新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 24歳フリーターが正社員に就職する方法!3つの心構えと就活のポイント

24歳フリーターが正社員に就職する方法!3つの心構えと就活のポイント

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・24歳フリーターは若さをアピールして就活ができる
    ・24歳以降もフリーターを続けるとデメリットが増える
    ・企業が24歳フリーターに求めることは、ポテンシャルと熱意
    ・24歳フリーターが就職を成功させるためには、前向きに考えることが大切
    ・24歳高卒フリーターの人も正社員を目指せる

監修者:吉田早江

キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタントとして数々の就職のお悩み相談をしてきました。言葉にならないモヤモヤやお悩みを何でもご相談下さい!

24歳でフリーターをしていると、「そろそろ正社員に就職したほうがいいのでは…」と悩む方もいるのではないでしょうか。24歳は若さをアピールして就職できる良いチャンスです。ずるずるとフリーターを続けるよりは、一旦行動してみるのがおすすめ。このコラムでは、24歳フリーターが正社員就職を成功させるためのコツやポイントをご紹介。就職活動の参考としてチェックしてみてください。

   

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

24歳フリーターは今が就職のチャンス!

フリーターで24歳というのは、まだまだ正社員を目指して就職するチャンスが残されている年齢です。まずは、24歳フリーターの実情を知って、さまざまな可能性を広げていきましょう。

 

24歳フリーターは第二新卒に当てはまる

24歳という年齢を迎える人たちの現状はさまざまです。一般的な4年生大学を卒業して新卒で入社した場合は社会人2年目、高卒であれば社会人6年目に当てはまります。フリーターとして働いている経験年数を社会人として考えれば、大きな差はないでしょう。

 

企業が求人を出すときに「第二新卒」という枠を設けている場合があります。一般的に第二新卒とは、学校を卒業した後に就職し、数年で離職して転職活動をする若者のこと。また、学校を卒業後に正社員としての経験がない人のことを「既卒」と表現することがあります。どちらも明確な基準があるわけではないので、企業によって考え方が異なる場合が多いです。

 

24歳フリーターはこの第二新卒や既卒に当てはまるため、就職しやすい年齢といえます。仕事に対する意欲があれば、職歴や学歴を必要以上に気にせず挑戦すると良いでしょう。

 

20代前半の若い人材を積極的に採用する企業が多い

企業は将来性のある若い人材を求めている傾向があります。また、社会人経験が浅いからこそ研修や教育がしやすいと考える企業もあるようです。さらに20代前半であれば、「若さ」と「ポテンシャル」を評価されることも十分にあるでしょう。

 

第二新卒や既卒の募集枠は、新卒採用の枠に比べると募集人数が少なく不利に感じてしまうこともあるようです。しかし、年齢を重ねるごとに募集枠はさらに減っていきます。少しでも正社員として働きたいという気持ちがあるなら、若いうちに行動することが大切です。
 

そもそもフリーターとは?

フリーターの定義は明確にはなく、一般的に「学生と主婦を除く若年者(15歳から34歳)のうち、パート・アルバイト・派遣等で働いている人、もしくは働こうという意思がある人」のことを指します。無職やニートと違う点は「働いていること」にありますが、フリーターとニートの定義は一部重複するところもあるようです。

 

フリーターのメリット

・プライベートを重視して自由に働ける
・仕事を始めるのも辞めるのも簡単
・責任のある仕事をしないで済む場合が多い
・副業ができる

 

フリーターになる理由は人それぞれにあります。中には、やりたい仕事や好きな仕事の雇用形態がアルバイトや派遣しかなく、仕方なくフリーターになった人もいるでしょう。反対に、やりたいことが見つからず、何となくフリーターをしている人もいます。
フリーターは仕事に縛られることが少ない点がメリットですが、デメリットもあるため正社員を目指す人が多いのが現状です。フリーターのデメリットについてもご紹介します。

 

フリーターのデメリット

・ボーナスや昇給がない
・雇用が安定しない(契約期間がある)
・社会的な信用度が低い

 

フリーターは収入が安定しないため、社会的な信用度が低く見られてしまいがちです。そうすると、ローンや融資などのサービスを受けにくくなります。
若いうちは気になりにくいデメリットですが、年齢を重ねるごとに負担に感じる場面が増えるようです。もしフリーターを続けていたらこれらのデメリットがどのように影響してくるのかを次に解説します。
 

24歳以降もフリーターを続けるとどうなる?

年齢を重ねるごとにフリーターの現状も変化します。24歳であれば周りとの差を感じることなくフリーター生活を満喫できるかもしれませんが、30代に近づくにつれ不安なことも増えてくるようです。以下の3つに着目して24歳以降のフリーターについて考えてみましょう。

 

正社員との年収の差が出てくる

若いうちは年収にもあまり差がみられないこともありますが、20代後半からその差が大きく開いていく傾向にあります。
正社員の場合は昇給やボーナス、手当がつくため働き続けている人ほど年収は高くなるのが一般的です。また、有給の日数も多いため体調不良で休む回数が増えたとしても収入に響くことは少ないでしょう。しかし、フリーターの場合は休んだ分だけ収入が減っていきます。年齢を重ねるにつれ、その負担が大きくなってくるでしょう。

 

貯金ができない

フリーターは正社員のような高額なボーナスが出ないこともあり、なかなか貯金ができないのが現状です。最近では老後に必要なお金にも着目され、貯金額が話題となっています。将来的なことを考えると、若いうちから安定した給料を得て貯金しておくことはプラスになるでしょう。

 

扶養内で働くことが厳しくなる

同居する家族の扶養内で働いている場合は、収入額が制限されています。もっと働きたいと思った場合は扶養を抜けることになりますが、そうなると、今までよりも自分で支払う納税額が増えるため支出が増加。20代後半で一人暮らしをしようと思ってもなかなかできない現状があるようです。将来的なことを考えるのであれば、早いうちから社会保険制度が整った企業で正社員として働くほうがメリットがあるでしょう。
 

24歳フリーターは企業からどう見られる?

企業から見た24歳フリーターは、ポテンシャルが高く、熱意がある若者と見られやすいです。しかし、いくら企業が若い人材を求めているとわかっても、実際のところ24歳でフリーターをしている自分がどう見られているのか気になるところでしょう。ここでは、ポテンシャルと熱意についてまとめました。

 

ポテンシャルの高い若い人材

ポテンシャルとは、その人の「潜在している力や可能性」のことです。企業が求めるポテンシャルとしては、これから成長するであろう可能性や将来性を表しています。自分にはそんなポテンシャルはないと思ってしまいがちですが、ポテンシャルが高い人というのは仕事を積極的に取り組み、何事も前向きにとらえて自分の力を発揮できる人のことです。

 

20代後半以降になると、それまでの実績や職歴でポテンシャルを判断されることが増えてきます。しかし、まだ特別な経験やスキルを持っていない20代前半であれば、「これからどのように取り組むか」という気持ちから感じられるポテンシャルで評価してくれるでしょう。

 

現状維持ではなく、今よりも少し上を目指すための計画や努力をすることでポテンシャルの評価へと繋がります。

 

熱意があれば採用したい

ポテンシャルに繋がる要素として企業が着目しているのが「熱意」です。熱意がある人は向上心もあるため、必然的にポテンシャルが高い人材へと成長します。「24歳という年齢ではできないことがあって当たり前」と思ってもらえる間に成長できるよう努力するのが熱意といえるでしょう。

 

企業としても「ここで働きたい」「成長したい」という前向きな気持ちは大事な評価の一つ。「何となく正社員になりたい」というぼんやりとした理由ではなく、ここで正社員として働きたいという熱意を表現することが大切です。
 

24歳フリーターが就活に失敗する理由

就活が上手くいかない理由として挙げられるのが、書類の書き方や面接での失敗です。同じ失敗を繰り返さないためにも、自分の就活に関する書類や態度について1度見直してみるのが良いでしょう。ここでは具体的な失敗理由を例に挙げていますので、参考にしてみてください。

 

書類の書き方がわかっていない

履歴書やエントリーシートといった提出書類には書き方のコツがあります。たとえば、職歴の欄でアルバイトを辞めたことを「辞めた」とそのまま書くのではなく、「退職」と書くほうが適切です。また、1カ月未満で辞めたアルバイトは書かなくても問題はありません。このように職歴欄だけでも、企業に好印象を持ってもらうためのコツが隠されています。履歴書の書き方は、ネット検索をして参考にすることもできますが、自分らしさを出すためにはハローワークや就職エージェントに添削してもらうほうが良いでしょう。

 

企業が注目する自己PRの部分はフリーターにとって悩みの種ではありますが、熱意を伝えるための大事なポイントです。応募する業種に合わせて自分の経験や意欲を書きます。ここで気を付けたいことは、嘘をついたり、ごまかしたりしないことです。自己PRは後々の面接でも重要なポイントになるので、支離滅裂にならないように注意しましょう。

 

面接対策が足りてない

書類選考は通っても、面接で上手くいかないパターンもあります。緊張してしまって上手く話せないこともあれば、想定外の質問をされて返答できなくなってしまう場合など、さまざまな原因があるでしょう。
面接対策で大事なのは、きちんとした言葉で自分の気持ちを表現し、相手に伝わるように説明することです。そのための対策として、ハローワークや就職エージェントでは無料で1対1の模擬面接をしてくれます。面接時の姿勢や服装、言葉遣いなどのアドバイスも受けられるので、活用するのがおすすめです。

 

最低限のビジネスマナーが身についてない

ビジネスマナーとは、社会人が企業で働くなかで守るべき礼儀作法のことです。働きながら身につけていくマナーもありますが、企業に勤める前から求められているマナーもあります。フリーターでも意識すべきビジネスマナーとして挙げられるのは、言葉遣いや身だしなみ、時間厳守です。主に面接時に評価されるポイントですが、企業からの電話連絡でとっさに出る言葉遣いにも気を付けたほうが良いでしょう。

 

最低限のビジネスマナーは普段の生活の中で身につけられます。正社員として働きたいと考えるのであれば、普段から意識して取り組むのがおすすめです。

 

自信のない態度で就活に臨んでいる

就活に臨む態度や気持ちは、書類や面接で伝わってしまうことが多いです。自信満々に臨む必要はありませんが、自信のなさは熱意のなさに繋がってしまいます。また、自信がない態度でいると上手くできたこともマイナスにとらえてしまい、実際に改善すべき点がどこなのかわからなくなってしまうことも。
就活に自信を持つためには、きちんとした書類作成や面接対策が重要です。一つひとつの積み重ねが自信に繋がっていくでしょう。
 

24歳フリーターが正社員になるための3つの心構え

フリーターから正社員として就職するためには、前向きに考えて行動することが大切です。これから就職を考える人は3つの心構えをして、就活に臨むと良いでしょう。1人で乗り越えられないときは、誰かに相談するのもおすすめです。

 

1.フリーターだから…とマイナスになるのを辞める

フリーターである自分に自信が持てず、マイナス思考になると行動力がなくなってしまいます。24歳という若さを活かすためにも、前向きな行動が大切です。

 

フリーターであることに後ろめたさを感じる必要はありません。そこでの経験も社会人生活の一つとして何かの役に立つはずです。まずは、フリーターの自分を否定するのではなく、フリーターだからこその自分を肯定するところから始めてみてください。

 

2.就職できればどこでもいいという気持ちにならない

就活をする際に、「正社員であればどこでもいい」という考えはあまり相応しくありません。不採用が続くと精神的に負担に感じてくるかもしれませんが、採用された企業がブラック企業だった場合、今よりもさらに厳しい精神的苦痛や体調不良を起こすことも考えられます。

 

就職先について妥協が必要なときもあるでしょう。しかし、正社員として採用されることがゴールなのではなく、正社員として働き続けることが目標のはずです。「どこでもいい」と諦めてしまうと、企業側からみても「どこでもいいなら、うちの企業でなくてもいいのでは?」と思われてしまう可能性があります。1日でも早く正社員として働くためにも、モチベーションを保つことが大切です。

 

3.就職するか迷ったら、一旦行動してみる

24歳という若さは時間とともに過ぎていきます。就職するかどうするか迷っているうちに、若さをアピールできない年齢になってしまったという事態になりかねません。そうならないためにも、迷ったらすぐに行動しようとする意識と実行力が大切です。

 

やりたいことも好きなことも何もないという人でも、就活のなかで興味がある分野や企業に出会える可能性があります。チャンスはどこからともなくやってくるものだと思って、まずは行動してみることから始めると良いでしょう。
 

24歳フリーターが押さえておきたい就活成功のコツ

就活成功のコツとして大切なのは、自分をしっかり見つめ直すこと。自己分析やフリーター生活のことなどをマイナスにとらえるのではなく、自分の言葉でしっかり相手に伝えることが大事です。就活成功に繋がるようにポイントを押さえて紹介します。

 

自己分析や企業研究を行う

自己分析とは、今までの自分を振り返って分析することです。企業が知りたいと思っているのは、求職者の「特徴や強み」になります。その特徴や強みが企業と一致すると感じてもらえれば採用に一歩近づくでしょう。
フリーターとして働いているときに努力したこと、工夫したことなどもアピールポイントになります。些細なことからピックアップして、自分の特徴や強みを発見してみてください。

 

企業研究とは、採用試験を受けたいと考える企業について詳しく調べることです。企業の事業内容だけではなく、社風や職場環境などあらゆる視点から調べていきます。特に、「企業が求める人物像」について注目するのがおすすめ。企業のWebサイトや働く人のインタビュー記事から人物像を読み取って、自分の強みと照らし合わせていくと良いでしょう。企業が求める人材と自分がマッチしているかどうかをチェックすることで、就職先の候補も絞ることができます。

 

空白期間の説明をきちんと伝える

面接時に「なぜフリーターになったのか」と聞かれた場合の説明をしっかりできるようにしておくことが大切です。正社員として働いていない空白期間をどう説明するかで、採用の合否に関わってくるといえます。このときに注意するべきことは、嘘をついたり、見栄を張ったりしないこと。フリーターをしていて感じたことや反省したことなど、働くことに関する経験を素直に伝えるほうが好印象に繋がるでしょう。

 

「特に理由はありません」や、自信のない態度で答えると、面接担当者にマイナスの印象を与えてしまう恐れがあります。きちんとした言葉と態度で説明できるように面接対策をすると良いでしょう。

 

就職サポートを活用する

就職活動の経験が初めてだったり、失敗する原因がかわからなかったりする場合は、就職支援サービスを活用するのがおすすめ。前述にもあるように、履歴書の添削や面接対策などを無料で行ってくれます。自分で探すよりも多くの求人が得られるので、1人で悩む前に活用すると良いでしょう。一般的な就活支援には、下記のようなものがあります。

 
自分のペースでやりたいなら「就職サイト」

まずはWeb検索し、自分の状況に合いそうな就職サイトを探します。
就職サイトを使うには、まず最初に、氏名や生年月日、メールアドレスなどの個人情報を登録しましょう。その後は、Web上での求人検索、企業に関する情報収集を行い、気になる企業がある場合はエントリーをするという流れです。気になる企業のエントリー受付開始や説明会の告知をメールで受け取ることもできます。
就職サイトを利用するメリットは、空いた時間を利用して求人検索ができること。どんな求人があるのか知りたいという人は、まずは就職サイトに登録してみましょう。

 
じっくり探すなら「ハローワーク」

ハローワークは、全国で550箇所以上設置されている就職支援機関です。
利用するときは、「求職申込書」を提出し、求職者登録をする必要があります。
手続きが済んだら「ハローワークカード」を受け取り、それを使って施設内の求人検索端末で仕事を探したり、窓口の相談員に就職相談したりすることが可能です。
ハローワークを利用するメリットは、求人数が豊富で、地方求人に強いこと。それから、無料の職業訓練や就職セミナーを受講することもできます。基本的には自分で求人を探すので、じっくり探したい、目的意識があり積極的に動けるという方におすすめの就職支援といえるでしょう。

 
手厚いサポートを受けるなら「就職エージェント」

求人紹介から内定まで、就活のプロによるトータル的なサポートを受けられる、民間の就職エージェントもおすすめです。
就職エージェントでは、丁寧なカウンセリングを行い、希望や能力に沿った求人を紹介してもらえます。それだけでなく、応募書類作成のアドバイスや面接対策、面接のスケジュール調整などをエージェントがバックアップ。そのため、「自分に合った企業が探せない」「就職活動の方法が分からない」という方も安心です。
ただし、就職エージェントにはさまざまな種類があるので、自分に適したものを探すのがポイント。合わないエージェントに登録しても、条件に合う求人情報は得られないので注意しましょう。24歳フリーターなら、「20代向け」「フリーター向け」のエージェントを探してみてください。
 

フリーターの就職に関するQ&A 

フリーターをしていると、「正社員になった方が良いのでは…」と考える方もいるでしょう。ここでは、フリーターの就職に関する疑問をQ&A方式で解決していきます。
 

30代でもフリーターから正社員を目指せますか?

30代でも正社員を目指すことは可能です。ただし30歳で職歴がない場合、正社員になるのは一定の難しさがあるいわれています。そのため、人手不足の業界や若手の採用に積極的な企業を中心に求人を探すと良いでしょう。詳しくは「30歳で職歴なしは詰み?今から正社員になる方法」に掲載しています。
 

正社員として働くメリットは何ですか?

正社員には昇給制度や福利厚生が充実している傾向があるという点がメリットとして挙げられるでしょう。また、フリーターと比べて雇用が安定しており、社会的信頼も厚いといわれています。「正社員のメリットとデメリットを解説!非正規社員とのちがいは?」では、正社員以外の雇用形態についても掲載しているので、ぜひご一読ください。
 

フリーターから正社員になる方法は?

現在働いているアルバイト先で正社員を目指すのであれば、正社員登用制度を利用する方法があります。ただし、正社員登用制度がない場合は、自分で求人を探して就職活動を行わなければなりません。その場合は、中途採用に応募することになるでしょう。詳しくは「アルバイトから正社員になるには?履歴書や志望動機の書き方と登用制度」に掲載しています。
 

正社員登用制度は何ですか?

正社員登用制度とは、契約社員やアルバイト、パートなどの雇用形態から正社員へ転換する制度のことです。ただし、必ずしも正社員になれるというものではありません。詳しくは「正社員登用制度とは?特徴や注意点」に掲載しています。
 

面接では、服装や髪型に決まりはありますか?

アルバイトの面接であれば、カジュアルな格好でも問題はないでしょう。しかし、正社員面接ではスーツが基本です。また、髪型も身だしなみに大きく影響するため、清潔感を意識することが大切。前髪は目にかからないようにしましょう。そのほかの注意点については、「正社員面接の服装マナーは?髪型の注意点もご紹介」をご一読ください。
 

24歳高卒フリーターには就職エージェントがおすすめ!

24歳の高卒フリーターの人も正社員就職を目指せます。高卒でフリーターを続けていると、フリーター歴の長さや学歴が気になり、就職に不安を覚える人もいるでしょう。しかし、業種の幅を広げると、「未経験OK」「学歴不問」の求人が多くあります。企業が募集する人材は、最終学歴に関わらず仕事に対する意欲があるかどうかです。「高卒だから…」とネガティブにとらえるのではなく、「正社員で働きたい!」という前向きな気持ちで就活をするのが良いでしょう。

 

高卒フリーターでたくさんの求人情報を知りたい方や、しっかりと就活対策をしたい方は、就職支援サービスのなかでも就職エージェントを活用するのがおすすめ。「高卒のフリーターだから…」といって企業への就職を諦める前に、就職エージェントに登録してチャレンジしてみてください。

 

就職エージェントのハタラクティブでは、高卒をはじめ、既卒、フリーターの方向けの求職サポートサービスを無料で提供しています。カウンセリングから選考対策まで一貫して専任のアドバイザーが担当。一人ひとりに合わせた面接対策や履歴書の添削、面接日の調整などもしているので、初めて就活をする人でも安心して選考に臨めます。
就職に関して不安や疑問がある方は、お気軽にご相談ください。

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

では

  • 最短2週間で内定!

    ハタラクティブご利用者はカウンセリングから
    平均2~3週間以内で内定を獲得

    ▼ ご相談はこちらから ▼

    登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

    • はい

    • いいえ

    おすすめ記事

    RECOMMEND

    ハタラクティブ 人気の記事一覧

    適職診断
    twitter
    • arrow
    • youtubeIcn

    © 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ
    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ