正社員になれる?25歳フリーターの就職事情とは

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・若い人材を確保したい企業が多いため、25歳で職歴がなくても採用のチャンスはある
    ・フリーターの場合は経験やスキルよりも、ポテンシャルや熱意に重点を置かれる
    ・就職の軸を決める、企業と価値観が合うか確認するなどして、自分に合った企業を探そう
    ・志望動機や面接対策などの事前準備もしっかりと行うことが就職成功のコツ

周囲が就職し始めたり仕事経験が増えたりすることで焦りを感じるフリーターもいると思いますが、企業側は「25歳のフリーター」をどう捉えているのでしょうか。
当コラムでは、25歳フリーターが就職するためのコツをまとめています。
職歴がなくても正社員に挑戦できるのか、有効な就活方法は何かを知りたい方は参考にしてみてください。

◆25歳フリーターは企業からどう見られる?

区切りの良い年齢のため、人生を考えるタイミングとして捉える人が多い25歳。
フリーターとして働く人の中には、25歳で就職を検討する人もいると思いますが、「25歳フリーター」は企業からどのように見られているのでしょうか。企業にもよりますが、新卒採用だけでは若い人材を十分に確保できないのが現状のようです。
そのため、25歳までは職歴がなくても就職しやすいと言われています。
特に、社会人経験のある第二新卒の場合は、基本的なビジネスマナーが備わっているので需要が高く、採用に積極的な企業もあるようです。

職歴が全くないフリーターの場合でも、若い年齢のうちは、経験やスキルよりポテンシャルや若さを重視される傾向があるため、やる気や熱意があれば採用の可能性が十分あると言えるでしょう。

◆企業の選び方

では、正社員就職を目指すコツにはどのようなものがあるのでしょうか。
フリーターが就職するために大切な企業選びの方法は以下のとおりです。

・就活の軸を決める

自己分析を行い、自分の適性や仕事に対する価値観、やりたいことを見つけ、「就活の軸」を定めます。
軸が曖昧だったりぶれていたりすると、入社後のミスマッチに繋がることもあるのでしっかりと行いましょう。

・企業と自分の価値観が合っているか確認する

業界研究や企業研究をしっかり行い、志望する企業と自分の価値観が合っているかを確認します。
業務内容や勤務条件といった待遇面も応募前にチェックしておきましょう。

自己分析や企業研究をしっかり行わないと、「思っていたのと違う…」などの理由から退職してしまうかもしれません。
また、せっかく入社したのに業績不振のために数年で転職…ということを避けるためにも、業績や経営に不安な点がない企業を選ぶことも大切です。

◆事前準備は万全にしておこう!

フリーターの中には、就活するのが初めて…という人もいると思います。後悔することのないよう、事前準備はしっかりと行いましょう。

【書類や面接対策】

先述した自己分析や企業研究も事前準備の一環ですが、応募書類や面接の対策もしっかりと行う必要があります。
特に職歴のないフリーターの場合は、基本的なビジネスマナーや入社熱意が採用に直結するケースも
ビジネスマナーが原因で不採用…とならないよう、事前に確認をしておきましょう。

【質問に対する回答を用意しておく】

フリーターなら「この期間何をしていたのか」、第二新卒なら「前職の退職理由」など、面接で聞かれそうな質問をあらかじめ予測し、回答を用意しておくことも大切。
説得力のある志望動機になっているか、フリーターをしていた理由は前向きで明確なものになっているかなど、面接官視点で準備すると良いでしょう。

また、第三者に相談したり内容を確認したりしてもらうことも有効です。
自分では気づけない癖や誤字などが見つかる、客観的な意見を得られるなどのメリットがあるでしょう。

志望動機の内容を確認してほしい、面接練習の相手を探している…という方は、就職エージェントのハタラクティブに相談してみてはいかがですか?
ハタラクティブは、20代のフリーターや第二新卒の利用実績が多数ある若年層向け就職支援サービスです。
書類作成や面接対策などの具体的な支援はもちろん、「やりたいことが分からない」「就職した方が良いか悩んている」といった相談にも親身に対応。
就職後も定期的にサポートを行うので、初めての就職でも安心です!



職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、1,700人以上の方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ