短時間正社員とは?適用条件やメリットは?社会保険制度やパートとの違いも

短時間正社員とは?適用条件やメリットは?社会保険制度やパートとの違いもの画像

【このページのまとめ】

  • ・短時間正社員は無期限労働契約を結んでおり、勤務時間が週40時間以内の社員のこと
  • ・短時間正社員の賃金は同じ職種・職位への支給額を労働時間に比例して減額した金額
  • ・短時間正社員のメリットは、ワークライフバランスが保ちやすくキャリア継続可能なこと
  • ・短時間正社員の社会保険加入は、いわゆる「4分の3ルール」に当たるかどうかで決まる
  • ・求人を探す際には、短時間正社員と書かれてあるものや厚生労働省のサイトをチェック

短時間正社員という言葉を聞いたことがあっても、どのような企業で採用があるのか、パートとはどのように違うのかなど、実際のところは分からない方も多いのではないでしょうか。短時間正社員は正社員と同じ雇用条件ながら時短で勤務でき、キャリアの継続を諦めていた人にとっては注目すべき働き方です。このコラムでは、短時間正社員の特徴やメリットなどを包括的に解説。新しい働き方を検討している方はぜひお役立てください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

短時間正社員制度とは

短時間正社員とは、期間の定めのない労働契約を締結しており、基本給や退職金等の算定方法がフルタイム正社員と同じである社員のこと。勤務時間については「フルタイム正社員との違い」で詳しくご紹介します。

短時間正社員の対象者 

短時間正社員は、フルタイムの正社員と同等かそれ以上の意欲や能力があるにも関わらず、長時間働けない人が対象です。「介護や育児と仕事を両立したい」「日時を限定して働きたい」「定年後も働き続けたい」「パートからキャリアアップしたい」といった人のニーズに応える制度といえるでしょう。

フルタイム正社員との違い

短時間正社員は、フルタイム正社員に比べ1週間の所定労働時間が短いことが特徴です。
パート・有期労働ポータルサイト「短時間正社員とは?」に記載のあるとおり、フルタイム正社員の定義は「1週間の所定労働時間が40時間程度で、無期限労働契約を締結している社員」。そのため、給与などの待遇などはフルタイム正社員と同等であるものの、1週間の労働時間においてフルタイム正社員よりも短い人たちのたちのことを指します。ポイントはどちらも正規型の社員であることです。

参照元
パート・有期労働ポータルサイト
短時間正社員とは?

パートとの違い

同じ短時間勤務であっても、短時間正社員はパートタイマーと雇用条件の点で異なります。パートタイマーは雇用期間に定めのある労働契約ですが、短時間正社員はフルタイム正社員と同じく無期限雇用です。

短時間正社員の賃金について

ここでは、短時間正社員の賃金について、フルタイム正社員と比較しながら記載していきます。

給与

パート・有期労働ポータルサイト「短時間正社員の労働条件(人事評価、賃金、教育訓練)について、検討する」によると給与に関しては、あくまでも算出方法が正社員と同じであるだけなので、労働時間が短い分フルタイム正社員より低くなります。
短時間正社員の場合、月例給与(基本給、諸手当)のうち、基本給は正社員と同じ金額から労働に比例して減額して支給されるのが特徴です。
諸手当については各々の手当の趣旨や支給基準を踏まえて、短時間正社員に対する支給額を検討し支給されます。

フルタイム正社員と短時間正社員の給与計算例

フルタイム正社員:基本給30万円
短時間正社員:週24時間の勤務(フルタイムの6割))→基本給30万円×6割=18万円+手当

参照元
パート・有期労働ポータルサイト
短時間正社員の労働条件(人事評価、賃金、教育訓練)について、検討する

賞与

支給基準のベースが基本給の場合は、基本給が労働時間に比例して減額されているので、支給月数などはフルタイム正社員と同じにするのが原則です。支給基準が業績などの場合も、原則としてフルタイム正社員と同じ支給基準を適用します。

退職金

退職金を算出するにあたって勤続年数が考慮されている場合は、短時間正社員制度を利用中の勤続年数も通算するのが原則です。ただし、勤続年数をそのまま通算するか、労働時間に応じて短時間正社員制度を利用中の勤続年数を補正するかは、各企業の退職金の位置づけによります。(賃金の後払い、功労報償、生活保障など)

短時間正社員のメリット

短時間正社員には、正社員と同等の待遇、キャリアの継続しやすさなどメリットが多くあります。以下、どんなメリットがあるのか解説するので、参考にしてみてください。

ワークライフバランスが保ちやすい

正社員に比べ勤務時間が短いため、ワークライフバランスを保ちやすいといえるでしょう。育児や介護、または持病等により長時間の勤務が難しい人でも、正社員として働けるのが大きなメリットです。ワークライフバランスを保つことの大切さについては「仕事と生活に充足感を与えるワークライフバランスとは?」でも解説しているのでチェックしておきましょう。

キャリアを継続できる

これまで、仕事を続けたくてもライフイベントなどによってキャリアの中断を余儀なくされていた場合でも、継続できる可能性があります。自身のキャリアで培ってきた高いスキルを損なうことなく仕事に活かせるので、活躍の機会も奪われないのがメリットです。

なお、勤務日数・時間以外にも勤務地や仕事内容に不安があることが理由で復職に二の足を踏んでいる方は限定正社員という働き方も近年注目されています。限定正社員については「限定正社員という新しい働き方のメリットとデメリット」でも解説しているので、チェックしてみてください。

短時間正社員のデメリット

大きなデメリットは特にありませんが、強いて言えば重要な仕事を任せられにくいことが挙げられます。正社員に比べてどうしても勤務時間が短いため、現場の責任者といった特に重責な仕事は任せられにくなってしまいがち。
しかし、短時間勤務でありながら正社員としてのキャリアを積めるメリットは大きく、こうした懸念点を考慮しても余りあるといえます。

企業が短時間正社員制度を導入する5つのメリット

求職者の目線から短時間正社員という制度のメリット・デメリットについて紹介してきました。
ここでは企業側目線から短時間正社員制度を導入するメリットを紹介していきます。

1.優秀な人材の確保

短時間正社員制度の企業へのメリットは、何といっても優秀な労働力の確保。厚生労働省「『短時間正社員制度』の導入を応援します」のページに記載のあるとおり、政府も2008年から企業への短時間正社員制度の導入を推奨しています。高い能力ややる気がありながらも、ライフイベントや定年などによって正社員を諦めざるを得ず、退職する人材が多いのが制度の背景の一つです。優秀な人材の退職は企業にとって損失が大きいため、正社員と同様の条件をもって雇用を守るのが目的といえるでしょう。

参照元
厚生労働省
「短時間正社員制度導入支援ナビ」がオープンしました!!

2.離職防止

子育て、介護をする社員の離職を防止できるのもメリットの一つ。育児や介護と仕事の両立を目指すには、時間の調整が必要となります。しかし、急な休みや遅刻・早退で迷惑をかけられないという後ろめたさや、精神・体力面の負担によって離職してしまう方が多いのが現実です。短時間正社員制度の活用で、能力の高い人材の離職を防げます。

3.高齢者の意欲向上

定年を過ぎても働き続けたい人は多くいますが、フルタイム正社員では残業などもあり、これまでの労働条件では体力的に続けづらいといった側面も。短時間正社員は高齢でも利用できるため、「働く意欲はあるものの体力的に諦めていた」という方の活躍も見込めます。

4.心身の不調からの復帰を促せる

短時間正社員制度を、心身の不調で休職した社員のリハビリとして活用する企業もあります。
復帰と同時にフルタイム勤務となると負担が大きくなりますが、短時間勤務であれば、個人のペースに合わせたスムーズな職場復帰が可能となるでしょう。

5.自己研鑽を促せる

短時間勤務は、ボランティア活動や自己研鑽活動に参加する社員の増加にもつながります。
企業にとっては、社外で広がった視野を仕事に活かしてもらう、働き方の幅を広げることで社員の仕事のモチベーションがアップするといったメリットが見込めるでしょう。
社員の方も、自己研鑽に充分な時間を確保できるので、自らのキャリアの幅を広げられる可能性があるといえます。

このように、労働者と企業どちらにもメリットがある短時間正社員制度は、働き方の多様性へと繋がることから、今後は導入する企業の増加が考えられるでしょう。

企業が短時間正社員制度を導入するデメリット

上記で企業短時間正社員を導入するメリットについてご紹介しましたが、短時間正社員制度を導入すると企業側にとっては必要経費が増えます。そのため、育児支援等の名目で一定の期間しか時短勤務を認めない企業もあるのが現状です。

短時間正社員も保険制度の対象になる?

短時間正社員の保険は、規定に従って適用されます。以下、社会保険と雇用保険について解説するので、短時間正社員として勤務するかどうか検討している方はチェックしておきましょう。

社会保険

短時間正社員の社会保険については、パート・有期労働ポータルサイト「『短時間正社員制度』導入・運用支援マニュアル」(p48)によると下記の要件を満たし、就労実態も当該書規定に則している短時間正社員については健康保険・厚生年金保険が適用されます。

1.就業規則等に、短時間正社員に係る規定がある
2.期間の定めのない労働契約が締結されている
3.時間あたりの基本給及び賞与・退職金などの算定方法などが同一事業所内にて雇用される同種のフルタイム正社員の正規型の労働者と同等である
社会保険に入りたいという短時間正社員希望の方は、上記の要件をチェックした上で、人事部や総務部に相談してみてください。

雇用保険

雇用保険は、上記と同じくパート・有期労働ポータルサイト「『短時間正社員制度』導入・運用支援マニュアル」(p48)に記載のあるとおり、所定労働時間が週20時間以上かつ31日以上引き続き雇用されることが見込まれる場合は適用されます。同じ短時間正社員であっても、雇用保険に加入するかどうかは個人の労働時間によって異なるので注意しましょう。

参照元
パート・有期労働ポータルサイト
「短時間正社員」導入運用支援マニュアル

短時間正社員の求人が多い仕事と探し方

短時間正社員の求人が多い仕事には、サービス業などが主なものとして挙げられるでしょう。また、求人の探し方についても解説していますので、お役立てください。

短時間正社員の求人が多い仕事は?

短時間正社員の求人は、主に接客といったサービス業に多い傾向があります。また、医師や薬剤師、保育士などの専門職でも短時間正社員の求人が多くあるので、資格を取得している方や取得を考えている方はチェックしてみてください。比較的シフトに自由が利きやすい仕事に短時間正社員の求人が多いといえるでしょう。

短時間正社員の求人の探し方

短時間正社員の職を探したい場合には、その制度が導入されているかどうかを求人条件でチェックするのが基本。求人に「短時間正社員」とあるものを探してみてください。
または、パート・有期労働ポータルサイト「短時間正社員制度導入企業事例一覧」から、短時間正社員制度を導入している企業を確認できます。個々の企業の導入事例を読んだうえで、募集を行っているかどうかを調べてみるのもおすすめです。

参照元
パート・有期労働ポータルサイト
短時間正社員制度導入企業事例一覧

「自分に合った職場で正社員として働きたい」「短時間正社員として働きたい」という方は、ぜひハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブは正社員を希望している20代・30代の方向けの就職・転職エージェント。扱っている求人は、応募者のポテンシャルを高く評価する企業ばかりですので、職務経験やスキルに自信のない方も安心です。また、110,000人以上という豊富な就職相談実績をもとに、アドバイザーが就活のプロの目線であなたに合った企業を厳選してご紹介。労働条件の交渉といった応募先企業とのやり取りもおまかせください。ご登録、ご相談はすべて無料。お問い合わせをお待ちしております。

こんなときどうする?短時間正社員に関するお悩みQ&A

「保険はどうなるの?」「収入は減る?」など、短時間正社員について疑問や不安がある方もいるでしょう。ここでは、短時間正社員に関するお悩みをQ&A方式で解決していきます。

短時間正社員とは何ですか?

短時間正社員とは、通常よりも短い勤務時間で雇用される正社員のことです。働く能力や意欲がありながら、介護や育児、病気の治療など、やむを得ない事情でフルタイムで働くことが困難な人が対象になります。詳しくは、このコラムの「短時間正社員制度とは」をご覧ください。

短時間正社員のメリットを教えてください

短時間正社員には、私生活と仕事を両立しやすくなる、待遇はフルタイムの正社員と同等、正社員のキャリアを継続できるなどのメリットがあります。短時間正社員はフルタイム正社員よりも負担を減らしながら、安定して働ける制度といえるでしょう。

短時間正社員の場合、収入はどうなりますか?

短時間正社員になると勤務時間が短くなるため、その分収入はフルタイム正社員よりも減少します。ただし、先述したように待遇は変わらないため、諸手当や福利厚生などは同様に受けることが可能です。

短時間正社員の場合、社会保険はどうなりますか?

短時間正社員になっても、一定の基準を満たしていれば社会保険の加入対象者です。また、週の労働時間が20時間以上の場合は、雇用保険の対象にもなります。このコラムの「短時間正社員も保険制度の対象になる?」で短時間正社員の社会保険について詳しく解説しているので、ご覧ください。

短時間正社員の求人を見つけるには?

時短正社員の求人を見つけたい場合は、求人サイトや求職サービスなどで「短時間正社員」と表記がある仕事を探しましょう。自分で求人を探すのも良いですが、エージェントを利用するのもおすすめの方法です。ハタラクティブでは、カウンセリング結果に基づいた求人紹介を行っているので、気軽にご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION