新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 30代で就職したい方へ!フリーターや未経験でも就活に成功する方法を解説

30代で就職したい方へ!フリーターや未経験でも就活に成功する方法を解説

公開日:

最終更新日:

30代で就職したい方へ!フリーターや未経験でも就活に成功する方法を解説の画像

【このページのまとめ】

  • ・職歴なしの30代の就活では未経験者歓迎・ポテンシャル重視の求人を狙おう
  • ・30代で就職しやすいのは、営業職や販売職など未経験者歓迎の職種
  • ・30代での仕事探しは、就職エージェントでプロに相談するのがおすすめ
  • ・30代未経験者が採用されるには、自己分析や業界研究が重要
  • ・30代でフリーターを続けると、ライフプランの選択肢が狭まるリスクがある

監修者:室谷彩依

就活アドバイザー

就活アドバイザーとして培った経験と知識に基づいて一人ひとりに合った就活に関する提案やアドバイスを致します!

正社員経験のない30代のニート・フリーターの方のなかには、「働きたいけれど職歴なしで就職するのは難しいのでは?」と不安に感じる人もいるでしょう。年齢が上がるにつれて内定率は下がっていくものの、30代の就職は決して不可能ではありません。このコラムでは、30代の正社員未経験者が就職するためにおすすめの方法や、就きやすい仕事などをご紹介。正社員就職を叶えたい方はぜひご覧ください!

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

30代のニートやフリーターは就職できない?

この項では、30代で正社員未経験の方の就職が可能かどうかを紹介します。日本の就業者数の変化や企業の採用事情についても解説するので、30代で就職を考えている方はチェックしてください。

30代のニート・フリーターでも就職できる

結論から言うと、30代で正社員未経験やニート・フリーターの方の就職は不可能ではありません。近年、日本では少子高齢化に伴い労働力不足が問題になっており、今後もその傾向は高まっていくためです。
厚生労働省は「令和2年版厚生労働白書(p.2)」において、2019年時点での高齢者数は3,589万人、就業者数は6,724万人であると発表。また31年後の2040年には、高齢者数が3,921万人に増え、就業者数が5,245~6,024万人に減少すると予測しています。
この調査結果から、今後労働力不足の解消に向けて、企業は採用者数を増やしていくと予想することが可能です。少子化のなかで、採用者を増やすことになれば、30代で未経験や現在ニート・フリーターの人でも就職できる可能性は高まるでしょう。

平成の30年間と、2040年にかけての社会の変容(主なもの)の画像

引用:厚生労働省「令和2年版厚生労働白書(p.2)

また、厚生労働省の「募集・採用における年齢制限禁止について」によると、企業が労働者の採用や応募を行う際に、年齢制限を設けることは雇用対策法で禁止されています(一部例外を除く)。そのため原則として、企業は求人票に年齢条件を記載したり、採用で年齢を理由に採否を決めたりすることはできません。そのため、30代の人でも企業が求めるスキルや経験などの条件を満たせば、採用される可能性は十分にあると考えられるでしょう。

参照元
厚生労働省
令和2年版厚生労働白書

フリーター経験をマイナス評価しない企業は多い

厚生労働省の「平成30年若年者雇用実態調査の概況(p.13)」にある「表11 年齢層、フリーターの評価別事業所割合」によると、15~34歳のフリーターが正社員に応募してきた場合、「フリーターであったことが評価にほとんど影響しない」と答えた企業の割合は68.1%。全体の約7割近くに及びました。また、35~44歳でも、54.9%の企業が「フリーター歴は評価にほとんど影響しない」と答えています。この結果から、フリーターにも就職のチャンスがあることが分かるでしょう。
フリーターの就職事情についてさらに詳しく知りたい方は、「フリーターからの就職は難しい?男女別の難易度やエージェントの活用方法」をご覧ください。

参照元
厚生労働省
平成30年若年者雇用実態調査の概況(概況版)

30代の正社員未経験者が就職を成功させる6つの方法

30代のニートやフリーターが就職を成功させるには、求人の選び方や就活を始めるタイミングが重要です。正社員採用を叶えるために、以下で有効な方法を見ていきましょう。

1.未経験者歓迎・ポテンシャル採用求人を狙う

30代が注目したいのは、「未経験者歓迎」の文言がある求人や、ポテンシャル採用を行っている企業です。
人手不足の業界では未経験者を歓迎する企業が多く、入社後に1から育てるつもりで採用を行う企業も存在します。特に30代前半であれば、スキルや学歴ではなく「入社後伸びそうだ」というポテンシャルや人柄を評価されて採用に至ることもあるでしょう。

2.少しでも若いうちに就職活動を始める

年齢が若いうちに就職活動すれば、若手人材を求める企業にポテンシャル採用される可能性が高まります。
前項でも紹介した「平成30年若年者雇用実態調査の概況(p.12)」によると、フリーターからの応募があった事業所の割合は25.4%で、このうちフリーターを正社員として採用し事業所は18.5%でした。「採用した」18.5%を年齢別で見ると、15~34歳が10%、35~44歳が2.1%、15~34歳および35~44歳の両方6.4%という割合に。15~34歳の採用率が最も高いという結果が出ています。

参照元
厚生労働省
平成30年若年者雇用実態調査の概況(概況版)

3.正社員登用制度があるアルバイトから始める

正社員登用制度がある企業でアルバイトとして働き、将来的に正社員を目指すのも一つの手です。正社員登用制度とは、パートやアルバイトなどの非正規で働く人を正社員として採用する制度。企業の採用基準を満たしたうえで、働く意欲や能力をアピールできれば、正社員として採用される可能性は高まります。社会人未経験で、いきなり正社員として働くのが不安だと感じる30代の方には、業務内容や職場の雰囲気を掴んだうえで就職できるのでおすすめです。
すでにアルバイトをしている30代フリーターの方は、勤務先で正社員登用制度がないか確認してみましょう
正社員登用制度について詳しく知りたい方は、「正社員登用制度とは?特徴や注意点」をご覧ください。

4.知り合いに紹介してもらう

30代で就職を成功させるために、知り合いに紹介してもらうという方法もあります。友人や親戚などに、人材を募集している会社がないか聞いてみると良いでしょう。求人情報を公開していなくても、欠員や新しい事業の計画に伴い、新規採用を考えていることがあるからです。また、企業側にとって、知り合いのツテで応募した人を採用することがメリットになる場合もあります。事前に応募者の人柄が分かっていれば、入社後にミスマッチが起きる心配が減るためです。ダメ元で周りの人に聞いてみることをおすすめします。

5.就職しやすい業界・職種を狙う

30代未経験から正社員を目指す際は、経験がない人でも就職しやすい業界や職種を選ぶことが重要です。人手不足の業界や、資格・経験が不問の職種は未経験者を歓迎する傾向があり、働きながらスキルを身につけられます。未経験者を歓迎する職種の例は、このコラムの「職歴なしの30代未経験者が就職しやすい仕事」をご覧ください。

6.プログラミングスクールや職業訓練校に通う

プログラミングスクールや職業訓練校に通ってスキルを身につけるのも、30代の正社員未経験者が就職を成功させる方法の一つです。仕事で活かせるスキルをつければ、就職できる可能性は高まります。プログラミングスクールでは、IT業界で活かせるプログラミング技術の習得が可能です。プログラミングができれば、就職先でホームページやアプリ、ゲームの制作などの業務に携われるでしょう。
また、国や民間が運営する職業訓練校では、条件に該当すればほとんどの場合は無料で講義や実習を受けられます。パソコンや事務、電子・電気系や医療・保育系などさまざまなコースがあるので、自分の目指す分野があれば受けてみると良いでしょう。特に、就職活動でアピールできるスキルがない30代の方におすすめです。

現在30代のニートで「職業訓練を受けてみたい」と考える方は「ニートが受けられる職業訓練とは?受講方法や費用についてご紹介」をご覧ください。受講の手順や職業訓練の種類について詳しくご説明しています。

30代の仕事探しは就職支援サービスの利用がおすすめ

30代で正社員経験がない方が効率よく就職先を探すならば、プロのサポートを受けることをおすすめします。1人で就職活動を進めても、うまく仕事が見つけられない場合があるからです。

就職支援を受けられる代表的な機関として、ハローワーク(公共職業安定所)があります。ハローワークは国が運営する機関。登録すると求人情報の閲覧が可能です。また、民間企業が運営する就職エージェントを利用するのもおすすめです。特に、30代で正社員未経験の方には、後者が向いているでしょう。以下で、就職エージェントで受けられるサービスやおすすめする理由についてご説明していきます。

就職エージェントで受けられるサービスとは?

就職エージェントとは、求人提案や企業との条件交渉など、求人応募から内定までのサポートを行ってくれるサービスのことです。就職エージェントでは応募書類の添削や模擬面接を行ってくれるため、十分に準備したうえで選考に臨めます。また、就職エージェントは企業側から報酬を受け取るので、求職者側はすべてのサービスを無料で利用することが可能です。

就職エージェントがおすすめな理由

30代の方に就職エージェントをおすすめする理由は、エージェントが非公開求人を扱っているためです。非公開求人は一般の求人サイトに掲載されていないため、自分では見つけられなかった採用情報に出会える可能性があります。ハローワークの求人には掲載されていない、優良企業の求人を紹介してもらえることもあるでしょう。
また、エージェントは面接の日程調整や条件交渉といった企業とのやり取りを代行してくれるので、自分で企業と連絡をとる手間が省けるのも魅力です。30代で就職活動が久しぶりの方や未経験の方も、プロにサポートしてもらうことで安心して就活を進められるでしょう。

ハタラクティブには学歴不問、未経験者歓迎の求人がある

ハタラクティブでは、未経験者が応募可能な求人や、経歴・学歴不問で人柄を重視する企業の求人を多く扱っており、30代でフリーター歴が長い方の就職を手厚く支援しています。
職歴がない方の就職活動では、「向いている仕事が分からない」「どうやって就職活動を進めて良いか分からない」などと悩むことが多いもの。しかし、ハタラクティブでは専任のアドバイザーが不安をお聞きし、一緒に自己分析をしたり選考対策を行ったりするのでご安心ください。

30代で就職を叶えるために必要な7つのステップ

30代で就職を叶えるために必要な7つのステップの画像

この項では30代の方が就職するためにやるべきことを7つご紹介します。以下で順番に見ていきましょう。

1.自己分析をする

やりたい仕事が分からない、就職活動でアピールできる自分の強みが分からないという30代の方には、初めに自己分析を行うことをおすすめします。
自己分析は自分の過去の経験を振り返り、強みや弱み、大切にしている価値観などを分析する作業。自分と仕事のミスマッチを防ぐために、新卒の学生だけでなく、30代の方もやっておくべき準備です。自己分析を行うと自分の性質や考え方が把握できるので、適職を探すヒントになります。また、自身の強みを把握することで、選考での説得力のあるアピールにつながるでしょう。
学生時代やアルバイトの経験を振り返り、どんなことを楽しいと感じたのか、努力したことは何か、といったポイントをエピソードごとに詳しく書き出してみるのがおすすめです。
自己分析とは?就活や転職活動での必要性を解説!方法やメリットもご紹介」では、自己分析のやり方について詳しく解説しているので、気になる方はご覧ください。

2.希望条件に優先順位をつける

仕事選びにあたっては希望条件の明確化が必要ですが、希望があまりにも多い場合、すべてを満たす就職先を見つけるのは現実的ではありません。特に30代で正社員未経験の方や現在ニート・フリーターの方は、すでに就職している人に比べると実績が少なく採用で不利になる可能性が考えられます。そのため、最初から条件を絞り過ぎて選択肢を狭めないことが大切です。
条件を決める際は優先順位をつけて「妥協できる条件」と「妥協できない条件」に分けましょう。妥協できない条件を満たす就職先を探すことで、就職後のミスマッチを避けられます。

3.業界研究をする

30代の方が自分に合った仕事を見つけて就職するためには、自己分析や条件の洗い出しと同時に世の中にどんな仕事があるか知ることも大切です。自分が知っている業界や職種のみで求人を探すと視野が狭くなりますし、より適性がある仕事を見逃してしまう心配があります。
幅広い業界や企業の情報を得るには、「業界地図」という書籍が参考になります。業界地図にはあらゆる業界の基礎知識や主要な企業、企業の勢力関係などがまとまっており、就職活動を始める大学生にも人気のある書籍です。そのため、初めて仕事を探す就業経験のない30代にもおすすめといえます。
興味のある業界が絞れたら、次はその業界に関する本を探すなどして、知識を深めていきましょう。本やインターネットを利用するほかにも、家族や知人から話を聞くなど、働く人の生の声を集めるのもおすすめです。
また、業界研究を行う際に、業界研究ノートを作って情報をまとめるのも就職を成功させるために有効な手法の一つ。業界研究ノートの作り方について知りたい方は、「業界研究のやり方から情報収集の仕方・ノートのまとめ方まで徹底解説!」も併せてご覧ください。

4.企業研究をする

志望する業界や職種、条件が定まったら、求人を探してどの企業に応募するかを考えます。気になる求人があれば、企業研究を行いましょう。企業研究では企業の理念や事業内容、将来のビジョンや社風などをリサーチし、企業のあり方が自分の考えややりたいこととマッチしているかを判断します。
企業研究を行うことで、入社後に「やっぱりこの会社は合っていなかった」というミスマッチが起こるのを防ぐことが可能です。また、説得力のある志望動機を考えるのにも役立ちます。
企業研究を通して企業の魅力を理解できれば、自分がなぜその企業に応募したのかを応募書類や面接で説明しやすくなるでしょう。特に30代の就職活動では、志望動機がしっかりしていないと「就職が決まればどこでも良いのでは?」と志望度を疑われてしまう可能性が高くなります。そのため、意識して綿密に企業研究に取り組むのがおすすめです。
企業研究のやり方は、「企業研究ってどうやるの?基本的なやり方と目的を解説」でもご紹介しているので、気になる方が見てみると良いでしょう。

5.応募書類を見直す

就職活動では、すべての企業に同じようなアピールをするのではなく、企業ごとにアピールの仕方を工夫することが大切です。求人情報や企業のWebサイト、就職エージェントなどで得た情報から企業が求める人物像を把握し、ニーズに沿ったアピールをしましょう。
特に、履歴書の志望動機欄では、応募企業だからこそいえる内容を記載することが重要です。企業研究の結果を活かして、「◯◯という強みがある貴社であれば、自分の◯◯という強みが活かせると考えました」という風にアピールすると良いでしょう。
30代で正社員経験がない人は、アルバイト経験もアピールの材料として使えます。特に志望先がアルバイト先と同じ業界であれば、即戦力になるスキルが身についているはずなので、自信を持って自分の力を伝えましょう。
履歴書を通して熱意を示すには、字を丁寧に書き、誤字脱字のない文面に仕上げることにも気をつけてください。間違った場合は修正液やテープは使用せず、面倒でも新しい用紙に一から書き直しましょう。

6.面接対策をする

30代で初めて正社員を目指す場合、面接で空白期間について聞かれる可能性があります。空白期間については、「アルバイトをしていた」といった理由を正直に話せばOKです。資格勉強など就職に向けて活動していた人は、そのことをアピールできます。
ほかに、30代になってなぜ就職して正社員になろうと決意したのかを聞かれることもあるので、面接前に考えを整理しておきましょう。

7.基本のマナーを見直す

人の印象の大半は、身だしなみや態度、話し方で決まるといわれ、清潔感がなかったり態度が悪かったりすると、マイナス評価に直結します。
面接中に礼儀正しく振る舞うのはもちろん、建物を出るまでは携帯をいじったり自販機を使ったりしないよう注意しましょう。会社の周りではいつ誰に見られているか分からないと考え、社会人としてふさわしい振る舞いをしてください。特に、30代は20代に比べ、ある程度内面も成熟しているだろうと期待されているため、少しのマナー違反が減点に繋がりやすいのです。大人の社会人として、マナーはあらかじめしっかり押さえておきましょう。

面接に行く服装は?

面接はスーツで行くのが基本です。
私服を指定された際は、オフィスカジュアルを意識した格好をして行きましょう。30代の場合、外見でも20代に比べてある程度落ち着きが求められます。そのため、派手過ぎたり若々し過ぎたりする格好は避けたほうが無難です。
オフィスカジュアルの場合は、男性はシャツの上にジャケットを羽織り、パンツを合わせるのが一般的。フォーマルな場にも適した服装で清潔感があれば問題ありません。一方、女性はスカートやパンツに、ジャケットやカーディンガンなどを合わせるのが良いでしょう。女性が就職活動の面接で着るべきオフィスカジュアルの服装について詳しく知りたい方は、「オフィスカジュアルって何?最適な女性の服装は?」を併せてご覧ください。

スーツ選びのコツ

スーツで行く場合は男女ともに、濃紺やグレー、ブラウンなどの落ち着いた色味を選ぶのが良いでしょう。ストライプスーツは「おしゃれをしている」という印象になるので、面接の場では避けるのが賢明です。女性はスカートとパンツスーツのどちらを選んでもOK。迷ったときは、営業などのアクティブな職種ではパンツスーツ、という風に決めても良いでしょう。

職歴なしの30代未経験者が就職しやすい仕事

職歴なしの30代未経験者が就職しやすい仕事の画像

この項では、正社員経験のない30代が目指せる職業の一例をご紹介します。もちろん、このほかにも未経験者を歓迎する職種は多くありますが、仕事をイメージする参考にしてください。

営業職

最前線で会社の利益を生み出す営業職は、どんな業界・どんな企業にも存在する職種です。そのため常に求人数が多く、未経験者歓迎の求人も豊富なため、30代の未経験者が目指しやすい仕事といえます。また、学歴不問の求人も多いため、高卒や大学中退している方がチャレンジしやすい職種です。
営業職には既存の顧客に対応する「ルート営業」、新規の顧客を開拓する「新規開拓」、個人を相手にする「個人営業」、企業と取引を行う「法人営業」などの種類があり、それぞれ性質が異なります。また、営業というと外回りのイメージがありますが、お店に来店するお客さまに対応する「内勤営業(カウンターセールス)」という働き方もあるので、自分に合った形態を選びましょう。

接客・販売職

接客・販売職は店舗を訪れたお客さまの対応を行う仕事です。営業と同様に「未経験者歓迎」「学歴不問」といった求人が多いうえ人手不足の職種のため、30代で就職経験のない方も採用されやすいでしょう。
接客・販売職における人手不足の状況は、厚生労働省が発表した「令和元年版 労働経済の分析(p.89)」の「働く方の所感でみた人手不足D.I.について」からも読み取れます。働く人たちが人手不足だと感じている割合が高い職種は、1位「接客・サービス職(71.7%ポイント)」、2位「建設・採掘職(67.9%ポイント)」3位「販売職(67.8%ポイント)」。接客や販売に関わる職種は、人手不足の傾向が強い状況にあると分かるでしょう。

(2)職種別にみた人手の過不足状況に関するD.Iの画像

引用:厚生労働省「令和元年版 労働経済の分析(働く方の所感でみた人手不足D.I.について)」

接客・販売職の主な業務は、お客さま対応のほかにレジ打ちや商品の検品・品出しなど。販売職として経験を積んだ後は、店長としてスタッフの教育やシフトの管理、売上の管理などを行います。その後はスーパーバイザーにキャリアアップしたり、本社で商品の企画や広報などを担当するのがよくあるキャリアの流れです。
接客・販売職が扱う商品は洋服や雑貨、日用品などさまざまですが、自分が好きな商材を選ぶとやりがいを持って働けるでしょう。接客・販売職は、学歴や年齢よりもコミュニケーション力や気配りなどの適性が重視される仕事なので、適性があれば30代で初めて就職する人にとっても挑戦しやすいといえます。しかし、洋服など購入層の年齢がある程度限られてくる商品を扱う場合は、年齢が重視されることもあるようです。

参照元
厚生労働省
令和元年版 労働経済の分析(働く方の所感でみた人手不足D.I.について)

プログラマー

IT業界の成長は著しく、プログラマーやエンジニアの不足に悩む企業は多いようです。人手を求める企業の中には、入社後の研修を充実させて未経験者を積極採用しているところもあるので、パソコンが好きな方、プログラミングの経験がある30代の方はプログラマーを目指す選択肢があるでしょう。
プログラマーとして経験を積んだ後は、システムエンジニアにステップアップする人が多くいますが、中にはプログラミングの専門スキルを追及する人もいます。
いずれにしても、ITの世界は技術の移り変わりが激しいため、常に勉強できる人、新しいことを吸収するのが好きな人に向いているでしょう。なお、プログラマーはプログラミングスキルが重視されるため、基本的には学歴不問とする企業が多いようです。経歴や年齢よりもやる気や適性が重要なので、30代からでも比較的チャレンジしやすいでしょう。ただし、平均年齢が非常に若い企業の場合には、社員と年齢が離れ過ぎていると採用が決まりにくいこともあります。
プログラマーの仕事に興味がある方は、「未経験からプログラマーを目指せる?主な仕事内容とは」も併せてご覧ください。

介護職

高齢化が深刻化する日本では、介護職の人手不足が深刻です。介護の際にはご利用者の体を支える場面もあるため、ある程度の体力が必要ですが、人との密な触れ合いがあったり、直接感謝の言葉をかけられたりするのは大きなやりがいといえます。
就職後に働きながら資格取得できる施設も多く、30代以上の未経験者が就職しやすいのが介護業界の特徴です。経験を積めば、介護福祉士として現場のスタッフをまとめたり、ケアマネージャーにキャリアチェンジしたり、施設長にステップアップしたりという道もあるので、興味のある方は調べてみましょう。
介護業界は取得資格によって実力が認められるので、学歴不問でキャリアアップできる仕事です。国家資格である介護福祉士も、社会人から目指せるルートが存在するため、頑張り次第でキャリアアップできます。資格を取得すれば、資格手当で収入アップも叶うでしょう。
現在ニートで介護職に挑戦したいと考える方は、「ニートから介護の仕事に挑戦できる?就職方法と業務内容」をご覧ください。

カスタマーサポート

カスタマーサポートは「お客さま窓口」や「ユーザーサポート」とも呼ばれ、企業の窓口として製品やサービスの問い合わせに対応する仕事。こちらも未経験者歓迎の求人、学歴不問の求人が豊富な職種となっています。
カスタマーサポートというと「クレーム対応」というイメージを持つ方がいるかもしれませんが、お客さまの課題を一緒になって解決していくのが仕事の醍醐味。配属前には丁寧な研修があることがほとんどなので、知識を磨きながら働けるでしょう。お客さまへの配慮や気配りが重視される仕事のため、20代より比較的落ち着いた雰囲気の30代は求人で歓迎される可能性もあり就職しやすいでしょう。
キャリアの流れとしては、ある程度の経験を積んだら10~15名のチームをまとめるスーパーバイザーになり、いずれはさらに多くのメンバーをまとめるマネージャーや、センターを統括する本部長になるのが一般的です。
また、仕事を通して基本的なビジネススキルやコミュニケーションの作法が身につくので、他業界の営業や販売職に転職・就職する人も多いようです。
カスタマーサポートの仕事について詳しく知りたい方は「カスタマーサポートとは?仕事内容やキャリアパスをご紹介」をご覧ください。

ホテルスタッフ

ホテルスタッフの仕事には、受付で宿泊客に対応するフロントや、チェックイン後のお客さまを部屋まで案内するベルスタッフ、宿泊客からの問い合わせに対応するコンシェルジュ、客室の清掃を行うハウスキーピングなど、さまざまな職種があります。
求人によっては、ホテル系専門学校の卒業が条件となる場合もありますが、未経験者歓迎・学歴不問の求人を見つけることも可能です。そのため、就業経験のない30代にも比較的門戸の広い傾向があり就職しやすいでしょう。
ホテルスタッフに向いているのは、「お客さまのために何かをしたい」というホスピタリティ精神がある人。ホテルスタッフの大まかなキャリアは、いろいろな部門で経験を積んで幹部候補になる「ゼネラリスト」と、自分が担当する部門で専門性を追求する「スペシャリスト」に分けられます。
30代でホテル業界の仕事のチャレンジしてみたいと思う方は、「ホテル業界に就職するには?スタッフの適性や求められるスキルを知ろう」のコラムも併せてご覧ください。

タクシー運転手

タクシー運転手は学歴不問・未経験者歓迎の求人が多く、第二種運転免許を取得していれば仕事に就けるので、30代で就職を目指す方におすすめです。また、二種免許の取得制度がある企業では、普通自動車免許を取得していれば、入社後に二種免許の取得費用を負担してくれる場合もあります。なお、二種免許を取得するには、普通免許取得後3年以上経過していることが条件となります。
タクシー運転の給与は歩合制なので、頑張り次第で収入アップできるのが魅力です。いろいろなお客さまとの出会いがある一方で、一人で働くスタイルは職場の人間関係に悩まされないのがメリットでしょう。タクシー運転手は幅広い年齢層の人が従事しており、何歳からでもチャレンジできる仕事なのが特徴です。そのため、運転が好きでホスピタリティのある人であれば、30代からでも十分に就職可能な仕事であるといえます。
しかし、なかにはタクシー運転手の仕事は大変なのでは?と懸念する方もいるでしょう。「タクシードライバーの仕事ってどう?きつい?内容や実情を詳しく解説」では、タクシー運転手の仕事の実情についてご紹介しているのでぜひご覧ください。

ドライバー

ドライバーは配送や宅配、引越しなどの業務を行う仕事。運転できる車両は免許によって異なり、普通自動車免許では2トン未満の小型トラックを運転できます。運転免許さえあれば、学歴不問・未経験者歓迎の求人が見つかるので、運転が好きな30代の方は就職先の候補にしてはいかがでしょうか。
ドライバーは運転する車両の大きさや距離で給与アップできるので、最初は小型トラックのドライバーとしてスタートし、「準中型免許」「中型免許」「大型自動車免許」と取得していくのもおすすめです。
トラックドライバーは運転がメインの仕事なので、車が好きな人に向いています。また、仕事中は一人きりなので、接客対応が苦手な人、職場の人間関係に煩わされたくない人にもおすすめです。トラックドライバーもタクシー運転手と同様、幅広い年齢層の人が活躍しているので、30代が年齢を理由に採用を見送られる可能性は低い傾向にあるでしょう。ただし、トラックドライバーは体力が重要な仕事なので、就職にあたってはある程度の体力があることが前提といえます。

30代の未経験者が就職しにくい企業・職種の特徴

この項では、30代で正社員未経験の方の就職先としておすすめできない企業や職種の特徴をご紹介します。就職したことがない30代のニートやフリーターの方はご覧ください。

大企業

30代で就職経験のない方が大企業に入るのは難しく、正社員採用を狙うのはおすすめできません。大企業は知名度や給与水準が高く、労働環境が整っていることが多いため、就職先として人気です。そのため、採用の倍率も高い傾向にあります。採用では業務に活かせる高いスキルや実務経験を求められるので、就職したことがない30代の方にとっては不利といえるでしょう。

事務職

事務職はほとんどの企業に存在するポジションのため、求人数は多いものの、人気も高い職種です。企業は、経験やスキルがある人を優先して採用するので、就職経験のない30代の方が採用される可能性は低いでしょう。ただし、事務職のなかでも、データ入力などの定型的な業務を行う仕事の場合は、30代で就職したことがない方でも就ける場合があります。

技術職

技術の採用では経験を重視されることが多いため、専門分野を学んだ方や新卒以外の方が未経験で就職するのは難しいでしょう。30代未経験で就職を目指すならば、経験を問われない職種を狙うのがおすすめです。

30代の就職成功体験談

ここで、ハタラクティブを使って就職をさせた30代男性の就職成功体験談をご紹介します。

T・Iさん(30代・男性)の就職成功体験談

私は専門学校を卒業後、派遣やパチンコ店のアルバイトで働き、20代の間は正社員として就職した経験がありませんでした。しかし、30歳を迎えたタイミングで「正社員になるなら30代が最後のチャンスかもしれない」と思い立って、就職活動をスタート。正社員としての経歴がなかったため、履歴書で何をアピールして良いか分からないと悩み、就職活動はなかなかうまく進みませんでした。

そこでハタラクティブに登録したところ、書類に何を書けば良いのか、面接のときはどうすれば良いのかをアドバイスしてもらい、内定を獲得できました。アドバイザーは企業ごとの特色を知ったうえでアドバイスしてくれるので、説得力がありましたね。
今は長く働けそうな職場で働いていて、これからも頑張りたいと思っています。ちなみに、パチンコ店のアルバイトは時給1,300円でしたが、現在は月給29万円に収入アップし、経済面も安定させることができました。

30代で就職せずフリーター生活を続けるとどうなる?

この項では、30代の方が就職せずにフリーターを続けることのリスクをご説明します。就職を迷っている人や、就職活動がうまくいかずに「アルバイトでも良いのでは…」と考えている人は、フリーターが置かれた現実を再認識しましょう。

年齢が上がっても収入が増えない

アルバイトで働くフリーターは、年齢を重ねても給与はあまり変わりません。そのため、十分な貯蓄ができず、怪我や病気をしたときに生活が成り立たなくなる可能性があります。
また、フリーターは時給制が多いのでシフトを入れた分だけ収入が増えますが、30代、40代と年齢を重ねたときに今と同じペースで働けるとは限りません。特に体力を使う仕事では、高齢になるにつれて収入がダウンする恐れがあります。

結婚や住宅購入の選択肢が狭まる

フリーターは収入が少ないため、正社員と比べて結婚して家庭を持つのが難しいといわれます。30代になって結婚したい相手がいても、収入の少なさから両親に反対されたり、自分自身も結婚に踏み出せなかったり、という問題があるようです。
また、経済的な基盤が不安定だと、住宅ローンの審査に通るのも難しく、住宅購入も難しいのが現実。30代になっても就職せず雇用と収入が安定しないと、人生の選択の幅が狭くなることが懸念されます。

アルバイト先に馴染めなくなる

40代、50代になってもアルバイトを続けることはできますが、アルバイト仲間が学生や若い人ばかりになると、年齢的に周囲に馴染みづらい問題が出てきます。30代の今は同年代か年の近い同僚がいたとしても、5年後、10年後は状況が変わってくるため、早めに就職を考えたほうが良いでしょう。

年齢が上がるとアルバイトも採用されづらくなる

若さが求められる体力勝負の仕事では、30代以降、年齢が上がるにつれて採用されづらくなることが考えられます。求人に具体的な年齢制限の記載がなくても、実際には20代が欲しいと考えている企業は多いもの。年齢の上昇とともに、自分がやりたいアルバイトの仕事を選べなくなる可能性が出てくるので、早めの就職を考えたほうが良いでしょう。

年齢に応じたスキルが身につかず正社員就職しづらくなる

フリーターを続けていると年齢に応じたスキルが身につかないため、フリーター歴が長くなるほど正社員としての就職が難しくなります。30代は就職のチャンスがあるといっても、40代に近づくにつれて若手とは見られなくなり、採用の可能性が減っていくでしょう。
早く正社員として就職することで、学歴不問の仕事であっても専門的なスキルが身につき、キャリアアップや収入アップにつなげられます。

兄弟・同年代の友達との差が広がる

正社員は年齢に応じた昇進・昇給があるため、30代になってもフリーターを続けていると同年代の兄弟や友達との差が広がります。また、収入面だけではなく、「結婚しているか」「趣味にお金を使えるか」といった点での違いを感じると、気まずさから友達に会うのが辛くなることも。20代で就職し、仕事で実績を積む友達を見て、劣等感を覚える場面も出てくるでしょう。

30代で就職しないフリーターと正社員の差

30代でフリーターを続けると給与が上がらず周りと差が広がることは上記でもご紹介しましたが、この項では、さらにフリーターと正社員の差について詳しく見ていきます。なかには「正社員は大変そう」というイメージをもつ方もいますが、正社員にしかないメリットもあるので以下で併せてご覧ください。

給与の違い

若いうちは正社員とフリーターでは給与の差は少ないかもしれませんが、正社員には昇給があるため、年々給与が上がっていきます。
下記は、厚生労働省が発表した「令和2年 賃金構造基本統計調査結果の概況(p,2)」から分かる、正社員と非正社員の給与の一例です。

30~34歳の平均賃金(小数点以下は四捨五入)
  正社員・正職員 正社員・正職員以外
男女計 約28万3,000円 約20万7,000円
男性 約29万5,000円 約22万3,000円
女性 約25万8,000円 約19万5,000円
55~59歳の平均賃金
  正社員・正職員 正社員・正職員以外
男女計 約39万7,000円 21万2,000円
男性 約43万5,000円 約25万2,000円
女性 約30万4,000円 約19万1,000円


30~34歳、55~59歳の男女ともに非正規で働く人の給与は、正規で働く人よりも低い結果となっています。また、30~34歳の男女計では、正規と非正規の給与差が約7万6,000円に留まっていますが、55~59歳になると約18万5,000円まで開いていることが分かるでしょう。

30代フリーターの方は、現時点では同年代の友人や兄弟と大きな給与差がなくても、年齢が上がるにつれて差が開いていく可能性があるので注意が必要です。

また、フリーターにはボーナスがない一方で、正社員は会社によって夏と冬2回のボーナスの支給が期待できます。1回のボーナスの額は2、3カ月分の給与額となることが多いので、貯蓄をしたり大きな買い物をしたりと、余裕をもってやりくりできるでしょう。正社員で会社に退職金制度がある場合は、定年時はまとまった額のお金を受け取れ、老後の資金にもなります。さらに、月給制が多いのも正社員のメリットで、正社員は連休が多い月でも給与が減ることがなく、毎月安定した収入を得ることが可能です。
加えて、正社員とフリーターとでは、生涯賃金にも大きな差が生まれます。収入によってライフスタイルや人生設計のあり方も大きく変わるので、状況を変えたいと考える30代の方は早めに就職を考えるのがおすすめです。

参照元
厚生労働省
令和2年 賃金構造基本統計調査結果の概況(第6-1表 雇用形態、性、年齢階級別賃金及び雇用形態間賃金格差)

雇用の安定性の違い

正社員の雇用には期間の定めがなく、本人が望めば定年まで長く仕事を続けられます。景気や経営の状況によってはリストラがないとはいえませんが、そんなときまず解雇の対象となるのはアルバイトや契約社員といった非正規雇用の人たちです。
日本での正社員の立場は労働基準法で守られているので、簡単に解雇されることはないと考えて良いでしょう。また、万一リストラされてしまった場合でも、正社員の経歴は転職活動で評価されるため、次の就職先が決まりやすいメリットがあります。30代になっても正社員の経歴がないと、就職先がこの先どんどん限られていってしまうため、年々就職が決まりにくくなるでしょう。

自己成長の違い

フリーターが責任の軽い仕事や限られた範囲の仕事を任されるのに比べ、正社員は責任のある仕事、専門的な技能が求められる仕事に取り組みます。その点を「大変そう」と思い、30代になってもフリーターを続ける人も多いですが、その分高い技能や知識が身につくのは正社員の利点です。
高いスキルがあれば自信につながりますし、転職してより条件の良い会社で働ける可能性も出てきます。スキルがあると将来の選択肢が増えるとともに、自分にしかできない仕事があるのはやりがいにつながるでしょう。

福利厚生の違い

フリーターと正社員では、適用される福利厚生の範囲が異なります。福利厚生は会社によってさまざまな種類がありますが、住宅手当や家族手当などは実質的な収入アップにつながるもの。

最近では社員が自らメニューを選ぶ「カフェテリアプラン」という選択制の福利厚生も増えており、旅行補助やリフォーム代補助など、多様なメニューが用意されているようです。
フリーターだと最低限の福利厚生しか受けられない場合が多いので、福利厚生の適用は正社員の大きなメリットといえるでしょう。若いころはさほど気にしなかった福利厚生も、30代以降は活用したいと思う機会が増えてくるものです。早めに就職すると、そのぶん多くの福利厚生を受ける機会に恵まれるので、メリットが大きいといえるでしょう。

福利厚生にはどのような制度があるのか具体的に知りたい方は「福利厚生には何があるの?」をご覧ください。

フリーターと正社員に差がある理由

アルバイトやパートは、雇用期間に限りがある「有期雇用契約」を前提する非正規雇用のスタッフです。正社員とは会社からの期待度が違い、会社は正社員に対してより多くの教育コストをかけて育成を行うのが一般的です。その結果、フリーターと正社員では、仕事内容や待遇に大きな差が出ることになります。フリーターは自由度が高い働き方ではあっても、雇用や収入の点ではデメリットが大きい立場になるのです。特に、30代以降年齢を重ねるにつれて、雇用の安定や収入の確保がどんどん難しくなっていくことを考えても、早急に正社員としての就職を目指したほうが良いといえるでしょう。

30代から正社員への就職を目指す方は、未経験者の就職支援に強いハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブでは30代の方が応募可能な未経験者歓迎の求人をご提案し、選考対策の指導や面接の日程調整などでサポートいたします。もちろん、学歴不問の求人もご提案できるので、学歴に自信がない方もご安心ください。
ハタラクティブを使えば、平均3週間、最短2週間で内定を獲得することが可能です!

30代で正社員を目指す方へ!就職のお悩みQ&A

ここでは、30代の就職活動に関するお悩みをQ&A方式で解決していきます。

正社員を目指すなら何歳までに就活を始めると良い?

ある程度広い選択肢の中から自分に合った仕事を選びたいのであれば、1歳でも若いうちに就活するほうが良いでしょう。年齢が上がるにつれて、求められる経験やスキルのレベルが上がっていきます。採用のハードルが上がる前に、できるだけ早く就活をスタートしましょう。詳しくは「フリーターは何歳までに就職するべき?メリットやデメリットを解説」でご紹介しているので、ぜひご覧ください。

30代でも未経験の職種に就職できますか?

志望職種で活かせる経験やスキルがあれば可能です。活かせるスキルはマネジメント能力やコミュニケーション能力などでもOK。 さらにキャリアプランが応募企業とマッチしていれば、採用確率が上がることも。ただし、未経験採用の場合は収入ダウンの可能性やそもそも求人数が少ない、といったリスクもあります。本当にその仕事に就く必要があるかよく考えてから応募しましょう。詳しくは「30代でも未経験の仕事に挑戦できる?転職成功のコツ」をご覧ください。

フリーターを続けるデメリットは?

収入が不安定なことや、スキルが身につかないことです。今は問題なくても、体調を崩したり怪我をしたりしたときは、長期間働けずに収入がゼロになってしまう可能性もあります。詳しくは「フリーターの末路…就職を目指すべき理由とは」のコラムで紹介しているので、チェックしてみてください。

30代フリーターで求人を探すときのコツは?

前述のとおり、未経験可の求人を探したり、正社員登用のあるアルバイトを狙ったりするのがコツです。そのほか、 ハローワークや就活エージェントなど、就職のプロに相談するのも良い方法。特にハタラクティブは、フリーターの就職に特化したエージェントです。ぜひこの機会にご利用ください。

関連キーワード

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ