仕事が続かない原因とは?現状を変えるための10個の対処法をご紹介

仕事が続かない原因とは?現状を変えるための10個の対処法をご紹介の画像

【このページのまとめ】

  • ・仕事が続かない原因は人間関係や理想とのギャップなど人によってさまざま
  • ・仕事が続かない人の特徴は「人付き合いが苦手」「完璧主義」「理想が高い」など
  • ・仕事が続かない状況を繰り返すことで、生活に影響を及ぼす原因になる場合がある
  • ・仕事が続かない現状を変える方法は「思考を切り替える」「適度に力を抜く」など
  • ・仕事が続かないときは、原因を把握したうえで自分にできる改善策を考えよう

仕事が続かないことで将来に不安を感じている方もいるのではないでしょうか?仕事が続かない現状を打破するためには、転職を繰り返してしまう原因を把握したうえで、自分にできる改善策を練ることが重要です。
このコラムでは、仕事が続かない人に見られがちな特徴をご紹介します。仕事が続かないことで起こり得るデメリットや現状を変えるための対処法も解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ハタラクティブは20代の
フリーター・既卒・第二新卒

特化した
就職支援サービスです

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

仕事が続かない原因とは?

仕事が続かない原因は、人間関係や仕事の失敗、モチベーションの低下など、人によってさまざまです。そのため、一概に仕事が続かない原因はコレといいきることはできません。
仕事が続かないで悩んでいる方は、まず自分の現状から根本的な要因を探り、自身の課題を明らかにしたうえで、必要な対策を講じることをおすすめします。
仕事が続かない原因については、「仕事が続かない理由とは?原因と辞めたい状況を打破するポイントを紹介」もあわせてご覧ください。

仕事が続かない人に見られがちな8個の特徴

仕事が続かない人に見られがちな特徴として、「人付き合いが苦手」「頑張り過ぎる」「完璧主義である」などが挙げられます。以下でそれぞれの項目を確認し、自分に当てはまるものがないかチェックしてみましょう。

1.人付き合いが苦手である

人間関係を上手く築けない人は仕事が続かない傾向にあるようです。人との関わりを避けようとするあまり、周囲との関係が希薄になり、職場に馴染めないまま辞めてしまうと考えられます。
しかし、人付き合いはどのような会社にもあるため、苦手だからといって対策を講じないと転職を繰り返してしまう可能性があるでしょう。「周囲の人が冷たい」「誰もサポートしてくれない」と感じるなら、自分から笑顔で話しかけるといった工夫をしてみるのがおすすめ。また、仕事の関係だからと考えて、適度な距離を保つのも一つの方法です。

2.必要以上に頑張り過ぎる

キャパオーバーになるほど頑張り過ぎてしまうのも、仕事が続かない原因の一つ。
何事にも全力で取り組む姿勢は素晴らしいですが、自身の許容量を超えた仕事は心身ともに大きな負担が掛かります。必要以上に頑張り過ぎてしまう人は、燃え尽き症候群のように突然無気力な状態になったり、疲労から仕事のミスが増えたりしてしまい、自然と退職や転職を考えるようになるようです。
仕事を続けていくうえでセルフコントロールはとても重要。頑張り過ぎて疲れてしまう人は、適度に力を抜き、自分なりのリフレッシュ法を知っておくと良いでしょう。

3.完璧主義である

完璧主義であることも仕事が続かない原因になりがちです。
仕事で自分や他者に完璧を求め過ぎると、人のミスが許せなかったり、小さなミスでイライラしたりすることも。周囲に相談しづらくなって一人で仕事を抱え込んでしまえば、結果的に大きなミスを招く場合もあるでしょう。
完璧主義なゆえに、ミスしたときのダメージが人よりも大きく、モチベーションの低下から仕事を辞めてしまうことがあるようです。

4.生活に困っていない

経済的に余裕がある人は、収入を得る必要がないために仕事が続かない傾向があります。
実家暮らしや生活に困らないほどの資産がある場合、「生活をするために働く」ことへの意識が薄れやすく、やりがいや達成感といった収入を得ること以外のモチベーションを仕事に求めがちです。
仕事のやりがいや達成感は、地道な努力や辛抱強さがあってこそのもの。しかし、収入面で困っていないと仕事を辞めることへの抵抗が少なくなるため、なにか嫌なことがあったり、仕事に飽きたりすると、すぐに職場を変えようと考える可能性があります。

5.ネガティブ思考である

ネガティブ思考のため、ちょっとした上司の言葉が気になったり、少しのミスで悩んでしまったりする人は、仕事が続かないことも多いようです。
ミスを前向きに捉えられる人は、「同じ失敗をしないようにしよう」と気持ちを切り替えられますが、ネガティブ思考の人は失敗を根に持ち過ぎて、仕事を辞めたいと考えてしまうことも。また、上司や周囲から注意を受けた際に、「自分はダメだ…」と必要以上に落ち込みやすく、自分を追い詰めてしまう傾向が強いでしょう。
真面目な人ほど小さなミスや周囲からの指摘を重く受け止めてしまい、それが仕事が続かない原因になることがあるようです。

6.職場に対する理想が高い

就職できたものの、理想と現実のギャップから転職を繰り返す人も珍しくありません。職場に対する理想が高過ぎるのが原因で、「こんなはずじゃなかった…」と残念な気持ちになり、不満を抱くようになる人もいるでしょう。
自分にとってすべてが理想どおりの会社を見つけることは、簡単ではありません。現職に不満を感じたら、今の会社の良いところを見つけるようにしたり、問題点があれば改善するよう働きかけたりしたほうが、理想に近づける場合があります。

7.仕事をする意欲がない

仕事への意欲に欠けていると、仕事が続かない原因になってしまうでしょう。そもそも仕事をする意欲がない人は、自分で仕事の目標や目的を作ることができません。そのため、与えられた仕事だけを黙々とこなすだけになってしまいます。
そのような仕事の仕方をしていれば、仕事に対するモチベーションが下がってしまうことも。その結果、新しい環境を求めたり、自分には今の仕事が向いていないと判断したりして、仕事を辞める原因になる可能性があるでしょう。

8.忍耐力がない

飽きやすかったり、忍耐力に欠けていたりすると仕事が続かない傾向があります。粘り強さが足りないと、一度のミスで自分にはこの仕事が向いていないと感じ、今の職場から離れることを考えがちです。また、業務に慣れてくると仕事がマンネリ化してやりがいを見出せず、次のステップに進みたいと早々に転職をしてしまう人も。
短期間で仕事が合わないと転職を繰り返している場合は、仕事が合わないのではなく、仕事に向かう姿勢に原因があることも考えられます。
仕事が続かない人の特徴については、「仕事が続かない人の特徴と対処法を解説!長く働くにはどうしたらいい?」もあわせてチェックしてみてください。

仕事が続かないとどうなる?考え得る5つのデメリット

仕事が続かないと各種ローンの審査に通りにくくなったり、昇進の機会を逃したりして、生活に影響を及ぼす原因になる場合があるでしょう。仕事が続かないことで起こり得るデメリットは、以下のとおりです。

1.スキルが身につきづらい

仕事が続かない人は、業務のスキルが身につきづらいデメリットがあります。
1つの仕事を長く経験しないため、仕事の基礎や基本しかなかなか身につけられません。また、同じ業界や職種に転職をしていたとしても、まずは職場環境に慣れることから始めなければならず、成長効率も悪いといえるでしょう。そのため、年齢や仕事の経験年数に見合ったスキルや実績を身につけることが難しくなる可能性があります。

2.問題と向き合う姿勢が薄れがちになる

転職を繰り返し続けると、辛いことがあったときに、踏ん張ろうとする姿勢が希薄になる原因となることもあるでしょう。
仕事が続かない人は何度も退職や転職を経験しているため、これらのことに慣れてしまい、仕事を辞めることが特別ではなくなっている人もいるようです。そのため、職場で辛いことや思うようにいかないことがあったとき、すぐに「退職や転職をして環境をリセットすれば良い」という考えに結びつける癖がついている場合があります。

3.社会的信用度が低くなる

仕事が続かないで転職回数が多いと、「ストレス耐性が弱いのではないか」「すぐに仕事を辞めて無収入になる可能性もある」と思われる原因となり、社会的信用度が低くなる可能性があります。
住宅ローンのような高額な融資の審査では、今の会社の勤続年数が審査基準の一つになることも。無職期間が何度もある人の場合、賃貸物件の契約もしにくくなったり、クレジットカードの審査が通りにくくなったりすることもあるようです。

4.経済的な不安を抱えることになる

仕事が続かない人はキャリアを重ねることが難しく、昇給や昇進の機会を逃してしまうことから、同年代の人と比較して年収が低くなる可能性があります。
短期離職した場合、査定期間に在籍していなければ賞与が支給されないこともあるでしょう。また、年齢や勤続年数によって退職金や企業年金の額に差が出るため、仕事が続かない人は生涯年収を考えると経済的に損を被るリスクが高いといえます。

5.転職が難しくなる

前述したように、仕事が続かない人は社会的信用を得にくいうえに、「飽きっぽい」「忍耐力がない」などマイナスの印象を持たれやすいため、転職や再就職で不利になる原因となる可能性が高いです。
大きなプロジェクトのメンバーになったり、チームのリーダーになったりといったキャリアは、1社で長く働いたほうが経験しやすいもの。転職では、年齢が上がるにつれてキャリアやスキルといった部分を求められるがゆえに、仕事が続かない人は企業から敬遠されやすいでしょう。

仕事が続かない現状を変えるための10個の対処法

仕事が続かない現状を変えるには、仕事に対する考え方を変えたり、ストレス解消法を身につけたりするなどのコツがあります。ときには上手に手を抜くのもおすすめ。この項では、これ以上転職を繰り返さないための対処法を押さえておきましょう。

1.仕事に慣れる努力をする

「辞める」ことより「慣れる」ことに頭をシフトチェンジするだけでも、仕事が続かないというループから抜け出すきっかけになるはずです。
最初は誰しも新しい会社や仕事に馴染めないもの。仕事に慣れていないときは、ミスしたり周囲の人よりも作業スピードが遅かったりと、自己嫌悪に陥ることも多いでしょう。ただ、ここで辞めずに仕事に慣れる努力をすることが長く続ける秘訣です。
仕事に慣れるまでの数ヶ月あるいは数年は「辞めたい…」と思うことが多くても、人間には適応能力が生まれつき備わっているので、次第に働きやすさや居心地の良さを感じるようになる場合があります。

2.良好な人間関係を築く

仕事が続かない人は、長く働き続けるために、職場の人と良好な関係を築く工夫を試みることも大切です。チームワークは、仕事を円滑に進めるうえでは切っても切り離せないもの。社員同士の交流だけでなく、業種によっては取引先といった外部の人との関係づくりも必要になります。
職場には多様な人が存在するため、中には「自分とは相性が悪いな…」と感じさせる人もいるでしょう。しかし、仕事をする以上は、自分なりに相手を受け入れたり、仕事上の付き合いと割り切って関係を維持したりすることも大切です。
「嫌いだから」「相性が悪いから」で終わらせず、ときには自分から挨拶をして距離を縮めていく工夫をするのも良い方法。自分から積極的に接することで、相手に好印象を抱いてもらいやすくなり、関係性が好転することもあるでしょう。

3.仕事にやりがいを持つ

仕事にやりがいを持つことも、長く働き続けるには重要なポイントです。ただ目の前の仕事をこなすだけだとやりがいを感じにくいため、次第に仕事がマンネリ化して転職を考える原因になり得ます。仕事にやりがいを感じるかは自分次第です。日々仕事を進める中で自分なりの目標を持ち、主体的に仕事に関わることでやりがいを見出せるでしょう。
仕事の中にやりがいを見出すのが難しい人は、「次のボーナスが出たら買い物をしよう」といった目標を持つのも手。趣味や娯楽を目標にしながら続けているうちに、仕事にやりがいを見出せるようになることもあるようです。

4.生活のためだと割り切る

「仕事は収入を得るため」と割り切ってしまうのも、仕事を続けるうえでは効果的な方法です。
仕事を辞めたいと思ったら、収入が減ることで生活にどのような影響があるかを想像してみましょう。「外食ができなくなる」「趣味を楽しめなくなる」などと考えれば、仕事を続けるモチベーションを高められる可能性も。割り切って仕事を続けているうちにスキルが身につき、仕事そのものが楽しくなることもあるでしょう。

5.経済的な自立を目指す

仕事が続かない場合、無理のない範囲で経済的な自立を目指すのも効果的といえます。
前述のとおり、経済的に余裕があると、どうしても「収入を得るために働くこと」への意識が希薄になり、嫌なことがあったり業務に飽きたりして、仕事が続かない傾向があるようです。
仕事を続けるために一人暮らしを始めるのも一つの手。生活のために働かなくてはいけない状態に身を置くことで、仕事への向き合い方が変わってくる可能性があるでしょう。

6.完璧主義の人は適度に手を抜く

完璧主義な性格で仕事が続かない人は、適度に手を抜くことをおすすめします。
前述のとおり、完璧主義な人は仕事での小さなミスを引きずりやすいほか、人一倍頑張ってしまうゆえに燃え尽き症候群になりやすい傾向があるでしょう。仕事で完璧を求めるあまり心身ともに疲弊して、その結果仕事を辞めてしまう人が多いようです。
人間であればミスはつきもので完璧な人はいません。自分を完璧主義だと感じる人は、少し肩の力を抜いて、「これくらいのミスは良しとしよう」といった気持ちで、仕事に取り組むよう心掛けましょう。ときには人の力を借りるのも良い方法です。

7.ストレス解消をする

ストレスを発散するのが上手な人ほど、仕事が長続きしやすい場合もあります。
会社という組織で働く以上、多かれ少なかれストレスや不満を感じることがあるでしょう。いつまでもストレスや不満を引きずり溜め込んでしまう人は、「会社を辞める」という道を選びがちです。
ショッピングやマッサージ、ジムなど自分なりのストレス解消法を見つけておくことで、自然と仕事とプライベートのバランスが保たれ、結果的に仕事の定着率が高まるでしょう。

8.他人のせいにしない

嫌なことがあった場合でも、他人のせいにせず、自分の責任として生じた問題や課題を解決する努力をしましょう。
仕事が続かない人の中には、仕事や職場の人間関係などで嫌なことがあると、自分自身で問題解決の糸口を探らないまま退職という結論を出す方もいるようです。しかし、仕事を辞める根本的な原因は、周囲ではなく、自分自身にある可能性も考えられます。
現職に不満があったり仕事が思うようにいかなかったりしたときは、周囲に責任があると決定づける前に、「自分自身に問題はなかったか」「現状を改善するために自分にできることはないか」を一度冷静になって考えてみるのがおすすめです。

9.仕事への不満は自分だけではないと考えてみる

転職する先々で不満が生じて仕事が続かない人は、「仕事への不満は自分だけが持っているものではない」と考えてみるのも良いでしょう。
働いている人の多くは、職場の人間関係や労働環境、仕事の成果などに対して、何らかの不満や悩みを抱えているものです。「不満があって当たり前」と肩の力を抜いて捉えられれば、仕事との向き合い方が変わる場合があるでしょう。

10.勢いで仕事を辞めない

仕事が続かない状態に慣れてしまうと、その場の感情に流されて仕事を辞めることが増えてしまう場合も。そうなれば、「ほかにもっと条件の良い会社がある」「環境を変えればうまくいくはず」などと考えがちになり、理想的な仕事を求めて転職を繰り返す可能性があります。
前述したように、まずは仕事が続かない原因をきちんと理解し、一度立ち止まって考える時間を持つようにしましょう。職場に求める条件を書き出してみると、今の会社が多くの条件を満たしていると気づくこともあります。また、上司に相談してみたら異動が認められ、希望の仕事ができるようになることもあるようです。
仕事が続かないことにお悩みの方は、「もう働きたくないという20代~40代の方へ!疲れた人に適した働き方とは」もぜひ参考にしてみてください。

仕事が続かない人が転職を成功させる4つのコツ

最後に、仕事が続かない人が転職活動を始める前に知っておくべきポイントを解説します。

1.仕事が続かない原因を明確にする

まずは過去の退職理由を振り返り、仕事が続かない原因を明確にしましょう。
「人間関係に問題があった」「理想の職場に出会いたい」など退職した理由を洗い出すことで、仕事を続けるための傾向と対策が見えてくるはずです。また、仕事が続かない原因が分かれば、「同じ理由で仕事を辞めない」という意識のもとで転職活動に臨めるため、自分により合った環境を見つけやすいでしょう。

2.自己分析をする

仕事が続かない人は改めて自己分析を行い、過去の退職理由も含めて、これまでの経験やスキル、仕事に求めるものなどを整理してみましょう。
自己分析とは、過去の経験から自分の価値観や強みを明確にすることです。転職活動に向けて自分を知っておくことはとても大切な作業の一つ。自己分析をすれば、自身の適性や価値観がクリアになるため、自分に合った長続きする仕事を選択しやすくなります。たとえば、「新しい仕事に挑戦し続けたい」という価値観が明確になれば、成果主義で新事業の展開が活発な傾向にあるベンチャー企業や外資系企業などが選択肢として浮かんでくるでしょう。

3.企業に求める条件を明確にする

仕事が続かない人は、働くうえで譲れない条件を明確にすることで、入社後のミスマッチを回避しやすくなります。
「就職をしたらイメージと違った…」と入社前後のギャップに戸惑い、仕事を辞めてしまう方もいるでしょう。そうならないためにも、給与や休日数、業務内容などの雇用条件は入社前に明確にしておくことが重要です。ただし、設定条件があまりにも多いと仕事の選択肢を狭めてしまう原因になるため、設定条件には優先順位をつけるようにしましょう。

4.転職サポートを受けてみる

仕事が続かない人は、ハローワークや転職エージェントなどの転職サポートを利用するのも一つの手です。
条件に見合った求人を紹介してくれるのはもちろん、キャリアアドバイザーのサポートを受けながら自己分析や退職理由の洗い出しなどを行えます。ハローワークや転職エージェント以外にも、転職サイトや転職フェアなどさまざまな転職支援サービスがあるため調べてみてください。自分に合ったサービスを利用し、長く続けられる仕事を見つけましょう。

仕事が続かない原因を把握して納得のいく転職をしよう

仕事が続かない人は、自分が転職を繰り返してしまう原因を把握することが大切です。仕事が続かない原因が分からないまま転職をしてしまうと、次の職場でも同じ問題にぶつかり、再び転職が必要になる可能性があります。まずは仕事が続かない原因を明らかにし、現状を改善する方法を探りましょう。そのうえで、必要な場合は転職も視野に入れることをおすすめします。

「仕事が続かない」「自分に合う仕事が分からない」とお悩みの方は、ハタラクティブを利用してみませんか?

ハタラクティブは、既卒・フリーター・第二新卒に特化した若年層向けの就職・転職支援サービスです。ハタラクティブではカウンセリングをしたうえで、あなたの希望や適性に合ったお仕事をご提案いたします。経験豊かな就活アドバイザーがマンツーマンで対応。求人紹介はもちろんのこと、応募書類の添削や面接対策など、転職活動全般をサポートしています。
サービスはすべて無料で利用可能です。「次こそは長続きする職場を見つけたい」という方は、お気軽にハタラクティブへご相談ください。

多田健二

監修者:多田健二

就活アドバイザー

今まで数々の20代の転職、面接アドバイス、キャリア相談にのってきました。受かる面接のコツをアドバイス致します!

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

RECOMMEND

おすすめ記事

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細を見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細を見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
ハタラビットの部屋

Collection

特集

  • みんなの就職エピソード
  • よくある相談集
  • 失敗しない就活ノウハウ
  • 就職・転職のQ&A