31歳フリーターは就職できる?今すぐ行動するべき理由と就活のコツ

31歳フリーターは就職できる?今すぐ行動するべき理由と就活のコツの画像

この記事のまとめ

  • 正社員とフリーターには 収入や雇用の安定性、自己成長などの面で違いがある
  • 31歳は、正社員就職を目指すうえで重要な意味を持つ時期
  • 31歳フリーターは就職活動で、年齢制限や書類選考の壁にぶつかることが多い
  • 31歳から正社員就職を目指すなら、アルバイト先の正社員登用もおすすめ
  • 初めての就活が不安なら、プロを頼るのも手

フリーターのまま30代に突入した方にとって、「 このままで良いのか」とお悩みの方は多いのではないでしょうか。
正社員就職を目指すなら、31歳は重要なタイミングです。具体的な行動をスタートしましょう。このコラムでは、フリーターと正社員の違いをもとに、31歳から正社員を目指すべき理由を解説しています。フリーターからの就活でぶつかりやすい壁や就職に向けたコツも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは20代の
フリーター・既卒・第二新卒

特化した
就職支援サービスです

31歳フリーターからでも就職は可能?

31歳フリーターという状況や、今現在アルバイトをしていないニートであっても、就職は可能です。
以下の3つのポイントを意識して行動してみてください。

・正社員登用の可能性が高いアルバイト先を見つける
・就職支援施設を利用する
・就職エージェントを利用する

31歳現在、フリーターやニートで職歴がない場合、自分の力だけで就職活動を行うのは非常に困難でしょう。まずは、アルバイトからスタートしてみるのも手です。この際に、正社員登用の制度や実績がある企業を選択する方法もおすすめできます。

31歳フリーターが正社員へ就職すると何が変わる?

31歳で就職するかどうか悩んだら、まずはフリーターと正社員の違いについて認識しましょう。
両者の違いは、収入から待遇まで多岐にわたります。
フリーターのままで良いのか、それとも正社員を目指すのか、両者の違いを知ったうえで判断するようにしましょう。
フリーターと正社員の違いは、具体的に以下の5つです。

1. 雇用が安定する

フリーターは非正規雇用であり、契約期間が終われば仕事がなくなる可能性が高いです。また、会社の経営が傾いたときは、正社員より先に派遣や契約社員、パートやアルバイトの人たちが解雇されてしまいます。
一方で正社員は基本的に終身雇用であり、「何年か後に仕事がなくなるかも…」と深刻に心配する人は少ないでしょう。経営状況が悪化すれば正社員も解雇されるケースはありますが、その場合も企業は法律で定められた条件を満たさなければなりません。企業によっては退職金が支給されることもあるので、失業中の経済的な不安が軽くなります。

2. 給与が安定する

フリーターが働いた分だけ給与が入る時給制である一方、正社員は月単位で給与が決まる月給制で働くのが一般的です。時給制だと、風邪や病気、怪我などで欠勤するとその月の給与が減ってしまいます。しかし、月給制なら遅刻や欠勤をしても給与額が変わらないのがメリットです。
また、祝日休みの職場でアルバイトをすると、祝日が多い月の給与は少なくなります。月給制の 正社員であれば、ゴールデンウィークのような長期休暇がある月でも、給与はいつもと変わりません。

さらに、正社員は勤続年数や実績によって昇給があるため、年齢が上がると給与が増えていくのが一般的です。フリーターは昇給があるとしてもその額はごくわずかで、正社員とフリーターの生涯賃金には大きな格差が生まれます。
また、正社員は企業によってボーナスや退職金があり、月々の給与以外の収入があるため、フリーターよりも収入が多くなると期待できるでしょう。20代のうちはフリーターと正社員で収入が大きく変わらないこともありますが、31歳あたりからその差は大きくなり始めます。

3. 社会的信用度が高くなる

フリーターは「定職についておらず収入が安定しない」というイメージを持たれがちです。実際に、クレジットカードや住宅などのローン審査に通りにくい傾向があります。
さらに、雇用や収入が不安定なことから、正社員に比べて結婚が難しいのが現実。
恋人がいても「一緒に生活するパートナーとしては考えられない」と判断されて結婚にいたらなかったり、相手の親に反対されたりするケースが多いようです。
また、夫婦二人であればフリーターで良いとしても、子どもを育てるには経済的な安定が重要となります。31歳になれば、結婚や自身の将来を考える人も多いでしょう。将来の安定性を考えると、正社員として就職しておいたほうが賢明です。

4.他社でも活かせるスキルが身につく

フリーターが比較的簡単な仕事を任される一方で、正社員は責任のある重要な仕事をこなします。正社員はフリーターと比べて仕事の負担は増えますが 、仕事を通した成長は大きなものになるでしょう。
一定のスキルが身につけば、より良い条件の企業に転職することもできます。さらに、万一リストラにあったとしても、条件を落とさずに転職できるでしょう 。
フリーターとして働くより正社員で経験を積んだ方が、将来のキャリアの選択肢が増えるのは間違いないといえます。大卒で就職した人は、31歳ですでに正社員10年目を迎えるころです。フリーターのままでは、その10年間のスキルの差があることは、明確でしょう。

5. 生活スタイルや人生設計が変わる

今までに説明したように、正社員とフリーターには収入面に大きな差があり、それにともなって生活スタイルや人生設計にも違いが出てくるでしょう。
フリーターは住宅購入や結婚のハードルが高いほか、収入が充分でないため旅行などの娯楽にも制限が出てきます。貯蓄がないと万一働けなくなったときや老後の不安が大きく、将来のことを考えるとネガティブな気持ちになってしまう人もいるようです。
フリーターには「正社員よりも自由度が高い」というメリットがあるものの、給与や待遇、社会的信用度といった側面では、正社員の方が有利となります 。
また、残念ながらこの差は、そう簡単には埋まりません。むしろ、年齢を重ねるごとに大きくなっていくでしょう。
31歳は、今後の人生を考える上でも重要な時期といえます。
正社員への就職を検討するなら、早めに 行動をスタートしましょう。

30代からの就職について、さらに深掘りしたい方には「将来を考えると就職?30歳フリーターの就職観と現状」のコラムも一読ください。現状を見つめ直しつつ、就職に向けて気持ちを整えていきましょう。

31歳で就職を目指す必要性
31歳までフリーターとして生活していてこれから正社員を目指すのであれば、行動を起こすのは早ければ早い方が良いのです。
20代までは、求人数も豊富でしょう。 若手ならではの熱意や順応性を買われ、未経験からでも就職しやすいという特徴があります。「今はフリーターをしていても、いずれは正社員に…」という将来設計も、比較的描きやすいといえるでしょう。
しかし、 30代の就活シーンは、キャリアアップを目指す転職希望者がメインになります。企業側も、「一定のキャリアを積み、スキルを身に付けた30代社会人」を念頭において採用活動を行っているでしょう。
このため、未経験・職歴なしといった条件で就職先を決定するのは、非常に難しくなってしまいます 。 年齢を重ねれば重ねるほど、正社員就職は難しくなってしまうため、早めの行動が大切です。
32歳からの就職活動については、「32歳フリーターが就職するために押さえるべきポイントとは?」のコラムも参考にしてみてください。未経験からでも就職しやすい業界や注意点を解説しています。

31歳のフリーターが就職活動でぶつかる壁

31歳で 正社員を目指すフリーターは、以下のような部分で苦労することが多いようです。

年齢制限で求人に応募できない

求人によっては「長期的なキャリア形成をはかるため」として年齢制限を設けていることがあります。多くの求人で設けられている年齢制限は30歳以下です。
年齢が若いと「柔軟性がある」「仕事の覚えが早い」と評価され 、若手人材を求める企業に対しては有利な要素となります。31歳を迎えてしまうと、応募できる求人の選択肢が減ることは頭に入れておきましょう。
未経験から正社員を目指すときは若さが武器になるので、1日も早く就職に向けて動き出すことが大切です 。

書類選考で落とされる

31歳フリーターからの就職では、「職歴がアルバイトしかないから」という理由で、書類選考の段階で不採用になるケースも 少なくありません。
フリーターは経歴の面でどうしても不利になるため、書類選考の通過率が低いのは仕方がない面があります。
ただ、人手不足から未経験者を歓迎する企業、入社後に1から教育するつもりで募集を掛けている企業は存在するので、諦めずに就活を続ける姿勢が大切です。「未経験歓迎」の求人を選び、粘り強く応募を続けましょう。

アピール材料がない

正社員の経歴がないフリーターは、「アピールできる経験がない」と思い込み、面接でうまく回答できないことがあります。
しかし、31歳までアルバイトで働いてきた経験は、伝え方次第で立派なアピール材料になるものです。仕事をするうえでの工夫やバイトリーダーの経験、それを活かして就職後はどのように貢献したいかを伝えれば、「これから成長しそうな人材だ」と評価される可能性は充分あります。
応募先の企業で活かせそうな強みや経験を中心に、自己PRを考えてみましょう 。「フリーターだと自己PRは書けない?書き方や注意点を例文とともに紹介!」のコラムでも、自己PRの作り方について解説しているので、参考にしてください。

アルバイトとの両立が難しい

フリーターで就職活動する人の中には、就活とアルバイトの両立が大変という声があります。
貯蓄が充分でない場合、就活中もアルバイトを続ける必要があるでしょう。さらに、 一人暮らしの人は毎月の家賃を確保しなければなりません。31歳までアルバイトを続けていれば、アルバイト先である程度責任ある立場を任されていることも多く、気軽に休みを取れない人もいるでしょう。
就活を始めると、面接日程とシフトの調整が難しく、思うように就活が進まないという悩みを持っているフリーターが多いようです。

31歳フリーターが正社員就職するための3つのコツ

31歳フリーターの就職活動には、コツがあります。正社員を目指すための3つのコツを紹介するので、ぜひ意識してみてください。

1.アルバイト先の正社員登用を狙う

フリーターが正社員になる方法の一つに、アルバイト先で正社員登用されるという方法があります。
これまでのアルバイト経験をそのまま活かせるため、理想的な就職スタイルといえるでしょう。
真面目にアルバイトをしてきた人であれば、職歴のアピールも十分できます。
また、アルバイト先企業にとっても、「仕事内容を把握している人に業務を任せられる」というメリットがあるため、採用の確率が高まるでしょう。
この場合、31歳という年齢も、大きなマイナスにはならないと考えられます。

ただ、正社員登用制度がある職場は少なく、アルバイト先によっては対応できない可能性も。
企業によっては明確な制度がなくても正社員にしてもらえるケースもあるようなので 、一度相談してみるのも良いでしょう。

2.人手不足の業界を狙う

31歳で職歴がフリーターのみという場合、一般的な企業での就職は厳しい判断をされる可能性が高いでしょう。
しかし、企業によっては、31歳を「まだまだ若手」と捉え、未経験であっても積極的に採用しているケースもあります。特に、人手不足が深刻な業界においては、年齢や職歴よりも、熱意ややる気が評価される可能性も高いでしょう。狙い目の業界は以下のとおりです。

・介護業界
・飲食業界
・IT業界

これらの業界は、人手不足が問題となっており、未経験者でも正社員として就職できる可能性が高い業界といわれています。これらを中心に、自分と相性の良い仕事を探してみてください。過去のアルバイト経験も参考にしながら、応募業界を見定めるのもおすすめです。

3.転職支援サービスを活用する

就職を目指すなら、就職支援サービスを利用するのもおすすめです。
仕事の探し方として最も気軽なのは求人サイトを見ることですが、社会人経験がないと求人の労働条件が良いのか悪いのか、今ひとつ判断できない場合もあるでしょう。また、求人の中にはブラック企業といわれるような企業も混ざっており、就職を成功させるにはそれらを見分ける必要も出てきます。

ハローワークのような公的な就職サポート窓口は、求人の紹介だけでなく、履歴書の添削や面接練習といった支援もしてもらえる場所です。若年層やニート・フリーター向け支援も充実しているので、まずは相談に訪れてみましょう。民間企業が運営する、転職エージェントを活用する方法もおすすめです。

エージェントとは、求人提案や、就職の悩み相談、履歴書の添削や面接対策などを行うサービスです。業界や職種に関する知識を教えてくれるほか、面接の日程調整もしてくれるので、1人でスケジュールを立てるよりアルバイトとの両立がしやすくなります
「31歳フリーターからの就職」という事情を理解した上で、就職活動をどう進めていくべきか、アドバイスをもらえるはずです。
また、第三者の客観的なアドバイスを受けながら就職活動を進められるため、初めての就活でも安心できます。
31歳での就活のコツをさらに知りたい方には、「31歳で就職を目指す方に!就活成功のポイント」のコラムがおすすめです。コツを知って、就活を有利に進めていきましょう。

31歳になるから、そろそろフリーターを辞めて正社員になりたいとお考えなら、ハタラクティブへご相談ください。就職エージェントの中でも、ハタラクティブは 若年層に特化したサービスを提供し、未経験から正社員を目指す方をサポートしています。実際にフリーターから正社員への就職を成功させたご利用者も多く、初めての就活でも安心です 。
履歴書の書き方や面接のマナーまで、就活の初歩からお教えするので、「自分が利用しても大丈夫だろうか?」という心配はいりません。相談だけのご利用も歓迎しているので、まずはアドバイザーと話をしてみませんか?

関連タグ

  • arrow