24歳フリーターが正社員になるには?3つの心構えと就職活動のポイント

24歳フリーターが正社員になるには?3つの心構えと就職活動のポイントの画像

この記事のまとめ

  • 24歳フリーターは若さとポテンシャルを武器に就活できる
  • 24歳以降もフリーターだと貯金がしにくい、生涯賃金が少ないなどのデメリットがある
  • 24歳フリーターが正社員になるメリットは、社会的信用や安定した収入を得られるなど
  • 24歳フリーターは、企業にポテンシャルと熱意を求められている
  • 24歳フリーターが就職を成功させるためには、前向きに考えることが大切

24歳フリーターのなかには、「そろそろ正社員に就職したほうがいいのでは…」と悩む方もいるでしょう。24歳は企業にポテンシャルを期待されている年齢のため、若さをアピールして就職できるチャンスです。フリーター生活を長引かせるよりは、一旦行動してみるのがおすすめ。このコラムでは、24歳フリーターが正社員就職を成功させるためのポイントを紹介します。就職活動の参考としてチェックしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

24歳でフリーターから正社員への就職は遅い?

24歳でフリーターから正社員への就職は遅い?の画像

フリーターでも24歳なら、正社員として就職するチャンスに恵まれている年齢のため、遅いということはありません。まずは24歳フリーターの実情を知り、可能性を広げていきましょう。

20代前半の若い人材を積極的に採用する企業が多い

企業は将来性のある若い人材を求める傾向があります。また、社会人経験が浅いからこそ研修や教育がしやすいと考える企業もあるようです。さらに20代前半であれば、若さとポテンシャルを評価する企業も多いでしょう。
自分の経歴に不安がある方は、「ポテンシャル採用は若手のチャンス!求職者側のメリットとは」のコラムもあわせてご確認ください。

24歳フリーターは高卒・大卒問わず就職のチャンスあり

24歳フリーターは、高卒でも大卒でも学歴関係なく正社員就職を目指せます。学歴を気にせず熱意を見てくれる企業もあるので、「フリーターだから」「正社員経験がないから」とネガティブに考え過ぎず、「正社員で働きたい!」という前向きな気持ちで就活をするのが良いでしょう。

24歳以降もフリーターを続ける3つのデメリット

24歳以降もフリーターを続ける3つのデメリットの画像

年齢を重ねるごとにフリーターの状況も変化します。24歳であれば周りとの差を感じにくいですが、30代に近づくにつれ不安なことも増えてくるようです。下記で3つのデメリットを解説するので、24歳以降のフリーターについて考えてみましょう。

1.正社員との年収の差が出てくる

若いうちは正社員との年収差はさほど大きくないですが、20代後半からその差が大きく開いていく傾向にあります。正社員の場合は昇給やボーナス、手当がつくため、勤続年数が長い人ほど年収が高くなるのが一般的です。また、有給の日数も多いため、体調不良で休む回数が増えたとしても収入への影響は少ないでしょう。一方、フリーターは時給制が多いため、休んだ分だけ収入が減っていきます。年齢を重ねるにつれ、その負担が大きくなってくるでしょう。

生涯賃金にも大きな差が出る

先述したように、正社員は昇給やボーナスによって年収が増えていくため、生涯賃金にもフリーターとは大きな差が開いていきます。独立行政法人労働政策研究・研修機構の「ユースフル労働統計2021 労働統計加工指標集」よると、正社員と非正規社員(フリーターを含む)の生涯賃金は以下のとおりです。

※正社員、非正規社員ともに学校を卒業後ただちに就職し、フルタイムで働いた場合の統計

学歴・男女別の正社員の生涯賃金(退職金を含まない)

学歴/男女 男性 女性
中学卒 1億9,870万円 1億4,660万円
高校卒 2億1,280万円 1億5,230万円
高専・短大卒 2億1,530万円 1億7,680万円
大学・大学院卒 2億6,910万円 2億1,730万円

引用:独立行政法人労働政策研究・研修機構「ユースフル労働統計2021 労働統計加工指標集 生涯賃金など生涯に関する指標 図21-1 生涯賃金(60歳まで、退職金を含めない、2019年 p315)

学歴・男女別の非正規社員の生涯賃金(退職金を含まない)

学歴/男女 男性 女性
中学卒 1億4,240万円 1億780万円
高校卒 1億3,150万円 1億510万円
高専・短大卒 1億2,970万円 1億730万円
大学・大学院卒 1億5,550万円 1億2,200万円

引用:独立行政法人労働政策研究・研修機構「ユースフル労働統計2021 労働統計加工指標集 生涯賃金など生涯に関する指標 図21-5 生涯賃金(非正社員60歳まで、退職金を含めない、2019年 p332)

同じフルタイムでも、正社員と非正規社員では生涯賃金に4,000万~1億円ほどの差が開いていることが分かります。また、上記の統計は退職金を含めていないため、含めた場合はさらに大きな差が生じるでしょう。

参照元
独立行政法人労働政策研究・研修機構
ユースフル労働統計2021 労働統計加工指標集

2.バイトの給与だけでは貯金がしにくい

フリーターは正社員のようにボーナスが出ないこともあり、貯金をしにくいのが現状です。近年は老後に必要なお金が着目され、貯金額が話題となっています。将来的なことを考えると、若いうちから安定した給料を得て貯金しておくことはプラスになるでしょう。

3.扶養内で働くことが厳しくなる

同居する家族の扶養内で働いている場合は、収入額が制限されています。もっと働きたいと思った場合は扶養を抜けることになりますが、今までよりも自分で支払う納税額が増えるため支出が増加。将来的なことを考えるのであれば、早いうちから社会保険制度が整った企業で正社員として働くほうがメリットになるでしょう。フリーターが支払う税金や保険料については、「フリーターが払う税金はいくら?年金や保険料の払い方についても解説」のコラムで解説しています。

24歳フリーターが正社員になるメリットとデメリット

正社員にも、メリットとデメリットの両方があります。24歳で正社員就職を目指しているフリーターの方は、メリットとデメリットを踏まえたうえで就活を進めていきましょう。

メリット

24歳フリーターが正社員になるメリットは、以下のとおりです。

・安定した収入を得られる
・雇用が安定している
・ボーナスや昇給などで収入アップできる
・企業によっては福利厚生が充実している
・社会的信用が高く、結婚や大きな買い物がスムーズになる
・キャリアアップのチャンスに恵まれている

正社員になると、収入や雇用が安定するだけでなく、利用できる福利厚生が増えたり社会的信用度が得られたりするなど、多くのメリットがあります。社会的信用があると、カードやローンの審査が通りやすくなるため、家や車などの大きな買い物も実現しやすくなるでしょう。また、企業によってはレジャー施設の優待利用といった福利厚生もあるので、プライベートの充実も図れます。

デメリット

24歳フリーターが正社員になるデメリットは、以下のとおりです。

・転勤や異動には応じなければいけない
・残業や休日出勤などでワークライフバランスが取りにくい可能性もある
・責任が重く、プレッシャーを感じることもある

正社員は待遇面でメリットが多い分、フリーターよりも自由な時間が取りにくい、責任が大きいといったデメリットもあります。ただし、残業や休日出勤、転勤などは全ての企業に当てはまるものではないため、企業選びの段階で避けることも可能です。また、近年はフレックス制度やリモートワークなどを取り入れている企業もあるため、正社員であってもワークライフバランスは取りやすいでしょう。解消可能なデメリットで尻込みせず、正社員就職を目指して積極的に行動するのがおすすめです。

正社員に就職したいけれど不安があるという方は、「アルバイトと正社員の違いとは?メリット・デメリットや面接対策などを解説」をご覧ください。こちらでも正社員のメリットとデメリットについて解説しています。

24歳フリーターが就職しやすい仕事

これまでずっとフリーターを続けていた方が就職を目指す場合、比較的採用されやすい職種もあるので、仕事探しの参考にしましょう。ここでは、24歳フリーターの方が比較的就職しやすい職種をご紹介します。

営業職

24歳フリーターの就職におすすめの職種の一つが営業職です。営業職は実務経験がそれほど重視されず、未経験でも働きやすいのが大きな特徴となっています。専門的なスキルや経験よりもコミュニケーション能力や提案力が重視されるので、フリーターの方もチャレンジしやすいでしょう。
さらに営業職は会社の業績に直結する仕事であるため、多くの求人が出やすく、チャンスにも恵まれています。

形がない商品の法人営業がおすすめ

営業職のなかでも、無形商材の法人営業は特にメリットが大きな仕事です。形のない商品を売る営業は簡単ではありませんが、その分インセンティブも高く、多くの収入を得られる可能性があります。インターネットサービスのような無形商材は、これからも需要が高まっていくでしょう。それに伴って営業職も求められていくので、今後長期にわたって働き続けたい方におすすめです。

事務職

事務職も24歳フリーターの方が就職するのにおすすめの職種です。営業職と同様、経験や専門的なスキルがなくてもスタートできます。事務職で身につくスキルは、ほかの企業に転職しても役立つ可能性があるので、将来さらにステップアップしたい方におすすめです。
ただし、事務職は正社員の求人が少ないため、派遣社員やパートタイムから正社員登用を目指すのが良いでしょう。

24歳フリーターは企業からどう見られる?

企業から見た24歳フリーターは、アピール次第でポテンシャルが高く、熱意がある若者と見られやすい傾向にあります。ここでは、企業が24歳フリーターに求めているポイントをまとめました。

ポテンシャルの高い若い人材

20代後半以降になると、それまでの実績や職歴で判断されることが多くなりますが、20代前半のうちであればポテンシャルで評価してもらえる可能性が高いでしょう。
ポテンシャルとは、その人の「潜在している力や可能性」のことです。仕事に積極的に取り組み、何事も前向きにとらえて自分の力を発揮できる人は、ポテンシャルが高い人材として評価されます。現状維持ではなく、今よりも少し上を目指すための計画や努力をする姿勢をアピールすることで、ポテンシャルの評価へと繋がるでしょう。

正社員経験なしでも熱意があれば採用したい

24歳のうちであれば、正社員経験なしでも熱意を評価してもらえる可能性があります。
「この企業で働きたい」「成長したい」という前向きな気持ちは、選考における大事な評価基準の一つ。「何となく正社員になりたい」というぼんやりとした理由ではなく、「ここで正社員として働きたい」という熱意を表現することが大切です。

24歳フリーターが就活に失敗する4つの理由

就活が上手くいかない理由として挙げられるのが、書類の書き方や面接での失敗です。同じ失敗を繰り返さないためにも、自分の就活に関する書類や態度について1度見直してみるのが良いでしょう。ここでは、24歳フリーターが就活に失敗する主な理由を4つ挙げているので、参考にしてみてください。

1.応募書類の書き方が雑

24歳フリーターが就活に失敗する原因の一つとして、応募書類の書き方が雑なことが挙げられます。
書かれている内容だけでなく、字の丁寧さや誤字脱字、写真なども企業にチェックされる要素です。字が乱雑であったり、誤字脱字が多かったり、写真の貼り方が雑だったりすると、企業に「仕事が雑そう」「いい加減」といった悪印象を与えてしまう可能性があります。
応募書類を書く際は、内容を充実させるのはもちろん、誤字脱字やミスがないよう見直しを行いましょう。また、字に自信がない方は、パソコンで制作するのもおすすめです。
応募書類の書き方については、「履歴書が書けない!新卒やニートの場合は?書き方を徹底解説!」のコラムもあわせて参考にしてください。

自己PRで熱意を伝えよう

履歴書のなかでも、自己PRは企業に熱意を伝えるための大事なポイント。応募する業種に合わせて自分の経験や意欲を書きましょう。自己PRは後々の面接でも重要になるので、嘘をついたり、ごまかしたりしないよう注意が必要です。自己PRの書き方については「フリーターの自己PRの書き方!書けない場合の対処法を例文つきでご紹介」のコラムでも紹介しています。

2.面接対策が足りていない

面接対策が足りていないのも、24歳フリーターが就活で失敗する原因になります。面接対策が十分にできていないと、本番で緊張してしまって上手く話せない、想定外の質問をされて返答できなくなってしまうといったことがあるでしょう。
面接で大切なのは、きちんとした言葉で自分の気持ちを表現し、相手に伝わるように説明することです。想定できる範囲の質問への回答は事前に用意しておく、身だしなみをチェックするなどの準備をしておきましょう。特に24歳フリーターの場合は、就職せずにフリーターを続けていた理由を聞かれる可能性が高いため、きちんと説明できるようにしておくと安心です。

3.ビジネスマナーが身についてない

ビジネスマナーが身についていないと、選考で悪印象を与えてしまう可能性があります。
ビジネスマナーとは、社会人が企業で働くなかで守るべき礼儀作法のことです。働きながら身につけていくマナーもあれば、働く前から求められているマナーもあります。
24歳フリーターも意識すべきビジネスマナーは、主に言葉遣いや身だしなみ、時間厳守などです。面接時はもちろんですが、企業からの電話連絡でとっさに出る言葉遣いにも気をつけたほうが良いでしょう。最低限のビジネスマナーは普段の生活の中で身につけられます。フリーターから正社員を目指している方は、普段から意識して取り組みましょう。

4.自信のない態度で就活に臨んでいる

自信がない態度も就活の失敗に繋がります。就活に臨む態度は、応募書類や面接で伝わってしまうことが多いです。24歳でフリーターだからと自信がないままでいると、上手くできたこともマイナスにとらえてしまい、実際に改善すべき点が分からなくなってしまうこともあります。
就活に自信を持つためには、きちんとした書類作成や面接対策が重要です。一つひとつの積み重ねが自信に繋がっていくでしょう。

24歳フリーターが正社員になるための3つの心構え

24歳でフリーターから正社員として就職するためには、前向きに考えて行動することが大切です。これから正社員としての就職を考える人は下記の心構えを参考にして、就活に臨むと良いでしょう。1人で乗り越えられないときは、誰かに相談するのもおすすめです。

1.「フリーターだから」とネガティブにならない

「24歳でフリーターだから手遅れかもしれない…」とマイナス思考になると、積極的に行動できなくなってしまいます。24歳という若さを活かすためにも、前向きな行動が大切です。
24歳フリーターであることに後ろめたさを感じる必要はありません。その経験も何かの役に立つ可能性があるからです。まずはフリーターの自分を否定するのではなく、フリーターの自分を肯定するところから始めてみてください。

2.就職できればどこでもいいという気持ちにならない

不採用が続くと精神的な負担を感じやすくなりますが、「正社員であればどこでもいい」と投げやりにならないようにしましょう。
ある程度の妥協が必要なときもありますが、「どこでもいい」と諦めてしまうと正しい判断ができなくなってしまいます。万が一採用された企業がブラック企業だった場合、精神的苦痛や体調不良を起こすことも考えられるでしょう。
就活では、正社員として採用されることだけがゴールではありません。長く働き続けていけるよう、自分に合った仕事や企業を見つけることが大切です。

3.就職するか迷ったら一旦行動してみる

就活では、迷ったらひとまず行動してみる意識と実行力が大切です。
24歳という若さは時間とともに過ぎていきます。就活のなかで興味がある分野や企業に出会ったら、説明会に参加する、アポを取って企業を訪問するなど、まずは行動してみることから始めると良いでしょう。

24歳フリーターが就活を成功させるコツ

24歳フリーターが就活を成功させるコツの画像

24歳フリーターの就活成功のコツとして大切なのは、自分をしっかり見つめ直すことです。自己分析をして自分の言葉でしっかり相手に伝えましょう。ここでは、24歳フリーターの就活成功に繋がるポイントを紹介します。

自己分析を行う

自己分析を行い、今までの自分を振り返ってみましょう。
企業が知りたいのは、求職者の特徴や強みです。自分のアピール内容と企業が求めるものがマッチすれば、採用に一歩近づくでしょう。フリーターとして働いているときに努力したこと、工夫したことなどもアピールポイントになります。
自己分析とは?就活や転職活動での必要性を解説!方法やメリットもご紹介」では、自己分析の必要性や基本作業について解説。参考にしながら、些細なことからピックアップして、自分の特徴や強みを発見してみてください。

企業研究を行う

企業研究を行い、事業内容や社風、職場環境など、あらゆる視点から◯◯を調べていきましょう。特に「企業が求める人物像」について注目するのがおすすめです。企業のWebサイトや働く人のインタビュー記事から人物像を読み取って、自分の強みと照らし合わせていくと良いでしょう。企業が求める人材と自分がマッチしているかどうかをチェックすることで、就職先の候補を絞ることができます。詳しい作業については「企業研究ってどうやるの?基本的なやり方と目的を解説」でご確認ください。

空白期間の説明をきちんとする

面接時に「なぜフリーターになったのか」と聞かれた際の説明をしっかりできるようにしましょう。正社員として働いていない空白期間をどう説明するかで、採用の合否に影響します。この際の注意点は、嘘をついたり、見栄を張ったりしないことです。フリーターをしていて感じたことや反省したことなど、働くことに関する経験を素直に伝えるほうが好印象に繋がるでしょう。
空白期間を面接で聞かれたら?『何もしてない』はOK?答え方や例文を紹介」でも、面接担当者に好印象を与える答え方を解説しているので、面接対策の参考にしてください。

24歳フリーターは就職サポートを活用しよう

24歳フリーターは就職サポートを活用しようの画像

就職活動の経験が初めてだったり、失敗する原因が分からなかったりする24歳フリーターは、就職支援サービスを活用するのがおすすめです。応募書類の添削や面接対策などを無料で行ってくれます。自分で探すよりも多くの求人情報が得られるので、1人で悩む前に活用しましょう。一般的な就活支援には、下記のようなものがあります。

自分のペースでやりたいなら就職・転職サイト

インターネットで自分の状況に合いそうな就職サイトを探しましょう。
就職サイトを使うには、まず氏名や生年月日、メールアドレスなどの個人情報を登録します。その後は、Webサイト上での求人検索、企業に関する情報収集を行い、気になる企業がある場合はエントリーをするという流れです。気になる企業のエントリー受付開始や説明会の告知をメールで受け取ることもできます。
就職サイトを利用するメリットは、空いた時間で求人検索ができることです。どんな求人があるのか知りたい人は、まず就職サイトに登録してみましょう。

じっくり探すならハローワーク

じっくり探したい、目的意識があり積極的に動けるという24歳フリーターには、ハローワークがおすすめです。
ハローワークとは、全国で550箇所以上設置されている就職支援機関のこと。利用の際は「求職申込書」を提出のうえ、求職者登録が必要です。手続きが済んだら「ハローワークカード」を受け取り、施設内の求人検索端末で仕事を探したり、窓口の相談員に就職相談したりします。
ハローワークを利用するメリットは、求人数が豊富で、地方求人に強いことです。また、無料の職業訓練や就職セミナーを受講できます。

手厚いサポートを受けるなら就職エージェント

24歳フリーターには、求人紹介から内定まで、就活のプロによるトータルサポートを受けられる民間の就職エージェントもおすすめです。
就職エージェントでは丁寧なカウンセリングを行ったうえで、希望や能力に沿った求人を紹介してもらえます。さらに応募書類作成のアドバイスや面接対策、面接のスケジュール調整などのフォローもあるので、「自分に合った企業が探せない」「就職活動の方法が分からない」という方も安心です。
ただし、就職エージェントは幅広い分野の求人に対応しているものもあれば、特定の分野の求人に特化しているものもあるので、自分に適したものを探すのがポイント。合わないエージェントに登録しても、条件に合う求人情報は得られないので注意しましょう。24歳フリーターなら、「20代向け」「フリーター向け」のエージェントを探してみてください。

就職エージェントのハタラクティブでは、20代フリーター向けの求職サポートを無料で提供しています。カウンセリングから選考対策まで一貫して専任のアドバイザーが担当。一人ひとりに合わせた履歴書の添削、面接日の調整、面接対策などもしているので、初めて就活をする人でも安心して選考に臨めます。就職に関して不安や疑問がある方は、お気軽にご相談ください。

20代・30代のフリーターの就職に関するQ&A

フリーターをしていると、「正社員になった方が良いのでは」と考える方もいるでしょう。ここでは、フリーターの就職に関する疑問をQ&A方式で解決していきます。

30代でもフリーターから正社員を目指せますか?

30代でも正社員を目指すことは可能です。ただし30歳で職歴がない場合、正社員になるのは一定の難しさがあるといわれています。そのため、人手不足の業界や若手の採用に積極的な企業を中心に求人を探すと良いでしょう。詳しくは「30歳職歴なしのニート・フリーターは正社員になれる?就職成功のコツは?」に掲載しています。

正社員として働くメリットは何ですか?

正社員は昇給制度や福利厚生が充実している傾向があるという点がメリットといえるでしょう。また、フリーターと比べて雇用が安定しており、社会的信頼も厚いといわれています。「正社員のメリットとデメリットを解説!非正規社員とのちがいは?」では、正社員以外の雇用形態についても掲載しているので、ぜひご一読ください。

面接では、服装や髪型に決まりはありますか?

アルバイトの面接であれば、カジュアルな格好でも問題はないでしょう。しかし、正社員面接ではスーツが基本です。また、髪型も身だしなみに大きく影響するため、清潔感を心がけることが大切。前髪は目にかからないようにしましょう。そのほかの注意点については、「正社員の面接の服装はどうすれば良い?男女ごとに詳しく解説!」をご一読ください。

フリーターから正社員になる方法は?

現在働いているアルバイト先で正社員を目指すのであれば、正社員登用制度を利用する方法があります。ただし、正社員登用制度がない場合は、自分で求人を探して就職活動を行わなければなりません。その場合は、中途採用に応募することになるでしょう。自分だけで就活するのが不安な方は、エージェントのハタラクティブにご相談ください。プロによるサポートを無料で受けられます。

関連タグ