正社員としてきちんと仕事できるか不安

正社員としてきちんと仕事できるか不安の画像

正社員としてきちんと仕事できるか不安

就職が決まりました。でも社会人未経験なので、正社員がどんな働き方をするのかイメージがわきません。仕事の責任も増えるでしょうし、自分がきちんと正社員として仕事できるのか、上司や同僚とうまくやっていけるかも不安です。どうしたらよいでしょうか?

就職しても正社員としてちゃんと仕事ができるか不安…そんな時ほど誠実に仕事に取り組み、周囲の協力を仰ぎましょう。正社員は基本的に終身雇用のため、長いスパンで社員の成長を待ってくれるのが強み。何でも相談できる相手を見つけることも大切です。

就活アドバイザーに詳しく聞いてみました!

正社員としてきちんと仕事できるか不安

誰でも初めての環境に飛び込んだり未経験のことにチャレンジしようとする時には、少なからず不安を感じるものです。
それが企業の正社員として就職するということであれば、なおさらでしょう。
高卒や既卒でフリーター期間が長かった方ほど「未経験の自分が正社員としてちゃんと仕事を続けられるのだろうか」「社会人としての責任が重くなり、これまでの自由きままな生活を失ってしまうのではないか」「仕事や人間関係がいやになってもバイトのように簡単に辞めたりできないというストレスに耐えられるだろうか」といった不安を覚えるかもしれません。
実はこうした不安は、社会人になりたての方の多くに共通するものです。そんな時には、次のような考え方をすることをおすすめします。

 

■正社員はじっくり成長できる

正社員は、アルバイトや派遣とは違って、基本的に終身雇用です。企業は長いスパンで社員の成長を見守っていくことになるため、新入社員が最初から全部を期待されることはありません。逆にいうと、一度採用した人材は時間をかけても、将来的には成長してもらわないといけないのです。そのため、就職したばかりのころは、失敗しても大丈夫な範囲から仕事を始めることになります。たとえ失敗したとしても、必ず次のチャンスを与えてもらえるのが正社員のいいところ。ミスや失敗から学ぶこともたくさんあります。不安が大きい時ほど仕事に誠実に向き合ってください。ひとつひとつ確実にこなしていくうちに、少しずつ仕事に慣れていくことができるはずです。
そして、わからないことは周囲に助けやアドバイスを求める姿勢が大切です。経験のないことについてひとりで悩んでも、なかなか答えや解決方法は見つからないもの。そんな時は、どんな小さなことでも相談できる相手を社内に見つけられると心強いと思いませんか?

■社内に相談できる人を作る

席が近い同僚や一番年が近い先輩、帰る方向が一緒の人など、話す機会が多い社員の中で、波長が合いそうな人や話しかけやすい人はいるでしょうか?
正社員として入社したてはわからないことだらけで、ちょっとしたことでも不安を感じがち。そんな時に何でも相談できる相手がいれば心強いですし、確認不足によるミスを防ぐこともできます。

■相談しやすい人って?

仕事で不安を感じたときに相談できる相手がいれば安心…でもそういう人はどうやって見つけたらよいでしょうか。
相談しやすい人には、次のような共通する特徴があることが多いようです。

・聞き上手…相手の話を途中でさえぎらずに最後までしっかり聞いてくれる
・肯定、共感…こちらの話をすぐに否定したりせず、共感してくれたり励ましてくれる
・客観的…自分の意見を押し付けることなく、必要なことを客観的にアドバイスしてくれる
・親しみやすい…笑顔、朗らか、親身になってくれる、話すと安心感を持てるなど

逆に、厳しく否定的でとっつきにくい印象の人に対しては話しかけるのをためらったり身構えてしまうこともあるでしょう。ただ、人は実際に話してみないとわからないというのも事実です。あまり最初から「あの人はこうだ」と決め付けず、職場では自分からも色々な人に話しかけるようにしてください。
わからないことがあっても何も聞かずにいるよりも、人に聞いてその都度学ぶ方が仕事の飲み込みも早く、結果的に効率もアップ。最初は緊張するかもしれませんが、意識して積極的な態度を心がけてみましょう。

■会社で信頼を得るためには

会社に限らずいえることですが、人間関係は時間と共に徐々に構築されてゆくものです。就職直後は不安や心細さがあっても、誠実な態度で真面目に仕事をがんばっていれば、しだいにまわりが協力してくれたり、色々教えてくれるようになります。
また時には、ミスをして怒られることもあるかもしれません。そんな時は「怒られるうちが華。怒られるのは期待されている証拠」と捉えるようにしましょう。
言われたことを謙虚な姿勢で聞き入れ、改善すべき点をすぐに実行する…そんな真摯な姿勢を忘れずにいることが大切です。実のところ、指導にあたる上司に「この新人はちゃんと面倒を見て育てたい」と思ってもらうことは、社会人として成長する上でとても重要なのです。

■上司に「ちゃんと育てたい!」と思ってもらえる新入社員の特徴

では上司に「育ててもらえる」部下にはどんな特徴があるでしょうか?

・素直さ…注意されたことにふてくされず、言い訳をせず、素直に認められる
・意欲的…仕事に対して常に意欲的、積極的
・礼儀正しさ…挨拶や受け答え、清潔な身だしなみや周囲に対する気配りなど、社会人としての基本的なところがしっかりできているかどうか
・精神的にタフ…失敗やミスに極度に落ち込んだりネガティブになったりせず、切り替えてポジティブになれるかどうか

上に挙げたような内容は、求人を募集している企業の人事担当者も就活の面接で見ている点です。
「面接の時は、がんばれそうな人物だと思って採用したのに…」なんてがっかりされないためにも、正社員になってからもしっかり意識しましょう。

どんな仕事に就いても、最初から完璧な正社員などいません。少しぐらいのミスや失敗は、会社も想定の内です。せっかくフリーターから正社員に転身できたのですから、長く働くためにも不安や悩みはひとりで抱え込まず、相談できる人に話して解消するようにしてみてはいかがでしょうか。
責任のある仕事は、それだけやりがいを感じられ、達成した時の喜びも大きいものです。
プレッシャーを糧として、正社員の醍醐味をたくさん味わってください。

この記事に関連するタグ