フリーター同士の結婚、周囲の理解は得られるの?

フリーター同士の結婚、周囲の理解は得られるの?の画像

この記事のまとめ

  • フリーター同士の結婚は、経済的な不安が大きい
  • 周囲からの理解を得られず結婚できないケースもある
  • 収入が不安定なフリーター夫婦の生活は、節約、節税が必要
  • 配偶者控除や社会保険を活用しよう
  • 結婚を考えているなら、正社員になるのがおすすめ

今回は、フリーター同士での結婚を考えている方に向けたコラムです。
収入が不安定なフリーターが結婚生活を送るには、どんな工夫をすべきなのでしょうか?

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

フリーター同士で結婚できる?

当人同士が希望するなら、フリーター同士で結婚することはできます。
ただ、双方がフリーターでの結婚は、経済面や社会的な信用といった面で壁にぶつかることが多いでしょう。
収入や立場の不安定さを理由に、親や親族の反対を受けるケースも多く、周囲の理解を得られず結婚に至らなかったというカップルも少なくありません。
もちろん、結婚後に正社員になる予定がある、将来は家業を継ぐ計画があるなど、人によって状況はさまざまです。中には二人で目指す夢があり、今はフリーターをしているというカップルがいるかもしれません。
しかしいずれの場合も、フリーター夫婦は収入が不安定になりやすいので、節約を心がけた生活が基本となるでしょう。節税で支出を抑える方法もあるので、次項をチェックしてください。

フリーター夫婦の節税術

結婚した時に節税効果が大きいのが「配偶者控除」。配偶者控除とは、パートナーがいる人を税金面から配慮してくれる制度で、配偶者が無収入やフリーターである場合、一定の所得控除を受けられることがあります。
配偶者控除を受けるための条件は以下の通りです。

・民法に規定された配偶者である
・納税者と同一生計である
・年間の合計所得金額が38万円以下
・青色申告の専従者給与を受け取っていない、もしくは白色事業専従者の対象でない
・納税者の合計所得金額が1000万円以下

民法に規定された配偶者とは、婚姻の届出がある配偶者ということです。内縁関係のカップルは配偶者控除を受けられないので注意してください。

配偶者控除に加え、夫婦のどちらかが会社の社会保険に入っている場合は、もう1人を扶養家族として2人で社会保険に入るのがおすすめ。
個人で加入する国民健康保険では扶養家族の人数分の保険料を払いますが、会社を通して加入する健康保険であれば、本人の保険料だけで、扶養家族の保険料はかかりません。
フリーターが社会保険に入るには、所定の労働時間や日数を満たす必要があります。結婚を考える場合は、シフトを増やすなどして、社会保険の条件を満たす働き方を検討してはいかがでしょうか?

正社員になれば結婚も安心!

節約や節税をしたとしても、もともとの収入が低ければ満足のいく生活を送るのは難しいかもしれません。
収入を安定させたい、自信をもって結婚したいという方は、正社員を目指してみまんせんか?
「フリーター経験しかないのに、今さら就職できるの?」と思う方がいるかもしれませんが、年齢が若ければチャンスはあります。
特に人手不足の業界や若手人材を求める企業では、未経験求人を出すことも多く、「入社後1から教える」という方針をとっている場合もあるでしょう。

1人で就活するのが不安なら、若年層の就職支援に特化したハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブではカウンセリングから求人提案、書類・面接の対策で正社員を目指す方を全面的にバックアップ。企業とのやりとりも代行するので、面接の日程調整などもご自身でする必要はありません。
経験豊富なアドバイザーが、あなたにぴったりの仕事を探します!

フリーター同士の結婚に関するお悩みQ&A

ここでは、フリーター同士の結婚に関するお悩みをQ&A方式で解決していきます。

フリーターの彼氏と付き合い続けるべき?

自分の彼氏がフリーターという方は、まずはその理由を尋ねてみてください。将来について考えておらず、なんとなくフリーターをしているような状態が続いている場合は、お付き合いを考え直す必要があるでしょう。詳しくは「フリーターの彼氏と、このまま付き合っても大丈夫?」で紹介しているので、チェックしてみてください。

彼氏がフリーターなので今後が心配です

まずは、彼と結婚して家庭を築きたい気持ちがあるのか確かめましょう。自分の気持ちを確かめたら、彼と話し合ってみてください。お互いが将来について、どのように考えているのかを明確にすることが大事です。詳しくは「フリーターの彼と結婚できない?そんな時にすべきこと」に掲載していいます。

フリーター同士の結婚にデメリットはある?

フリーター同士で結婚することのデメリットは、収入が不安定であることや、年齢を重ねるほど仕事の選択肢が少なくなることなどが挙げられます。特に大きなデメリットとしては、雇用の不安定であること。アルバイト先や社会情勢次第では仕事を失う可能性もあるでしょう。デメリットについては「フリーターで結婚は考えられる?ライフプランの描き方」でご確認ください。

女性のフリーターは結婚できませんか?

結婚できないとは言い切れませんが、難しくなる可能性はあります。
近年では共働きを希望する男性も増えており、フリーターと正社員では価値観に相違を感じることも。もちろんフリーターで結婚する方も多くいますが、将来のことを考えると正社員として働くのが良いでしょう。「女性フリーターは結婚できない?良縁を引き寄せるには」で詳しく解説しています。

正社員にはどうやったらなれますか?

就活方法が分からなければ、エージェントを利用しましょう。
アルバイトの面接と正社員採用は異なります。正しい就活方法が分からない、正社員になりたいけど仕事の探し方が分からない、という方はプロの力を借りるのがおすすめです。
就職エージェントのハタラクティブでは、フリーター向けの就職支援を積極的に実施しています。ぜひ一度ご相談ください。