会社が辛い理由とは?出社が嫌になる気持ちを軽減する方法を解説

会社が辛い理由とは?出社が嫌になる気持ちを軽減する方法を解説の画像

この記事のまとめ

  • 会社に行くのが辛い理由には、職場の人間関係や業務のミスなどが挙げられる
  • 会社が辛い現状を改善するためには、辛いと感じる理由を把握することが大切
  • 会社が辛い理由に応じて、必要な対処を考えてみよう
  • 会社が辛いときは、異動をお願いするのも一つの手
  • 自分にできる対処をしても状況が変わらないなら転職も視野に入れよう

「会社が辛いけど理由がわからない…」と悩んでいる方もいるでしょう。会社が辛い気持ちを軽減するために、まずは自分が何に苦しんでいるのかを明確にすることが大切です。辛い気持ちを抱えたまま無理して会社に行く日々を続けると、体調に悪影響を及ぼすリスクも考えられます。このコラムでは、会社が辛いと感じる主な理由についてまとめました。また、仕事が辛いと感じている方向けにおすすめの対処法などもご紹介します。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

会社が辛いと感じる5つの理由

会社が辛いと感じる原因には、どのようなことが挙げられるのでしょうか。以下に、考えられる主な理由をまとめてみました。

1.人間関係が上手くいかない

会社が辛いと思う理由の一つに、人間関係が挙げられます。上司や部下、同僚に苦手な人がいる、あるいは付き合いが上手くいっていないという人は、人間関係にストレスを感じ悩むことが多いようです。また、苦手だけど表面上は無理をして仲良くしている人ほどストレスが蓄積している傾向にあります。

また、直属の上司にパワハラやセクハラを受けているという場合は、誰に悩みを相談したら良いのかわからないこともあるでしょう。こうした問題に対応できず、会社が辛いと感じる人もいるようです。

2.仕事でミスをした

仕事で大きなミスをしてしまったとき、または仕事に慣れずに度々ミスを繰り返してしまう人は、業務に対して恐怖心を抱いてしまうことがあるようです。また、過去のミスを思い出して萎縮し、「さらなる失敗をしてしまうんではないか…」というストレスから、会社が辛いと感じてしまう可能性もあるでしょう。

3.仕事が体力的・精神的にきつい

仕事内容が体力を使う仕事やノルマがある仕事の場合、体力的・精神的にきついと思う人もいるでしょう。重たい荷物を運んだり、出張や移動が頻繁だったりと常に体力を使う仕事をしていると疲労も溜まりやすくなります。心身をゆっくり休める暇もなく働き続ければ、仕事をするのが辛いと感じる可能性もあるでしょう。

また、ノルマなどがある仕事は、「ノルマを達成できなかったらどうしよう」「目標に届かず上司に怒られてしまうかもしれない」と日々考えてしまい、それがストレスになり会社が辛いと感じてしまうことも多いようです。

4.やりがいを感じられない

仕事が自分に合っていなかったり、仕事に対してやりがいを感じられなかったりすると、働く上でのやる気やモチベーションを保つのが難しくなります。それが理由で会社が辛いと感じてしまうこともあるでしょう。仕事をする意味を見出せず、「何のために働いているのかわからない…」という悩みにつながる可能性もあります。

仕事がつまらないと感じる方は、「仕事が苦痛なのはなぜ?『つまらない』『暇』を感じる理由とは」もあわせてご参照ください。

5.働く環境に対する不満がある

仕事内容に見合った給料をもらえなかったり、残業時間が多過ぎたりと、会社の制度に対する不満が理由で「会社に行くのが辛い」と感じる場合もあるでしょう。職場の環境に対する主な不満としては、「給与」「労働時間」「会社の制度や設備」などが挙げられます。

どうして辛いのかわからない人は、まず原因を考えてみよう

前述したような会社が辛いと思う理由と、自身の現状を照らし合わせて当てはまるものがないか考えてみましょう。また、「会社に行くまでに」と「会社に行ってから」とを比較した上で、自分が何を辛いと感じたかを深く掘り下げて原因を探ってみるのもおすすめです。

未経験OK多数!求人を見てみる

会社が辛い理由に応じた対処をしよう

会社が辛いという理由を把握したら、次のステップはその対処です。今の辛い状況を抜け出すためには、自身で何らかの行動を起こすことも大切といえます。以下で紹介する方法を参考に、自分の状況に合った対処をしましょう。

1.会社の人に相談をする

会社で辛いことがあったら、まずは信頼できる会社の上司や同僚などに相談してみましょう。上司に直接相談することにより、何か対策をとってくれたり、働きやすくするために業務の改善を図ってくれたりといった対応が期待できます。

「直属の上司にはちょっと言いにくい…」という方は、会社の中で話しやすい上司や、あるいは会社の相談窓口を利用するのもおすすめです。

会社の人に相談できない場合は…

会社の人に相談できない場合は、会社以外の相談機関を利用してみましょう。たとえば、会社で受けているハラスメント行為の相談窓口としては、「都道府県労働局雇用環境・均等部(室)」「総合労働相談コーナー」「労働条件相談ほっとライン」などがあります。詳しくは、厚生労働省のハラスメント悩み相談室「相談機関紹介」をご確認ください。

参照元
厚生労働省
職場におけるハラスメントの防止のために(セクシュアルハラスメント/妊娠・出産・育児休業等に関するハラスメント/パワーハラスメント)

2.ミスを恐れるのなら確認を習慣づける

人間誰しもミスをしてしまうことはあるでしょう。過去に仕事でしてしまったミスは引きずらず、今後「どうしたらミスをしないか」を考えることが重要です。確認不足や焦りからミスをすることも考えられます。

仕事でのミスが多いことが理由で会社に行くのが辛いと感じているなら、焦らず丁寧に確認を行ってから、業務に取り組むことを意識してみるのも有効です。また、自分がミスしてしまう原因や業務内容を把握し、どのようなミスが起こり得るか、先を見て行動してみるのも良いでしょう。

3.ゆっくり休みを取り、身体と心を休める

「会社が辛い…」「会社に行きたくない」と思う場合は、無理をせず休むことも大切です。有休が取れるのであれば取得し、仕事から離れる時間を持つのがおすすめ。心身ともに疲れ果てた状態で働き続ければ、さらに状況を悪化させてしまう可能性もあります。思い切って休む日を作り、身体も心もリフレッシュさせましょう。

4.自分だけの仕事の目標を設定してみる

「仕事にやりがいを感じられず、会社に行くのが辛い…」という方は、、自分の「仕事上の成長目標」を設定してみましょう。目標を達成したときに、仕事の達成感や喜びを味わえる可能性が高まります。

目標は達成できそうな小さな目標から立てて、少しずつ大きな目標にレベルアップしていくのがおすすめ。より達成感を味わいやすく、仕事のモチベーションややりがいにつながるでしょう。

5.異動や転職を考える

どうしても今の会社や部署が辛いと感じる場合は、部署の異動や転職を考えるのも一つの手です。働く場所を変えることで、現状の悩みが解消される場合もあります。過度なストレスを感じたまま無理に今の環境に留まってしまうと、体調を崩す恐れもあるので注意が必要です。

会社に行くのが辛いなら転職するのも一つの方法

前述したとおり、「会社に行くのが辛い」「今の会社が自分に合わない」と感じている人は、転職するのも一つの方法です。自分なりに対処してみたものの、自身の状況や会社の状況が変わらないのであれば、転職も視野に入れてみましょう。

転職活動は、経済面での不安を抱えにくい在職中に進めるのがおすすめです。ただし、「心身ともに疲弊している」「今の会社が忙し過ぎて転職活動する暇がない」というような場合は、退職をして一度ゆっくり身体や心を休めてから転職活動を行っても良いでしょう。
会社を辞めたいという方は「会社を辞めたいと考える理由は?退職前に準備したいこと」もあわせてご参照ください。

自分の適性を知り転職活動をしよう

転職を行う上で、まずは自分の適性を知ることが必要です。自分の適性を知らないまま転職を行ってしまうと、また「会社が辛い」といったような思いをしてしまうことになりかねません。そうならないためにも、自分がどのような職種に向いているのか、どのような職種に興味があるのかなど、自分のことを知るところから始めましょう。

働きながらでもできるおすすめの転職活動とは?

働きながら転職活動がしたい方には、転職サイトや就職・転職エージェントの活用がおすすめです。#転職サイトに登録する
転職サイトとは、豊富な求人情報をまとめて提供しているWebサイトを指すのが一般的です。まずは転職サイトに登録してみて、今どのような企業が求人を出しているのかを確認してみましょう。

基本的には、転職サイトに登録すると詳しい求人情報が見られるようになるので、詳しい求人情報が知りたいという方は登録するのがおすすめです。多くの転職サイトは無料で登録できます。

エージェントに相談しながら転職活動を行う

転職サイトと併用して、就職・転職エージェントも利用してみましょう。エージェントに登録すると、担当のキャリアアドバイザーが付き、自分の条件に近い会社の求人を紹介してくれます。転職サイトを使い自分で転職先を探すのも良いですが、エージェントに相談することによって、より自分の条件に合った企業に出会える可能性が高まるでしょう。

ほかにも、エージェントには、「企業との日程調整などを代わりに行ってもらえる」「企業についての詳しい情報が入手できる」といったメリットがあります。そのため、在職中でなかなか転職活動に時間が取れない方におすすめです。

転職を考えているけど、「まだどうしたら良いかわからない」「気持ちが固まっていない」という方も、就職・転職エージェントのハタラクティブにぜひご相談ください。
就職・転職エージェントのハタラクティブでは、一人ひとりの悩みに寄り添いながら、希望に沿った求人をご提案しています。経験豊富なキャリアアドバイザーが専任で付き、履歴書の添削や面接対策なども手厚くサポート。また、企業の職場環境や業務内容、経営方針など応募するうえで気になる情報も詳しくお伝えすることが可能です。すべてのサービスは無料のため、ぜひお気軽にご相談ください。

仕事の悩みに関するFAQ

仕事をしていると業務内容や人間関係など、悩むことが多くあるでしょう。なかには出社するのが辛くなることも。ここでは、仕事の悩みやその解決法に関する疑問をQ&A方式で解決していきます。

会社に行くのがどうしても辛いときは休んでも良いのでしょうか?

会社に行くのが辛いと思う理由は人それぞれです。どうしても辛いときは無理をせず、一度ゆっくり休むのも良いでしょう。ゆっくり休むことで、気持ちを切り替えられる場合もあります。

ただし、無断欠勤はしないように気を付けましょう。無断欠勤をしてしまうと職場や取引先に迷惑をかけ、社内での信用を損なうリスクも。会社に行くのがどうしても辛いと感じる方は、「どうしても仕事に行きたくない!家にいたい!その理由と対処法を解説」をあわせてご参照ください。

仕事が辛いと感じたまま、働き続けるとどうなりますか?

「仕事が辛い」「会社に行きたくない」という気持ちのまま無理を続けていると、心身に支障をきたす恐れがあります。辛い事態を招いてしまう前に、現状を変える方法を考えましょう。

会社でできるリフレッシュ方法はありますか?

仕事が辛いときや悩みがあるときは、会社でリフレッシュをすることが大切です。好きな飲み物を飲んだり、ストレッチをして体を動かしたりすることで気分がスッキリすることがあります。また、休憩時間に仮眠を取るのも一つの手です。

ハタラクティブ
のサービスについて

こんな人におすすめ
  • 経歴に不安はあるものの、希望条件も妥協したくない方
  • 自分に合った仕事がわからず、どんな会社を選べばいいか迷っている方
  • 自分で応募しても、書類選考や面接がうまくいかない方

ハタラクティブは、主にフリーター、大学中退、既卒、そして第二新卒の方を対象にした就職・転職サービスです。
2012年の設立以来、18万人以上(※)の就職・転職をご支援してまいりました。経歴や学歴が重視されがちな仕事探しのなかで、ハタラクティブは未経験者向けの仕事探しを専門にサポートしています。
経歴不問・未経験歓迎の求人を豊富に取り揃え、企業ごとに面接対策を実施しているため、選考過程も安心です。

※2014年12月~2024年1月時点のカウンセリング実施数

この記事に関連するタグ