フリーターの男性は結婚できない?正社員にならないことのリスクを解説

フリーターの男性は結婚できない?正社員にならないことのリスクを解説の画像

この記事のまとめ

  • 雇用や収入の不安定さなどから、フリーターの男性は結婚しにくい傾向にある
  • フリーターを続けることで、社会的信用度が低くなる可能性が高い
  • 男性がフリーターから正社員になることで、給与が雇用が安定するメリットがある

フリーターを続けるとどうなるのか不安を感じている男性は多いでしょう。就職せずにフリーターを続けることで、雇用が不安定になる、社会的信用度が低くなるといったリスクがあります。このコラムでは、男性がフリーターを続けることのリスクについてご紹介。このままフリーターでいるか、正社員になるか悩んでいる男性の方は、ぜひこのコラムを参考にしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

男性でフリーターを続けるメリット

男性でフリーターを続けることには、「勤務時間や日数を自由に決められる」「仕事への責任が少ない」といったメリットがあります。以下で詳しくご紹介していくので、チェックしてみましょう。

勤務時間や日数を自由に決められる

フリーターには、働く時間や日数を自由に決めることができるメリットがあります。正社員になれば、会社で労働時間が定められていることが多いので、自分の好きなときにだけ働くという選択はできないでしょう。しかし、フリーターであれば、働く時間がシフトで管理されているので、自分が働きたい時間や日に働くことができます。

仕事への責任が少ない

正社員にならずフリーターを続けることで、仕事への責任が少ないメリットがあります。フリーターにも仕事に対する責任はありますが、正社員ほど重くはないことが多いでしょう。仕事への大きな責任を持ちたくないと考えている男性にとっては、フリーターを続けることはメリットであるといえます。

20代前半であれば同世代よりも稼げる可能性がある

20代前半であれば、同年代よりも稼げる可能性があるというメリットもあります。これは、20代前半の場合は、正社員であったとしても、給与はあまり高くない傾向に。アルバイトによっては、時給が高いこともあります。そのようなアルバイトで毎日働いている場合は、同年代の正社員よりも収入を得られることもあるでしょう。

男性でフリーターを続けるデメリット

男性でフリーターで続けることには「正社員とで収入面に差が生じる」「社会的な信用が低い」といたデメリットがあります。以下で詳しくご紹介するので、確認してみましょう。

収入面で正社員と大きな差が生まれる

長期的な目で見ると、収入面で正社員と大きな差が生まれてしまいます。先述したとおり、20代前半であれば、フリーターであっても同年代の収入を上回ることは可能。しかし、30代、40代と年齢を重ねていくと、同じようにはいきません。昇給や賞与によって、正社員とフリーターとの収入に大きな差が生まれるでしょう。

年齢を重ねると就職先が少なくなっていく

フリーターのまま年齢を重ねると、就職先が少なくなるデメリットがあります。就職や転職においては、30代よりも20代の方が有利になる傾向に。就職先だけでなく、アルバイトとして働ける勤務先も限られてくるでしょう。

社会的な信用が低い

フリーターは社会的信用度が低いというデメリットもあります。たとえば、フリーターは収入面が安定していないことから、賃貸契約やローンの審査に通りにくいということも。そうなると、車や住宅などの高い買い物ができないので、日常生活にも支障が出てしまいます。

男性がフリーターを続けるデメリットについては「30代男性がフリーターを続けるとどうなる?デメリットや結婚事情を紹介」や「フリーターにはデメリットが多い!社会保険や税金について正社員と比較」のコラムでも解説しているので、あわせてご覧ください。

男性がフリーターから正社員になることのメリット

男性がフリーターから正社員になることで、給与や雇用が安定するでしょう
正社員は基本的には定年までの雇用が約束された立場であり、仕事の実績や勤続年数によって収入がアップしていきます。また、企業によっては月給とは別に賞与が支給されるので、ボーナス分は貯金に回せる、自分の好きなことに使えることがメリットです。福利厚生が充実している企業に就職すれば、住宅手当などの支給を受けられることもあります。

また、正社員はフリーターと比べて仕事の幅が広く、やりがいが大きいというのもメリットの一つ。専門性の高いスキルを身につければ、万が一、会社が倒産したとしても条件の良い転職先を見つけられるうえに、何より正社員として働くことは自分の自信にも繋がるはずです。

フリーターの男性は結婚できない?

「フリーターの彼氏とは結婚できない」と考える女性が多い傾向にあり、フリーターの男性が結婚するのはハードルが高いといえるでしょう
フリーターの男性が結婚しにくい理由は、雇用と収入が不安定であるため。アルバイトをしていてある程度の収入があったとしても、年をとって同じ働き方ができるかは分かりません。結婚後、子どもを持つ場合は、養育費を確保しなければならないので、その点を不安に思う女性も多いようです。

フリーターの男性の結婚については「フリーターの彼氏と結婚して将来に不安はない?正社員を目指す方法も紹介!」のコラムでも詳しく解説しているので、あわせてご覧ください。

フリーターの男性が正社員になるには?

「今さら正社員になんてなれない」と思っている方がいるでしょう。しかし、20代は若さを武器に就職活動できる世代です。
人手不足の業界や若手を求めている企業では、正社員経験がなくても人柄や社風との相性、これからの成長性を評価して採用に至ることが多々あります。
やる気があれば今からでも正社員を目指すのは十分可能。とはいえ一人での就活はなかなか難しいので、エージェントを利用して効率的に就職活動をするのがおすすめです。

ハタラクティブは若年層に特化した就職支援サービスで、仕事に対する意欲や人柄などのポテンシャルを評価する企業の求人を多く扱っています。初めての就活でやり方がわからない場合も、アドバイザーが一から指導するので安心です。
まずはカウンセリングで、就活の方向性を見つけていきましょう。

この記事に関連するタグ