新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター就職TOP
  4. >
  5. 仕事の探し方がわからない人へ!新卒・フリーター・転職など状況別に解説

仕事の探し方がわからない人へ!新卒・フリーター・転職など状況別に解説

【このページのまとめ】

  • ・主な仕事の探し方には求人サイトや求人広告、就職支援機関の利用が挙げられる
  • ・新卒や転職者、フリーランスなど状況別に有効な仕事の探し方を押さえることが重要
  • ・仕事の探し方がわからない人は、自己分析や業界研究、希望条件の整理を行うことが重要
  • ・活かせる強みや希望条件に着目するのが、自分に合った仕事の有効な探し方といえる
  • ・SNSや口コミサイトから幅広く情報収集するのも、仕事の探し方の一つ

仕事の探し方がわからない人へ!新卒・フリーター・転職など状況別に解説の画像

仕事の探し方がわからない方は少なくないはず。そもそも、自分にはどんな仕事が向いているのか、何がやりたいのか明確になっていない方も多いでしょう。
このコラムでは、新卒・フリーター・転職などの状況別に仕事の探し方を解説。また、仕事の探し方がわからない人に見られる特徴や、その対処法も紹介します。仕事探しには、自己分析や業界研究、希望条件の整理が欠かせません。軸を定めて、自分に合った仕事を見つけましょう。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

仕事の主な探し方は6つ!

仕事の探し方は、大きく分けて「自分で探す方法」と「人に探してもらう方法」の2つです。やりたい仕事が決まっている人や、とにかく多くの求人情報を集めたい人は自分で探すのが良いでしょう。一方、一つひとつの会社の情報を詳しく知りたい人は、第三者に紹介してもらうのもおすすめ。内部の情報を聞けたり、アドバイスをもらえたりするのがメリットです。
ここでは、基本的な仕事の探し方を6つ紹介します。

1.就職・転職サイトで探す

就職・転職サイトの利用は、仕事探しの基本ともいえます。パソコンやスマートフォンから手軽にアクセスできるため、仕事探しを思い立ったらすぐに活用するのがおすすめ。サイトごとに公開されている求人が異なるので、多くの情報を集めたい方は複数チェックしてみましょう。ほとんどのサイトが無料で会員登録できるので安心です。
就職・転職サイトでは、希望条件に合った求人を検索できるほか、会社側からのオファーを受けられる機能もあります。自分にとって意外な会社からオファーが来れば、就職先の選択肢が広がる可能性も。新たな仕事の探し方として活用してみるのも良いでしょう。

2.友人・知人に紹介してもらう

気の置ける友人や知人に紹介してもらうのも、仕事の探し方の一つです。求人サイトには公開されていない会社に入社するチャンスが得られたり、内部情報を詳しく聞けたりするといったメリットもあるでしょう。人脈を広げられるよう、普段から友人との交流や取引先との信頼関係を深めておくのがおすすめです。
ただし、友人・知人に紹介された仕事だからといって、必ず採用されるとは限りません。採用面接に臨む際は友人・知人とのつながりに頼りすぎずに、気を引き締めるようにしましょう。

3.求人広告から探す

駅やコンビニに設置されているフリーペーパーや、新聞に折り込まれている求人広告で探す方法もあります。比較的、地域に密着した求人が多く掲載されている傾向があるため、地元で働きたい方に向いている仕事の探し方といえるでしょう。
広告スペースが限られており、詳しい労働条件が載っていない場合もあるので、気になることがあればきちんと会社側に確認してから応募するのがおすすめです。

4.企業の公式Webページの採用情報から探す

就職・転職サイトではなく、企業の公式Webページに採用情報が公開されている場合もあります。働いてみたい企業がある方は、その企業の公式Webページをチェックしてみるのも良いでしょう。求人サイトや広告を介さず、直接その企業にコンタクトしてくれたということから、志望度の高さを認めてもらえる可能性も。熱意をアピールしたい方におすすめの仕事の探し方といえます。
採用情報だけでなく、会社概要や最新のニュースなども確認しておき、安定性や力を入れている事業を把握してから応募するのが良いでしょう。

5.ハローワークで探す

ハローワークを活用するのも仕事探しの有効な方法の一つ。ハローワークは全国各地に設置されている、公的な就職支援機関です。誰でも無料で利用できるので、仕事の探し方がわからない方は一度足を運んでみましょう。
設置されているパソコンを使い自分で求人を検索するのはもちろん、専門のスタッフに相談することも可能です。さまざまな利用者の職業相談に乗ってきたプロの視点からアドバイスをもらえば、仕事探しがよりスムーズに進むでしょう。「Webサイトには求人情報を公開していないが、ハローワークでは募集を行っている」という会社も多いため、自分では見つけられなかった仕事に出会える可能性もあります。

6.就職・転職エージェントから探す

仕事の探し方に悩みがある人は、就職・転職エージェントに相談するのも良いでしょう。
就職・転職エージェントは、民間の就職支援サービス。キャリアアドバイザーが、相談者一人ひとりに合った仕事を紹介してくれます。無料で利用できる点やサービス内容はハローワークと似ていますが、就職・転職エージェントの方が、取り扱っている求人の質が高い傾向にあるのが特徴です。求人サイトでは公開されていない求人情報を得られるのもメリットでしょう。
運営会社によって、未経験者向けや女性向け、ハイクラスの転職者向けなど、相談者のターゲットが異なります。より自分に合った仕事を見つけるためにも、就職・転職エージェントを選ぶ際は注意しましょう。

 

仕事探しのコツは「何をすれば見つかる?仕事探しのコツ」で紹介しています。自分に合った仕事を見つけるための参考にしてみてください。

【状況別】仕事の探し方は?

仕事の探し方は、求職者の状況に応じて異なります。より自分に適した仕事探しを行い、スムーズに就職・転職活動を進めましょう。
ここでは、状況別に有効な仕事の探し方をご紹介します。

新卒者の仕事の探し方

新卒者の仕事探しは、求人サイトを利用するのが一般的です。社会人経験のない新卒者は、できるだけ多くの業界・職種について知ることが大切。大手新卒向け求人サイトを複数活用し、世の中にはどんな仕事があるのかを学びながら、自分に合ったものを探しましょう。気になる企業があればプレエントリーし、会社説明会に参加してから選考に進むのが基本的な流れです。
また、自分に合った仕事を探すには、インターンシップへの参加も有効でしょう。会社で働く体験ができ、社会人の先輩からアドバイスや経験談が聞けることもあるため、「仕事」のイメージを持ちたい新卒者におすすめです。
さらに、近年では、就職エージェントを利用する新卒者も増えています。一人での就活に悩みがある方や、仕事の探し方がわからない方は、新卒向けの就職エージェントに適職を相談してみるのも良いでしょう。求人紹介はもちろん、選考のアドバイスも受けられるので安心です。

転職者の仕事の探し方

転職者の仕事探しには、転職サイトや転職エージェントの利用が有効です。
転職者が仕事を探す場合は、あらかじめ自身のキャリアを振り返り、持っているスキルや活かせる経験を整理しておきましょう。異業種・異職種でも役立つ強みがあれば、転職先の選択肢を増やせます。自分の市場価値がわからない、仕事の探し方に自信がないといった悩みがある場合は、転職エージェントに相談するのもおすすめ。客観的な視点から、求人紹介やアドバイスを行ってくれるはずです。一般には非公開になっている求人情報を得られるのもメリットでしょう。
一度退職してから転職活動を行う場合は、ハローワークを活用するのも手。前職で雇用保険に加入していた場合は、ハローワークで手続きを行うことにより、失業給付金を受け取ることが可能です。給付を受けるには求職活動が欠かせないので、手続きと合わせてハローワークの利用を開始するのが良いでしょう。ハローワークには地域の求人が多く集まっている傾向があるため、地元での転職を叶えたい方に向いているといえます。

ニート・フリーターの仕事の探し方

ニートやフリーターが仕事を探す場合は、求人サイトや求人広告をくまなくチェックしましょう。幅広く情報を集め、未経験者歓迎の仕事を見つけることが重要です。
いきなり正社員就職を目指すことに不安があるニートの場合は、アルバイトや派遣から自分に合った仕事を見つけるのもおすすめ。自分のペースでシフトを組みやすいアルバイトや派遣で「働くこと」に慣れてから、正社員就職を目指すのが良いでしょう。紹介予定派遣や正社員登用制度を設けているアルバイトであれば、一定期間働いたのち、正社員(無期雇用)に切り替えてもらえる可能性もあります。
また、ニートやフリーターは就職支援機関にサポートしてもらうことも大切です。ハローワークや就職エージェントでは仕事の探し方はもちろん、面接や応募書類へのアドバイスも受けられます。選考対策を行っておくことで、通過率がぐっと高まるでしょう。

個人事業主・フリーランスの仕事の探し方

個人事業主やフリーランスの仕事の探し方は、ほかとはやや異なる傾向にあります。クラウドソーシング専用のWebサイトから仕事を見つける方法もありますが、友人や気になる会社に営業をかけたり、SNS・ブログを公開して案件を集めたりと、自ら行動することが非常に重要です。待ちの姿勢では仕事が途切れてしまい、収入が得られなくなる可能性もあるため、常に仕事の情報集めや人脈の拡大を意識する必要があるでしょう。
また、エージェントの利用も有効です。特に、独立したばかりで、仕事の探し方や自分のスキルレベルに自信がない場合は、フリーランスエージェントでプロのアドバイスを仰ぐのが得策といえます。仕事を紹介してもらいながら、フリーランスに求められるスキルについて聞くことができれば、今後の成長やキャリアアップにつながるでしょう。

ニートの仕事探しについては「ニートの仕事の探し方とは?就活のポイントを押さえて正社員を目指そう!」でも詳しく解説しています。おすすめの職種も紹介しているので、仕事探しの参考にしてみてください。

仕事の探し方がわからない人の4つの特徴

仕事の探し方がわからない人には、一定の共通点が見られます。仕事の探し方がわからない、そもそも何をしたいのかが曖昧なままでは、就職・転職活動の成功は難しいもの。以下で4つの特徴を紹介するので、当てはまっている人は改善策を講じましょう。

1.自分の「強み」がわからない

自分の「強み」を理解できていない人は、仕事の探し方がわからない傾向にあります。
特に、基本的に何でも上手くこなせるタイプの人は、その器用さゆえに際立った強みや長所が見えにくくなることも。ある程度仕事を進めると、面白さややりがいを感じなくなり、「もっと自分に合う仕事がありそうなのに、それが何なのかわからない…」といった悩みにつながることも多いようです。
その場合は、「自分の強みを一つ伸ばす」のがおすすめ。自分ができることの中から、特に興味や関心があるものを「極める」という意識で取り組むと良いでしょう。強みを明確にすることで、就職・転職先の方向性が絞りやすくなるはずです。

2.なんとなく今の仕事を続けている

なんとなく今の仕事を続けている人も、仕事の探し方がわからなくなりがちです。今やっている仕事に対する熱意や目標がなく、惰性で続けているようであれば、今後本当にやりたい仕事は見つけにくい可能性があります。
仕事探しは目的をもって行動することが成功へのカギ。「やりたい仕事が何かを見つけるために、目の前の仕事をする」といった目的でもOKです。ポジティブな気持ちで仕事に取り組みましょう。現職に没頭するうちに新たな面白さや自分の強みを見出し、次の仕事探しのヒントになる可能性もあります。

3.失敗を強く恐れている

仕事の探し方がわからない人は、就職や転職に失敗したくない気持ちを強く持ちすぎている可能性もあります。失敗を恐れて慎重になりすぎているために、やりたい仕事が見えなくなっているパターンです。
この特徴に当てはまる人は、失敗への恐怖心を思い切って捨てましょう。就職・転職先を慎重に選ぶことは大切ですが、過剰に身構えてしまうとせっかくのチャンスを逃してしまう可能性も。思い切って就職・転職活動を進めることで、やりたい仕事や自分の適性が見える場合もあります。また、自分の理想どおりの完璧な企業はなかなか存在しないのが現実。就職・転職に対して過度な期待はしないようにすることも必要です。

4.人の意見を尊重している

周りの意見を丁寧に聞き入れる一方、自分の意見をあまりいえないのも、仕事の探し方がわからない人に見られる特徴です。
仕事探しにおいて他人の客観的なアドバイスは役に立ちますが、最終的に仕事を決めて働くのは自分自身。相手の意見を尊重しながらも、同時に自分の意思もしっかり持つ必要があります。一度、自分の価値観や仕事に対する思いと向き合い、きちんと整理するのが望ましいでしょう。
自分の意見を持ちながら過ごすことで、仕事探しの軸が見えてくる可能性もあります。

仕事の探し方がわからない方には「やりたい仕事がない?理想の仕事の見つけ方とは」や「やりたい仕事がない人におすすめ!自分に合う転職先が見つかる7つのヒント」のコラムもおすすめ。自分がやりたいことを明確にするための参考にしてください。

仕事の探し方がわからない人におすすめの5つの対処法

先述のとおり、仕事の探し方がわからない人には自分の強みや価値観を把握していないといった特徴が見られます。また、具体的な仕事のイメージが掴めてないのも仕事探しを難航させる要因の一つです。
ここでは、仕事の探し方がわからない人におすすめの対処法を5つ紹介します。以下の対処法を参考に、自分自身の価値観や仕事に求めるものなどを明確にしておきましょう。

1.自己分析で自分の強みや価値観を明らかにする

仕事の探し方がわからない人は、自己分析で自分の強みや価値観を明らかにしましょう。
自己分析は、就職・転職活動において最も重要な作業の一つ。自身の強みや弱み、価値観を把握しておくことで適職が見つけやすくなり、また、選考に進んだ際も自己PRや志望動機に説得力を持たせやすくなります。
まずは自分の過去を振り返り、さまざまな出来事とそのときに感じたことや努力したことなどを、思いつくだけ紙に書き出してみましょう。次に、そのエピソードを一つひとつ掘り下げていきます。深掘りした情報をもとに、「どのような仕事だとやりがいを持って働けそうか」「ストレスを感じず続けるためには、どのような仕事を選べば良いか」といった視点で自分自身と向き合っていくと、自分に向いている職種の傾向が把握しやすくなるでしょう。

2.具体的な将来のビジョンを考える

具体的な将来のビジョンを考えることも、仕事の探し方がわからない人に向いている対処法の一つです。「いずれ〇〇の仕事をしたいから、スキルを身に付けるために〇〇業界を目指そう」「家庭を持つために、〇歳までに年収アップを狙える仕事に就こう」というように、就職・転職することでどう成長したいか、今後どのようなライフステージを踏んでいきたいかを明確にイメージすると、それに合わせてやるべき仕事が見えやすくなるでしょう。

3.働き方の条件を書き出して就職軸(転職軸)を立てる

仕事の探し方がわからない人は、就職軸(転職軸)が定まっていない可能性も。働き方の条件を書き出して、仕事探しの軸を立てましょう。
収入の最低ラインや休日数、勤務時間といった働き方の条件を書き出したら、次に優先順位を決め、就職軸(転職軸)を定めます。自分の希望条件をすべて満たす仕事は、そう簡単には見つからないもの。条件を設けすぎることで就職・転職活動が滞ってしまう可能性もあります。将来のビジョンの実現や家庭との両立などを考慮しながら、妥協できない条件と柔軟に対応できる条件を明確にしておくのが大切です。

4.これだけは避けたいNG条件も出しておく

先述の就職軸(転職軸)の確立とは逆に、絶対に避けたいNG条件を出しておくことも、仕事の探し方がわからない人に有効な手段です。
どうしても苦手なことや受け入れられないことを含む仕事は長続きしないもの。それを避けることで、長く続けやすい「できる仕事」が見つけやすくなるでしょう。やりたいことが思い浮かばない人におすすめの方法といえます。「できる仕事」で成功体験を積むうちに、やりがいを感じるようになる場合もあるでしょう。

5.業界研究を行い自分の働きたい業界をイメージする

仕事の探し方がわからない人は、業界研究を行うことも重要です。まずは視野を広げ、知らなかった業界や興味がなかった業界についても知るのが良いでしょう。
今まで知らなかったり、自分には合わないと思っていたりした業界でも、研究することで興味がわく場合もあります。自分の働きたい業界がイメージできたら、それを軸に仕事探しを進めるとより志望企業が見つかりやすくなるでしょう。

自分に合った仕事の探し方のヒントは「自分に合った仕事の見つけ方を解説!軸を決めて自己診断してみよう」や「自分に合った仕事探し!まずはコレから始めよう」でもご紹介しています。仕事探しに悩み、就職・転職活動が滞っている人は参考にしてみてください。

自分に合った仕事の探し方!注目すべき5つのポイント

 

自分に合った仕事の探し方にはコツがあります。強みや資格を活かせるか、希望条件に合っているかといった点に注意することで、より長くやりがいをもって働ける仕事に出会えるでしょう。
ここでは、仕事探しの際に注目すべきポイントを5つ紹介。就職・転職後に「こんなはずではなかった」と思わないようにするには、丁寧な検討が欠かせません。

1.自分の強みや能力が発揮できるか

自分に合った仕事を探すには、強みや能力が発揮できるかどうかに注目するのが大切です。
自分の強みや能力を活かしながら働けるというのは「適職」の条件の一つ。やりがいを感じやすくなり、会社側からも評価されやすくなるでしょう。
逆に、自分の長所を発揮できない職場では、モチベーションが下がってしまう恐れも。仕事の探し方に悩む人も、一度自身の強みや能力を明確にし、それを活かせるかどうかという観点を持つことをおすすめします。

2.資格を活かせるか

自分に合う仕事を探すには、これまでに取得した資格が活かせるかどうかを考えてみると良いでしょう。
たとえば、簿記の資格があると、経理・会計関連の職種に有利に働きます。また、英検は準2級以上を取得していると、ホテルフロントや海外営業事務などの職種に有効でしょう。
資格を活かせれば自身のモチベーションアップにつながるだけでなく、企業から即戦力として歓迎されたり、資格手当が支給されたりする可能性もあります。自分の持っている資格がどのような職業に活かせるのかを調べてみましょう。

3.希望条件が合っているか

希望条件が合っているかどうかを確認するのは、自分に合った仕事を探すための基本ともいえます。事前に絶対に妥協できない条件や避けたい条件を整理しておき、照らし合わせながら求人情報を確認しましょう。求人情報内で公開されていない点があれば、企業に直接問い合わせるようにします。

福利厚生や給与等に目を通す

福利厚生や給与等には、より丁寧に目を通すのがおすすめ。仕事探しのタイミングだけではなく、入職前にも雇用契約書をきちんと確認しましょう。
給与や福利厚生に関するトラブルは多く、入職後に求人広告の内容と実際の労働条件が異なることに気づくケースも少なくありません。円満に就職・転職するためにも、事前の確認は非常に重要です。

4.有効求人倍率を見る

有効求人倍率とは、求職者一人に対して何件の求人があるのかを示す数値です。この数値が高いほど、企業は人材を探していることになります。そのため、有効求人倍率を基準に仕事を探してみるのも良いでしょう。有効求人倍率が低い仕事ばかりに着目してしまうと、就職・転職活動が行き詰まってしまう可能性も。就職における一つの目安として参考にするのがおすすめです。

5.立地や離職率を確認する

自分の希望に合った仕事が見つかった場合は、立地や離職率を確認することも大切です。働きやすい仕事をより確実に見極める探し方といえるでしょう。
交通の利便性は意外に重要なポイント。場所によっては「駅チカ」という表記でも徒歩15分以上かかることもあります。毎日の通勤に苦労しないよう、見落としがちなポイントも十分確認するのが大切です。また、離職率の高い職場には何らかのデメリットが潜んでいる可能性があります。離職者の退職理由によっては、応募を控えた方が良い場合もあるでしょう。

自分に合った仕事の探し方のポイントは「仕事が見つからない人は注目!求職の秘訣や不安解消法を詳しくご紹介」でも解説しています。

仕事の探し方における注意点

やりたい仕事をイメージする際、有名企業への就職に憧れを抱く人は少なくないはず。また、高収入や仲間との成長をうたった求人広告に惹かれる人も多いでしょう。しかし、憧れだけで仕事探しを進めると、大きなリスクにつながる恐れもあります。
ここでは、仕事の探し方における注意点を解説。就職・転職を成功させるために、目先の魅力だけに飛びつかないようにしましょう。

企業の規模や知名度だけで探さない

企業規模や知名度を軸にした仕事探しはうまくいかない傾向があります。
大企業の安定性やネームバリューへ憧れを抱くことは悪いことではありません。しかし、有名な大企業だからといって、誰にとっても働きやすいとは限らないもの。仕事内容や労働条件、自分と企業とのマッチ度まで考慮するのが、正しい仕事の探し方といえます。
また、知名度の高い大企業は非常に採用倍率が高いため、なかなか選考を突破できない可能性も。就職・転職活動に行き詰まらないよう、大企業だけに的を絞るのは避けるのが無難でしょう。

ブラック企業に気をつける

仕事探しの際には、いわゆるブラック企業を見極めることも重要です。ブラック企業に入社してしまうと、劣悪な労働環境によって心身共に疲弊し、早期退職につながる恐れもあるでしょう。
ブラック企業は、デメリットを隠しながら大量に人員を確保しようとするため、過剰にアピールポイントを打ち出す傾向があります。そのため、同業他社に比べて給与が異様に高かったり、具体的な業務内容は公開せず「仲間」や「熱意」など聞こえの良いコピーばかりを打ち出していたりする求人広告は冷静に検討しましょう。また、さまざまな媒体に常に求人広告を出し続けている企業にも注意が必要です。

企業規模や知名度にこだわらない仕事の探し方は「「穴場企業」の良さを知る!大手企業への就職がすべてではない」、ブラック企業の見極め方は「ブラック企業の特徴は?見極めて回避するのは可能?」でも紹介しているので、参考にしてみてください。

自分にぴったりの仕事の探し方!

自分にぴったりの仕事を見つけるためには、仕事の探し方も工夫してみるのが良いでしょう。以下の3つの探し方を参考により多くの情報を得て、自分に合った仕事を厳選しましょう。

自分のできること・好きなことから広げてみる

自分の得意なことや興味・関心のあるものを軸にするのも、仕事の探し方の一つです。
誰でも無関心なことや苦手なことはやる気が出ないもの。途中で挫折してしまう可能性もあります。しかし、自分が好きなことは長続きし、自然と真剣に取り組めることが多いはずです。そのため、高いモチベーションをもって働けるでしょう。
昔なりたかった職業や目指していた夢などがあればチャレンジしてみるのもおすすめ。この就職・転職活動をきっかけに、憧れを仕事へと昇華させるのも一つの手段です。

職種や業界を限定せずに情報を集めてみる

自分にぴったりの仕事の探し方において、職種や業界を限定せずに情報を集めることは大変重要なポイントです。一部の業界や職種に絞ってしまうと、本当に必要な情報を逃してしまうこともあります。また、適職に出会う可能性を狭めてしまうこともあるでしょう。
「どうせ自分は無理だから…」「この仕事はきっと自分に合わない」と過度な決めつけはせず、自分自身でやりたい仕事が見つけられない状況を作らないことが大切です。

SNSや口コミサイトを利用してみる

インターネットがより身近になった近年ならではの仕事の探し方として、SNSや口コミサイトの利用が挙げられます。有効に活用して、さまざまな角度から情報収集しましょう。
企業が運営するSNSからは、ビジョンや働き方が伺い知れる場合も。また、採用情報をSNSで公開する企業も見受けられます。そのため、志望企業のSNSはすべてチェックしておいて損はないでしょう。
口コミサイトでは、従業員目線での企業の評価を知ることができます。すべて鵜呑みにするのは望ましくありませんが、会社内部の様子を知ったり、自分に合いそうな雰囲気かどうかを判断したりするための一助にはなるでしょう。

仕事探しに迷った際には、誰かに相談するのも大切です。就職・転職エージェントであれば、プロの目線から的確なアドバイスをしてくれるでしょう。
ハタラクティブは、若年層に特化した就職・転職エージェントです。専任のアドバイザーが丁寧なヒアリングを通し、相談者にぴったりの求人や企業を紹介します。仕事の探し方や自分の適職に悩みがある方に大変おすすめのサービスです。
面接対策や応募書類の添削も、アドバイザーが一貫してサポートします。就職・転職活動を成功させるために、まずはお気軽にご相談ください。

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

正社員経験がなくても大丈夫!

未経験OKの求人も多くあるため、あなたにぴったりな仕事が見つかります!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ