正社員になるには学歴が必要?中途採用の場合について

正社員になるには学歴が必要?中途採用の場合についての画像

この記事のまとめ

  • 中途採用では、学歴よりも前職で身につけたスキルが重視される
  • 企業が求める人物像を理解し、企業側のニーズに合った自己PRをしよう
  • 学歴条件がない限りは、正社員採用の可能性があると考え自信を持ってチャレンジしよう

「正社員になりたいけど学歴に不安がある」転職を考えている方のなかには、そんな心配を抱く方もいるでしょう。しかし、中途採用では即戦力を求めることが多いので、学歴よりも経験やスキルが重視されます。学歴のことは必要以上に気にせず、これまで培ってきた経験やスキル、自分の強みなどを積極的にアピールすることを考えましょう。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

正社員の中途採用は学歴よりも経験を重視

転職では、学歴についてそれほど深刻に考える必要はないといわれます。その理由は、中途採用と新卒採用とでは、学歴に対する比重が異なるからです。新卒採用では、だれもが社会人経験がない状態での応募のため、学歴や資格は、企業側の選考基準として重視されます。学校での活動を通してどのようなことを学んだのかということが、履歴書や面接においてアピールポイントとなるでしょう。

一方、中途採用では社会人経験が重視されます。企業が中途採用者に求めるのは、多くの場合、即戦力です。そのため、これまでの仕事を通してどのようなスキルを習得してきたか、自社での活躍が臨めるか、ビジネスマナーが身についているか、コミュニケーションが図れるかなどが選考基準として見られます。

応募条件に「大卒資格を持つ方」という記載がある場合、基本的には大卒の人しか応募ができません。しかし、そのような条件がないのならば、専門卒も高卒も関係なく採用される可能性があるといえます。「学歴不問」と記載のある求人ならば、なおのこと期待できるでしょう。専門卒や高卒の人は、大卒の人とはまた別の努力をしてきたはずです。学歴について思い悩むよりも、これまでの仕事で習得した知識や技術、自分の長所などに目を向け、アピール方法を考えることに時間を使うほうがはるかに有用です。

未経験OK多数!求人を見てみる

正社員採用につながる自己PRとは

面接では、必ずと言っていいほど自己PRが求められます。では、面接官がそこから何を知りたいのかを考えてみましょう。応募者に求めている能力は、企業によって異なります。面接官はその能力を応募者が持っているかどうかを自己PRを通して見極めたいのです。自己PRの時間は限られているので、そこでズレたアピールをしてしまうと、採用される可能性はグッと下がってしまいます。まずは企業分析をして、志望する企業で求められている能力は何かを考えることが重要でしょう。

自己PRの方法としては、結論、根拠、具体的なエピソードという順番で伝えるのが一般的です。例えば、「私は人をまとめることが得意です」という結論を最初に伝え、「コンビニの仕事でアルバイトの人達をまとめるリーダーをやっていました」とアピールの根拠を示し、最後に具体的なエピソードを詳細に話すといった具合です。実際に声に出してイメージトレーニングしておくと、緊張緩和に効果的でしょう。

面接の自己PRの答え方とは?例文や長所の効果的なアピール方法を紹介!」や「自己PRは熱意が大切!伝えるための具体的なポイントを解説!」では、面接官に好印象を与える自己PRの具体例や面接のポイントについてまとめています。こちらのコラムも参考に、熱意の伝わる自己PRを作成しましょう。

学歴よりも自分に自信を持つことが重要

大卒か専門卒か高卒かということは、中途採用ではあまり面接官が気にしない項目です。重要名応募要件の場合は、求人に「大卒であることが望ましい」などと書かれているはずです。求人になにも書かれていないのならば、採用に大きく影響するようなことはないと考えて良いでしょう。

ただし、「専門卒だから大卒の人に劣っている」「自分は高卒だから自信がない」という気持ちがあると、それが面接官に伝わり、採否に悪い影響が出る可能性もあります。前向きな言動をすることで、あなたの良さが面接官に伝わりやすくなるでしょう。ポジティブシンキングができる人というのは、それだけで魅力となり、周囲の人を前向きな気持ちにさせることができます。正社員は将来役職に就き、人を引っ張る立場になるポジション。経験やスキルを持っていることはもちろん、人間的な魅力を兼ね備えているということも重要になります。

自分に自信を持てない、ネガティブに考えがちという方は、日頃から意識の変化を心がけてみましょう。なにか嫌なことがあっても「そのなかでも◯◯は楽しかった」と物事の良い面に目をむけたり、「どうせ」「だって」という口癖をやめたりすることで、少しずつポジティブシンキングが身につき、前向きになれます。「ポジティブシンキングを身につけよう!メリットとデメリットについて解説」に、より具体的な方法がまとめられているので、こちらも参考にしてみてください。

正社員を目指すのであれば、若いうちに行動する方が有利です。ハタラクティブでは、新天地で活躍したい方はもちろん、学歴や経験に不安がある方の就職・転職活動もしっかりとサポートします。経験豊富な就活アドバイザーの指南を受けながら、あなたにぴったりの正社員求人を探してみませんか?サービスの利用はすべて無料です。ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

この記事に関連するタグ