1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 「20代の仕事探し」

「20代の仕事探し」

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・正社員で働きたいのであれば新卒で就職するのがおすすめ
  • ・仕事を探すなら、自分が本当にやりたいことを理解し長く働けるかを慎重に見極める
  • ・離職、転職を一時的な感情でするのは危険


学業を修め、いよいよ社会人の仲間入りを果たす20代。その最初で最大の難関こそが、就職活動なのではないでしょうか。正社員就職を目指すみなさんも、転職を考えているみなさんも、20代の仕事探しで大切なこととは何か、もう一度おさらいしてみましょう。

◆20代の仕事探し

まず、基本的なこととして「正社員として働きたいのであれば、新卒で就職した方が良い」ということを再認識しましょう。「青田買い」という言葉があるように、企業は常に優秀で潜在能力のありそうな新卒者を求めています。
特に終身雇用の文化が強い日本では、まだ特定の企業のカラーに染まっていない「新卒」であるということは、中途採用とは比較にならないほど価値が付くのです。
最近では企業の非正規雇用の割合が増えていますが、安定性や社会保障、自分のキャリアやスキルアップを考えると、フリーターや契約社員ではなく、やはり新卒で正社員就職をするのが最も望ましい就職の形だといえます。
もし「就職活動が大変だから」とか「やりたいことがまだ見つからない」などの理由で「新卒」というプレミアを無駄にしてしまうとしたら、とてももったいないことです。自分に合った仕事探しをして、ぜひ新卒採用を目指しましょう。             


◆自分が本当にしたいことは何か?

では、20代で仕事探しをする時に一番大切なのは何か?ということですが、まずは自分が本当にやりたいことは何かを理解する、ということです。
これから先ずっと、自分がその仕事に携わっていきたいか、つまり「長続きしそうか」というところが非常に重要です。
もしもやりたいことがわからない、という場合は、まず情報収集から始めるのもひとつの方法です。
            


◆情報収集は徹底的に!

やりたいことがある人も、具体的に定まらない人も、情報収集は徹底的に、を肝に銘じてください。「思い描いていた理想と現実が違った」なんてよくある就職の失敗パターンに陥らないためにも、仕事探しの段階での下準備はとても大切です。
ある仕事について漠然としたイメージしかわかない時は、自分の思い込みに頼らず、その業界と就職を志望する企業について詳しく調べましょう。
情報収集の手段としては、企業セミナーへの参加、OB訪問などのほかに、その企業のサイトを徹底的に読み込み、企業理念から経営方針にいたるまで、詳しく調べるという方法もあります。企業が公開している情報をより具体的に理解し、福利厚生や給与だけでなく、自分がその企業の方針に共感できるか、その企業に貢献したいと思うか、ということもよく考えてください。
もちろんやってみなければわからない部分も多々ありますが、情報が具体的であればあるほど、そこで働いている自分も予想しやすいと思いませんか?          


◆20代ならではの強みを自覚する

20代は、30代、40代と比べるとずっと就職活動しやすく、仕事探しに有利な年代です。
転職を考えている場合でも、20代前半であれば第二新卒として正社員就職を狙うことができます。20代前半や未経験者であれば若さと積極性のある人材だという強みが、20代後半の社会人経験者なら、若さとキャリアのバランスが取れた人材だということが強みになります。
この「自分の強みを見つける」ことも、仕事探しで大切なことのひとつです。企業が20代の就職志望者に期待していること、それはずばり「将来性」です。
自分が若くて将来有望な人材だということを自覚した上で、自分の能力や適性をどのように生かして会社に貢献できるかを考えてみてください。         


◆離職、転職は慎重に

せっかく就職しても短期間で辞めてしまう人の多くは、仕事選びの段階から準備が足りなかったり、「既卒になりたくないからとりあえず」就職したというケースだったりします。
仕事への愛着ややりがいを感じづらく、自分の適性を生かしたり将来のビジョンを思い描いて実現させていくことも難しいので、問題が生じたり人間関係でつまずいたりすると、耐え切れずに辞めてしまうのです。
また「キャリアアップのために」転職を考えている場合でも、自分にとってのキャリアアップとは何かを具体的に考える必要があります。
「今の職場ではやりたいことができない」「評価が不当」などの理由は現状への不満であって、ほとんどが未熟さの表れです。もっと努力できることは本当にないか?ということをよく考えましょう。多少の不一致で離職せず、勤続する姿勢が大切です。
一度離職してしまうと、現実的に再就職はとても難しくなるということをお忘れなく。

20代は、自分を売り込みやすい年代です。ウェブを使って情報を集めたり、人材紹介サービスで仕事探しをしたり、就職のプロに効果的な就活方法を教えてもらったりと、さまざまなアプローチで自分の強みを生かすことのできる適職を見つけましょう。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか? 必須 ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

  • image

    20代の転職で失敗しない!年齢別の対策ポイントを教えます

  • image

    諦めるのはまだ早い!20代ニートが就職する方法

  • image

    職歴なしの20代が正社員になるための方法

  • image

    28歳の就職は遅くない!就活を成功させる4つのポイント

  • image

    24歳フリーターが正社員に就職する方法!3つの心構えと就活のポイント

  • image

    もう転職しない!向いてる仕事の探し方

  • image

    フリーターの仕事探し、正社員になる方法

  • image

    若者しごと白書2018

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?