新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. フリーターのメリット・デメリットとは?

フリーターのメリット・デメリットとは?

公開日:

最終更新日:

フリーターのメリット・デメリットとは?の画像

【このページのまとめ】

  • ・フリーターのメリットは、仕事に対する責任がない、勤務時間や日数を調整しやすい、転勤や異動がない、など
  • ・フリーターのデメリットは、収入が安定しない、年齢を重ねると求人が減る、解雇のリスクがある、など
  • ・特別な理由がないなら正社員を目指すのがおすすめ
  • ・正社員になると、社会的信用が得られる、収入が安定する、キャリアアップや収入アップを目指しやすくなる

いつかはフリーター生活を抜け出したいと思っていませんか?
しかし、今のフリーター生活が「気楽で良い」「特に困ったことはないし、しばらくこのままでいたい」と考えている人は多いようです。

ここでは、フリーターを続けることのメリット・デメリットについて詳しく解説。フリーターでいることに少しでも不安を感じている人は、参考にしてみてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

フリーターのメリット

アルバイトという働き方のメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

メリット

・仕事に対する責任、ノルマがない
・働く時間や日数は比較的自由に決められる
・プライベートと仕事を両立しやすい
・働いた分だけ稼げる
・残業はほぼない
・転勤や異動がない
・仕事の掛け持ち(副業)が可能
・仕事を変えたいときなどに辞めやすい

非正規雇用の場合、重要な仕事を任せられることや、ミスに対する責任を負うことはほとんどありません。
責任のある仕事は社員が行うため「気楽さ」を感じる人が多いようです。
また、働く時間や日数は自分の生活に合わせて決められるため、仕事以外にやりたい事がある人に向いている働き方と言えるでしょう。

フリーターのデメリット

フリーターにはメリットがたくさんありますが、デメリットも多くあります。

デメリット

・収入が安定しない
・収入が少ない
・手当やボーナスが期待できない
・重要な仕事を任せてもらえない
・年を取ると求人数が減る
・病気や怪我で働けないときは収入がなくなる
・解雇のリスクがある
・福利厚生が少ない
・ローンを組みにくい
・社会的信用が低い

若い年齢のうちは、時給が高いアルバイトをしていたり勤務日数が多かったりすると、新卒で就職した正社員よりも1か月の手取り額が大きくなるケースは多々見られます。
しかし、年齢を重ねるうちに、体力面に対する不安や「年齢的に扱いづらい」というイメージから、フリーター向け求人は徐々に減少傾向。運良くアルバイトを続けられても、昇給はなく、給与はほぼ横ばいなのが現状です。

一方、正社員は20代後半~30代になると、昇進などで責任ある立場に就きはじめ、年齢や業務経験を重ねるうちに給与がアップする傾向があります。
収入面だけに注目しても、フリーターと正社員の差はかなりのもの。
現状はフリーター生活に満足していても、上記デメリットをきちんと理解し、将来について考えてみてはいかがでしょうか。

将来を考えるなら正社員を目指すのがおすすめ

フリーターでないとできないことがある、という特別な理由がないのなら、若いうちに正社員を目指すのがおすすめです。
年齢が若いうちの方が、採用ハードルが低いほか、応募できる求人の選択肢が多い、キャリアプランを立てやすいというメリットがあります。
とはいえ、「就職活動が大変そう」「資格がないと正社員になれなそう」「残業が大変そう」など、正社員に対するネガティブなイメージを持つ若者は少なくありません。

しかし、正社員求人は、未経験者を歓迎するもの、アルバイト経験を活かせるもの、入社後のフォロー体制が整っているものなど多岐に渡っています。
いきなり即戦力になろうとせず、自分の適性に合った求人を探すことで、ネガティブなイメージを払拭できるのではないでしょうか。

また、正社員になるメリットは、「社会的信用が得られる」「収入が安定する」「キャリアアップを目指せる」などさまざま。
将来、結婚や子育てを考えている場合や、住宅や車のローンを組む場合などは、フリーターより正社員の方がスムーズにできるでしょう。

フリーターから正社員を目指したいけど、「就職活動の仕方が分からない…」「求人はどうやって探せば良いの?」と不安や疑問がある方は、就職エージェントのハタラクティブがお手伝いします。
ハタラクティブは、若年層に特化した就職サポートサービスを提供しています。
専任の就活アドバイザーがマンツーマンで対応し、希望や適性に沿った求人をご紹介。

また、応募書類作成のアドバイスや面接対策、選考のスケジュール調整、企業とのやり取り代行などを実施しているので、就職活動に慣れていない方も安心して正社員を目指せます。
サービスは全て無料なので、ぜひお気軽にご相談ください!

フリーターのメリット・デメリットに関するお悩みQ&A

フリーターのメリットとデメリットを知りたい方にありがちな疑問点に、Q&A方式で分かりやすくお答えします。

フリーターを続けているとどうなる?

フリーターを続けていると、専門的なスキルが身につかないだけでなく、収入が安定しないために社会的信用を得にくく、生活面での保障が薄いことなどの問題点が生じます。詳しくは「フリーターを続けることで生じる問題点」を参考にしてください。

いつまでフリーターを続けられる?

フリーター生活は20代のうちに終わらせるようにしたほうが賢明。なぜなら30代になると正社員として就職するのが難しくなってしまうからです。詳しく知りたい方は、「フリーターでいられるのはいつまで?」のコラムを読んでみましょう。

フリーターと正社員との生活ではどのくらい違うの?

フリーターの平均年収は200万円に満たないことがほとんど。一人暮らしをするにもあまり余裕はありません。正社員の平均年収は20歳~24歳が約213万円、25歳~30歳が約246万円と、フリーターとの差はあまりないように感じますが、30代後半の正社員の平均年収は300万円以上となり、差が広がってしまいます。詳細は「フリーターの平均年収は30歳だとどのくらい?年齢別や正社員との比較!」に記載していますので、ご一読ください。

正社員になりたい!でもどうしたら良い?

フリーターが正社員として就職するなら、未経験OKの求人が狙い目。またはアルバイトの経験が活かせる仕事が良いでしょう。「正社員になれる?25歳フリーターの就職事情とは」ではより詳しく載せていますので、読んでみてください。

フリーターにはどんな仕事がおすすめ?

フリーターが正社員に就職するなら、販売職や営業職や事務職などがおすすめ。そのほかのおすすめ職種を知りたい方は、「未経験でもチャレンジできる仕事の種類」をご参考にしてください。ハタラクティブでは、「就職がはじめてで不安…」という方に、専任の就活アドバイザーがトータルサポート。希望条件に合った求人のご紹介はもちろん、応募書類の添削や面接練習などにも応じているので、不安なく就活を進めることができます。まずはお気軽にご相談ください。

関連キーワード

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

正社員経験がなくても大丈夫!

未経験OKの求人も多くあるため、あなたにぴったりな仕事が見つかります!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

関連キーワード

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ