仕事を頑張れないのは甘えが原因?新入社員の場合は?対処法をご紹介

仕事を頑張れないのは甘えが原因?新入社員の場合は?対処法をご紹介の画像

【このページのまとめ】

  • ・仕事を頑張れないのは甘えが原因とは限らないため、本当の理由を知ることが重要
  • ・仕事を頑張れない背景には職場に関する原因と精神的な原因がある
  • ・仕事を頑張れないときの対処法は「目標を立てる」「休日に楽しみをつくる」などがある
  • ・やりがいのある仕事を見つけるには、何を重視するのか明確にすることが大切
  • ・新入社員の場合は、ミスを恐れず先輩と積極的にコミュニケーションをとる

「仕事を頑張れない自分は甘えているのだろうか…」とお悩みの方は少なくありません。仕事に意欲的に取り組めない原因は、仕事内容や同僚との人間関係など職場環境によるものから、過度なプレッシャーや頑張り過ぎなど精神的なものまでさまざま。まずは具体的な理由を探ることが大切です。このコラムでは、仕事を頑張れない原因とその対処法について詳しく解説しています。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

仕事を頑張れない原因は「甘え」?

仕事を頑張れない自分に対して「甘えている」と感じてしまう人もいるのではないでしょうか。しかし、仕事を頑張れない原因は甘えだけではありません。自分を責めることでネガティブな悪循環に陥る前に、思うように働けない本当の理由を知ることが重要です。
仕事を頑張れない原因がどこにあるかが分かれば、どのように対処すれば良いかが明確になります。漠然とした不安を抱えている人や、どうすれば意欲的に仕事に取り組めるのか分からない人は、「仕事を辞めたい…甘えだと判断される場合と辞めるべき理由の違いを解説!」も参考にしながら、甘えと決めつける前に自分を客観的に振り返ってみましょう。

仕事を頑張れない職場に関する8つの原因

仕事を頑張れなくなってしまう原因には、「自分に合わない仕事をしている」「正当に評価される仕組みがない」など、職場が関係しているものが少なくありません。ここでは仕事を頑張れない職場に関する8つの原因について解説します。

1.仕事内容が自分に合っていない

「人と話すのが好きなのに、1人で黙々と作業をする仕事をしている」、「じっくり物事に取り組むのが得意なのに、テキパキこなさなくてはならない仕事をしている」など、自分の適性と違う仕事をしていると本来の能力を発揮できません。成果が挙げられずモチベーションが下がり、仕事を頑張れないという結果につながってしまいます。

2.頑張っても評価してもらえない

自分の仕事内容を適切に評価してもらえない場合、「自分は役に立っていない」と感じ、仕事を頑張ることが難しくなります。結果を出そうと努力しても、正当な評価が伴わなければ最終的に自分の仕事に意味を見出せなくなってしまうでしょう。

3.目標が分からない

達成すべき目標が分からないまま仕事をしていると、与えられた業務をこなすだけで日々が過ぎてしまい「仕事をさせられている」という気持ちになってしまうことも。また、自分のスキルについて客観的に分析する機会もないため、仕事を頑張れない状態から抜け出すことが難しくなります。

4.仕事が多過ぎる

仕事量が多過ぎる状態が続くと、疲労が蓄積され仕事へのモチベーションが下がってしまいます。達成感は、主に物事を終えたときに感じるもの。仕事のゴールが見えずに長期間頑張り続けるのは、精神的にも肉体的にも辛いことです。やってもやっても終わらないことが原因で、自分の頑張りは無駄なのではないかと感じてしまい、仕事を頑張れない状態に陥ってしまいます。

5.仕事がなく暇

仕事がなさ過ぎて暇な状態が続くことも、働くことへの意欲が低下する原因になります。モチベーションを保つためには、仕事を通して他者から求められ期待に応えることが重要です。やることがないと、自分が何のためにその場所にいるのか分からなくなり、仕事をする意味を感じられなくなってしまいます。

6.上司や同僚のモチベーションが低い

自分は仕事のやる気があっても、周囲の上司や同僚のモチベーションが低ければ、やる気が空回りしているように感じ、徐々に仕事へのやる気は失われてきます。そのため、初めは意欲的働けていたのに、いつの間にか仕事を頑張れない状況に陥ってしまうことが少なくありません。

7.職場の人間関係が悪い

職場の人間関係は、仕事をするうえで大切な要素です。人間関係が良くないと、その場にいるだけでストレスを感じ、仕事への意欲が低下してしまいます。また、人間関係の悩みはプライベートにも影響し、気持ちの切り替えが難しくなりがち。その結果、仕事を頑張りたくても頑張れない状態になってしまうのです。
職場の人間関係の悩みについては「職場の人間関係が辛いときの対処法とは?ストレスを感じる要因を知ろう」も参考にしてください。

8.給与や休暇などの待遇が良くない

どんなに仕事を頑張っても、給与が少なければモチベーションを保つのは難しくなります。給与は仕事に対する評価でもあるので、自分の仕事を正当に評価されていないという不満にもつながりかねません。また、適切なタイミングで休暇をとれないことで疲労やストレスがたまり、仕事を頑張れない状態になってしまうこともあります。

改善が見込めない問題は上司に相談を
自分の努力では解決できない以下のような問題が発生している場合は、無理せず上司に相談しましょう。

・ハラスメントや嫌がらせを受けている
・残業代が支払われない
・休みがとれない
・健康被害が出るほど労働環境が悪い

企業には労働者が安全・快適に働くための環境を整える義務があります。仕事を頑張れない明確な理由が職場にあるときは、我慢せずに改善を求めることが大切です。

仕事を頑張れない精神的な5つの原因

「過度のプレッシャー」や「頑張り過ぎ」なども、仕事を頑張れない理由として考えられます。ここでは仕事を頑張れない精神的な5つの原因について解説します。

1.プレッシャーに耐えられなくなっている

スピード重視の業務、重大な責任を伴う業務などで大きなプレッシャーを感じる状態が続くと、精神的ストレスが原因で余裕を持つことが難しくなります。その結果、逃げ場がない焦りや重圧に耐えられず、仕事を頑張れない状態になってしまいます。

2.知らずしらずのうちに頑張り過ぎている

仕事に打ち込むあまり、自分の限界を超えて頑張ってしまっていることに気づいていないという場合もあります。自覚がないまま精神的にも肉体的にも疲労がたまり、徐々に仕事へのパフォーマンスに影響が出てくるため、「自分は仕事を頑張れない状態になっている」と勘違いしてしまうのです。

3.成長できていないと思い込んでいる

自分に課する目標が大き過ぎる場合、それなりの成果を出していたとしても、自分ではまだまだ足りないと決めつけてしまうことがあります。理想が高過ぎると自分をどんどん追い込んでしまうため、どれだけ働いても達成感がなく、「仕事を頑張れない自分」としてマイナス評価してしまう恐れがあるので注意が必要です。

4.ストレスをうまく解消できていない

仕事やプライベートがうまくいかないとき、そのストレスを適切に解消できないと身心に不調が現れ、結果的に仕事を頑張れないことがあります。ストレスを溜め込まず上手に発散することが、仕事へのモチベーション維持には大切です。
仕事でのストレスについては「仕事のストレスで会社を辞めたいと思った時は」でも解説しています。

5.仕事のことを考えるだけで苦痛

仕事で嫌なことがある、職場の人間関係がうまくいかないなど、仕事にまつわる大きなストレスがある場合、仕事のことを考えるだけで苦痛を感じてしまうことも。仕事をしていないときも気持ちの切り替えができないため、不安が大きくなり仕事を頑張れない状態になってしまいます。

日記で客観的に振り返ってみる
仕事を頑張れないと感じたときは、業務での問題点や思ったことなどを日記に書いてみるのもおすすめ。今の状況を客観的に把握できるので、仕事を頑張れない原因を明確にするのに役立ちます。また、紙に書き出すことで気持ちが整理され感情をコントロールしやすくなり、ストレス発散につながるのもメリットです。

仕事を頑張れないときの8つの対処法

仕事を頑張れない状況を改善するためには、「目標を明確にする」「休日に楽しみをつくる」などさまざまな方法があります。仕事を頑張らなくてはと焦るのではなく、まずは自分の心と体に向き合うことが大切です。

1.目標を立てて仕事をする

仕事をするうえで、自分なりの目標を立ててみましょう。職場で提示される目標だけでなく、その目標に近づくための細かいゴールを自分で設定し達成していくことで、小さな達成感を積み重ねることができます。短期間で成果を確認できること、自分がギリギリ達成できそうなことを目標にすると良いでしょう。
目標の立て方については、このコラム内の「目標設定を見直して仕事を頑張れない自分を変えよう!」でも詳しく解説しています。

2.憧れの人をつくる

仕事で尊敬できる人を探してみるのも良い方法です。仕事をしていくうえでどんな人になりたいかを考え、それを実現している人をお手本にすると良いでしょう。まずはその人がどのように仕事を進めているのかを観察して、自分の業務に取り入れてみるのがおすすめ。憧れの人が身近にいることで、仕事を頑張れないときのモチベーションにつながります。

3.自分一人で仕事を抱えない

仕事の量が多過ぎたり、分からないことを自分だけで抱え込んだりしていないか振り返ってみましょう。上司に相談する、同僚に声をかけて手伝ってもらうなど、必要なときに他者の力を頼って解決していくことも仕事をするうえでは大切です。

4.休日に楽しみをつくる

忙しい毎日を送っていると、休日は体を休めるだけで終わってしまうことも少なくありません。気持ちが満たされず仕事を頑張れないという人は、休日に友人と会う、趣味を楽しむなど意識的に予定を入れてみましょう。楽しみがあることで生活にメリハリが生まれ、心の充実にもつながります。

5.規則的な生活スタイルを身につける

睡眠不足や偏った食生活など、不規則な生活は身心ともに悪影響を及ぼしてしまいます。できる範囲で生活スタイルを見直してみましょう。仕事の都合で規則的な生活が難しいという方も、休日は寝坊し過ぎず平日と同じ時間帯に起き、食事をきちんととるだけでも改善につながります。
また、「朝活とは?健康維持やキャリアUPに最適!」では、朝の時間を活用して生活を充実させるヒントをご紹介しています。仕事を頑張れないときの生活改善の参考にしてみてください。

6.ネガティブな人から距離をとる

人は、周囲のネガティブな感情に思った以上に影響を受けています。そのため、愚痴や不平不満などネガティブな発言が多い人からは距離をとることも大切です。自分の心を守るためにも、他人の感情に引きずられないよう意識してみましょう。

7.自分を否定しない

思うように仕事を頑張れないと「こんな自分はダメだ」と悲観的になってしまいがちです。しかし、自分を責めると精神的に追い詰められ、どんどん仕事のパフォーマンスが落ちてしまう原因に。自分を否定することはできるだけ避け、仕事を頑張れない理由を客観的にとらえるようにしましょう。

8.得意なことを活かす方法を考える

趣味や特技など、自分が得意としていることの中で仕事に活かせるものはないか探してみましょう。整理整頓や電話応対、タイピングなど、身近な業務から得意分野を探す方法もあります。何か1つでも自信を持ってできる業務があると、仕事全体へのモチベーション向上にもつながります。仕事を頑張れないと感じたときは、得意なことに集中してプラス思考に切り替えましょう。

著名人の本を読むのもおすすめ
著名人の本には、その人が得た知識や経験をもとにしたアドバイスが書かれているので、現状を変えるきっかけになることも。仕事を頑張れないときは、業務に関する本だけでなく、心をリラックスさせるための本を読むのも良いでしょう。

仕事にやりがいがなく頑張れないときは?

今の仕事にやりがいを感じられず頑張れないというときには、これまでの仕事内容を振り返り、自分が仕事に何を求めているのかについて改めて考えてみましょう

どんな仕事がしたいのか考えてみよう

仕事を頑張れないことに悩んだときは、自分がやりがいを感じられる仕事とはどんなものか考えてみましょう。仕事に求めるものが何なのかを明確にするのがポイントです。また、自分の適性について正しく理解するためにも、自己分析を行ってみるのもおすすめです。自己分析の詳しい方法については「自己分析とは?就活や転職活動での必要性を解説!方法やメリットもご紹介」でご紹介しています。

どんな仕事にやりがいを感じるのか分からないときは?

「特にやりたい仕事があるわけではないけれど、今の仕事はやりがいがなく頑張れない」という場合、その背景には今の仕事への不満があります。それが仕事内容に関するものなのか、待遇に関するものなのかなど、自分なりに分析してみましょう。不満を感じている部分を明らかにしたうえで、やりたい仕事について改めて考えることが重要です。

今の仕事にやりがいを見つける方法

今の仕事にやりがいを見つけるには、当事者意識を持つこと、自分の価値観に着目することがポイントとなります。以下を参考に、仕事を頑張れない状況を抜け出すヒントを見つけましょう。

当事者意識を持つ

誰かから指示された仕事をこなすだけでなく、自分の仕事がほかの人の業務にどう影響しているのかについて考えてみましょう。自分の仕事が何に役立つのかを意識し工夫しながら業務を行うことにより、具体的な効果を実感でき、やりがいへとつながるでしょう。仕事を頑張れないときは、視点を変えて物事を考えてみることをおすすめします

自分の価値観に着目する

自分にとって何が大切なのか、何を実現したいのかを考えてみましょう。「人の役に立ちたい」といった抽象的なことではなく、「〇〇に関する仕事がしたい」「〇〇を達成したい」とできるだけ具体的な条件を考えるのがポイント。「家族との時間を大切にしたい」など、仕事と関係ないものでも構いません。自分の価値観を再確認することで、仕事に求めるものとそうでないものが明確になります。
「やりがい」は誰が聞いても立派なものである必要はありません。自分がその仕事をする意味を見出すことに意義があります。仕事を頑張れないと感じたときこそ、自分なりの価値観を大事にしてください

無理にやりがいを見つけようとしなくても大丈夫
仕事にはやりがいが必要かというと、必ずしもそうではありません。まずは、自分が感じている不安や不満の原因を探ってみましょう。冷静に自分の仕事を振り返ることで仕事を頑張れない問題点が解消され、思いがけずやりがいにつながることもあります。

目標設定を見直して仕事を頑張れない自分を変えよう!

仕事を頑張れないと感じたときは、目標の立て方を見直してみましょう。仕事へのモチベーションを保つためには、他人からの指示ではなく自分で決めた目標に向かって行動することが重要です。ここでは、仕事を頑張るために効果的な目標の立て方のポイントをご紹介します。

目標を細分化して一つずつクリアしていく

目標は達成することに意味があるため、あまりにも遠いゴールではやる気を失うことにもなりかねません。ある程度の期間で達成できるように、目標までの道のりを細分化しましょう。また、目標をクリアするために必要な具合的な作業も明確にしておくことが大切です。
「目標を達成できた」という成功体験を積み重ねて自信をつけ、仕事を頑張れない状況から抜け出しましょう。

実際に高い評価を得ている人に着目する

仕事での評価が高い人の行動には、スキル向上や業務効率化などにつながるさまざまなヒントが隠れています。まずは自分の業務と比較してどこが違っているのかを分析してみましょう。数値化できるものについては、具体的に数字に表すことで現状をより客観的に把握できます。仕事を頑張れないときは、他者ではなく過去の自分と比較することで成長を実感しながら、次の目標へとつなげていきましょう。

「でも」「どうせ」と自分の可能性を否定しない

目標を立てるとき、「でも自分には無理」「どうせできない」と消極的になってしまう人も多いのではないでしょうか。しかし、仕事を頑張れないと悩んでいるときこそ、自分の可能性を否定しないことが大切。頭では無理だと思っていても、実際にやってみることで道が拓けることも多くあります。まずは挑戦できる環境に身を置いてみましょう。

同じ目標を持つ仲間と頑張る
共通の目標を持つ仲間と一緒に頑張ることで、お互いに良い影響を与え合うことができ、1人で行動するよりも高い成果につながりやすくなります。仕事を頑張れない気持ちになったときには、身近な仲間にアドバイスを求めてみるのも解決策の一つです。

新入社員なのに仕事を頑張れない原因と対処法

「入社したばかりなのに仕事を頑張れない…」と悩んでいる新入社員の方もいるのではないでしょうか。新入社員が仕事を頑張れないときの対処法について、原因別に詳しく解説します。

仕事に慣れずミスが多い場合

新入社員に失敗は付き物ですが、あまりにもミスばかりが続くと仕事への自信をなくしてしまうことも。ミスが多く仕事を頑張れないほど落ち込んでしまったときは、「失敗して当たり前」と気持ちを切り替え自分を責めないようにしましょう。
新入社員にとって大切なのは、ミスをしないことではなく、ミスから正しい仕事のやり方を学び取ること。失敗から学んだことを今後の業務に前向きに活かす姿勢が大事といえます。先輩が新人時代の失敗から学んだことについて話を聞いてみるのもおすすめです。

まだ職場の人間関係が築けていない場合

職場での人間関係が築けていない新入社員の場合、仕事の進め方が分からず誰に相談したら良いか悩んでしまうことも少なくありません。そんなときは、先輩の仕事に着目してみましょう。先輩の動きをよく観察し、真似できるところは自分の業務に取り入れてみると、仕事の効率が上がることも。
「忙しいなか、先輩に聞くのは申し訳ない…」と遠慮せずに、分からないところはどんどん聞くのも大切なポイントです。仕事を頑張れないときは自分1人で抱え込まず、積極的にコミュニケーションをとりましょう

責任ある仕事を任せてもらえない場合

やる気があるにもかかわらず、新入社員が責任ある仕事を任せてもらえないことに物足りなさを感じるのも無理はありません。しかし、小さな仕事ばかりで頑張れないと感じても、まずは目の前の業務に集中することが大切です。一つひとつの仕事の質を高めることが信頼につながり、やがて大きな仕事を任されるようになります。新入社員は将来性を重視したうえで採用されていることを忘れずに、自分の仕事に丁寧に取り組みましょう。

転職は甘えじゃない!限界が来る前に次の一歩を踏み出そう

「仕事を頑張れないときに転職を考えてしまうのは甘えなのでは…」と悩む人も少なくありませんが、転職は必ずしも甘えではありません。仕事に対する適性は人それぞれ異なり、続けることがプラスに向かうこともあれば、マイナスに向かってしまうこともあります。どうしても頑張れずに限界を感じたら、思い切って行動を起こすのも一つの方法です

「次の仕事は自分の適性に合ったものを慎重に選びたい」と思ったときは、家族や友人に相談するだけでなく、ハローワークや転職エージェントなど就活のプロにアドバイスを受けるのもおすすめ。これまでの経験や適性に基づき、どのような仕事が向いているのかじっくり検討しながら転職活動を進めることができます。

転職活動に自信がない、やりがいを持って働ける企業と出会いたいと考えている方は、ハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブは20代・30代向けの転職エージェント。ポテンシャル採用を行っている企業の求人を多く扱っているため、業務経験が少なく転職を不安に思っている方もご安心ください。専属のキャリアアドバイザーがお悩みを丁寧にヒアリングし、あなたに合った求人を厳選してご紹介します。
ご利用に関する費用は一切かかりませんので、仕事を頑張れないことにお悩みの方はどうぞお気軽にお問合わせください。

仕事が頑張れないことに関するお悩みQ&A

仕事が頑張れないというお悩みに関し、想定される質問と回答をまとめました。

仕事にやりがいを感じられません

このコラムの「仕事にやりがいがなく頑張れないときは?」でご紹介したいくつかの方法を検討してみてください。仕事にやりがいを見出だせない背景は、人によって違います。まずは、今の仕事に自分がどんな不満を持っているのかを明確にしてみると良いでしょう。 そのうえで、今の仕事で改善できることはあるか、今の仕事は適性に合ったものかどうかなどを検討してみてください。きっと、仕事にやりがいを見出すヒントが見つかります。

新入社員で企業の役に立っていないのではと落ち込みます

新入社員は企業から、戦力前の段階、育成期間中と捉えられています。肩の力を入れすぎず、まずは先輩の仕事から学び、良い点を取り入れていこうという姿勢で業務を行ってみてください。 入社して間もないとき、高いパフォーマンスを発揮するのは難しいもの。「仕事が頑張れない…」と思いつめず、目の前の自分の仕事に集中すると良いでしょう。話しかけやすそうな先輩など、周囲の人に積極的に話を聞いてみるのもおすすめです。

やりがいのある仕事を見つけるにはどうしたら良いですか

このコラムの「どんな仕事がしたいのか考えてみよう」で触れたように、自分が仕事で重視するものを明確にするのが最も大切。やりがいには、自分の仕事は必要とされているか、自分の思うような報酬を得られているかなど、さまざまな要素が関係してくるからです。 まずは、今の仕事への不満点を思いつく限り出してみましょう。そのうえで、今の仕事で改善できるかどうかを考えてみるのが第一歩です。

職場の人間関係が苦痛で仕事が頑張れません

職場の人間関係が苦痛である場合、ほかの要素にも一度着目してみてください。人間関係さえ良好ならやりがいがあり頑張れる仕事なのか、それとも、人間関係以外の何かほかの要素もあるのかなど、自分自身に起因するほかの問題が潜んでいないかを確認するためです。 やはり人間関係だけが問題であるという場合には、転職を前向きに検討しても良いでしょう。しかし、ほかの点で不満が出てくる可能性もあるので、選択は慎重に。

仕事が頑張れないのは甘えでしょうか

仕事が頑張れないのは、必ずしも甘えとはいえません。 頑張れない理由には、仕事との相性や職場での人間関係など、人によってさまざまな背景があります。自分がなぜ仕事を頑張れなくなっているのかを、冷静に振り返ってみると良いでしょう。 また、どうしても業務を頑張れないというときには、現在の仕事が合っていない可能性もあります。そんな方は、転職も視野に入れても良いでしょう。ハタラクティブではご利用者様の適性に合った仕事を一緒に考え、ご提案しています。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION