新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 30代で初めての正社員を目指すには?就活のコツやおすすめの業界を解説

30代で初めての正社員を目指すには?就活のコツやおすすめの業界を解説

【このページのまとめ】

  • ・30代で初めての正社員になるには、前向きな姿勢と適応力をアピールすること
  • ・30代で初めての正社員を目指す場合、業務経験者や20代と比べて求人数は減る
  • ・30代で初めての正社員になるには、勤務条件を挙げ過ぎないことが重要
  • ・30代で正社員になるコツは、「明確な目標を持つ」「企業の採用ニーズを知る」など

監修者:多田健二

キャリアコンサルタント

今まで数々の20代の転職、面接アドバイス、キャリア相談にのってきました。受かる面接のコツをアドバイス致します!

フリーターを続けていた30代の方が初めての正社員就職を考えた場合、職歴がないことで悩む方は多いでしょう。中途採用では、20代や経験者を求める企業が多いのも現状。しかし、コツや注意点を把握することで、未経験であっても30代から正社員として働くことは可能です。
このコラムでは、30代から正社員を目指す場合のポイントや適した業界をまとめました。参考にしていただき、効率良く転職活動に臨みましょう。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

30代で初めての正社員になれる?

自分に求められていることやポイントを理解することで、30代で初めて正社員になることは可能です。一般的に将来性のある20代を採用する企業は多いですが、どの企業でも「年齢の若さ」だけで採用を決定するわけではありません。企業が求める人材にマッチしていれば、「30代で初めての正社員」を目指せるでしょう。

企業が「30代で初めての正社員」の人に求めること

企業が30代で初めての正社員になる人に求めることは、「職場環境や業務に対してスムーズに慣れること」といえるでしょう。以下に詳しくまとめています。

新しい環境に適応することが求められる

一般的に30代の求職者には、ポテンシャルよりも即戦力としての能力が求められる傾向にあるようです。これまでの経験値を活かして、会社の利益に貢献することが要求されます。
初めて正社員に挑戦する場合、新しい人間関係や仕事のやり方に早く馴染めるかどうかをシビアに見られでしょう。

新しい業務や技術の習得可否が問われる

年齢が上がるごとに、新しい物事を習得する能力は下がっていくことも。30代の求職者の場合、その点は人事が気にするポイントであると念頭に置きましょう。
20代のうちは無理が利いても、30代以降は体力的に厳しくなってくる場合も考えられます。加えて未経験の業種・職種への就職となると、新しく身に付けたり覚えたりすることが多くあるでしょう。

30代から初めての正社員になれる可能性については、「30代は就職できる?正社員未経験者におすすめな求人と採用されるコツ」でも説明しているのでご一読ください。

30代で「初めての正社員」を目指すことの現状

30代で初めての正社員を目指す場合、年齢や保有スキルによっては厳しい状況になることも。転職事情を理解することが重要です。

30代で初めての正社員は応募できる求人数が減る

企業側が未経験者を採用するときは、業務に慣れるのが早く、ポテンシャルのある20代を採用する場合が多いでしょう。そのため、未経験者を歓迎する求人では、第二新卒や20代後半をメインに採用する企業が多いようです。30代で初めての正社員を目指すとなると、応募できる求人の幅が狭くなることを理解しておきましょう。

企業は30代に対してスキルや経験を求める

30代になると、マネジメントスキルや業務の管理能力が求められるでしょう。一般的に、30代は責任のある仕事を任される年齢であると考えられています。そのため、同じ30代の求職者でも、初めての正社員に挑戦する人と正社員経験のある人では、不利になりやすいといえるでしょう。

希望の勤務条件と合わない可能性がある

30代で初めて正社員として働く場合、自身が希望する条件とマッチしない可能性があります。年収やポジションといった勤務条件は、基本的に前職の実績をベースに決定されるのが一般的。正社員経験がないと評価されにくく、高い条件を設定してしまうと希望通りにいかない可能性は高いです。

正社員経験がないと仕事内容を選びにくい

30代から初めての正社員を目指す場合、特別な資格やスキルを持っていない限り、「確実に希望する業界や職種に就職する」というのはハードルが高いでしょう。
何らかの資格を持っていたとしても、実務経験がなければ即戦力として活躍することが難しいため、なかなか評価対象につながりません。
実務経験を問わない求人であっても、正社員採用においては、社会経験のある「正社員経験者」のほうが有利といえます。

30代で初めての正社員を目指すための3つの注意点

30代で初めて正社員になるには、転職活動でつまづきやすいポイントを理解することが重要です。この項目では、注意すべき3つのポイントをお伝えします。

1.仕事について先入観を持たない

前項で、初めての正社員に挑戦する30代は応募できる求人が少ない傾向があると述べましたが、「◯◯業界(または職種)はきつそう」というような先入観から、求人の対象範囲を絞り込んでしまうと、応募できる求人がさらに減ります。
内定の可能性をできるだけ高めるためにも、業種や職種については噂やネットの情報を鵜呑みにせず、根拠のある情報を集めて判断しましょう。

2.初めての正社員として働く条件の優先順位を決めておく

求人を探す際には「この職種が良い」「残業が少ない環境で働きたい」など、さまざまな条件を挙げてしまいがちですが、あまりにも多いと選択肢が極端に減ってしまいます。
30代で初めての正社員を目指す場合は、そもそも応募できる求人が少ないので、自分が譲れない条件は何なのか、妥協できるポイントはどこなのかなど、優先順位を明確にしておくことで、間口が広がり探しやすくなるでしょう。

3.フリーター期間について納得できる回答を用意する

フリーターの経験しかない場合、企業側は「同じ仕事を長く続けられるのか」「何か問題があるのでは」という不安を抱いてしまうもの。そのイメージを払拭させるような回答を準備しておきましょう。
「なぜ30代まで正社員にならずアルバイトを続けていたのか」という質問は、フリーターから初めての正社員として就職する場合には避けられない質問です。これまでの経験の中に反省点がある場合はどう改善するかを伝え、それを入社後の意気込みに繋げられると、採用担当者の不安を払拭できるでしょう。

30代から初めての正社員になるためのポイント

30代で「初めての正社員」を目指すには、自身を魅力的にアピールす方法を理解しましょう。また、転職活動が長期化することを見据え、安定した生活環境を整えることも大切です。

現職と並行して就活を進める

就職活動は、現在の仕事を継続しながら行うのがおすすめ。正社員雇用を目標にしている場合、なかなか転職先が決まらないことも考えられます。特に、30代で初めての正社員を目指す場合は求人数の少なさから就活期間が長期間になる可能性も。先に退職してしまうと、収入がない状況で数カ月単位を過ごす恐れも。生活が不安定になるリスクを回避するためには、できる限り現職を続けながら就職活動を進めることが重要です。ある程度の時間と資金を確保できれば、気持ちに余裕を持って仕事が探せるでしょう。

正社員として就職する目的を明確化する

なぜ30代になって初めての正社員に挑戦したいのかという目的を明確にすることで、就職活動における優先順位がおのずと浮かび上がるでしょう。「なんとなく条件が良さそうだから」「周りが正社員として働いているから」といった理由だと、就職活動に身が入らずに上手くいかないことも。途中で諦めやすくなり、時間を無駄に使ってしまいます。30代から初めての正社員を目指すなら、確固たる目的意識を持って取り組むようにしましょう。

未経験者採用に消極的な業界を知る

30代で初めての正社員を目指して転職活動を成功させるには、未経験にとってハードルが高い業界をあらかじめ認識しておくことが大事です。求人を出していても高い専門性が要求される企業や、そもそも未経験者をあまり歓迎しない企業もあります。たとえば、信用を重視する金融業界は、知識やスキルのない未経験者を採用しにくいという事情があるようです。「どうしてもこの企業で働きたい」という強い意思がある場合は目指しても良いですが、漠然としたイメージで転職先を決めるのは避けましょう。

応募書類や面接で適切なアピールをする

30代で初めての正社員を目指す場合は、知識や経験が少ない分、応募書類や面接で適切なアピールをしましょう。
業務は未経験であっても、応募先企業や職種に関わる知識を学ぶ姿勢が肝心です。仕事に対する意欲とともに自分なりに努力していることを伝えられれば、好印象を与えられるでしょう。
書類作成や面接に臨む前には、自己分析を行ってください。自分自身にじっくりと向き合うことで、足りないもの・改善できるものが明確になります。正社員ではなくても、これまでの仕事経験の中から、応募先の業務に関連する要素を見出せればより良いでしょう。

志望動機の掘り下げは十分に行う

なぜ30代で初めての正社員になるためにこの会社を選んだのか、未経験では難しいのではないかなど、事前にいくつかの質問内容を想定し、スムーズに受け答えができるようにしましょう。また、志望動機についてはポジティブな内容を述べることもポイントです。

基本的なビジネスマナーを身に付ける

30代向けの正社員求人では、基本的なビジネスマナーやコミュニケーション力、調整力といったスキルを求められる傾向にあります。初めての正社員として就職を目指すのであれば、ビジネスマナーの基礎を積極的に学ぶことが大切です。

スキルアップを目指す

30代で初めての正社員を目指すということは、職歴はゼロ。履歴でアピールできなければ、スキルをアピール材料にするのがおすすめです。自身のスキルアップに繋げられる行動は多くあり、ビジネス関連のセミナーの受講、資格取得に向けた学習、職業訓練校への通学などが活用できます。
資格の取得は、実務経験のなさを補える可能性も。また、職業訓練校は職種が限られますが、職場体験を通じて実務経験が得られます。効果的に活用することで、スキルアップが望めるでしょう。

就職先の制度や社風もリサーチしておく

女性の方の中には、妊娠・出産といったライフイベントのことも考えながら初めての就職先を選びたい人もいるでしょう。
その場合、単に正社員として受け入れてくれるならどこでも良いとするのではなく、育児休暇制度をはじめとした働きやすさも考慮に入れて就活を行うことが必要になります。女性比率が高い職場では、各種制度が整っているケースが多く見受けられるようです。
また、就職するにあたってはその企業の社風も重要な要素となり得ます。ビジネスライクな雰囲気重視の会社もあればアットホームな会社もありますし、老舗企業かベンチャー企業かによっても環境に相違があります。各企業の社風も事前に十分調査し、自分に合うかどうかを熟考した上で応募しましょう。

30代から正社員を目指すためのコツは、「30歳職歴なしでも正社員になれる?就職成功のコツをご紹介!」でもお伝えしています。

30代で初めての正社員を目指しやすい業界・職種

30代から初めての正社員を目指すには、自身の状況に適した仕事を知ることが重要です。以下に、初めての正社員として挑戦しやすい仕事を挙げているのでチェックしましょう。

IT/Web業界

IT・Web業界では売り手市場の状況が続いており、人手不足が続いているので30代から初めての正社員を目指しやすい業界です。また、ITおよびWeb業界は技術の進歩が速いのが特色。最新のテクノロジーや情報を常にキャッチアップし、習得し続ける姿勢が求められます。30代でもIT分野に強い関心を持ち、スキルアップに積極的な方に向いているといえるでしょう。

介護業界

介護業界はハードな業務であり、人手不足が続いている業界の一つ。そのため、30代から初めての正社員を目指す未経験の方でも比較的採用されやすい仕事であるといえます。また、今後高齢化が進むにつれ、ますます人材が求められるようになっていくでしょう。
就業先によっては働きながら資格を取得でき、30代の未経験者でもスキルアップがしやすい仕事です。

運送業界

インターネットショッピングの頻度が上がっているため、配送を担う運送業界も人手不足が続いているようです。かつて運送業界は、労働環境が厳しいというイメージがありましたが、近年ではドライバーができるだけ長く働けるよう労働環境が改善されつつあります。体力が必要な仕事ではありますが、未経験でも活躍しやすい業務内容なので、30代から初めての正社員を目指す方におすすめです。

接客業

接客業は特別な資格は必要でないケースが多く、30代で初めて正社員を目指す方におすすめです。

ホテル業界

海外からの観光客が増加していることで、ホテル業界の求人数も増えつつあります。また、ホテルの仕事は特別な資格は必要ないので、30代で初めての正社員を目指す未経験の方でもチャレンジしやすい業界といえるでしょう。
ホテルでの仕事は、クロークやコンシェルジュ、宿泊予約などがあります。さまざまな職種があるため、初めての正社員という方でも活躍できる仕事が探しやすいでしょう。

飲食店、小売店

飲食店や小売店は、アルバイトスタッフが確保できない場合、正社員採用に切り替えて人材を募集することが多いようです。
主な仕事内容は接客や品出し、レジ打ちなどが挙げられ、経験があれば採用される可能性も。正社員経験がない30代の方でも、比較的挑戦しやすい業界といえるでしょう。

製造業

製造業は肉体労働をイメージされやすく、人手が足りない業界ともいえます。30代で正社員未経験の方でも、目指しやすい仕事でしょう。

工場勤務

製造業は人手不足の職場が多く、職歴をあまり重視しない企業もあります。また、検品や梱包、ピッキングといった軽作業に従事する工場もあるので、未経験でも目指しやすい業界といえるでしょう。

自動車、重機ななど

自動車や重機といった製造業は、現在海外から国内生産に回帰しつつあります。国内での生産が盛んになれば人材の採用が活発になるため、30代で初めての正社員を検討している未経験の方でも仕事が探しやすいでしょう。
安全面から国内メーカーのニーズは増加傾向にあり、自動車や重機関連は、30代で初めて正社員になる人にとって安定感のある業種です。

専門商社

特定分野の商品を扱う専門商社は専門知識が必要な印象ですが、人材の採用に関しては、価値観やバックグラウンドの多様性を重視することもあるようです。正社員経験はなくても、「特定の領域を極めるのが得意」「語学には自信がある」という方に向いている傾向があるため、30代で初めての正社員を目指す方にも挑戦しやすいでしょう。

営業職

職種でいえば、30代から初めての正社員を目指す方など、未経験でも採用されやすいのは、学歴や経験よりも人柄を重視されやすい営業職といわれています。
「相手の話を真摯な態度で丁寧に聞ける」「コミュニケーションや人間関係を重視する」といった資質を持っている人は、未経験であってもチャレンジしやすい職種の一つです。

事務職

事務の仕事はいくつかの種類がありますが、中でも未経験者が採用されやすいのは、一般事務や総務事務、営業事務などです。30代で初めての正社員を目指すなら検討してみましょう。
ただし、事務職の正社員求人は見つけるのが難しい場合もあります。派遣社員に事務を担当させる企業が増えてきているため、正社員の求人があった場合も競争率は高いようです。
事務の仕事の場合、未経験であっても基本的なパソコンスキルが求められる傾向にあります。WordやExcelに慣れていると好ましいでしょう。

以上は、30代で初めての正社員を目指す際に採用されやすいと考えられる業界・業種の例の一部です。未経験でもチャレンジしやすい職種については、「30歳無職・職歴なしから脱却しよう!就職におすすめの仕事や資格を解説」で記載があるので、チェックしてみてください。

働き手不足の状況を受け、最近は年齢よりも応募者のやる気を重視する方針の企業も多くなってきました。各企業が欲しいと思っている人物像を事前にしっかりと調べておくことが、正社員としての内定に繋がるといえるでしょう。

30代で初めての正社員になるために始めること

30代で初めての正社員を目指す場合、時間を有効に使い効率良く転職活動を行うことが大切です。以下の点を意識してみましょう。

実際に職場を知っている人に話を聞く

30代になると、せっかく就職した会社がブラック企業だったり、経営難に陥っている企業だったりしても、また転職をするのは大変な労力がかかります。
仕事先を決めるに当たっては、なるべく実際の職場を知っている人に話を聞いたり、事前にしっかり調べたりして、後悔のない就職先を選ぶようにしましょう。

就職活動ができる環境を整える

何事にも準備が大切です。アルバイトをしていなければ就職活動に時間を充てられるアルバイトを始め、必要な物や移動費などを準備しましょう。フリーターの方はシフトの調整などを行って、就職活動の時間を確保します。
スーツやカバンは、高価な物を用意する必要はありません。髪型や、男性の場合は髭、女性の場合はメイクなどを整え、清潔感のある身だしなみを心掛けてください。

知人の紹介、人材紹介サービス、転職サイトなどを活用する

30代の方が正社員就職を目指す場合、少しでもリスクを軽減するために、信頼できる繋がりで仕事を紹介してもらうというのも一つの手。年齢的に不利だとしても、培ってきた特技や人間的な長所などを知っている仲介者に推薦してもらうことでワンクッションとなり、採用までの良い流れを作る可能性があるでしょう。
また、自分に合った人材紹介サービスや転職サイトを利用すれば、明らかにミスマッチな求人を省くこともでき、マッチング率が高まります。

フリーターから正社員を目指すという場合、ベストなのは20代のうちに行動を移すこと。まだ20代でこの先どうするか悩んでいる…という場合には、早めの行動に移すのがおすすめです。
しかし、30代になったからといって就職することが不可能になるわけではありません。このコラムで紹介したポイントを押さえることで、正社員になる可能性はあります。

一人で就職活動を行うのは不安、どんな対策をすればいいのかわからない…そのような方は、就活のプロに相談するのがおすすめ。自分に合った転職エージェントに登録すれば、カウンセリングや求人の紹介、面接時間の調整など就職活動に関するさまざまなサポートを受けられます。
ハタラクティブは、若年層に特化した転職エージェント。フリーターの方の就職も積極的にサポートしています。
転職すべきか悩んでいるという方は、まずはお気軽にご相談ください。

30代から正社員になれる?就職に関するお悩みQ&A

今まで正社員として働いた経験がなく、就職活動を行うことに不安を感じている方もいるでしょう。ここでは、30代から正社員を目指すことへのお悩みをQ&A方式で解決していきます。

30代で正社員未経験です…就職できますか?

30代で初めての正社員就職を叶えるには難しい現状があるでしょう。とはいえ、「仕事の条件を絞り過ぎない」「面接官を納得させる受け答えをする」などのポイントを押さえれば、正社員になれる可能性はあります。このコラムの「30代から初めての正社員になるためのポイント」をチェックして、就活するうえでのコツを掴みましょう。

「正社員登用制度」とは何ですか?

正社員登用制度とは、パートや派遣といった非正規の雇用形態から正社員になれる制度を指します。ある程度の勤続年数を持つ非正規社員が、昇格試験や面談を経て正社員登用されるパターンが多いようです。 正社員登用制度のある企業に勤めたからといって、必ずしも正社員になれるとは限りませんが、選択肢の1つとして知っておくと良いでしょう。詳細は「正社員登用制度とは?特徴や注意点」をご覧ください。
 

フリーター期間が不採用に繋がらないか心配です。

フリーター期間をポジティブに伝え、面接官の納得感を得ることが重要です。
フリーターの期間が長いと正社員への就職は難しい?」でも説明しているように、伝え方次第でプラスの印象を与えられる可能性もあります。「アルバイトで〇〇のスキルを磨いた」「〇〇の資格取得を目指し勉強していた」など、仕事に対する意欲や前向きさをアピールできる理由を述べましょう。
 

正社員を目指しやすい仕事はありますか?

人材不足の業界や職種は、年齢や経験を問わず採用されやすい傾向にあり狙い目です。
例としては、IT業界や介護業界などが挙げられます。詳しくは、このコラムの「30代で初めての正社員を目指しやすい業界・職種」をご参照ください。
ハタラクティブでは無料カウンセリングを実施し、一人ひとりのお悩みやご要望に寄り添った就活サポートを行っています。ぜひご活用ください。

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

では

  • 最短2週間で内定!

    ハタラクティブご利用者はカウンセリングから
    平均2~3週間以内で内定を獲得

    ▼ ご相談はこちらから ▼

    登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

    • はい

    • いいえ

    おすすめ記事

    RECOMMEND

    みんなの就職エピソード

    体験談 一覧

    関連記事

    ハタラクティブ 人気の記事一覧

    • arrow
    • youtubeIcon

    © 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ
    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ

    特集

    COLLECTION