えてみましょう。毎日の満員電車が憂鬱の原因である方は、普段よりも1本早い時間に乗車することで、人が多くない状態で通勤することができるでしょう。出社時間よりも早く会社に着く場合は、カフェやファミレスなどで朝食を摂ってから仕事に向かうことも可能です。いつもとは違う新鮮な気持ちで一日を始められるでしょう。
ほかにも、通勤の交通手段を変えてみるのもおすすめです。電車やバスで通勤している方は、通える範囲であれば車やバイク、自転車に変えてみると、気分が変わりストレスが軽減されることも。また、通勤途中は自分の好きな曲ややる気が出る曲を聞くと、気分を盛り上げることができるでしょう。

仕事の考え方を変える

仕事に対する憂鬱な気持ちは、考え方を変えると解消される可能性があります。働いている環境を今すぐに変えることは難しいですが、仕事に対する考え方は自分次第で変化させることも可能です。たとえば、人間関係が憂鬱で仕事に行きたくない場合、「理不尽な上司の要求はゲームのミッションのようなもの」と考えてこなしてみるのがおすすめ。ほかにも、「自分の仕事はきっと誰かのために役立っている」と考えるのも有効です。自分ではなく誰かのために仕事をすると考える方が、モチベーションの上昇にに繋がりやすくなります。

仕事に行くまでの準備を減らす

翌日に必要な準備はできるだけ前の晩に済ませておき、仕事に行くまでにやらなければいけないことを事前に減らしましょう。たとえば、次の日の朝食やお弁当は前日に一緒に作っておき、朝に温めるだけで食べられたり会社に持っていけたりするようにしておくと、準備の時間短縮に繋がります。朝の準備を面倒で仕事を憂鬱に感じている場合、最低限の身支度のみで家を出られるようにしておくと、気持ちの改善に役立つでしょう。

朝や仕事終わりに楽しみを作る

1日の始まりや終わりに、何か楽しみを作りましょう。たとえば、朝起きたら美味しいコーヒーを淹れて豪華な朝食を準備することや、寝る前に1話だけ好きなアニメを見るなど、自分が楽しみと思えることなら何でも良いのです。短い時間でも楽しさを感じると、充実した気持ちになります。後で楽しみなことが待っていると考えるだけで、1日の仕事が捗ることもあります。仕事以外の時間に楽しみを作れば、憂鬱な気持ちが薄れるでしょう。

上司や先輩に相談してみる

仕事に憂鬱な気持ちを感じていることを、親しい上司や先輩に相談してみるのも良いでしょう。職場の上司や先輩も、過去に仕事に対する憂鬱を経験していた可能性があります。会社の事情や仕事内容も理解している相手なら、親身に相談に乗ってくれるでしょう。声に出して誰かに話すことで、今まで自分では気付けなかったことも発見できる可能性があります。悩みを一人で溜め込んでしまっていた場合、話すことでストレスが軽くなることもあるでしょう。

憂鬱を感じても何もしない

憂鬱を感じても何もしないということも、対処法のひとつです。何もしないことは難しいと感じるかもしれませんが、朝起きたら何かを考える前にぼーっとしてみると、気持ちに余裕が生まれることもあります。また、仕事が憂鬱であるからといって安易に休んでしまうと、同じ気持ちを感じた際の休み癖がついてしまうこともあるため、会社に行けるようであればいつもと同じように過ごす方が気持ちが楽になる場合もあるでしょう。ほかにも、仕事が憂鬱と感じたときの対処法については「もうイヤ!仕事が憂鬱になったときにすべきこと」のコラムもぜひご覧ください。

仕事が憂鬱にならないための予防策

仕事が憂鬱にならないためにも、自分に合う予防策をあらかじめ知っておきましょう。仕事がルーティン化して慢性的な退屈を感じたときに、憂鬱を感じやすい人もいるようです。仕事だけに目を向けるのではなく、休日を充実させたり規則正しい生活を心がけたりすると、憂鬱にならないための予防ができる場合もあります。

規則正しい生活を心がける

規則正しい生活を送るために、朝起きたら日光を浴びるようにしましょう。日光を浴びるほかにも、食べ物をよく噛んで食べる、寝る前にスマホやパソコンのディスプレイを見ないなどの工夫をすると、ストレス耐性を高めるセロトニンという脳内物質が分泌されやすくなります。また、今まで起床時間や就寝時間がバラバラだった方は、それぞれの時間を決めることから始めるのがおすすめです。眠りの浅い方は、午後はカフェインを摂取しないようにしたり寝る前にアルコールを飲まないようにしたりすると、睡眠の質が向上される場合があります。

休日を充実させる

休日は趣味に打ち込んで、気分転換を図るのも良いでしょう。仕事への意欲が薄れてきているときは、モチベーションが上がるような楽しい映画やドラマを見るのもおすすめです。また、運動をすることもストレスの軽減に繋がります。普段から運動不足を感じている方は、近所を散歩したり筋トレをしたりすると、気分転換になることも。しかし、仕事が忙し過ぎて休日は何もしたくないと感じる方も多いでしょう。休日に何もしないと、肉体的な疲労は回復しても、精神的な疲労は取れないこともあります。精神的な疲労が溜まって仕事が憂鬱にならないためにも、休日には心から楽しめることをして気分転換をしましょう。

自分の仕事を整理する

自分の仕事量が多くて憂鬱を感じやすい方は、担当している業務を整理してみましょう。1つ終わるとまた次の業務がくるように、仕事に終わりはありません。仕事の進捗は自分で管理しなくてはいけないため、効率的に業務をこなせるようにスケジュールを立てることから始めましょう。仕事の重要度や納期で優先順位をつけて、緊急度が高いものからこなしていくようにします。整理した仕事はリスト化して一目で分かるようにしておくと、達成感も得られるでしょう。

気持ちや悩みを書き出す

紙やノートを用意して、自分の抱えている憂鬱な気持ちや悩みを書き出してみましょう。仕事の悩みや考えていることなどを書き出してみると、気持ちがすっきりすることもあります。普段なら誰にも話せないようなことを書き出してみても良いでしょう。1つのことを深掘りしていくと、自分のことを客観的に考えられるきっかけにもなります。また、悩みのほかにも自分の長所や強みを洗い出してみると、思わぬところから仕事への意欲に繋がることも。入社当時はできなかったが今はできることを書き出すのもおすすめで、自分の成長が実感でき、なおかつモチベーションを保つことができるでしょう。

仕事をする理由を考えてみる

自分が何のために仕事をしているのか、改めて考えてみましょう。「仕事内容が好きだから」「仕事が終わった後の達成感のため」など理由は人それぞれです。仕事をする理由が思いつかない場合は、仕事中のうれしい出来事や褒められたことを考えてみるのも良いでしょう。仕事のやりがいが見つかる可能性もあります。
また、将来はどうありたいかを考えてみると、今の自分が何をするべきなのかも見えてきやすいです。理想の働き方をするための目標を立てて行動に移してみましょう。現在の自分の姿が将来的な理想に近づけると、憂鬱を感じることが少なくなる可能性があります。仕事をする理由を見つけるヒントがほしい方は、「何のために働くのか…仕事をする意味を見出す5つのヒント!面接の対処法も」のコラムもぜひご覧ください。

どうしても仕事の憂鬱が解消されないときは

解決できそうな対処法を試してみても、憂鬱な気持ちが変わらない場合には、一旦仕事を休んでみたり異動を申し出たりする方法もあります。どうしても仕事の憂鬱が解消されない方は、ぜひ参考にしてみてください。

仕事を休む

朝起きて仕事に行くことすら困難に感じたら、思い切って休むのも選択肢のひとつです。「会社に行きたくない」「仕事がうまくいかない」と感じているときは、自分でも知らないうちに無理をしていることが多くあります。落ち着いて考えるためにも、休息の時間は必要です。休むと決めたら仕事のことは考えずに、心と体をリラックスさせましょう。有給休暇が多めに残っている場合は、連休を取って今後についてゆっくり考えるのも良いでしょう。とはいえ、無断欠勤は良くないので会社に必ず連絡をしてから休むようにしてください。

異動の交渉をする

仕事に憂鬱を感じている原因が職場の人間関係や仕事内容の場合、部署異動の交渉をしてみるのも効果的です。会社内で異動ができれば、転職せずに環境を変えられます。会社の状況によって希望が叶わないこともありますが、上司に相談するだけでも、事情に応じて考慮してくれる可能性はあるでしょう。

転職を考える

仕事を休んだり異動の交渉をしたりしても憂鬱な気持ちが解消されない場合は、転職するという選択肢もあります。仕事や会社を変えることで大きく環境が変わるため、憂鬱な気持ちを解消できる可能性があるでしょう。しかし、転職先で同じことを繰り返さないためにも、自分が憂鬱を感じた原因は理解しておく必要があります。また、転職後に「やっぱり前の職場の方が良かった」と後悔しないためにも、企業選びは慎重に行いましょう。

転職を考えている方は、ハタラクティブを利用してみませんか?
ハタラクティブは、若年層に特化した転職エージェントです。専属のアドバイザーがマンツーマンでカウンセリングを実施し、あなたに合った仕事をご紹介します。応募書類の作成や面接対策は、専任のアドバイザーがしっかりフォロー。サービスはすべて無料でご利用いただけるので、まずはお気軽にご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION