フリーターの正社員面接でよくある質問は?ふさわしい服装についても解説

フリーターの正社員面接でよくある質問は?ふさわしい服装についても解説の画像

この記事のまとめ

  • フリーターの正社員面接でよくある質問を把握し、回答を用意しよう
  • 正社員になりたい理由や今までなぜフリーターでいたかは、面接で質問されやすい
  • 正社員面接では、フリーターでいた理由を明確に伝えることが大事
  • フリーターの正社員面接での服装はスーツが基本

正社員の面接を控え、「内定がもらえるだろうか」と不安に思うフリーターもいるでしょう。面接官は質問の回答や応募者の服装などを通じて、自社で活躍してくれる人材か、社会人として最低限のマナーがあるかを多角的に判断します。このコラムでは、フリーター向けに正社員面接の対策方法を解説。正社員面接でよくある質問やふさわしい服装をまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

フリーターと新卒では面接の質問内容が違う?

同じ正社員面接でも、フリーターと新卒では質問される内容が異なります。
それは、フリーターと新卒では立ち位置が異なるから。新卒はこれまで学生として過ごしてきていますが、フリーターは学校を卒業してからアルバイトとして働いた経験があります。そのため、同じ正社員面接を受けても、「学生時代に力を入れたことは?」という質問は新卒にだけ聞かれます。
フリーターの場合は、「なぜ卒業時に就職しなかったのか」「これまでどんなアルバイトをしてきたか」といった内容の質問がされるでしょう。

大学卒業後の3年間は新卒扱いになる場合がある

企業によっては、大学卒業後の3年間は新卒扱いになる場合があります。厚生労働省の「青少年雇用機会確保指針」により、大学卒業後の3年間を新卒扱いとする指針が設けられているからです。
このような取り組みから、大学卒業後フリーターになった人も、卒業後3年間は新卒として応募できる企業が増加傾向にあります。しかし、フリーターが新卒枠に応募できる企業は限られているのが現状です。そのため、新卒枠として応募できるかは、企業のWebサイトの採用ページを確認しましょう

参照元
厚生労働省
青少年雇用機会確保指針

フリーターが正社員面接でよく聞かれる質問と回答例

正社員面接でよくある質問には、「どうしてフリーターをしていたのか」「なぜ正社員を目指そうと思ったのか」といったものがあります。以下では正社員面接でよくある質問と回答例をご紹介するので、これから就職活動を行うフリーターは参考にしてみてください。

1.どうしてフリーターをしていたのか

フリーターをしていた理由は、就職活動において聞かれる可能性が高い質問です。面接でどうしてフリーターをしていたのか質問された場合には、その理由を正直に述べましょう。

回答例

「歌手を目指して、音楽スクールに通っていました。スクールに通いながらアルバイトをするなかで働くことの楽しさを感じ、就職活動を始めました。」

「歌手になる夢があり音楽スクールに通っていた」「作家を目指し専門学校に通っていた」というように明確な理由を述べれば、面接官にも納得してもらえるでしょう。また、フリーターから正社員を目指そうと思ったきっかけもあわせて伝えることが大事です。
特に理由もなくフリーターになった人は、「理由なくフリーターになったことを反省している点」「今後は真面目に働きたいと思っている点」を伝えましょう。

2.フリータ期間中にどんな仕事をしていたのか

フリーター期間中にどんな仕事をしていたか聞かれた際には、応募先企業が求めていそうな実務経験を答えましょう。面接でこの質問をするのは、フリーター時代の実務経験から、自社に活かせるスキルがあるかどうかを確認する目的があります。

回答例

「フリーター時代は、コンビニのアルバイトを3年間しておりました。コンビニのアルバイトでは、接客だけではなく、発注業務や在庫管理、売り場作りなど担当しておりました。」

回答は具体的な仕事内容を伝えることで、自分のスキルをより効果的にアピールできるでしょう。また、バイトリーダーを任されていたり、何か実績を残していれば、アルバイトであってもアピールできるポイントになります。

3.正社員になりたい理由について

正社員になりたい理由について聞かれた場合には、正社員を目指そうと思ったエピソードを話すのがおすすめです。

回答例

「正社員を目指そうと思った理由は、フリーター時代のアルバイトを通して、自分も責任のある仕事に携わりたいと思ったからです。」

正社員になりたい理由を質問をされた際には、「安定した職に就きたいから」「高い給料が欲しいから」といった待遇面を答えにするのは避けましょう。面接では、正社員として働く決意や本気度をアピールすることが大切です。

4.なぜ自社を選んだのか

なぜ自社を選んだのかを質問された場合には、応募先企業の特徴や魅力を回答しましょう。面接官はこの質問から「応募者の入社意欲」「企業研究を行っているか」を確認しています。

回答例

「御社を志望した理由は、何事にも積極的に挑戦する社風に魅力を感じたからです。フリーター時代のアルバイトでは、新しいことに進んでチャレンジし、成果を出すことの楽しさを感じておりました。自分自身の考え方を活かせると思い、御社を一番に志望しております。」

上記のように、企業の特徴と自分自身がマッチしている人材であることをアピールするのも有効的です。

5.応募者のプライベートについて

フリーターの正社員面接では、「アルバイト以外にどのような活動をしていますか?」「休日はどう過ごしていますか?」といったようにプライベートについて質問されることもあります。面接官はこの質問から、応募者の交流関係や人柄・性格を知ることを目的としているようです。

回答例

「休日はスポーツをして過ごすことが多いです。大学時代の友人たちと集まって、一緒にスポーツをすることもあります。体を動かすことで、リフレッシュできてストレス発散にもなります。」

近年では、応募者のプライベートに関わる質問は避ける企業も増えています。しかし、絶対に聞かれないとは限らないため、質問されたときの回答を用意しておくことをおすすめします。

6.仕事を通して失敗したこと

フリーター時代のアルバイトで、失敗した経験を面接で聞かれたときには、失敗から学んだことをしっかりと説明しましょう。この質問からは、応募者が失敗を乗り越える能力があるかどうかを判断しています。

回答例

「ホームセンターでアルバイトをしていたころ、お客さまから発注を受けたものとは異なる商品を発注してしまいました。同じ商品がないか問い合わせをしたところ、他店舗にはお客さまが求めている商品の取り扱いがあったため、早急にお届けしました。その後は、業務を進めるうえで確認作業を怠らないように意識しています。その心構えもあり、同じような失敗はしておりません。」

失敗したという事実だけを述べるのではなく、失敗を反省し仕事に活かせているかを説明することが大切です。上記のように具体的なエピソードを交え、失敗を乗り込えられることをアピールしましょう。

逆質問では自分をアピールするチャンス!

フリーターの正社員面接における逆質問は、自分の入社意欲をアピールするチャンスです。面接官が逆質問をする理由には、応募者の企業に対する興味や意欲を確認する目的があります。そのため、面接前には複数の逆質問を用意しておくのがおすすめです。
正社員面接の逆質問に適切に回答する方法は、「面接で聞いてはいけない逆質問とは?失敗を回避して就職を成功させよう」のコラムで詳しくご紹介しているので、あわせて参考にしてみてください。

面接でフリーターになった理由を説明する際の例文

この項目では、正社員面接でフリーターになった理由を説明する際の例文をご紹介します。「就職活動に失敗してフリーターになった」「就職活動を行わずフリーターになった」というように、フリーターになった状況は人によって異なるでしょう。以下に、面接でフリーターになった理由を説明する際の例文を状況別にまとめました。自身に最も近い例文を参考に、説明を考えてみましょう。

就職活動に失敗してフリーターになった場合

新卒の就職活動に失敗してフリーターになった場合、現在はどのような姿勢で就職活動に向き合っているのかを伝えましょう。

回答例

「新卒のときは、内定を獲得することだけが目的となり、業界や業種を問わず闇雲に応募していました。その結果、就職活動が上手くいきませんでした。
現在はフリーターとして働く中で、自分のやりたい仕事が明確になったので、御社で自分の強みを活かせると思い応募しました。」

面接では過去の失敗を踏まえたうえで、現在は就職活動を行っていることをアピールすると良いでしょう。また、内容を深堀されても困らないよう、「やりたい仕事が明確になった」と言う際は、それが何なのかまでしっかり説明できるようにしてください。

就職活動を行わずにフリーターになった場合

就職活動を行わずにフリーターになった理由がちゃんとある場合は、正直に伝えましょう。

回答例

「私は税理士を目指して勉強をしており、勉強時間を確保しながらアルバイトをしていました。3年間を期限に勉強していましたが、試験に合格できなかったため、税理士になることを諦め、就職活動を行うことにしました。」

また、特に理由がなくフリーターになってしまった人は、新卒のときとは違う気持ちで就職活動していることを伝えてください。

一度正社員になり退職してからフリーターになった場合

一度正社員になり退職してからフリーターになった場合、退職した理由とフリーターになった理由を伝えることが大事です。

回答例

「前職は新卒として就職しましたが、就職することが目的となってしまい、業務内容に興味を持てず、長く勤めることができませんでした。自分のやりたい仕事を見つけるためにフリーターとなり、さまざまなアルバイトを経験しました。その中で自分のやりたい仕事を見つけることができ、御社でその強みを発揮したいと考えたので、応募しました。」

正社員を辞めてフリーターになった理由として、「正社員の仕事が大変で辞めた」「正社員として働くことに疲れてしまった」といった回答は面接では避けるようにしましょう。やる気が感じられないと判断され、内定獲得が遠ざかる可能性もあります。

フリーターでいた理由は明確に伝えよう

正社員面接では、フリーターでいた理由を明確に伝えましょう。フリーターとしての生活が長く続いている場合、その期間自体が空白期間として判断されてしまう可能性があるためです。
面接官は「フリーターになった理由」「正社員を目指す理由」の2つを明確に知りたいと考えています。フリーターになった理由を明確に述べ、正社員になる意欲があることをアピールしましょう。

フリーターの面接で採用担当者が厳しい質問をする理由

面接官が面接でフリーターに厳しい質問をするのは、「厳しい状況に直面した際に対応できるか」「正社員として働ける人材か」「すぐに退職しないか」を判断するためです。
フリーターの正社員面接では、厳しい質問をされる場合があります。厳しい質問をされた際には、まずは面接官の質問を肯定し、その後に自分の強みを話すことを意識してください。過去の至らない点を認め、現在は前向きに就職活動していることを伝えれば、面接官に好印象を与えられるでしょう。

質問を通して面接官が重視していることは?

面接官が質問を通して重視していることは、応募者が自社の雰囲気に合った人材かどうか、長く働き続けてくれるかどうかが挙げられます。基本的に面接官は「自社で一緒に働く仲間」を探しているので、能力よりも人柄を重視する傾向にあるようです。明るさや誠実さなど、一緒に働く人材として好ましい雰囲気を心掛けると良いでしょう。
とはいえ、面接官によって応募者に重視するポイントは異なります。「面接官によって違う?!面接突破に向けたポイント」では、面接官が重視するポイントや面接でチェックされる点について詳しくご紹介しているので、あわせて参考にしてみてください。

フリーターは正社員面接で自己紹介を求められることも

面接官は応募者の人物像を手早く把握したいと考えているため、面接の冒頭で簡単な自己紹介を求めてくることがあります。上手な自己紹介ができると、フリーターであっても対応力やプレゼン力を評価されることも。ここでは、どのような自己紹介をすれば評価につながるのか見てみましょう。

自己紹介の流れと回答例

正社員面接での自己紹介は、以下のような流れが基本です。

1.面接の時間を作ってくれたことへのお礼
2.名前と年齢
3.最終学歴
4.卒業後は何をしていたかと現在の状況
5.挨拶

上記の5つを意識して簡潔な自己紹介を述べられると、高評価につながるでしょう。

回答例

「本日は面接のお時間を作っていただき、ありがとうございます。
私の名前は△△と申します。現在の年齢は□□歳です。
□□年に△△大学の◇◇学部を卒業後、フリーターとして□年間飲食店でアルバイトをしておりました。
現在は同店舗でのアルバイトを続けながら、就職活動を行っております。
本日はよろしくお願いいたします。」

自己紹介は、長過ぎず短過ぎない30秒~1分程度で述べるのが基本です。ただし、企業によっては「3分程度で自己紹介をお願いします」と時間を指定されることもあります。その場合は、アルバイトでどのような仕事に携わっているかを詳しく述べると、時間調整がしやすくおすすめです。

フリーターの正社員面接でのふさわしい服装

フリーターが正社員面接に臨むときの服装は、スーツが基本です。しかし、服装自由やクールビズの場合は、柔軟に対応する必要があります。ここでは、正社員面接の服装に関する注意点をご紹介するので、ぜひご覧ください。

リクルートスーツはOK?

フリーターの転職活動では、リクルートスーツの着用を避けましょう。リクルートスーツは学生っぽさが残り、面接官に社会人として少し頼りない印象を与える可能性があるためです。ビジネススーツは、紺やグレーといった落ち着いた色を選ぶと良いでしょう。
ビジネススーツを用意するのが難しい場合は、女性であれば中のシャツをきれいな色のものに変えたり、カットソーに変えたりして対応するのもおすすめです。なお、既卒の20代までであれば、リクルートスーツを着用しても問題ありません。

面接で服装自由の場合は?

フリーターの正社員面接において「服装自由」という指定がある場合、企業によってその意図は異なります。以下で詳しく解説していくので、確認してみましょう。

ITやベンチャー企業

ITやベンチャーといった企業では、「仕事着はスーツ」という慣習を取らず、服装は自由である場合も多いようです。しかし、正社員面接のときにはオフィスカジュアルを意識した服装を心掛けてください。ジーンズやラフ過ぎるデザインのものは、仕事に対する姿勢を疑問視されてしまう可能性があるので注意しましょう。

アパレル企業

アパレル企業の面接では、ファッションセンスを見るために「服装自由」としていることもあります。
フリーターの正社員面接で着る服には、応募先企業で扱う商品や、雰囲気に合った服装を選ぶのがポイント。自社の商品を扱う人物としてふさわしいかが問われるためです。もし、カジュアルな商品を扱う企業であれば、意識して少しラフな格好にしても良いでしょう。

夏や冬の服装の注意点

フリーターの夏や冬の正社員面接においては、以下のことも考慮しましょう。

クールビズ

夏の正社員面接では「クールビズでお越しください」と指定される場合もあるようです。
男性のクールビズは、スーツのジャケットとネクタイを省き、長袖の白いワイシャツに夏用スーツのパンツを合わせたスタイルを指します。女性の場合は、スーツスタイルなら男性と同様、長袖の白いワイシャツに夏用スーツのスカート、またはパンツを合わせたものが望ましいでしょう。もしくは、襟なしのカットソーにジャケットを羽織る形でも問題ありません。

コート

冬の正社員面接では、コートを着用して行く場面もあるでしょう。コートを着ている場合は、建物に入る前に脱いでおくのがマナーです。着席したらコートはバッグの上に置きましょう。

フリーターの正社員面接時の服装については、「転職活動にリクルートスーツは着てもいい?好印象を与える8つのポイント」のコラムで詳しく解説しています。面接時の服装に悩んでいる人は参考にしてみてください。

フリーターの正社員面接にふさわしい身だしなみ

フリーターの正社員面接時の身だしなみに関する注意点は、以下のとおりです。身だしなみは見た目の印象を左右するので、気を配るようにしましょう。

髪型

男性の前髪は、短く目にかからない長さにしましょう。おでこを出すとフリーターの正社員面接において好印象です。サイドは耳にかからないようにし、うしろの襟足も肩につかないような長さにしましょう。少しワックスを使い、サッとまとめるのもおすすめです。
女性の長い髪は結ぶか、アップにまとめます。短い場合は耳にかけるとすっきりした印象になるでしょう。男性と同様に、前髪は目にかからないようにしてください。

メイク

フリーターの正社員面接における女性のメイクは、肌なじみの良い色を使ってナチュラルに仕上げます。普段メイクをしないという人でもノーメイクは避けるのが無難です。
アパレルや化粧品業界といったファッション性が問われる企業の正社員面接であれば、少ししっかりしたメイクをしても良いでしょう。その場合は、企業の扱う商品の雰囲気に合わせるのが基本です。

アクセサリー

フリーターの正社員面接においてアクセサリーは基本的に不要ですが、結婚指輪のような普段からしているシンプルなものであれば、つけていても構いません。また、腕時計は華美なものでなければ着用可能です。ピアスやイヤリング、ブレスレットなど、おしゃれのために身につけるものは避けましょう。

フリーターの正社員面接に必要な持ち物

フリーターの正社員面接時に必要な持ち物は、以下のとおりです。面接を受ける前に確認しておきましょう。

・筆記用具
・メモ帳
・履歴書や職務経歴書といった応募書類のコピー
・採用担当者の名前と電話番号のメモ
・求人票のコピー

ほかにも、印鑑や手鏡、女性は替えのストッキングなどを用意しておくと安心です。

正社員面接ではビジネスバッグを選ぼう

正社員面接に持参するかばんは、男女ともにビジネスバッグが基本です。A4サイズが入り、置いたときに自立するものを選びます。ビジネス向けだったとしても、リュックサックやトートバッグといった形のものはカジュアルな印象を与えるので、避けたほうが無難です。

フリーターが正社員面接で落ちないための方法

フリーターが正社員面接で落ちないためには、就職・転職エージェントを利用するのがおすすめです。
就職エージェントは、サービスごとに扱う業界や対象者が異なるのが特徴。エージェントがそれぞれに特化した分野を持っているので、ほかにはない求人情報を持っていたり、業界に深い見識があったりします。そのため、自分に合ったサービスを選ぶと、マッチする求人を紹介してもらいやすいといえるでしょう。自分にマッチした求人とアドバイザーによる丁寧なフォローで、正社員就職が叶う可能性が高まります。

就職・転職エージェントのハタラクティブでは、若年層を対象に就職・転職活動を支援。スキルに不安のある方に向け、人柄重視の採用を行う企業の求人を多数取り扱っているのが特徴です。
また、ハタラクティブでは、求人の紹介だけではなく、模擬面接も実施。自分の強みや弱みを整理できるほか、面接当日までに身につけておくべきことが分かるので、自信を持って本番に臨めます。
「正社員就職を叶えたい」「正社員面接の対策方法が分からない…」とお悩みのフリーターは、ご相談ください。

フリーターの正社員面接に関するQ&A

ここでは、フリーターの正社員面接に関してよくある質問と回答についてまとめました。

フリーターの正社員面接ではどのようなことを聞かれる?

フリーターが正社員面接でよく聞かれる質問は、「フリーターになった理由」「正社員を目指そう思った理由」「フリーターをしていた期間」などです。フリーターが正社員面接で聞かれる質問は、ある程度共通した内容になることが考えられます。詳しくはこのコラムの「フリーターが正社員面接でよく聞かれる質問と回答例」で説明しているので、参考にしてみてください。

フリーターの面接練習は何をしたら良い?

フリーターが正社員就職に向けて面接練習を行う場合、質問への具体的な回答をイメージすることが大事です。イメージした回答内容を書き出し、実際に声に出して練習してみましょう。声に出して練習することで、回答の長さやスピードを実感できます。詳しくは「面接練習を行う方法とは?よくある質問の回答例や対策アプリもご紹介!」のコラムで解説しているので、あわせてご覧ください。

正社員の面接は何を着ていくべき?

何も指定がない場合は、スーツを着ていきましょう。転職の際にはリクルートスーツでなく、紺やグレーのスーツが望ましいです。社会人経験がない場合はリクルートスーツでも構いませんが、スーツを持っていないときには、普通のビジネススーツを用意したほうが良いでしょう。クールビズや服装自由の場合は、このコラムの「面接で服装自由の場合は?」「夏や冬の服装の注意点」の箇所を参考にしてください。

正社員の面接に落ち続けて自信がありません…

一人で対策していて面接に落ち続けるのであれば、第三者に相談するのをおすすめします。相談することで、自分の何が原因なのかが明らかになる可能性が高いからです。就職エージェントでは、カウンセリングでマッチする求人を紹介するうえ、面接対策も行うので、正社員就職が叶いやすいといえます。「ハタラクティブ」では、丁寧なカウンセリングであなたに合った就活対策をいたしますので、お気軽にご相談ください。

この記事に関連するタグ