1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 正社員で働きたくないと考える訳とは?

正社員で働きたくないと考える訳とは?

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・正社員で働きたくないという理由で非正規雇用での働き方を選ぶ人がいる
    ・正社員で働きたくない理由には、拘束時間の長さや休暇の取りづらさなどがある
    ・正社員で働きたくない人の多くは、やりたい仕事ができないという懸念がある
    ・正社員になると昇給や賞与のチャンスがあり、キャリアが積める

正社員で働きたくないと考える訳とはのイメージ

正社員で働きたくないと考えている人は、多いのではないでしょうか。
理由は「会社に縛られたくない」「自由に休みを取りたい」「責任ある仕事は荷が重い」など、人によってさまざまでしょう。しかし、正社員には非正規雇用にはない「雇用や収入の安定」「社会的信用の高さ」といったメリットがあります。
このコラムで正社員のメリットと求人を探す際のポイントを知り、自分に合った就職を目指しましょう。

監修者:多田健二

キャリアコンサルタント

今まで数々の20代の転職、面接アドバイス、キャリア相談にのってきました。受かる面接のコツをアドバイス致します!

 

正社員として働きたくない理由

近年は派遣社員やパート、アルバイトなどの多様な雇用形態が存在し、それぞれのライフスタイルに合わせて最適な働き方を選ぶことができます。目的を持って上記のような雇用形態を選択している人もいれば、「正社員で働きたくない」という理由から非正規での働き方を選んだ人も。
「正社員で働きたくない」と思う理由として、具体的に以下の例があげられます。
 

時間の自由度が低い

「拘束時間が長い」「決まった休み以外に自由に休暇をとれない」というイメージから、正社員を望まない人もいるようです。また、「朝早く家を出て帰宅は深夜だった」「長期の休暇が取りづらかった」など、プライベートの充実を図れなかった経験のある人は、もう正社員として働きたくないと思ってしまう場合があります。
 

プレッシャーが強い

正社員は仕事におけるプレッシャーや責任が重く、ストレスと感じる人も。特に営業職や販売職など、職種によってはノルマが課せられるため、精神的な負担を感じやすいといえるでしょう。また、ノルマがなくても高い目標や難しい業務への挑戦、上司からの期待、クレーム対応など、プレッシャーのかかる場面は多いもの。正社員の職務に責任はつきものですが、プレッシャーがかかるのが嫌で正社員になりたくないと考える人がいます。
 

やりたい仕事ができない

「希望とは異なる部署に配属された」「実際はイメージと違う仕事ばかりだった」という経験のある人は、「今後正社員になっても同じことが起きるのでは…」と不安に思う場合が多いようです。そのためミスマッチが生じてもリスクが少ないという理由で、正社員ではなく非正規雇用での仕事を考える人もいます。
 

人間関係のストレスが辛い

多くの人にとって悩みの種となるのは、職場の人間関係でしょう。正社員は職場にいる時間や同僚と協力して仕事を進める場面が多くなります。そのため、「人間関係が上手くいかなかったらどうしよう」と不安が大きくなり、正社員になりたくないと思う人も。また、「人に気を遣いすぎるあまり気疲れしたくない」という理由で正社員を望まない人もいます。

 

正社員の4つのメリット

前述したように、さまざまな理由で非正規社員として働いている人は多いでしょう。しかし、将来性を考えると正社員にはメリットが多くあります。正社員のメリットは、以下のとおりです。
 

1.昇給や賞与のチャンスがある

正社員のメリットの1つとして挙げられるのが、昇給や賞与のチャンスです。
企業によってはアルバイトやパート、契約社員にも昇給がありますが、それでも正社員と比べるとその幅は限られています。そのため、正社員の方が収入アップを目指せるでしょう。
ボーナスに関しては、アルバイトへの支給はあまり多くなく、正社員に比べるとその確立は低いといえます。支給されたとしても、正社員よりも金額が低い場合がほとんどです。
 

2.社会的信用度が高い

正社員は雇用や給与の安定から、非正規雇用に比べて社会的信用が高いといわれています。ローンやカードの審査に通りやすく、マンションやアパートの賃貸契約もスムーズにいくようです。
また、結婚に際しても正社員は相手や相手の両親に認められやすい面があります。社会的信用度の高さは日常生活にも関わるため、大きなメリットといえるでしょう。
 

3.着実にキャリアを積める

正社員として就職すると、より高度な業務に携わる場面が増えるため、やりがいを感じられるでしょう。スキルアップだけでなく、部署異動によってキャリアチェンジをするチャンスもあります。
また、将来はキャリアアップのために、それまでの経験を活かして転職をすることも可能でしょう。着実に成長したい方は、正社員になるのがおすすめです。
 

4.福利厚生が適用される

福利厚生は正社員のみを対象としている会社が多く、企業の中には住宅手当や資格手当を支給するところがあります。
また、フレックスタイム制度や時短勤務制度などを導入している企業であれば、ライフスタイルに合わせて無理なく働くことができるでしょう。

 

正社員求人を探す際のポイント

正社員を目指すか悩んでいる人の中には、「入社後にミスマッチが起きないか不安…」という方もいるでしょう。就職後にギャップが生じないようにするためには、自己分析と企業研究が鍵となります。 まずは自分の経験を振り返り、興味のある分野や強み、価値観などを把握してどの業界・職種が向いているか考えましょう。そのうえで情報収集を行い、気になる企業は詳細を調べることが大切です。企業のWebサイトで経営理念や事業内容、社風などを確認するほか、求人サイトなどで会社の特徴を把握しましょう。仕事内容や労働環境、社風などすべての希望条件が一致する企業を見つけるのは難しいため、優先順位をつけたうえで探すのがポイントです。
 

それでも正社員で働きたくない!その場合はどうした良い?

昇給や福利厚生などのメリットは分かったが、それでも正社員で働きたくない…。そう思いつつも、将来のことを考えて思い悩んだり葛藤したりすることがあるでしょう。
「このままで良いのか不安…でもどうしたら良いのか分からない」という場合は、まずは自分のやりたいことや理想の仕事の条件を考えることが大切です。
 

自分のやりたいことはなにかを考える

まずは、「自分がやりたいこと」「やりたくないこと」を考えます。趣味や仕事、何でも良いので興味があることをリストアップしていきましょう。

 

もしやりたいことが趣味であれば、続けるためには収入が多い方がもっと楽しめる場合があります。たとえば、旅行が趣味の人は、収入が増えることで旅行先の選択肢が増えたり、旅行に行ける回数が増えたりなどが考えられるでしょう。また、ボーナスなどのまとまった収入があれば海外旅行に行ける可能性が高くなります。仕事に関することでやりたいことがある場合は、正社員であればスキルアップやキャリアアップを通して知識を深めることができるでしょう。

 

非正規雇用は、有期雇用契約です。そのため、契約更新がされなかったら収入が途絶えてしまう可能性があります。そうすると、趣味に費やす費用を捻出できなくなり、趣味自体を楽しめなくなってしまうでしょう。また、やりたい仕事も続けられず、キャリアが途絶えてしまうことも。
自分のやりたいことを続けるためには、どういった働き方が最善か考えてみると良いでしょう。
 

理想の仕事の条件を考える

「給料」「労働時間」「職場の人間関係」「勤務地」「業務内容」など仕事に関わる条件を分類し、その中で優先順位をつけてみましょう。自分の中で優先順位をつけることで、働くうえで何を大切にしているかが明確になり、自分にあった企業や働き方を探しやすくなります。
短い労働時間で働きたいのであればアルバイトが良いでしょう。高い給料やスキルアップ、雇用の安定や将来性を考えるのであれば、正社員という選択になります。
理想の仕事の条件に優先順位をつけることで、自分に合った働き方が分かり、仕事を探しやすくなるでしょう。

 

「企業選びに不安がある」「自分に合う仕事がわからない」という人は、エージェントを活用するのも1つの方法。ハタラクティブは、フリーターや高卒、第二新卒などの若年層を対象に就職・転職支援を行うエージェントです。アドバイザーが希望に合う求人をご紹介するほか、応募書類のアドバイスや面接対策といったサポートをマンツーマン体制で実施します。サービスのご利用はすべて無料のため、まずはお気軽にご相談ください。
 

正社員で働きたくない場合の対策に関するお悩みQ&A

正社員で働きたくない理由は人それぞれでしょう。しかし、正社員でも自分に合った働き方が見つけられる可能性があります。正社員で働きたくない方のお悩みをQ&A方式で解決していきます。
 

正社員で働くのは自分に合っていない場合、どうしたら良いですか?

まずは正社員でも自分に合った仕事がないか探してみましょう。
たとえば「正社員だと自分の時間がとれない」と感じているのであれば、残業の少ない職場やフレックス制の仕事に絞るなど、自分のライフスタイルに合わせて探してみましょう。
フレックスタイム制が導入されている業界・職種などは「ライフスタイルに合わせて働く!フレックスタイム制とは」を参考にしてください。

ブランクがあり正社員になるのは不安…どうすれば良いですか?

今まで正社員経験がなかったり、しばらく働いていなかったりしていきなり正社員になるのが不安なら、まずはパートやアルバイトで働くことに慣れましょう。
パートやアルバイトの仕事を探す際に、「正社員登用制度」のある仕事に着目してみるのも1つの手です。正社員登用制度とは、パートやアルバイト、契約社員などの雇用形態で働く労働者が正社員へ転換する制度のことです。
詳しくは「正社員登用制度とは?特徴や注意点」「正社員登用制度って何?その仕組みをご紹介」をご覧ください。

正社員だと異動が心配…何か良い方法はありませんか?

限定正社員で働くことを検討してみてはいかがでしょうか。
限定正社員とは、職種、労働時間、勤務地などを限定する働き方です。アベノミクスの中で誕生した働き方で、育児や介護があるという方でも仕事と両立させることができるでしょう。
詳細は「限定正社員という新しい働き方のメリットとデメリット」「正社員と待遇は同じ?限定正社員のメリットとデメリット」で紹介していますので、参考になさってください。

正社員の仕事を見つけるには、どのような方法がありますか?

ハローワークや求人サイト、就職エージェント、ジョブカフェなどを活用しましょう。
ハローワークやサポステ、ジョブカフェは、厚生労働省が運営に関わる公的なサービスです。転職エージェントは、民間企業が求人を提案してくれるサービス。
詳しくは「ニートは就職相談所を利用しよう!雇用に繋がる施設一覧」でご紹介しています。
手厚いバックアップを受けて就職活動をしたい方は、就職エージェントのハタラクティブにご相談ください。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

関連キーワード

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる