正社員とパートの違いはここ!色々な非正規雇用の働き方

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 正社員とパートの違いはここ!色々な非正規雇用の働き方

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・正社員とパートの違いは、契約期間の有無と給与、福利厚生、成長面

    ・育児や介護などで自分の時間を確保したい人や、さまざまな仕事をしたい人はパート向き

    ・安定した収入を得ながら成長したい人は、正社員向き

    ・派遣や契約社員という働き方もあるが、雇用に関しては正社員より不安定

正社員とパートの違いを知り、自分に合った働き方を選びましょう!

それぞれの働き方のメリット・デメリットについてもご紹介します。

 

◆正社員とパートの違いはどこにある?

◇契約期間

正社員とパートの大きな違いは、契約期間。 

正社員は無期の雇用契約のため、比較的安定した環境で長期的に働くことができます。 

パートやアルバイトといった正社員以外の雇用形態は、期間が定められている有期雇用が一般的。パートの場合は、働く時間や曜日を自由に選べるというメリットがあります。

ちなみにパートとアルバイトは、同じ意味合いで用いられることが多いようです。

 

◇給与

企業にもよりますが、正社員は昇給やボーナスの機会があります。一方、パートタイマーは大幅な昇給や賞与は期待しづらいでしょう。

正社員は長期に渡り安定した収入を得られるため、パートやアルバイトで働き続けた場合と比べ、生涯年収は高いといわれています。

 

◇福利厚生

正社員は、社会保険をはじめ、会社によっては住宅手当、育児支援、資格手当など、手厚い福利厚生を受けることができます。 

一方、パートなどの短時間労働者の場合、一定の条件を満たさなければ社会保険に加入することはできません。会社が設けた福利厚生も、正社員に限定されていることが多いようです。

 

◇成長

正社員は、長期的に働くことが前提。そのため、企業にもよりますが自社の教育支援や研修制度を受けられ、責任のある仕事を任される機会や成長できるチャンスが多いといわれています。

それに対し、パートは教育支援や研修制度が適用されないことが多く、スキルアップは難しい傾向に。 

上記のような正社員とパートの特徴を把握し、自分に合った働き方を選択するようにしましょう。

◆パートタイムに向いてるのはこんな人

パートタイムで働く最大のメリットは、時間の融通がきくこと。育児や介護、プライベートの時間と仕事を両立したい方に向いています。

また、同世帯に収入を得ている人がいて補助的に働きたい人や、次の仕事が決まるまで短期間で働きたい方にも向いている勤務形態といえるでしょう。

なかには、一企業に留まらず、さまざまな仕事を経験したいという理由でパートをしている人もいるようです。

◆正社員に向いているのはこんな人

正社員は長期的に働くことを前提として雇用されているため、経済面や雇用面で安定を得たい人に向いています。 

安定した収入が保証されており、社会的な信用が得られやすいのが特徴。住宅ローンを組む場合やクレジットカードの審査も通りやすくなっています。 

 

また、有期雇用でないことのメリットは、仕事を通して成長できる点。前項にもあったように、正社員を対象とした教育支援制度を設けている会社は多くあり、責任のある仕事を任せる傾向にあります。 

チャンスを活かすことができれば、着実にキャリアを積むことが可能です。 

 

◆ほかにもある非正規雇用の働き方

正社員とパートタイマー以外にも、さまざまな働き方があります。代表的な例は以下のとおりです。。

 

【派遣社員】

派遣者社員は人材派遣会社に雇用され、派遣先の企業で仕事をする働き方です。給与は雇用主である人材派遣会社から支給され、派遣先で何か問題が発生したときは派遣会社の担当者が間に立って交渉します。

 

<メリット>

・給与条件の交渉などを自分でしなくても良い

・派遣先の職場が合わなくても次の契約更新で辞めやすい

・契約期間が終われば派遣元が次の仕事を探してくれる

・大手、有名企業で働くチャンスがある

・ライフスタイルに合わせて働ける

 

<デメリット>

・派遣元の会社が仲介に入るため、トラブルが生じた際は解決までに時間がかかる

・派遣先が気に入ったとしても長期的に働けるわけではない

・ボーナスの支給がない

・責任のある仕事を任されず、やりがいを感じられないことがある

・正社員と比べて雇用が不安定である

 

【契約社員】

契約社員は、無期雇用の正社員とは違い、一定期間の契約を結んで働く社員のことです。契約社員に任される仕事の範囲や職責は職場によってさまざまで、パートタイマーに近い働き方をする契約社員もいれば、定年退職したベテラン社員が契約社員として再雇用されるケースもあります。

「嘱託職員」などと呼ばれる雇用形態も、契約期間が定まっているという意味で契約社員に含まれます。

 

<メリット>

・派遣社員と比べて仕事の範囲が広い

・専門知識を活かして働ける

・正社員に登用されるケースがある

 

<デメリット>

・派遣社員とは異なり、契約期間が終わると自分で仕事を探さなければならない

・給与などの条件交渉を全て自分でする必要がある

・正社員と比べて雇用が不安定である

 
上記が正社員やパートタイマー以外の雇用形態です。それぞれの特徴を確認し、十分に理解した上で選ぶようにしましょう。

◆大切なのは、自分に合った働き方です

このコラムでは、正社員とパートの違い、そして派遣社員と契約社員の働き方をご紹介しました。

それぞれの働き方に特徴があるため、自分の状況を踏まえた上で雇用形態を選びましょう。 

もしアルバイトスタッフとしてフルタイムで働いている場合や、安定した収入を得たいと考えているのであれば、正社員として就職することをおすすめします。 

 

高卒・第二新卒・既卒・フリーター向けに就職・転職支援サービスを提供しているハタラクティブでは、専任のアドバイザーが就職や転職について相談にのっています。 

就職活動は、一般的に1~3ヵ月ほどかかります。パートで働きながら、1人で活動するのは意外と大変なもの。 

ハタラクティブでは、面接日や入社日の日程調整をはじめ、あらゆるサービスを提供しています。 

ぜひ、お気軽にご相談ください!

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ