これさえあれば大丈夫、フリーター就活で抑えたい最低限のマナー集フリーター就職のコツまるわかりガイド

革靴はキレイに磨いていますか?もらった名刺をすぐにしまっていませんか?
社会人経験がある人にとっては普通の事でも、就活中の方には初耳、というマナーは多いもの。身だしなみや話し方、メールの仕方など、企業は一つひとつの動作からあなたの内面を見ています。ここでは、フリーターの就職活動において、知っておきたい基本マナーを再度チェックしておきましょう。

身だしなみ

身だしなみは、採用の可否に大きく影響します。
男女ともに、面接での服装はスーツを着用する事が無難です。また素材については春の時期に夏物や冬物を着るのはそぐわないので、季節にあった素材を選びましょう。
男性の場合、黒や濃紺のシングルスーツが基本です。髭の剃り残しがないように、鏡でしっかりチェックしておきましょう。髪が伸びている場合は、短く切っておきます。 女性の場合、黒のスーツが一般的です。なおかつ椅子に座った時、スカートの丈が膝上10cm以内になるようにしておきましょう。メイクはピンクやオレンジ系など、健康的な仕上がりを意識すると印象がアップします。 フリーターの方には新卒以上に節度のある大人の身だしなみが求められます。また、外見にはその人の心が現れるとも言われます。普段から細かい所に気を配り、清潔で爽やかな印象作りを心がけましょう。

表情

第一印象で大切なのは、身だしなみ以外に「表情」があげられます。表情には、その人の人柄が大きく現れます。
面接では、常に爽やかな笑顔をキープしている事が大切です。どんなに身だしなみがきちんとしていても、笑顔がなかったり表情が暗かったりすると、魅力は半減してしまいます。
また自分が話している時はもちろん、面接官や他の求職者が話している時の表情も見られています。興味がなさそうに聞く、話している人の目を見ないなど、聞く姿勢が良くないと面接官のイメージはダウンしてしまいます。
自分の表情は、自分ではなかなかわかりづらいものです。特に面接のようなかしこまった場では緊張して、うまく笑顔を作れない事もあるかと思います。普段から鏡を見ながら笑顔の練習をする、家族や友人と話す時に意識するなど、いつでも明るい表情を作れるようにしておきましょう。

言葉遣い

言葉遣いは会話の中でその人の印象を作ります。
若者言葉や略語など、くだけた言葉ばかり使っていませんか?間違った意味で使っている言葉はありませんか?この機会にチェックしてみましょう。
またスムーズな会話には、クッション言葉を使いこなすことが効果的です。例えば「恐れ入りますが」「差し支えなければ」などがあげられます。給与や休日などデリケートな質問をする場合、これらの言葉を冒頭に置く事で、相手に違和感なく自分の意見を伝える事ができます。
ただし、挨拶や受け答えの際に「すみません」を多用すると、面接官に不安感を持たせてしまうので、注意が必要です。丁寧かつ、積極性のある話し方を心がけましょう。
正しく美しい言葉遣いは、自分自身の品性を高めてくれます。言葉使いにはその人の経験や知識が大きく現れます。日頃から本を読んだり、年上の人と話したりして、好感が持てる話し方を身につけておきましょう。

電話

就活では、電話時の対応も評価の対象となります。
企業への問い合わせや面接日程の連絡、また面接後の合否連絡など、電話でのやりとりは頻繁に発生します。電話対応がよければ、採用担当者の評価もアップすると考えておきましょう。
まず最低限のマナーとして、最初に名前を名乗る事です。問い合わせの場合もいきなり質問から入るのではなく、「私○○と申しますが…」と名乗り、それから用件に入りましょう。
電話に慣れないうちは、焦ってうまく喋れないという事もあるかと思います。まずは伝えたい内容をメモにまとめて、それを見ながら伝えましょう。
またこちらから電話をする場合は、電話をかける時間帯に気をつけましょう。午前中は始業後で忙しい企業が多く、12時前後は昼食の時間帯なので担当者が不在の場合もあります。そのため、電話をするのにベストな時間帯は、平日の14時~18時といわれています。

メール

就活では、企業とメールでやり取りする事もあるかと思います。普段は何気なく使っているメールですが、ビジネスメールとなると、ある程度マナーをわきまえた内容が求められます。
メールでは、まず誰宛のものなのかを明確にします。冒頭に企業名・役職名・担当者名を書き、その後に用件をわかりやすく記載しましょう。件名には「会社訪問のお礼」「資料請求のお願い」など、簡潔にわかる文章を入れましょう。
メールの本文については、読みやすく改行を入れる事が大切です。本文の最後には、自分の名前と連絡先を添えておきます。また、企業からメールが来た場合、すぐに返事を行うようにしましょう。「メールの返信が早い人は、仕事も早い」というイメージを持たれます。どうしても遅くなる場合は、その旨をメールで伝えておきましょう。
面接や電話と違い、メールは文字だけのやり取りです。読んだ相手に良い印象を与える書き方を心がけましょう。

よくある悩み別コンテンツ

おすすめ記事

▼ご相談はこちらから▼

  • 現在の状況とご希望条件をご選択ください
    • ステップ1
    • ステップ2
    • ステップ3
    現在のご状況必須

    離職中・フリーター
    (契約・派遣含む)

    正社員

    在学中
    (卒業予定)

    在学中
    (中退予定)

    在学中
    (中退を検討中)

    就職開始可能時期必須

    できるだけ早く

    1~2ヶ月先

    3ヶ月以上先

    まだ本当に活動するか決めていない

    最終学歴の卒業年必須

    ←戻る
    次へ

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ