これだけは知っておこう、フリーターが気をつけるべき面接の基本フリーター就職のコツまるわかりガイド

書類審査を通過すると次は面接。当日はどうしても緊張してしまいます。面接のだいたいの流れ確認や準備をしっかりしておくことは、緊張しすぎず面接に臨むためにとても大切です。度典型的な質問はある程度どこも同じです。しっかり基本を抑え、落ち着いて面接を迎えましょう。

【このページのまとめ】

  • ・面接官は、「どういう人物か」「成長する可能性があるか」を見ている
  • ・自己紹介、質問回答はテンポ良く簡潔に
  • ・面接中に行なう逆質問は事前に用意しておくこと
  • ・逆質問の内容は、実際に働く意欲を感じさせるものにする

面接のおよその流れ

まずは、典型的な面接の流れを確認しましょう。

  • ・案内されてから着席
  • ・自己紹介
  • ・あなたの強み、弱みはなんですか
  • ・志望動機
  • ・なんで正社員になろうと思いましたか
  • ・これまでの失敗談
  • ・何か質問はありますか?

まずは、きちんと面接会場まで到着。案内されてから着席です。
その後、流れは様々ですが、たくさんの質問を受けます。上に挙げたのは典型的な質問や、フリーターが聞かれがちな質問です。これらの質問にはある程度の答えを準備しておくと少し余裕をもって答えられるでしょう。

そして、最後に必ず聞かれるのが、「何か質問はありますか?」という質問。質問ができる人は仕事の飲み込みも早く、教えやすいため実はとても重要視されています。どれだけ企業について調べてきたかも同時に見られているためしっかりと準備しましょう。

面接官は何を見ている?

フリーターが面接を受ける場合、最も注目されるのはあなたが「どういう人物か」ということ。
履歴書だけではつかめないあなたの人柄を、実際の話し方や話を聞く姿勢などでチェックしています。そして、面接官は【一緒に働いていけるのか】、【どの部署で、どんな働き方で活躍できるのか】を、あなたの話す過去のエピソード聞きながら想像しています。
何かを成し遂げた経験、バイトで一番頑張ったこと、等を聞かれるのはそのためです。

また、【成長する可能性があるか】ということもチェックしています。フリーターはバイトに従事しているため、過去の職歴がないためスキルや経験が足りていないのは当然。その分まっさらなところからぐんぐん成長することを企業は期待しているのです。
志望動機や、最後の何か質問はありますか?等を聞くのはこのためです。

近年、ゆとり世代もあってか、ストレス耐性も重要な判断材料になっているようです。
一番の失敗は何ですか、これまでにバイトを通じて感じた不満は何ですか?どのように対処しましたか?等の質問で判断されます。

ではどのように答えるのか見ていきましょう。

簡潔に答えましょう

どの質問にも共通のコツは、「簡潔に答えること」です。

簡潔に答えるには、物事を捉える力、まとめる力が必要です。また、正社員就職がかなって晴れて就職すると、あらゆる人とコミュニケーションを取りながら仕事を進めていくことになります。簡潔に答える人の方が、良い仕事をしてくれそうだと思いませんか?
あとは単に、簡潔にこたえられないと面接官に伝えたいことが伝わらないことも理由のひとつです。まずは1文で答えてから、その理由やエピソードを話していきましょう。
フリーター時代のエピソードなどを話す際も、やはり店舗よく必要な情報だけを伝えていけるといいですね。あなたの話が面接官に届いているかを見極める方法は、面接官の相づちやうなずき、目線です。心ここにあらず、目線も合わなくなってきたと思ったら、早々に話をまとめましょう。

はじめのうちは、簡潔に答えることは難しいかもしれませんが、意識していけば徐々にうまくなっていくのが実感できるはずです。
意識だけでもしていきましょう。

質問をしましょう

質問ができる人は、教えらたことだけをやるのではない、仕事の飲み込みも早く成長しやすい人だと一般的には良い印象を持たれます。そのため「何か質問はありますか?」という面接最後の質問、実はとても重要視されています。

特にありません。という答えは、面接官からすると、うちに興味がない、他に行きたい企業がありそう、何もうちについて調べてきていない、などと取られるのです。

フリーターは職歴がないため、やる気や今後の成長を感じさせるのはとても大切です。質問は必ず準備していきましょう。

企業のHPは面接前に必ず見るものですが、HPを見て「自分が入社したらどんな風に働けるんだろう?」と想像してみるのも一つの方法です。いろいろと質問が浮かんでくるかと思います。

どんな質問をすればいいの?

上では、こちらからできる質問は大きなアピールチャンスであることをお話ししました。では、フリーターの面接ではどのような質問をすればいいのでしょうか?

  • <良い例>
  • ・「私はどの分野をもっと学べばよいでしょうか?」
  • ・「どのような資格を取れば御社で働く上で役立つでしょうか?」
  • これらの質問は、企業で働くイメージをした内容となっています。具体性のある質問をすることで意欲が感じられ、面接で好印象を与えられるでしょう。しかもフリーターから正社員になる上で、実際に役立つ情報が得られます。
  • <悪い例>
  • ・「従業員数は何名ですか?」
  • ・「連休は取れますか?」
  • ホームページなどで分かることは、わざわざ質問することはありませんね。休みや給与に関することも、就職の目的がそこであるように感じられるので良くありません。また、『はい・いいえ』で答えられる質問も、会話が発展しないのであまり自己アピールにはつながりません。

よくある悩み別コンテンツ

おすすめ記事

▼ご相談はこちらから▼

  • 現在の状況とご希望条件をご選択ください
    • ステップ1
    • ステップ2
    • ステップ3
    現在のご状況必須

    離職中・フリーター
    (契約・派遣含む)

    正社員

    在学中
    (卒業予定)

    在学中
    (中退予定)

    在学中
    (中退を検討中)

    就職開始可能時期必須

    できるだけ早く

    1~2ヶ月先

    3ヶ月以上先

    まだ本当に活動するか決めていない

    最終学歴の卒業年必須

    ←戻る
    次へ

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ