仕事が続かないと悩む20代が注意したいポイントと取り組みたい改善法

仕事が続かないと悩む20代が注意したいポイントと取り組みたい改善法の画像

この記事のまとめ

  • 仕事が続かないと悩む20代は、人間関係や仕事に対する意欲で悩む傾向が見られる
  • 20代で仕事が続かないからと転職を繰り返すと、相応のスキルが身につかない
  • 仕事が続かないと悩むときは、自分の適性や譲れない条件を考えてみる
  • 仕事が続かないからと20代で転職を検討するときは、就職サポートの利用も検討しよう

20代で仕事が続かないことで将来に不安を感じている方もいるのではないでしょうか?仕事が続かない現状を打破するためには、原因を把握したうえで、自分にできる改善策を練ることが重要です。このコラムでは、仕事が続きにくい人に見られがちな特徴をご紹介します。仕事が続かないことで起こり得るデメリットや現状を変えるための対処法も解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

仕事が続かないと悩む20代にみられる特徴

20代で仕事が続かないと悩む人に見られがちな特徴として、「人付き合いが苦手」「仕事に意欲が持てない」などが挙げられます。以下でそれぞれの項目を確認し、自分に当てはまるものがないかチェックしてみましょう。

1.人付き合いが苦手

多くの仕事は、業務そのものは一人で行うものでも、全体をみればチームで取り組むのが一般的。「人付き合いが苦手だから」と、人との関わりを避けてしまうと周囲との関係が希薄になり、職場に馴染めず「仕事を辞めたい」と考える原因になるでしょう。
前述のとおり、人付き合いはどのような会社にもあるため、苦手だからといって対策を講じないと転職を繰り返してしまう可能性が。「周囲の人が冷たい」「誰もサポートしてくれない」と感じるなら、自分から笑顔で話しかけるといった工夫をしてみるのがおすすめです。

職場に対する理想が高いのも原因になる

職場に対する理想と現実のギャップから転職を繰り返す人も珍しくありません。職場に対する理想が高過ぎるのが原因で、「こんなはずじゃなかった…」と残念な気持ちになり、不満を抱くようになる人もいるでしょう。
自分にとってすべてが理想どおりの会社を見つけることは簡単ではありません。現職に不満を感じたら、今の会社の良いところを見つけるようにしたり、問題点があれば改善するよう働きかけたりしたほうが、理想に近づける場合があります。

2.仕事に意欲を持てない

仕事への意欲に欠けていると、仕事が続かない原因になってしまいます。仕事をする意欲がないと主体的になれず、与えられた仕事だけを黙々とこなすことに。
そのような仕事の仕方をしていれば、仕事に対するモチベーションが下がってしまい、「仕事が楽しくない」「今の職場は仕事を任せてくれない」などと考えて新しい環境を求めたり、自分には今の仕事が向いていないと判断したりして、仕事を辞める原因になる可能性があるでしょう。

仕事における目標や目的がない

「5年後にはリーダーとしてプロジェクトを成功させる」「3年後に資格を取得する」など、仕事における目標や目的がないのも、仕事に意欲が持てず続かない原因になり得ます。「向上心がないのは悪いこと?対処法や向いてる仕事を解説」でも説明しているように、向上心がないのは悪いことではありませんが、自己成長や評価、信頼に影響し、結果的に職場で活躍できなくなる可能性もあるでしょう。

3.必要以上に頑張り過ぎる

キャパオーバーになるほど頑張り過ぎてしまうのも、仕事が続かない原因の一つと考えられます。
何事にも全力で取り組む姿勢は素晴らしいですが、自身の許容量を超えた仕事は心身ともに大きな負担が掛かります。必要以上に頑張り過ぎてしまう人は、燃え尽き症候群のように突然無気力な状態になったり、疲労から仕事のミスが増えたりしてしまい、自然と退職や転職を考えるようになるようです。
仕事を続けていくうえでセルフコントロールはとても重要。頑張り過ぎて疲れてしまう人は、適度に力を抜き、自分なりのリフレッシュ法を知っておくと良いでしょう。

完璧主義も仕事が続かない原因になる

仕事で自分や他者に完璧を求め過ぎると、人のミスが許せなかったり、小さなミスでイライラしたりすることも。周囲に相談しづらくなって一人で仕事を抱え込んでしまえば、結果的に大きなミスを招く場合もあるでしょう。完璧主義なゆえに、ミスしたときのダメージが人よりも大きく、モチベーションの低下から仕事を辞めてしまうことがあるようです。

4.ネガティブ思考

ネガティブ思考のため、ちょっとした上司の言葉が気になったり、少しのミスで悩んでしまったりする人は、仕事が続かないことも多いようです。
ミスを前向きに捉えられる人は、「同じ失敗をしないようにしよう」と気持ちを切り替えられますが、ネガティブ思考の人は失敗を深刻に捉えすぎてしまい、仕事を辞めたいと考えてしまうことも。また、上司や周囲から注意を受けた際に、「自分はダメだ…」と必要以上に落ち込みやすく、自分を追い詰めてしまう可能性も。真面目な人ほど小さなミスや周囲からの指摘を重く受け止めてしまい、それが仕事が続かない原因になることがあるようです。

5.忍耐力がなく飽きやすい

飽きやすかったり、忍耐力に欠けていたりすると仕事が続かない傾向があります。粘り強さが足りないと、一度のミスで自分にはこの仕事が向いていないと感じ、今の職場から離れることを考えがちです。また、業務に慣れてくると仕事がマンネリ化してやりがいを見出せず、次のステップに進みたいと早々に転職をしてしまう人も。
短期間で仕事が合わないと転職を繰り返している場合は、仕事が合わないのではなく、仕事に向かう姿勢に原因があることも考えられます。

未経験OK多数!求人を見てみる

仕事が続かないとどうなる?20代で勤続年数が短いと起こる5つのデメリット

仕事が続かないということは、就業期間が短いということ。経験が少なくなってしまうので年齢に応じたスキルが身につきにくかったり、問題と向き合い解決する姿勢が薄れてしまったりします。社内での評価や信用にも関わるため、収入や昇進、転職にも影響を及ぼすでしょう。

1.スキルが身につきづらくなる

仕事が続かない人は、業務のスキルが身につきづらいデメリットがあります。
1つの仕事を長く経験しないため、仕事の基礎や基本しか身につけられません。実績や実用スキルを身につける前に転職・離職をしてしまうため年齢や仕事の経験年数に見合ったスキルを積むことが難しく、昇進や転職にも影響が出るでしょう。

2.問題と向き合う姿勢が薄れがちになる

仕事が続きにくい人は、辛いことがあったときに踏ん張ろうとする姿勢が希薄になりがち。
退職や転職を繰り返すと、職場で辛いことや思うようにいかないことがあったとき、すぐに「退職や転職をして環境をリセットすれば良い」という考えに結びつける癖がつく場合があります。

3.社会的信用度が低くなる

仕事が続かないで転職回数が多いと、「ストレス耐性が弱いのではないか」「すぐに仕事を辞めて無収入になる可能性もある」と思われる原因となり、社会的信用度が低くなる可能性があります。
住宅ローンのような高額な融資の審査では、今の会社の勤続年数が審査基準の一つになることも。無職期間が何度もある人の場合、賃貸物件の契約もしにくくなったり、クレジットカードの審査が通りにくくなったりすることもあるようです。

4.経済的な不安を抱えることになる

仕事が続かない人はキャリアを重ねることが難しく、昇給や昇進の機会を逃してしまうことから、同年代の人と比較して年収が低くなる可能性があります。
短期離職した場合、査定期間に在籍していなければ賞与が支給されないこともあるでしょう。また、年齢や勤続年数によって退職金や企業年金の額に差が出るため、仕事が続かない人は生涯年収を考えると経済的に損を被るリスクが高いといえます。

5.転職が難しくなる

前述したように、仕事が続きにくい人は社会的信用を得にくいうえに、「飽きっぽい」「忍耐力がない」などマイナスの印象を持たれやすいため、転職や再就職で不利になる可能性が高いです。
大きなプロジェクトのメンバーになったり、チームのリーダーになったりといったキャリアは、1社で長く働いたほうが経験しやすいもの。転職では、年齢が上がるにつれてキャリアやスキルといった部分を求められるがゆえに、仕事が続かない人は企業から敬遠されやすいでしょう。

年令を重ねるほど転職事情は厳しくなる

20代のうちは、社会人経験も少ないため即戦力になるスキルがなくても「将来性がある」「年齢が若いから身につけるのが早い」と評価されて採用されることも珍しくありません。しかし、30代を過ぎると年齢に応じたスキルが求められるように。マネジメント経験や相応の実績があり、即戦力になる人材が評価されるため、仕事が続かず年齢に応じたスキルなどが身についてないと、年齢を重ねるほど転職は難しくなると考えておきましょう。

仕事が続かないと悩む20代が取り組みたい3つのこと

仕事が続かない現状を変えるには、自分に合った仕事を見極めることが大切です。条件や企業イメージだけで転職先を探していては、いつまでも仕事が続かない状況を変えることはできないでしょう。また、仕事に対する考え方や経済的自立といった観点から変えていくことも、仕事を継続させるためには重要です。

1.自分の適性に合った仕事を探す

仕事が続かないのは、自分に合った仕事ではないから。20代は社会経験も多くないため、どうしても条件やイメージで仕事を選びがちですが、自分の適性について考えてみましょう。
例えば、顧客への提案や交渉が苦手なら営業ではなく事務を選ぶ、コツコツと一人で行う作業が得意ならエンジニア職に就くなど、適性に合う仕事を選べば「仕事が続かない」状況を改善できるはずです。

2.仕事に対する考え方を変える

理想の働き方ができない、楽しい仕事がしたいと考えて転職や離職を繰り返しているなら、仕事に対する考え方を改めるのもおすすめ。世の中に仕事や求人は数多ありますが、すべての希望を叶える仕事や職場は無いに等しいといえるでしょう。

譲れない条件を決めよう

「休みが多くて給料が高くて仕事が楽で…」など、すべての理想を叶える仕事はほとんどありません。そんな中で自分にとって働きやすい仕事・職場を見つけるには、譲れない条件をひとつ決めることが大切。休日や給料、働き方、仕事内容などどんなことでもOKですが、「これだけは譲れない」というものを定めて求人を探しましょう。「仕事探しで迷わない!自分に合った求人の選び方や失敗しないポイントを解説」のコラムも参考にしてください。

3.経済的な自立を目指す

仕事に対して意欲が持てない理由として考えられるものの1つに、「働かなくてもどうにかなる」といった考えがあります。実家に住んでいたり親族から経済的な援助を受けていたりすると、働かなくても生活を維持することが可能なため、何らかの理由で仕事が嫌になったとき、辞めやすい状況になりやすいでしょう。実家を出たり経済的援助をストップしたりすれば、自分が働かなければ生活を維持できなくなるため安易に仕事を辞めてしまう状況を改善できる可能性があります。

仕事が続かない状況を打破するための転職活動のコツ

仕事が続かない状況を打破するために転職を検討しているなら、まず仕事が続かない原因を突き止めましょう。原因が分かれば適切な対処が行えるので、続けられる仕事を選ぶ指針になるはずです。また、自分の適性を正しく把握するために自己分析をしたり、サポート機関を利用して客観的に判断してもらうのも良いでしょう。

1.仕事が続かない原因を明確にする

まずは過去の退職理由を振り返ったり、「仕事が続かないと悩む20代にみられる特徴」を参考にしたりして、仕事が続かない原因を明確にしましょう。
「人間関係に問題があった」「働くことに対する意識が薄かった」など退職した理由を洗い出すことで、仕事を続けるための傾向と対策が見えてくるはずです。また、仕事が続かない原因が分かれば、「同じ理由で仕事を辞めない」という意識のもとで転職活動に臨めるため、自分により合った環境を見つけやすいでしょう。

2.自己分析をする

改めて自己分析を行い、過去の退職理由も含めて、これまでの経験やスキル、仕事に求めるものなどを整理してみましょう。
自己分析とは、過去の経験から自分の価値観や強みを明確にすることです。転職活動に向けて自分を知っておくことはとても大切な作業の一つ。自己分析をすれば、自身の適性や価値観がクリアになるため、自分に合った長続きする仕事を選択しやすくなります。たとえば、「新しい仕事に挑戦し続けたい」という価値観が明確になれば、成果主義で新事業の展開が活発な傾向にあるベンチャー企業や外資系企業などが選択肢として浮かんでくるでしょう。

3.企業に求める条件を明確にする

仕事が続かないと悩むときは、前述した働くうえで譲れない条件を明確にすることで、入社後のミスマッチを回避しやすくなります。
「就職をしたらイメージと違った…」と入社前後のギャップに戸惑い、仕事を辞めてしまう方もいるでしょう。そうならないためにも、給与や休日数、業務内容などの雇用条件は入社前に明確にしておくことが重要です。ただし、設定条件があまりにも多いと仕事の選択肢を狭めてしまう原因になるため、設定条件には優先順位をつけるようにしましょう。

4.転職サポートを受けてみる

仕事が続きにくい人は、ハローワークや転職エージェントなどの転職サポートを利用するのも一つの手です。
条件に見合った求人を紹介してくれるのはもちろん、キャリアアドバイザーのサポートを受けながら自己分析や退職理由の洗い出しなどを行えます。ハローワークや転職エージェント以外にも、転職サイトや転職フェアなどさまざまな転職支援サービスがあるため調べてみてください。自分に合ったサービスを利用し、長く続けられる仕事を見つけましょう。

仕事が続かない原因を把握して納得のいく転職をしよう

仕事が続かない人は、自分が転職を繰り返してしまう原因を把握することが大切です。仕事が続かない原因が分からないまま転職をしてしまうと、次の職場でも同じ問題にぶつかり、再び転職が必要になる可能性があります。特に20代は社会人としての経験も多くないため、闇雲に転職を繰り返してしまうことも。しかし、その結果転職回数が多くなって業務経験が不十分…ということにもなりかねません。
まずは仕事が続かない原因を明らかにし、現状を改善する方法を探りましょう。そのうえで、必要な場合は転職も視野に入れることをおすすめします。

「仕事が続かない」「自分に合う仕事が分からない」とお悩みの方は、ハタラクティブを利用してみませんか?
ハタラクティブは、既卒・フリーター・第二新卒など20代に特化した若年層向けの就職・転職支援サービスです。専任担当者によるカウンセリングを行い、希望や適性に合ったお仕事をご提案いたします。経験豊かな就活アドバイザーがマンツーマンで対応。求人紹介はもちろんのこと、応募書類の添削や面接対策など、転職活動全般をサポートしています。
サービスはすべて無料で利用可能です。「次こそは長続きする職場を見つけたい」という方は、お気軽にハタラクティブへご相談ください。

この記事に関連するタグ