30代未経験、正社員就職と求人の現実

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 30代未経験、正社員就職と求人の現実

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・30代から正社員は目指せるが、求人数が減ることによって選択肢が限られるといった問題も
    ・30代から就活をスタートさせるには、第三者の手を借りて就活を進めたり、就活の基本的な準備をしっかりしておくことが大切
    ・求人探しは先入観を持たず、条件の幅を広げて多くの求人から探すと良い
    ・フリーターを続けた理由は必ずと言って良いほど聞かれるので、納得できる回答を用意しておく

30代未経験、正社員就職と求人の現実の画像

フリーターを続けていた30代の方が正社員就職を考えた場合、採用に際して問題となるのはどのような点でしょうか。

このコラムでは、30代から就活を始める際のポイントやアドバイスをまとめました。

20代の就職活動と比較して難しいことも多い30代の就活ですが、内定を獲得するためにも大切な点をしっかり押さえて活動に挑みましょう。

【関連記事】
フリーター就活のコツまるわかりガイド

◆30代から正社員は目指せるのか

30代の就職活動は、20代と比べて難しい、なかなか内定が得られない…そんな印象を持っている方は少なくありません。

しかし、漠然と「大変そう」と思ってはいるものの具体的な理由はよくわからないという方もいるのではないでしょうか。

そんな方の疑問を解決するためにも、代表的な理由をいくつか解説します。

・求人数が減る

企業としては、未経験者を採用するときには新しい業務に慣れるのが早く、成長の「のびしろ」を感じられる若者を従業員として迎えたいというのが本音。そのため、未経験者を歓迎する求人では20代を対象にしていることが多くなっています。

30代を対象とした求人もないわけではありませんが、そちらは経験やスキルを重視し、即戦力として活躍することを望まれるものがほとんど。これから正社員を目指したい…という方にとってはハードルが高いかもしれません。

・給与などの条件が良くない

たとえ求人があったとしても、給与や勤務条件、福利厚生といった待遇のあまり良くない内容であることも少なくありません。
これは未経験業種であれば、なおさらです。

・仕事内容を選びにくい

30代で就職活動をする場合、特別な資格やスキルを持っているわけでもない限り、業界や職種を選り好みすることは難しいのが現実です。
たとえ何らかの資格を持っていたとしても、実務経験がなければ即戦力として活躍することが難しいため、なかなか評価の対象になりません。
反対に、資格やスキルが必須とされない傾向にある業種や肉体労働系の求人は比較的多いようです。

◆30代から就活をスタートさせるには

30代から就活をスタートさせるにはの画像

ではこのような厳しい現状を踏まえた上で、30代の方が正社員就職を成功に導くためには、どのような方法で就職活動を行なうのが効果的なのでしょうか?

いくつかのポイントをまとめたいと思います。

・知人の紹介、人材紹介サービス、転職サイトなどを活用する

30代の方が正社員就職を目指す場合、少しでもリスクを軽減するために、信頼できる繋がりで仕事を紹介してもらうというのも一つの手。
たとえ年齢的に不利だとしても、これまでに培った特技や人間的な長所などを知っている仲介者に推薦してもらうことでワンクッションとなり、採用までの良い流れを作ることができるかもしれません。
また、自分に合った人材紹介サービスや転職サイトを利用すれば、明らかにミスマッチな求人を省くこともでき、マッチング率が高まります。

・できれば実際に職場を知っている人に話を聞く

30代の場合、せっかく就職した会社がブラック企業だったり、経営難に陥っている企業だったりして転職を考えざるを得ないようなことになると、さらに厳しい状況に追い込まれてしまいます。
仕事先を決めるに当たっては、なるべく実際の職場を知っている人に話を聞いたり、事前にしっかり調べたりして、後悔のない就職先を選ぶようにしましょう。

・就職活動ができる環境を整える

何事にも準備が大切です。まずは、就職活動に時間を充てることのできるアルバイトを始め、必要な物や移動費などを確保しましょう。
スーツやカバンは高価な物でなくてかまいません。髪型や、男性の場合は髭、女性の場合はメイクなどを整え、だらしない印象を与えない身なりを心がけることが大切です。

このようなポイントを抑えた上で、就職活動を始めてみましょう。

◆就活で気をつけたいポイント

準備が整ったら、さっそく就活をスタートしたいところですが、30代の就活ではいくつかつまづきやすいポイントも。その対策をまとめましたので、活用してみてください。

・仕事について先入観を持たない

「◯◯業界(または職種)はきつそう」というような先入観から、求人の対象範囲を絞り込んでしまうと、応募できる案件が減ります。
内定の可能性をできるだけ高めるためにも、業種や職種については噂やネットの情報を鵜呑みにせず、根拠のある情報を集めて判断しましょう。

・条件の優先順位を決めておく

求人を探す際には「この職種がいい」「残業が少ない環境で働きたい」など、さまざまな条件を挙げてしまうものですが、あまりに多く挙げすぎると応募できる求人が少なくなってしまいます。
自分が絶対に譲れない条件は何なのか、逆に、妥協できるポイントはどこなのかなど、優先順位を明確にしておくことで、間口が広がり探しやすくなるでしょう。

・フリーター期間について納得できる回答を用意する

「なぜ正社員にならずアルバイトを続けていたのか」という質問は、フリーターから就職する場合には避けては通れない質問です。

アルバイトの経験しかないという場合、企業側は「同じ仕事を長く続けられるのか」「何か問題があるのでは」という不安を抱いてしまうもの。それを払拭できる回答を準備しておきましょう。
これまでの経験の中に反省点がある場合はどう改善するかを伝え、それを入社後の意気込みに繋げられると、採用担当者の不安を払拭することができるでしょう。

◆フリーターが就職するときのポイント

フリーターが就職するときのポイントの画像

30代フリーターが就職する際には、どのような点に注意すれば良いのでしょうか。以下に、就職時に考慮すべき点について見ていきます。

 

【現職と並行して就活を進める】

今就いている仕事を辞めてから就職活動を始める、という選択肢もあります。しかしながら、思い通りすぐに新しい仕事が見つかるかどうかはわかりません。

もし早期に採用が決まらなければ、就職活動中の数ヶ月を収入なしで過ごさなければならないという可能性も。そうしたリスクを回避するためにも、できるだけ現在の仕事を続けながら就職活動を行うことが望ましいといえるでしょう。充分な時間と資金を確保しておくことができれば、気持ちに余裕を持って職探しに当たることができます。

30代未経験者の採用には、人事も慎重に対応することとなります。なかなか採用してくれる企業がなく、就職活動が長期化することも覚悟しておきましょう。

 

【就職する目的を明確化する】

安定した生活を送りたい、よりやりがいを感じられる職に就きたい、年収アップを目指している…など、未経験からの就職・転職を考える理由はさまざまです。

なぜ就職したいのかという目的を明確にすることで、就職活動における優先順位がおのずとはっきりしてきます。ただなんとなく就活や就職をするのではなく、確固たる目的意識を持って取り組むようにしましょう。

 

【未経験者歓迎求人は20代向けの傾向がある】

未経験者を募集する求人には、20代の求職者をターゲットとしているものが多数あるようです。とりわけ好条件の企業には、20代の人達の応募が集中する傾向にあります。

応募先企業の業務に関連する経験や資格など、他の求職者よりも有利な点があれば採用される可能性も高まるのかもしれません。しかし特筆すべき強みを持たない場合には、30代の方が不利になってしまうことも考えられます。

 

【未経験者が不利になる業界がある】

多種多様な業界の中には、高い専門性が要求される企業や、そもそも未経験の転職者をあまり歓迎しない企業もあります。

例えば、信用を重視する金融業界では、知識やスキルのない未経験者を採用しにくいという事情があると考えられます。また、高度な技術と知見が要求される医療業界では、医師や看護師といった有資格者が人材採用において中心的な層となるでしょう。

 

【応募書類や面接で適切なアピールをする】

企業は求職者の人柄や意欲、コミュニケーション力を見て採用を検討することもあります。知識や経験がないというデメリットを補えるよう、応募書類や面接で適切なアピールをすることが大切であるといえそうです。

もちろん、やる気を伝えるだけでは不十分である場合も。たとえ業務は未経験であっても、応募先企業・職種に関わる知識を身に付ける努力をすることが肝要です。意欲とともに自分なりに努力していることを伝えられれば、人事に対するより効果的なアピールになります。

書類作成や面接に臨む前には、自己分析を行いましょう。自分自身にじっくりと向き合うことで、足りないもの・改善できるものが明確になっていくからです。

これまでの仕事経験の中から応募先企業・職種に関連する要素を見出すことができれば、なお良いといえます。

就職や転職の経験がない場合、書類の記入方法に関する知識や面接対策が乏しくなりがちな方もいるかもしれません。書籍やインターネットの情報、時には就職エージェントも利用するなどして、採用される前の段階でつまづかないように気を付けましょう。

 

【志望動機の掘り下げは十分に行う】

未経験者にスキルが問われないとなると、大切になるのは応募先の企業・職種を志望した理由です。

なぜこの会社を選んだのか、他職種でも目的を果たせるのではないか、未経験では難しいのではないかなど、ある程度質問内容を想定し、スムーズに受け答えができるようにしておきましょう。また、志望動機についてはポジティブな内容の事柄を述べることもポイントです。

 

【基本的なビジネスマナーを身に付ける】

新卒で就職した場合、会社内の新入社員研修で電話対応や名刺交換の仕方といったマナーを教わる機会があります。現在30代の方で正社員就職の経験がない方は、この点がネックになる可能性があるでしょう。

30代向けの正社員求人では、基本的なビジネスマナーやコミュニケーション力、調整力といったスキルが求められる傾向があります。正社員就職を目指すにあたっては、ビジネスマナーの基礎を積極的に学ぶことが大切です。

 

【スキルアップを目指す】

マナーを身に付ける以外にも、自身のスキルアップに繋げられる行動は多くあります。例えば、ビジネス関連のセミナーの受講、資格取得に向けた学習、職業訓練校への通学、業界の情報収集などです。

資格は取得することにより、実務経験のなさを補うことに繋がる可能性も。また職業訓練校は職種が限られている点がデメリットではあるものの、職場体験を通じて実務経験が得られるコースもあります。効果的に活用することで、スキルアップが望めるでしょう。

 

・就職先の制度や社風もリサーチしておく

女性の方の中には、妊娠・出産といったライフイベントのことも考えながら就職先を選びたい人もいるかもしれません。

その場合、単に正社員として受け入れてくれるならどこでも良いとするのではなく、育児休暇制度をはじめとした働きやすさも考慮に入れて就活を行うことが必要になります。女性比率が高い職場では、各種制度が整っているケースが多く見受けられるようです。

また、就職するにあたってはその企業の社風も重要な要素となり得ます。ビジネスライクな雰囲気重視の会社もあればアットホームな会社もありますし、老舗企業かベンチャー企業かによっても環境に相違があります。各企業の社風についても事前に十分調査し、自分に合うかどうかを熟考した上で応募するようにしましょう。

◆企業が30代未経験者に求めることとは?

企業がどのようなことを求めているか知っておくのも対策する上で大切です。

以下の2点を意識してみると良いでしょう。

 

【新しい環境に適応することが求められる】

一般的に30代の求職者には、ポテンシャルよりも即戦力としての能力が求められる傾向にあるようです。これまでの経験値を活かして、会社が利益を上げることに貢献することが要求されます。

特に30代後半の方は、管理能力が問われるケースも多々あります。その点を考慮すれば、まったくの未経験者よりは前職との関連性がある求職者が選ばれる可能性が高いと考えられるでしょう。もし未経験者が応募してきた際は、新しい人間関係や仕事のやり方にすぐに馴染めるかどうかをシビアに見られる可能性があります。

 

【新しい業務や技術の習得可否が問われる】

年齢が上がるごとに、新規に物事を習得する能力は徐々に衰えてくるものと一般的に考えられています。30代の求職者の場合、人事がこの点を気にする可能性があるということは念頭に置いておいた方が良いでしょう。

20代のうちは無理が利いても、30代やそれ以上になると体力的に厳しくなってくる人もいます。加えて未経験の業種・職種への就職となると、新規に身につけなければならないこと・覚えなければならないこともたくさんあるでしょう。大きな負担がかかるという点に要注意です。

場合によっては、正社員登用制度がある会社を選び、アルバイトとして少しずつスキルを習得しながら正規雇用を目指すのも一つの手といえます。ただし未経験である以上、どのような雇用形態であっても常に収入アップが望めるわけではないという点は留意しておく必要があるでしょう。

◆フリーターから正社員を目指しやすい業界・職種

フリーターから正社員を目指しやすい業界・職種の画像

最後に、年齢や経験の有無を問わず、比較的就職しやすいとされる業界・職種を紹介します。

 

【IT/Web業界】

IT・Web業界では売り手市場の状況が続いており、人手不足であるといわれています。ただし、プログラマーやシステムエンジニアといったITエンジニア系職種は、30代であってもより若い年齢の方がチャレンジしやすいとされているようです。

また、ITおよびWeb業界は技術の進歩が速いのが特色。最新のテクノロジーや情報を常にキャッチアップし、習得し続ける姿勢が求められます。この分野に強い関心を持ち、体力に自信がある方に向いている業界であるといえるでしょう。

 

【介護業界】

介護業界もまた、人手不足が続いている業界の一つです。人手不足であるということは、言い換えれば、未経験でも採用されやすいということでもあるのかもしれません。今後高齢化が進むにつれ、ますます人材が求められるようになっていくと考えられるでしょう。

介護の仕事は低賃金かつ激務、という印象を持つ人もいます。しかし近年は、政府が待遇改善に力を入れる動きもあるようです。働きながらヘルパー資格を取得することができるのも魅力。未経験から昇進し、将来的に職場の中心的存在に成長できる可能性があります。

 

【運送業界】

一口に運送業といっても、バスやタクシー、トラックなどさまざまな種類があります。外国人観光客増加に向けた取り組みが行われている現在、需要が高まっている業界であるといえるでしょう。

かつて運送業界には、高収入を得られるものの労働環境が厳しいというイメージがありました。ところが最近は、人材不足や事故などの影響を受け、ドライバーができるだけ長く働けるよう労働環境が改善されつつあります。

運送業界では、40代以上の未経験者採用も行われています。賃金が高めに設定されている会社も多いので、収入面も充実させたいとお考えの方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

【ホテル、旅行業界】

上記と関連しますが、海外からの観光客が増えてきていることから、ホテル・旅行業界でも多数の人材が求められています。語学力やコミュニケーション力を活かして働ける業界です。

ホテルでの仕事には、クロークやコンシェルジュ、宿泊予約、バンケットなどがあります。また旅行関係では、ツアー企画、カウンターセールス、団体セールス、ツアーコンダクターといった仕事が挙げられるでしょう。

 

【飲食店、小売店】

スーパーやアパレル、ホームセンター、各種飲食店などでも、人材採用熱が高まっています。時給を上げてもアルバイトやパートのスタッフが確保できない場合、正社員採用に切り替えて人材を募集する店舗も増えているようです。

飲食店・小売店の主な仕事内容は、接客や品出し、レジ打ちなど。アルバイトでこうした業務に携わった経験があれば、採用されやすくなるかもしれません。正社員経験がない方でも、比較的挑戦しやすい業界であるといえるでしょう。

 

【製造業(工場勤務)】

工場で働くメリットは、技術が身に付くという点です。フォークリフトや小型クレーンなどの資格を取得すれば、他の工場に移った際もスキルを活かすことができるでしょう。検品や梱包、ピッキングといった軽作業に従事する工場もあるので、自身の適性に合わせて職場を考えるようにします。

また、工場事務や食品加工といった業務に携わるケースもあります。

 

【製造業(自動車、重機など)】

製造業は、日本の産業の中でも代表的なものの一つです。

自動車や重機といった製造業は、現在海外から国内生産に回帰しつつあります。事故やクレームを避け、高い品質を保持していくためです。

国内での生産が盛んになるにしたがって、製造拠点で働く人材の採用が活発になることが予想されます。安定感のある仕事に就きたいという方に向いている業種です。

 

【専門商社】

専門商社とは、特定分野の商品に特化して扱う商社です。国内または海外のメーカーから購入した商品を小売業者に卸したり、輸出したりする事業を行っています。

専門商社で働くためには専門知識が必要なイメージがありますが、一方で人材の採用に関しては、価値観やバックグラウンドの多様性を重視するという側面もあるようです。特定の領域でのプロフェッショナルを目指したい、英語・中国語などの語学を活かした仕事をしたいとお考えの方に向いています。

 

【営業職】

職種でいえば、未経験でも採用されやすいのは営業職であるといわれています。ただ、営業という仕事に対してハードルの高さや苦手意識を持っている人はたくさんいるのかもしれません。

営業職に向いているのは、顧客の課題解決に向けて相手の話を丁寧に聞くことができる、コミュニケーションや人間関係を重視する、といった資質をお持ちの方といえます。もし自分の性格に合っていると感じられれば、営業職としての就職を視野に入れるのも選択肢の一つです。

なお、営業の仕事はBtoB(企業対企業)、BtoC(企業対個人)の2種類に大別されます。扱う商品も金融や保険、自動車など多種多様です。業種によっては、高度な専門的知見が要求されることもあります。

さらに、事前に連絡を取らずに営業先に出向く飛び込み営業、リストアップされた営業先に対して繰り返し売り込みを行うルート営業など、仕事の方法も細分化されるのが営業職の特徴です。

 

【事務職】

未経験から事務職に転職するチャンスもあります。事務の仕事もいくつかの種類に分けられますが、その中でも未経験者が採用されやすいのは、一般事務や総務事務、営業事務などです。

ただし、事務職の正社員求人は見つけるのが難しい場合もあります。派遣社員に事務を担当させる企業が増えてきているため、正社員の求人があった場合も競争率は高いでしょう。

事務の仕事の場合、未経験であっても基本的なパソコンスキルが求められる傾向にあります。WordやExcelはもちろんのこと、ブラインドタッチもできるとなお好ましいでしょう。

 

以上は、採用されやすいと考えられる業界・業種の例の一部です。働き手不足の状況を受け、最近は年齢よりも本人のやる気を重視する方針の会社も多くなってきました。各企業が欲しいと思っている人物像を事前にしっかりと調べておくことが、正社員としての内定に繋がるといえるでしょう。

 

いかがだったでしょうか。今回は、30代で正社員として就職を考えた時にぶつかる壁と、その壁をクリアするために必要なことをいくつか考えてきました。

 

フリーターから正社員を目指すという場合、ベストなのは20代のうちに行動を移すこと。まだ20代でこの先どうするか悩んでいる…という場合には、早めの行動に移すのがおすすめです。

しかし、30代になったからといって就職することが不可能になるというわけではありません。難しい部分もありますが、このコラムで紹介したようなポイントを押さえることで効率よく就職活動を進めれば、正社員になることもできます。

一人で就職活動を行うのは不安、どんな対策をすればいいのかわからない…そんな方は、就職活動のプロに相談するのがおすすめ。自分に合った転職エージェントに登録すれば、カウンセリングや求人の紹介、面接時間の調整など就職活動に関するさまざまなサポートを受けることができます。

ハタラクティブは、若年層に特化した転職エージェント。フリーターの方の就職も積極的にサポートしています。

就職すべきか悩んでいるという方は、まずはお気軽にご相談ください。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ