長続きしない人は知ってほしい!途中で挫折しないコツ

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 長続きしない人は知ってほしい!途中で挫折しないコツ

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・長続きしないのは、モチベーションの低下とネガティブ思考のせい

    ・完璧主義者は1度の失敗で躓き、長続きしない傾向にある

    ・長続きさせるには、取り組みを続けて得られる「成果」を想像する

    ・転職を繰り返している人は、挫折への向き合い方や人間関係の築き方を見直そう

    ・自分に合った長続きする仕事を見つけたい。そんな人はハタラクティブに相談を!

仕事、勉強、ダイエットなど、何に対しても長続きしないと悩んでいる人。がんばろうという気持ちはあるのにどうして挫折してしまうのでしょうか?

今回のコラムでは、その原因と改善法について解説していきます。

◆長続きしない根本的な原因とは?

長続きしないという場合、その主な原因として考えられるのがモチベーションの低下です。

もともと、モチベーションというのは、1度上がってもそのままにしておくと低下すると考えられています。 

それは冷静に判断したり、理性を働かせたりすることで興奮状態から平静状態に戻ろうとする、人間が本来持っている機能といえます。これを何とかしてほどよい興奮状態にキープさせておかないとやる気は維持できないでしょう。維持するために、必要なものは身の丈に合った目標と考えられます。 


もう少しで手が届きそうな目標に対しては、達成できるまでがんばろうとする人は多いでしょう。しかし、目標が高すぎる場合は「どうせがんばっても無理だから」という冷静な判断が働き、モチベーションは下がりがちです。 

また、目標の高い低いにかかわらず、いつも失敗続きでマイナス思考が身についていると、一時的にはやる気になったとしても、「どうせ今回もダメだろう」とすぐにネガティブな思考が頭をもたげてくる傾向にあります。 

したがって、やる気を持続するためには、明確で現実的な目標を立て、それをひとつひとつ確実にクリアし続ける必要があるといえます。また、長続きさせるためには結果を焦らないことも大切です。 

例えば、ダイエットでも、すぐに結果を出そうして無理をし、しんどくなって挫折する人は少なくありません。何事も焦らずに、長期的な視野に立って無理をせず、気長に行う気持ちが大切といえます。

◆瞬発力はあっても挫折が早い完璧主義者・・・

最初は誰よりもやる気に満ちているのに、すぐに挫折して長続きしない人がいます。そういう人は完璧主義者である可能性があります。

何事も完璧であろうとするからこそ、ちょっとした失敗出でやる気が一気に失われてしまうのです。完璧主義の人はちょっとした失敗や計画の狂いにストレスを感じ、小さな挫折で物事を諦めてしまいがちです。

 

したがって、ダイエットにしろ、仕事にしろ、長期的に何かに取り組もうと思えば、あまりにも完璧な計画を立てるのは考えものです。 

1日さぼっても明日からまたがんばればよいと思うぐらいの方が長続きする可能性は高くなるでしょう。ただ、そうは言っても、最終的なゴール以外は何も決めていないというのでは日々何をすればよいのかわからなくなってしまいます。 

そこで、毎日行う事柄を具体的に決めながらも、それが日々の生活の負担にならない程度にとどめておくことが大切です。最初から、高い目標を立てて挫折するよりも、低めの目標から始めてそれを着実にクリアし、成功体験を積み重ねるのが成功の秘訣です。

◆挫折しそうになった時の対処法

もし、計画の途中でどうしても挫折しそうになったら、自分がどうしてそれを行っているのかを思い出しましょう。
例えば、ダイエットなら成功してスリムになった姿を、資格取得のためならスキルアップして周囲から認められる瞬間を想像してみてください。思い返すことで初心に帰ってモチベーションを奮い起こすとプラスの効果が期待できるでしょう。 

あるいは、メモを取るなどして今まで積み重ねてきた成果を振り返ってみるのもおすすめです。さらに、周りの人に目標を告げておき、客観的に評価してもらったり、応援してもらったりするのもモチベーションを高めるのに有効です。 

◆仕事が長続きしないという人は?

長続きしないダイエットや趣味よりも深刻なのが、仕事が長続きしないという問題です。

せっかく就職してもすぐに仕事に飽きてしまい、転職を繰り返す人。少しの失敗で落ち込み、逃げるように仕事を変えてしまう人。

いつまでも転職を続けていると、一貫性のあるキャリアが築けずやがては採用されなくなってしまいます。仕事が長続きしない原因を分析し、どう改善していけば良いのか考えていきましょう。

 

【仕事が長続きしない原因は?】

燃え尽き症候群になる

先ほどもご説明した通り、完璧主義の人は高いモチベーションで何かに取り組んでも、一度失敗すると挫折しやすく立て直しに時間がかかります。

仕事に熱意は大切ですが、「誰にも負けない完璧な仕事をしてみせる!」と意気込み過ぎると、何かミスをしたときに深く落ち込んだり、反動でやる気を失ったりしてしまいます。

仕事に対してプレッシャーを感じ過ぎる状態は精神的なストレスが大きく、長くは続きません。高すぎる目標を設定する完璧主義の人は、自分の目指す理想像に疲れ、仕事が嫌になることがあるようです。

 

人間関係を築く努力をしていない

人間関係の問題ですぐに転職してしまう人は、周囲とコミュニケーションをとる努力が足りていないかもしれません。どんな職場でも、多かれ少なかれ人間関係上の問題はあるでしょう。色々な人が働く職場には、自分と相性の悪い人がいても不思議ではありません。

しかし仕事をする以上人との関わりは避けられるものではなく、自分なりに相手を受け入れたり、仕事上の付き合いと割り切って関係を維持するのが社会人の姿勢でしょう。

ときには「嫌いだから・相性が悪いから」と決めつけるのではなく、自分から挨拶をして距離を縮めていく努力も必要です。

人間関係の不満で転職を繰り返している人は、人間関係の良い職場を追い求めるよりも、自分の考え方や振る舞いを変えていってはどうでしょうか。

 

計画性がなく理想ばかりを描いてしまう

「もっと良い職場があるはず・・・!」

そんなことを考えて転職を繰り返している人は、理想に現実が追いついていないのでしょう。全ての条件を叶える理想の職場に勤めている人は、果たしてどれくらいいるのでしょうか?

理想ばかりを膨らませてスキルアップを怠っていては、いくら転職を繰り返しても良い職場には出会えません。そろそろ自分の能力と職場に求める条件の優先順位を冷静に考え、計画性のある転職をすべきではないでしょうか。

 

仕事に対する粘り強さが足りない

新人のうちは雑用が多く、自分のやりたい仕事ができないこともあるでしょう。雑用には仕事の基本を覚えたり、雑用を完璧にすることで上司の信頼を得るという意味があります。

しかし我慢ができない性格の人にとっては、雑用をしている時間はもどかしく無駄であると感じられます。なかには、次のステップに進みたいという気持ちで早まって転職をしてしまう人も。

また、粘り強さがないと一度の失敗で仕事が向いていないと感じたり、目の前の仕事から逃げたいと思うようになります。

短期間で仕事が合わないと転職を繰り返している人は、仕事が合わないのではなく、仕事に向かう姿勢に問題があるのかもしれません。

◆仕事が続かない悩みを解決するには?

仕事が続かないとお悩みの方は、ぜひハタラクティブまでご相談ください。

ハタラクティブは20代を中心とした既卒、フリーター、第二新卒対象の就活支援サービスですが、ただ仕事を紹介するだけではありません。経験豊かな就活アドバイザーがマンツーマンで対応し、書類の書き方のアドバイスや面接対策など、転職活動全般をサポートしています。
それは、転職の成功率を高めると同時に、あなたのモチベーションを高める一助にもなるでしょう。 


ハタラクティブではカウンセリングをした上で、利用者の希望や適性に合ったお仕事を紹介しています。

次こそは長続きする職場を見つけたいという方は、まずはお気軽にハタラクティブへご登録を!

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ