20代の仕事の探し方とは?就職を成功させるポイントや収集すべき情報

20代の仕事の探し方とは?就職を成功させるポイントや収集すべき情報の画像

この記事のまとめ

  • 20代での仕事探しは選べる選択肢が多い
  • 20代の仕事探しでは、仕事内容から就業条件までしっかり確認することが重要
  • 経験の浅い20代でも採用されやすい職種として介護職や営業職などが挙げられる
  • 事前に収集するべき情報は、「社風」「求める人物像」「採用の経緯」など
  • 仕事探しでは、20代ならではの強みを自覚することが大切

20代で仕事探しをしたい方は、何から始めれば良いのか悩む方も多いでしょう。20代は高いポテンシャルと将来性を期待されているため、未経験の職種に挑戦するチャンスがあります。このコラムでは、20代の仕事の探し方について、気を付けるポイントを詳しく紹介。未経験者が挑戦しやすい職種についてもまとめています。このコラムを読んで、仕事探しの参考にしてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

20代に仕事探しを行う利点とは

20代に行う仕事探しの利点とは、転職先として選べる企業の選択肢が多いことです。社会人としての経験は浅いですが、ある程度のポテンシャルを見込んで採用してもらえる可能性があります。そのため、これまでとは異なる業種や職種に挑戦しやすい年代といえるでしょう。
20代ニートで就職について悩んでいる、仕事探しがうまくいかないという方は、「20代のニートが就職する方法は?正社員の目指し方やおすすめの仕事を紹介」のコラムもご参照ください。

20代の仕事の探し方!就職を成功させる6つのポイント

ここでは、20代の方が仕事探しのために確認すべきポイントを6つ紹介します。20代は若くてポテンシャルが高いため、就職や転職をするチャンスのある時期です。仕事探しを成功させるため、求人情報では以下のポイントをチェックしてみてください。

1.雇用形態を確認する

応募したい企業が見つかったら、事前に雇用形態を確認しましょう。20代の仕事探しでは、多くの求人があります。確認を怠ると正社員ではなく契約社員の募集だったとあとで気が付くことも。中には、正社員への登用ありと記載しながらも、これまで実際に登用された人はいないといった場合もあるので、制度だけではなく実績を確認することも重要です。

2.給与面を確認する

厚生労働省の「令和2年賃金構造基本統計調査の概況(2p)」によると、20代の平均賃金は20~24歳の21.20万円、25~29歳で24.46万円となっています。世代別の平均賃金を参考に、求人の給与額をチェックしながら仕事を探してみましょう。

3.詳細な仕事内容を確認する

イメージや憧れだけで企業を選ぶと、入社後に仕事内容や職場の雰囲気が合わないと感じる可能性があります。20代のうちに仕事を決めたいからといって焦らず、仕事内容の詳細についてしっかり確認しておくと良いでしょう。また、採用担当者や職場の雰囲気、従業員数なども確認しておくことをおすすめします。

4.勤務地や転勤の有無を確認する

20代後半からは、ライフスタイルの変化が訪れる方が多いでしょう。結婚して子どもを持てば、転勤を避けるために、転職を検討する可能性も。自分のライフプランを考え、勤務地や転勤の有無を見て仕事探しをすると良いでしょう

5.就業条件を確認する

20代で仕事探しを行い内定連絡を受けたら、入社の承諾の前には必ず就業条件について確認を行いましょう。企業によっては、内定通知と合わせて「労働契約書(雇用契約書)」や「労働条件通知書」などが郵送されてくる場合もあります。就業条件については、福利厚生や転勤異動の有無、契約期間(契約社員の場合)などの項目があるので、不明点があれば入社前に解決しておくと良いでしょう。

6.福利厚生などの待遇を確認する

福利厚生の充実も仕事や生活の支えになるため、20代の仕事探しで確認しておきたい事項です。福利厚生には法律で義務づけられた「法定福利(各種保険の事業主負担など)」と、各企業が任意で支給する「法定外福利(交通費・住宅手当・育児支援・保養施設・健康診断)」があります。こうした福利厚生を提供するのは、従業員のモチベーションを高めたり良い人材の定着につなげたりしたいためですが、企業の業績や都合によっては法定外福利がなくなったり、変更したりすることも。福利厚生だけが魅力の会社に入社した場合には、業績悪化や経営方針の変更などで福利厚生がなくなってしまった際、ギャップが生じてしまうことがあるので、そのことを念頭に置いておきましょう。

参照元
厚生労働省
令和2年賃金構造基本統計調査 結果の概況

20代の仕事探しで事前に収集するべき3つの情報

20代の仕事探しの段階で下準備をしておくことは大切です。「思い描いていた理想と現実が違った」というミスマッチを防げるでしょう。自分の思い込みに頼らず、その業界と就職を志望する企業について詳しく調べることがおすすめ。情報収集の手段としては、「企業セミナーへの参加」「OB・OG訪問」「企業のWebサイトを読み込む」などがあります。

1.社内雰囲気の情報

企業の社風が合うか、合わないかは個人差があります。20代から長く働き続けるために、自分の適性に合う社風か調べておくと良いでしょう。社風は入社しなければ分からないものですが、下調べをしておくことで大まかな雰囲気を想像できます。求人情報サイトや企業のWebサイトでは、会社の理念や代表の考え方・人柄、働いている社員のインタビューが載っている場合も。また、会社見学や説明会などに参加できる機会があれば、仕事の進め方や職場の雰囲気についての情報を確認するのも良いでしょう。

2.求める人材についての情報

職種や業界によって企業から求められやすい特性があります。たとえば、販売やサービスなど接客系の仕事では配慮やサービス性、金融系や専門職では緻密性や機敏性などです。そのほかにも、各企業が求めている人材情報について求人サイトに記載されていることがあります。20代で仕事探しをする際は、求める人材をチェックしておくと良いでしょう。

3.中途採用に至った経緯についての情報

業務拡大・業績好調・組織体制強化による募集であれば、20代から長く働ける仕事である可能性が高いでしょう。しかし、理由が欠員の補充の場合、離職者が多い可能性があります。そのような企業では離職率を確認したほうが良いでしょう。中途採用を募集に至った経緯についての情報も重要です。

経験の浅い20代の仕事探しにおすすめの職種

ここでは、経験の浅い20代の仕事探しにおすすめの職種を紹介します。20代は未経験での就職や転職がしやすいチャンスの時期です。以下を参考に、自分に合った職種を見つけてみましょう。

人手不足の仕事

経験の浅い20代でも転職がしやすい職種は、業界全体で人手が不足しがちな仕事です。人手不足の業界では、間口を広げるために未経験者でも比較的挑戦しやすいといえます。特に介護職は、高齢化の影響で未経験者を採用してでも人手を欲している業界。未経験でも転職しやすい職種といえるでしょう。

営業や外回りの仕事

営業職は、これまで身に着けてきた知識や経験よりも、人柄やコミュニケーション能力など人間性に注目される職種です。そのため、経験の浅い20代でも転職がしやすい職種といえるでしょう。人と話をすることが好き、人とのコミュニケーションがストレスにならない方へおすすめの仕事です。

ITエンジニアの仕事

ITエンジニア職は、入社後2~6ヵ月程度の研修期間を設けていることがあり、パソコンの使い方に自信がない20代の方も専門的な知識を身に着けられます。仕事で学んだスキルを活かしてキャリアアップを目指すことも可能でしょう。IT業界と聞くと専門的な知識が必須かと思われる方もいるかもしれませんが、未経験でも挑戦できる業界です。

SEなどプログラムの仕事

エンジニア同様、プログラムの仕事にも長めの研修期間があることが多いでしょう。20代未経験の方もコミュニケーション能力や学習意欲を活かして働けます。SEの仕事はクライアントからのヒアリング能力やエンジニアとの調整能力など、プログラミング以外の能力も問われるでしょう。

事務系の仕事

事務職は特別な資格がなくても、基本的なパソコンの操作ができれば20代の未経験の方も採用されやすいでしょう。コツコツと同じ作業を丁寧で正確にできる人や、単調な作業がストレスにならない人などに向いている仕事です。
20代の方が未経験でも働きやすい仕事についてさらに詳しく知りたい方は、「未経験での転職におすすめの業界をご紹介!20代にはどんな職種が良い?」も併せてご覧ください。 

20代で仕事で何がしたいかわからないときの考え方

20代で仕事探しをはじめたいけど何がしたいかわからない場合は、「自己分析」や「仕事の種類を知る」ことがおすすめです。以下で紹介することを試して、自分のやりたいことを見つけてください。

自己分析をする

自分の特徴を知ることで、仕事選びの軸づくりができます。20代の仕事探しでは自己分析を通して、仕事で活かせる強みや弱みを理解すると良いでしょう。また、過去を振り返ることで失敗やそこから学んだことなどを整理できます。これには面接対策に役立つ利点も。自己分析のやり方については「自己分析って何?やり方がわからない方へのヒント集」で解説しています。

やりがいに感じることを考える

何をしているときに充実感を覚えるのか、考えてみると仕事選びに役立ちます。自分の得意なことを仕事にできれば20代から長く続けられる仕事に就けるでしょう。人によってやりがいを感じることは異なります。「やりがいのある仕事の見つけ方をご紹介」を参考に自分なりの重視したいことを見つけてみてください。

世の中の仕事を知る

求人サイトをみたり、「厚生労働省職業分類(令和4年改定)」をみたりして世の中の仕事の種類を知ると、20代から興味のある仕事に出会えるでしょう。営業職や販売職などと、ひとことにいっても実務の内容は企業によって異なるもの。たとえば営業職には、対面で行う仕事のほかに電話やメールのみで契約を行う「インサイドセールス」があります。営業職については「営業職とは何をする仕事?業務の内容やメリット・デメリットを解説!」で詳しく確認してください。また、業界の違いによっても担当する仕事内容が異なるでしょう。

気になっていた仕事に挑戦する

気になっていた仕事がある場合は、20代の強みを活かして挑戦してみることをおすすめします。企業が20代の就職志望者に期待していることは将来性です。転職を考えている場合でも、20代前半であれば第二新卒として正社員就職を狙えます。20代だからこその強みについて詳しく知りたい方は、「転職を考える20代の悩みと強みとは?」のコラムもご参照ください。

就職エージェントに相談する

就職エージェントでは、求人紹介のほか面接対策や書類の添削などを手伝ってもらえます。20代の仕事探しは選択肢が多くあり、迷うこともあるでしょう。アドバイザーに適性に合った就職先を紹介してもらえれば、迷いは少なくなるはず。また、企業との日程調整や書類添削も行ってもらえるので、在職中で効率的に転職活動を進めたい方にもおすすめです。

参照元
ハローワークインターネットサービス
職業分類に関するご案内

20代の仕事探しで大切なことを理解しよう

20代で仕事探しをするときに大切なのは、自分が本当にやりたいことは何かを理解することです。長続きしそうか」というところが重要なポイント。もしもやりたいことがわからない、という場合は、まず自己分析から始めてみると良いでしょう。また、就職して短期間で辞めてしまう原因の多くは仕事選びの準備不足が考えられます。事前に自分のキャリアについてよく考え、在職中の方はいまの職場でまだできることがないかという視点も大切です。もし一人での仕事探しが不安だという方は、専門のアドバイザーが在籍する就職・転職エージェントを活用すると良いでしょう。

ハタラクティブは、20代の若年層向けの就職・転職支援エージェントです。一人ひとりに合った求人の紹介はもちろん、面接対策や書類の添削も丁寧に行っています。これから就職活動を始める方や、一人での仕事の探し方が分からない方は、ハタラクティブにぜひご相談ください。すべてのサービスが無料でご利用いただけます。

20代の仕事探しに関するFAQ

20代での仕事探し方について想定される疑問にお答えします。

20代の仕事の考え方とは?

20代が理想とする仕事の考え方として、仕事とプライベートの両立を重視することが多いようです。また、長く働いていると自分の仕事について見つめ直す時期でもあるでしょう。20代が仕事についてどのような考えを持っているのか「20代は仕事についてどう考えているのか?」で紹介しています。

20代は仕事で何してる?

20代はほかの年代に比べて、仕事で活かせる経験が浅いでしょう。そのため、未経験からはじめられる仕事に就いていることが多いと考えられます。たとえば、営業職や事務職などです。これから仕事探しをする際はこのコラム「経験の浅い20代の仕事探しにおすすめの職種」を参考にしてください。

20代ニートにおすすめの仕事の探し方は?

20代ニートの方におすすめの仕事は、未経験歓迎の求人や人手不足の業界です。20代のうちはポテンシャル採用をしてもらえるため、経験がない職種でも就職できる可能性が高いでしょう。20代ニートの就職方法について詳しくは「20代のニートが就職する方法は?正社員の目指し方やおすすめの仕事を紹介」をご覧ください。

やりたい仕事を見つけるために何をすれば良いの?

やりたい仕事を見つけるためには、自己分析や世の中の仕事を知ることが大切です。自己分析で自分の強みや弱み、やりがいを見つけると良いでしょう。また、世の中の仕事の種類を知ることで、強みを活かせる仕事を見つけられるはずです。自分に合う仕事を探したい場合は、就職エージェントのハタラクティブにご相談ください。アドバイザーが適性にあった求人をご紹介します。

この記事に関連するタグ