20代の仕事探しを成功させるポイントとは?事前に収集すべき情報もご紹介

20代の仕事探しを成功させるポイントとは?事前に収集すべき情報もご紹介の画像

【このページのまとめ】

  • ・20代での仕事探しは選べる選択肢が多い
  • ・20代の仕事探しでは、仕事内容から就業条件までしっかり確認することが重要
  • ・経験の浅い20代でも採用されやすい職種に介護職や営業職などが挙げられる
  • ・事前に収集するべき情報は、「社風」「求める人物像」「採用の経緯」など
  • ・仕事探しでは、20代ならではの強みを自覚することが大切

20代で仕事探しをしたい方は、何から始めればいいのか悩む方も多いでしょう。20代は高いポテンシャルと将来性を期待されて、未経験の職種に挑戦するチャンスです。このコラムでは、20代の仕事の探し方について、気を付けるポイントを詳しく紹介し、未経験でも挑戦しやすい職種についてもまとめています。コラムを読んで、仕事探しを始めてみましょう。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

20代に行う仕事探しの利点とは

20代に行う仕事探しの利点とは、転職先として選べる企業の選択肢が多いことです。社会人としての経験は浅いですが、ある程度のポテンシャルを見込んでもらえるため、未経験歓迎の求人を出す企業へ応募しやすいという点は有利でしょう。30代以上の求職者と比べると、20代の方はこれまでとは異なる業種や職種に挑戦しやすい年代といえます。

20代で就職について悩んでいる、仕事探しがうまくいかないという方は、「諦めるのはまだ早い!20代ニートが就職する方法」のコラムもご参照ください。

20代の仕事探しのために確認すべき6つのポイント

ここでは、20代の方が仕事探しのために確認すべきポイントを6つ紹介します。20代での仕事探しの場合、若くポテンシャルも高いため、就職や転職の大きなチャンスの時期です。しかし1回目の就職や転職の場合には、仕事探しが初めてで心配だという方も多いでしょう。仕事探しを成功させるため、求人情報では以下のポイントをしっかりチェックしてください。

1.雇用形態について

20代での転職の場合、未経験の業種や職種でも「未経験歓迎」の募集は多くありますが、応募前には事前に雇用形態を確認しましょう。確認を怠ると、募集は正社員ではなく契約社員だったということもありえます。中には、正社員への登用ありと記載しながらも、これまで実際に登用された人はいないといった場合もあるので、制度だけではなく実績を確認することも重要です。

2.給与面について

給与面についても、求人情報に掲載されている金額は平均より高いのか低いのかを判断しましょう。
厚生労働省の令和2年賃金構造基本統計調査の概況によると、20代の平均賃金は20~24歳の21.20万円、25~29歳で24.46万円となっています。世代別の平均賃金を参考に、求人の給与額をチェックしながら仕事を探してみましょう。

参照元
令和2年賃金構造基本統計調査の概況
第2表 、年齢階級別賃金及び年齢階級間賃金格差

3.詳細な仕事内容について

仕事内容の詳細についてもしっかり確認しましょう。早く仕事を決めたいという気持ちからイメージや憧れだけで企業を選ぶと、入社してから仕事内容や職場の雰囲気が合わないと感じてしまう場合もあります。入社を決める前には、採用担当者の様子や職場の雰囲気、従業員数なども確認し、機会があれば職場見学をして社員に質問してみると良いでしょう。

4.勤務地や転勤の有無について

実際の勤務地や転勤があるかどうかについても、必ず事前に確認しましょう。20代後半からは、ライフスタイルの変化が訪れる方が多い年代です。結婚して子どもを持てば、無理な転勤や勤務地が変わる場合に、再度転職を検討する必要が出てきてしまう場合もあります。転勤することに都合が悪い方は、その点もしっかり見ておきましょう。

5.就業条件について

内定連絡を受けた後、入社の承諾の前には必ず就業条件について確認を行いましょう。企業によっては、内定通知と合わせて「労働契約書(雇用契約書)」や「労働条件通知書」などが郵送されてくる場合もあります。就業条件については、入社日、勤務地、所属部署、給与、給与以外の支給、勤務形態、休日休暇、産休育休制度、試用期間、勤務時間、保険などの福利厚生、転勤異動の有無、契約期間(契約社員の場合)のような項目がありますので、不明点があれば入社前に解決しましょう。

6.福利厚生などの待遇について

福利厚生の充実も仕事や生活の支えになるため、確認しておきたい事項です。福利厚生には法律で義務づけられた「法定福利(各種保険の事業主負担など)」と、各企業が任意で支給する「法定外福利(交通費・住宅手当・育児支援・保養施設・健康診断)」があります。こうした福利厚生を提供するのは、従業員のモチベーションを高めたいたり良い人材の定着につなげたりしたいためですが、企業の業績や都合によっては法定外福利がなくなったり、変更したりすることも。福利厚生だけが魅力の会社に入社した場合には、業績悪化や経営方針の変更などで福利厚生がなくなってしまった際、ギャップが生じてしまうことがあるので、そのことを念頭に置いておきましょう。

経験の浅い20代の仕事探しにおすすめの職種

ここでは、経験の浅い20代の仕事探しにおすすめの職種を紹介します。20代は未経験での就職や転職がしやすいチャンスの時期です。どのような業界や職種がおすすめか見てみましょう。

介護職など人手不足の仕事

経験の浅い20代でも転職がしやすい職種は、介護職など業界全体で人手が不足しがちな仕事です。介護職は未経験者を採用してでも人手を欲している企業が多いため、未経験でも転職がしやすい職種です。離職率も高く、人の入れ替わりが激しい業界なので、辞めていく人を補填するだけの募集を得るには、経験者のみの募集条件に狭めてしまうと人手不足を解消できません。そのため、間口を広げようと未経験者でも可能となっています。

営業や外回りの仕事

営業や外回りの仕事も、経験の浅い20代でも転職がしやすい職種といえます。営業職は、これまで身に着けてきた知識や経験よりも、人柄やコミュニケーション能力など人間性に注目される職業です。営業の経験が無い人でも、転職の難易度自体は高いものではありません。人と話をすることが好き、人とのコミュニケーションがストレスにならない方へおすすめの職種です。

ITエンジニアの仕事

IT業界と聞くと専門的な知識が必須かと思われる方もいるかもしれませんが、未経験でも応募できる業界です。大体の企業では入社してから2~6ヵ月程度の研修期間を設けているので、パソコンの使い方に自信がない方でも研修の中で専門的な知識を身に着けることができ、その後キャリアアップに成功する人もいます。

SEなどプログラムの仕事

エンジニア同様、プログラムの仕事にも長めの研修期間があるので、未経験でもコミュニケーション能力があり、学習意欲がある方には向いているでしょう。SEの仕事はクライアントからのヒアリング能力やエンジニアとの調整能力、プログラミング以外にもシステムを設計するまでのコミュニケーション能力が問われます。

事務系の仕事

事務職は特別な資格がなくても、基本的なパソコンの操作ができれば未経験でも採用されるケースが多くあります。コツコツと同じ作業を丁寧で正確にできる人や、単調な作業がストレスにならない人などに向いているでしょう。

20代の方が未経験でも働きやすい仕事についてさらに詳しく知りたい方は、「未経験でも転職しやすい業界はある?おすすめの職種や企業選びをご紹介!」も併せてご覧ください。

事前に収集するべき3つの情報

ここでは、仕事探しの前に事前に収集するべき3つの情報を紹介します。「思い描いていた理想と現実が違った」という失敗パターンに陥らないためにも、仕事探しの段階で下準備をしておくことはとても大切です。ある仕事について漠然としたイメージしかわかない時は、自分の思い込みに頼らず、その業界と就職を志望する企業について詳しく調べましょう。情報収集の手段としては、企業セミナーへの参加、OB・OG訪問などのほかに、その企業のWebサイトを徹底的に読み込み、企業理念から経営方針にいたるまで、詳しく調べるという方法などがあります。

1.社内雰囲気の情報

事前に社内の雰囲気をつかむための情報は、求人情報のほか企業のWebサイトで確認できるでしょう。企業の社風が合う、合わないは個人の感覚のため、万人の正解があるものではありません。社風は実際に入社しなければなかなか分からないものではありますが、下調べをしておくことでおおまかな雰囲気を想像することができるでしょう。求人情報サイトや企業のWebサイトでは、会社の理念や代表の考え方・人柄、実際に働いている社員のインタビューが載っている場合もあります。
また、会社見学や説明会などに参加できる機会があれば、仕事の進め方や職場の雰囲気についての情報を確認するのも良いでしょう。

2.求める人材についての情報

多くの企業に共通して求める人物像としては積極性、柔軟性、外向性などがありますが、職種や業界によって企業から求められやすい特性があります。
たとえば、販売やサービスなど接客系の職種では配慮やサービス性、金融系や専門職では緻密性や機敏性が求められています。そのほかにも求人サイトでは、各企業が求めている人材情報について記載されていることが多いので、欠かさずチェックしましょう。

3.中途採用を募集に至った経緯についての情報

中途採用を募集に至った経緯についての情報も重要です。業務拡大・業績好調・組織体制強化のためによる募集であれば長く働ける可能性が高いですが、欠員の補充が理由の場合にはその企業の離職率を確認したほうが良いでしょう。

20代ならではの強みを自覚して仕事探しをしよう

20代の求職者の強みは、30代や40代と比べると仕事探しに有利な年代です。転職を考えている場合でも、20代前半であれば第二新卒として正社員就職を狙うことができます。20代前半や未経験者であれば若さと積極性のある人材だという強みが、20代後半の社会人経験者であれば若さとキャリアのバランスが取れた人材だということが強みになります。この「自分の強みを見つける」ことも、仕事探しでは大切なことのひとつです。
企業が20代の就職志望者に期待していること、それはずばり将来性です。自分が若くて将来有望な人材だということを自覚した上で、自分の能力や適性をどのように活かして会社に貢献できるかを考えてみてください。

20代だからこその強みについて詳しく知りたい方は、「転職を考える20代の悩みと強みとは?」のコラムもご参照ください。

20代の仕事探しで大切なこと

20代で仕事探しをするときに大切なのは、自分が本当にやりたいことは何かを理解することです。これから先、自分が何年もその仕事に携わっていきたいか、つまり「長続きしそうか」というところが非常に重要なポイント。もしもやりたいことがわからない、という場合は、まず自己分析から始めてみましょう。
また、就職して短期間で辞める人もいますが、その原因の多くは仕事選びの準備不足、既卒になりたくないのでとりあえず就職したらイメージと違ったというケースです。入社後の理想と現実のギャップに耐えられず辞めてしまうという点では、キャリアアップのために転職した人の場合でも同様の状態になる方もいます。事前に自分にとってのキャリアアップについてよく考え、今の職場でまだできることがないかという視点も大切です。もし一人での仕事探しが不安だという方は、専門のアドバイザーが在籍する就職・転職エージェントを活用すると良いでしょう。

ハタラクティブは、20代の若年層向けの就職・転職支援エージェントです。一人ひとりに合った求人の紹介はもちろん、面接対策や書類の添削も丁寧に行っています。これから就職活動を始める方や、一人での仕事の探し方が分からない方は、ハタラクティブにぜひご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION