24歳ニートから就職する方法!3つの心構えと就活のポイント

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 24歳ニートから就職する方法!3つの心構えと就活のポイント

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・24歳ニートはまだまだ正社員就職を目指しやすい年齢

    ・24歳ニートは「若さ」「ポテンシャル」「熱意」が評価される

    ・「24歳無職は就職できない」「ニートだから無理」とネガティブになるのをやめる

    ・24歳までニートを続けた理由を明らかにし、面接に備えるのが就活のポイント

    ・24歳ニートからの就職が不安なら、就職サポートを活用するのが安心

24歳までニートをしていると、「そろそろ就職した方がいいかも…」と不安になる方もいるのではないでしょうか。「就職できるだろうか」という不安を抱えたまま、いたずらに時を過ごすのは良くありません。24歳の若い年齢なら、社会人経験はもちろんアルバイト経験がなくても十分就職は目指せます。

このコラムで、20代前半のニートが就職を成功させるためのポイントをチェックしてみましょう。

◆24歳はニートから脱出して就職できる!

結論から言うと、24歳ニートはまだまだ正社員就職を目指しやすい年齢です。

それでも、無職のまま24歳を迎える頃に、「そろそろ就職しないとまずいのでは…」と焦る人は多くいます。

まずは、24歳ニートの実情を知り、これからの未来を落ち着いて考える準備をしましょう。

 

【24歳ニートは大卒で就職した社会人2年目と同じ年齢】

はじめは、24歳という年齢について考えてみましょう。

一般的な4年制大学を卒業し新卒で入社した場合、24歳は社会人2年目になる年齢。ある程度、職場環境や業務にも慣れてくる頃です。

社会人経験はもちろん、アルバイト経験もないニートの方からすると、この2年は大きな差に見えるかもしれません。

しかし、採用市場から見れば、社会人2年目はまだまだ経験が浅く未熟な部分が多い人材。経験よりもポテンシャルが評価されることが多いでしょう。

そう考えると、社会人経験2年目と社会人経験なしの24歳はそれほど大きな差はないといえます。

仕事に対する意欲があれば、24歳という年齢やニート、職歴なし、学歴などを必要以上に気にしなくて良いでしょう。

 

【20代前半の若い人材を積極的に採用する企業は多い】

近年、20代前半の若い人材は売り手市場です。20代のニートやフリーター、第二新卒などを積極的に採用する企業は多く存在します。

特に、介護業界や製造業といった若手が不足している業界での需要は高い傾向。研修や現場でのフォローといった教育体制を整えることで、社会人未経験から採用し「一から育てたい」という企業も多いようです。

ただし、新卒採用に比べると、募集人数が減る、学校からの就職支援が受けられないなど、不利だと感じることはあるでしょう。

それでも、経験や実力が重視される20代後半、30代、40代に比べると、「若さ」と「ポテンシャル」が評価されやすい20代前半であれば、ニートでも正社員として就職するチャンスは十分あります。

「新卒じゃないから…」と諦めて立ち止まっていると、本当に就職が難しくなる恐れも。就職したい気持ちが少しでもあるなら、若いうちに行動することが大切です。

◆24歳ニートは企業からどう見られる?

採用の場において、企業は24歳ニートを次のように評価します。

就職の気持ちが固まったら、企業は自分をどのように見ているかを理解しましょう。

 

【ポテンシャルの高い若い人材】 

20代前半の採用で企業が重視するのは、順応性や柔軟性、人柄といった「ポテンシャル」です。

中途採用市場では、早ければ20代後半くらいから経験やスキル、実績が評価の対象となり、即戦力になることが求められます。実力が不十分と判断されれば、不採用のハンコを押されるでしょう。

 

一方、20代前半は特別な経験やスキルがなくても、若い人材特有の「ポテンシャル」を評価。ニートも例外ではありません。

若い人材は、他の会社の体制や価値観に染まっていないため、素直に企業の社風や業務を覚えられると考えられています。一から教育しやすいのが、企業が若い人材を求める理由の1つといえるでしょう。

 

【熱意があれば採用したい】

若さと同じくらい評価されるのが、企業や仕事に対する「熱意」です。

20代前半の若い人材は、経験や能力における能力不足はどうしても否定できません。

代わりに評価されるのが「一生懸命働きたい」「この企業で成し遂げたい」という前向きな気持ちがあるかどうかです。

したがって、「ただ何となく働きたい」「働かないとヤバそうだから」というぼんやりとした理由では、「やる気が感じられない」というマイナス評価に繋がります。

ニートから就職を成功させるには、働くことに対する熱意や意欲が重要だということを念頭に置きましょう。

◆24歳ニートから就職を成功させる3つの心構え

ニートから就職を成功させる心構えを3つご紹介します。

「ニートだから…」とネガティブに考えがちな人は、次のように意識・行動してみるのがおすすめです。

 

【1.ニートだから無理かも…とマイナスになるのをやめる】

まずは、「24歳の無職から就職は無理」「ニートなんてどこも受からない」などのマイナスな先入観は捨ててください。

ニートの方が就職に消極的になるのは、こうした決めつけが原因になっていることも。努力して採用面接まで進んでも、ニートであることを後ろめたく感じていてはうまくいきません。

自信のなさは態度や姿勢、表情にも表れ、面接官にも伝わります。

大切なのは、前向きで明確なビジョン。自分の強みを仕事でどう発揮していきたいかをできる限り前向きに伝えることに専念しましょう。

どうしてもネガティブになるときは、誰かに相談したり好きなことをしたりして、リフレッシュしてみてください。

 

【2.就職できればどこでもいいという気持ちにならない】

「ニートから就職できるだけでも十分」「正社員になれるならどこでもOK」など、正社員になることをゴールにしないでください。

当然のことながら、就職後はその企業が決めた配属先で働きます。いざ入社してから「こんなはずではなかった」「思っていた仕事と違う」と後悔すれば、早期離職のリスクを高めてしまうでしょう。

このようなことのないよう、明確な目的意識を持って選考に臨みましょう。

「何を仕事に求めるのか」「入社後はどんなことがしたいか」という希望条件や将来のビジョンを考えるだけでも、高い意識を持つことができます。

 

【3.就職するか迷ったら、一旦行動してみる】

就職するか迷ったときは、できるだけ立ち止まらず行動してみるのがおすすめです。

繰り返しお伝えしますが、24歳は若さをアピールできる年齢なので、就職チャンスはまだまだ多くあります。

しかし、就職を先延ばしにしていると、いつの間にか「若さが通用しない年齢になっていた」という事態になりかねません。若さをアピールできなくなると、経験や実力で勝負することになりますが、職歴なし、未経験からでは相当な努力が必要です。

就職活動をしているうちに、自分のやりたいことや方向性が定まる可能性もあります。「迷ったら一旦行動してみる」という意識を持ち、機会を逃さないでください。

◆24歳ニートが押さえておきたい就職成功のコツ

24歳のニートの方が押さえておくべき就職活動のコツをご紹介します。

ニートの就職に役立つ内容を3つに厳選しました。

 

【1.空白期間を説明できるようにしておく】

「ニートをしていた期間(空白期間)」について、しっかりと説明できるようにしておきましょう。

面接で「なぜニートをしていたのか」「卒業後はどうしてすぐに就職しなかったのか」と問われたとき、無言や「特に理由はありません」と答えるのはマイナス印象になります。

年齢が若いので、面接官もある程度ニートをしていた理由は想定しているもの。回答するときは、就職しなかった理由を素直に伝えて良いでしょう。

ただし、空白期間に対する反省や行動から得たこと、働く意思を盛り込んでください。

「趣味の旅行をするためニートになった→旅行を通じて視野が広がった→学んだことを活かして働きたい」など、ニート中の行動で得たことをアピールするのも効果的です。

空白期間は伝え方次第でプラス評価に繋がる可能性もあるので、できるだけ前向きに伝えましょう。

 

【2.自分に合った就職先を見つける】

自分に合った企業や仕事を見つけましょう。そのためには、「自己分析」と「企業研究」が必要です。

「自己分析」はいわば自分について知る作業。自分のこれまでの人生を振り返り、熱心に打ち込んだことや頑張ったこと、大変なことなどをピックアップします。

1つひとつ、エピソードを掘り下げていくことで、自分の強みや弱みを発見してください。

また、「企業研究」は企業について知る作業です。企業の事業内容はもちろん、社風や職場環境などについて調べます。特に注目してほしいのが「企業が求める人物像」。企業のWebサイトなどから募集要項や働く人のインタビューなどを読み、企業がどんな人材を欲しているのかを調べましょう。

最後に、自己分析で浮き彫りになった自分の強みが応募企業で活かせるかどうか、企業が求める人物像とマッチしているかどうかをチェックしてください。

この作業を積み重ねていくと、自分に適した就職先がどんなところか分かるようになります。

 

【3.ビジネスマナーを身につける】

社会人経験がないニートの方は、ビジネスマナーが身についているかどうかで印象が変わります。

これから社会に出るという意識を持ち、最低限のマナーを身につけておきましょう。

難しく考える必要はありません。身だしなみや言葉づかい、話を聞く姿勢など、基本的なマナーが備わっていれば大丈夫です。

特に気をつけて欲しいのが、服装やヘアスタイルといった身だしなみ。就職の場では、黒やグレーのスーツ、またはオフィスカジュアルを意識した服装で、清潔感のあるヘアスタイルにするのが基本です。カジュアル過ぎる服装や、派手な印象の身だしなみでは、職場に合わないと判断されてしまいます。

自分の判断に少しでも不安があれば、家族や友人などに見てもらいましょう。

◆24歳ニートは就職サポートを活用するのが安心

就職活動の経験が一度もないのであれば、自力でやるよりも、就職支援サービスを活用するのがおすすめです。

一般的な就職支援には、下記のようなものがあります。

 

【自分のペースでやりたいなら「就職サイト」】

まずはWeb検索し、自分の状況に合いそうな就職サイトを探します。24歳ニートの方なら、「20代や若年層に特化している」「ニート向け」の就職サイトがおすすめです。

就職サイトを使うには、まず最初に、氏名や生年月日、メールアドレスなどの個人情報を登録します。その後は、Web上での求人検索、企業に関する情報収集を行い、気になる企業がある場合は、エントリーをするという流れです。気になる企業のエントリー受付開始や説明会の告知をメールで受け取ることもできます。

就職サイトを利用するメリットは、空いた時間を利用して求人検索ができること。ニート生活からすぐに外へ出るのは躊躇ってしまう…という人はまずは就職サイトに登録してみてはどうでしょうか。

 

【じっくり探すなら「ハローワーク」】

ハローワークは、全国で550箇所以上設置されている就職支援機関です。

利用するときは、「求職申込書」を提出し、求職者登録をする必要があります。

手続きが済んだら「ハローワークカード」を受け取り、それを使って施設内の求人検索端末で仕事を探したり、窓口の相談員に就職相談したりすることが可能です。

ハローワークを利用するメリットは、求人数が豊富で、地方求人に強いこと。それから、無料の職業訓練や就職セミナーを受講することもできます。

基本的には自分で求人を探すので、じっくり探したい、目的意識があり積極的に動けるという方におすすめの就職支援といえるでしょう。

 

【手厚いサポートを受けるなら「就職エージェント」】

求人紹介から内定まで、就活のプロによるトータル的なサポートを受けられる、民間の就職エージェントもおすすめです。

就職エージェントでは、丁寧なカウンセリングを行い、希望や能力に沿った求人を紹介してもらえます。それだけでなく、応募書類作成のアドバイスや面接対策、面接のスケジュール調整などをエージェントがバックアップ。そのため、「自分に合った企業が探せない」「就職活動の方法が分からない」という方も安心です。

ただし、就職エージェントにはさまざまな種類があるので、自分に適したものを探すのがポイント。合わないエージェントに登録しても、条件に合う求人情報は得られないので注意しましょう。24歳ニートなら、「20代向け」「ニート・フリーター向け」のエージェントを探してみてください。

 

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ