1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 就職したいけどやる気が出ない!おすすめのニート脱出法

就職したいけどやる気が出ない!おすすめのニート脱出法

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・就活へのやる気が出ないのは、不都合がなく現在の状況が居心地良いため
    ・ニートのままだと社会的信用度が低く、就職を希望した時にもハンデになりやすい
    ・脱ニートのきっかけは、親孝行のため、金銭面の不安、やりたいことが見つかったなどがある
    ・就活のやる気を出すにはまず生活リズムを整え、アルバイトをはじめてみるのがおすすめ

脱ニートを目指して求人を眺めてみるものの、やる気が出ず結局何もしないで過ごす…このような経験をしているニートは多いのではないでしょうか。
就職に向けてやる気を出す方法や、やる気が出ない理由、脱ニートのきっかけなどをまとめました。

◆就職するためのやる気が出ない…

脱ニートを目指しているのになかなか行動に移せない…ニート生活が長い人ほどこのような状態の人は多いのではないでしょうか。

特に親の援助がある人は金銭的にゆとりがあり、ニート生活に不都合を感じる場面は少なめ。
自由なリズムで生活できますし、人間関係や責任におけるストレスもなく、居心地が良い環境で過ごすことに不満も感じないでしょう。
脱ニートするための労力や就職後の努力の日々とその現状を天秤にかければ、現在の生活を維持したいという気持ちも無意識に働くのではないでしょうか。

とはいえ、ニート生活はいつまでも続けられるものではありません。
「就活のやる気が出ないけどどうしよう」と感じている今が、将来のことをきちんと考えるチャンスです。ここで一度、ニートでいることのデメリットについて把握した方が良いかもしれません。
たとえば、親が退職したり介護が必要になったりすれば援助はなくなりますし、自分の貯蓄で切り盛りしていてもいつかは底がついてしまうでしょう。
将来的には生活が困窮してしまう可能性が高いほか、以下のようなデメリットもあります。

・就職したくなったときにニート期間がネックになり成功しづらい
・社会的信用度が低くカードやローン申請時に受け付けられない
・結婚したくなったときに周囲の人に反対されやすい
・不健康な生活が続くと心身のバランスが崩れやすい
・友人関係が希薄になりやすい

現在の自由で楽な生活と引き換えにするには、将来的なリスクが大きすぎると言えるのではないでしょうか。


◆脱ニートのきっかけは?

将来のリスクがあると分かっても、これまでの習慣からすぐに踏み出せない人は多いはず。
脱ニートができた人には、どのようなきっかけがあったのでしょうか。

【親孝行したくなった】

親の介護や病気、またはそれを連想させるような出来事が身近であった場合、これからは親孝行をしようと決めるケースがあるようです。
特に施設への入所・通所、病院への入院・通院などはお金もかかるため、援助を受けるどころか親を養っていく覚悟が必要です。
自分・親ともに年齢を重ねれば健康状態を気にかける場面が多くなりますから、ニート期間が長引くほどこれを理由に就職を目指そうとする人は多いのではないでしょうか。

【金銭的に困った】

親孝行とは印象が真逆になりますが、こちらも親の介護や病気、退職がきっかけと言えるでしょう。
当然、これまでのように安定した援助は期待できなくなるはずです。
金銭的な援助がなければ生活を維持できないため、働かざるを得ません。
援助が元々なくても、貯蓄を切り崩していれば数ヶ月~数年程度で底をつき、生活していけなくなります。
「ニート生活を続けていればいつかはお金がなくなる」と最初から分かっていても、金銭面の不安が顕著になってはじめて生活のために働こうと考える人は少なくありません。

【やりたいことができた】

ニートになってしまった/続けている理由の1つに「やりたいことがないから」が挙げられます。
やりたいことや興味のあることが見つかると、一変して就職活動に意欲が湧くケースがあるようです。
ニート生活を続けていくうちに、自分の得意・不得意な分野が分かり、「自分の能力を活かせるのはこれ」と将来を具体的に定められるようになる人もいます。


◆就職活動にやる気を出すには

前項で挙げたようなきっかけがない、きっかけがなくても就職活動にやる気を出して臨みたい、という人はこちらでご紹介する方法を試してみてください。
すぐにはじめられることばかりではありますが、習慣化するまでには時間がかかる人もいますから、無理のない程度に頑張りましょう。

【生活リズムを整える】

まず最初にしてほしいのは、生活リズムを整えること。
昼夜逆転していると一般的な社会人の生活に馴染めないのはもちろんですが、精神面・健康面にも「ネガティブ思考になりやすい」「体調が整わない」などの影響があるからです。
やる気も心身のバランスが整っていないと維持するのが困難な傾向にあります。
急に早寝早起きをしようとしても難しいので、最初は自分で決めた時間に起床・就寝・食事をすることからはじめましょう。
ゆとりができたら、そこに軽い運動か外に出る習慣を入れてみてください。

【アルバイトなどから仕事に馴染んでみる】

生活リズムが整ったら、自信をつけるためにもアルバイトをはじめてみてください。
特にニートからいきなり正社員はハードルが高いと感じ、やる気が出せないでいる人にはおすすめです。
アルバイトで経験を積み「自分は○○ができる」といった実績を作っていけば自信がつきますし、将来的に「○○をやってみたい」とやる気に繋がることもあります。

【目標をつくってみる】

就職だけを目標にしてしまうと、モチベーションを維持しづらいことがあります。
「就職したら○○を買う」「結婚するために就職をして生活を安定させる」など、就職の先を目標にするのがおすすめです。
前項の「脱ニートのきっかけ」で言えば、「就職して親を安心させる(親孝行)」がこれに当てはまります。


◆1人でモチベーションが保てないなら誰かに相談を

就活に向けてやる気が出てきても、1人だとモチベーションを保つのは難しいもの。
これはニートの人に限らず、どのような立場の人でも同じです。

とはいえ、ニートの人の多くは就職活動経験がない/浅い場合が多いのではないでしょうか。モチベーションの維持だけでなく、就活の仕方がそもそも分からず不安を抱く人もいるでしょう。
そんなときは早い段階で身近な人に相談したり、就職支援サービスを活用したりすることをおすすめします。
公的な支援機関にはハローワークのほかに、若年無業者を対象としたサポステがありますし、民間では職務経験や年齢などの特性に合わせたサービスが展開されていますので、自分に合う支援を探しましょう。

ハタラクティブは就職のプロがマンツーマンで就活指導を実施。
履歴書の書き方、面接での受け答えなど1から丁寧に指導・フィードバックをしますから、就活経験のない方も万全の体制で臨むことができます。
企業との日程調整や連絡などは担当者が代行していますので、コミュニケーションに自信がない方も安心です。
これらのサービスはすべて無料。ぜひ一度お問い合わせください。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

やりたいことがわからなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたがやりたいことを見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる