面接の自己PRの答え方とは?例文や長所の効果的なアピール方法を紹介!

面接の自己PRの答え方とは?例文や長所の効果的なアピール方法を紹介!の画像

この記事のまとめ

  • 面接の自己PRでは、応募者の強みや長期的に活躍できる資質をチェックしている
  • 自己PRのコツは、「スキルや実績を伝える」「企業の求める人物像に合わせる」など
  • 面接で自己PRを伝えるときは結論から話し、前向きで謙虚な姿勢を心がける
  • 面接の自己PRで長所をアピールするには説得力のあるエピソードを盛り込むと良い
  • 面接の自己PRでは、応募書類に書いた自己PRを深堀りして具体的な内容を伝えよう

就職・転職を検討している人の中には、面接で自己PRがどうして必要なのか、好印象を与える答え方はあるのかとお困りの方もいるでしょう。自己PRでは自身の強みを伝えられるため、ポイントを押さえて作成すれば面接官に「この人を採用して一緒に働きたい」という前向きな印象を与えることが可能です。このコラムでは、面接で自己PRが求められる理由や好印象を与える方法などをご紹介します。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

面接で自己PRを求められる理由

面接の場で自己PRを求められる理由には、以下のようなものが挙げられます。

応募者の人柄や強みを知りたい
自社で長期活躍ができるか判断したい
入社の意欲や熱意があるか判断したい
応募者のコミュニケーション能力や社交性を判断したい

志望する企業に対し、自己PRで強みを持って活躍できる姿勢を伝えれば、面接官により良い印象を与えられるでしょう。
面接官の関心を高める自己PRの答え方は、「自己PRの例文を自分流にアレンジ!転職の面接で響くアピールとは」のコラムでもご紹介しています。

未経験OK多数!求人を見てみる

面接で好印象を与える自己PRのコツは?

自己PRを通じて面接官に好印象を与えるには、スキルや実績を伝えたり求める人物像に合わせたりすることが重要です。以下でそれぞれのポイントを確認しましょう。

自己PRのコツ:仕事に役立つスキルや実績を伝える

自己PRで面接官に好印象を与えるためには、仕事に活用できるスキルや実績を伝えるのがおすすめです。これまでの経験から志望先の仕事に役立ちそうなエピソードを書き出し、何を学んでどのようなスキルを身につけたのかを掘り下げます。志望先で必要とされるスキルを見極め、アピールすべき内容をまとめましょう。

新卒や未経験者の場合

新卒や志望先の業務に対し未経験者である場合は、面接の自己PRを通して自分の持っている強みでどのように貢献できるかをアピールします。未経験分野でもやる気や熱意を伝えれば、企業から「幅広く活躍できそう」と思ってもらうことが可能です。

経験者の場合

志望先の業務を経験している場合は、前職での体験や実績を積極的に自己PRに盛り込みましょう。「売り上げを○%上げた」というように具体的な数値を伝えられると、成果を上げられる人材であると面接官にアピールできます。

自己PRのコツ:企業が求める人物像に合わせる

自己PRの内容は、企業が求める人物像に合わせれば、ニーズに合う強みを面接官にアピールできます。専門性の高いスキルを有していても、応募先企業で役立つものでなければ自己PRに取り入れるのを避けましょう。企業研究を入念に行い、企業側が求める人物像やスキルを理解して自己PRを構成することが大事です。

自己PRのポイント!面接官に熱意を伝えるコツ」のコラムでは、自己PRを考えるときのポイントや効果的な伝え方をまとめています。こちらの内容も参考に、熱意の伝わる自己PRを作成しましょう。

【自己PRの答え方】面接における3つのポイント

面接で自己PRを答えるときは、結論から話し、前向きな姿勢を心がけましょう。ポイントを押さえて自己PRすれば、面接官により良い印象を与えられるはずです。

1.自己PRは結論から話す

面接で自己PRをするときは、結論から話すのが基本です。何を伝えたいのかを一番に持ってくることで、面接官が話の内容を掴みやすくなります。結論のあとに根拠となる行動や経験を述べ、最後に今後の目標を伝えましょう。自己PRを3つの段階で構成すれば、スマートな答え方と評価される可能性があります。

2.面接では前向きで謙虚な姿勢を心がける

自己PRを話すときは、前向きで謙虚な姿勢を意識します。面接官から「同じ職場で働く仲間の一員になってほしい」と思ってもらえるよう、明るくハキハキとした口調を心がけましょう。面接中は背筋を伸ばし、相手の目を見るようにします。自分の実力に自信があったとしても、面接官に「自信過剰」と思われればマイナス評価につながるため、面接の場では謙虚な答え方が大切です。

3.時間ごとの自己PRを用意しておく

面接によっては「2分で自己PRしてください」など、自己PRに時間指定があることも珍しくありません。時間指定は1〜3分程度が多いため、それぞれの時間内でスムーズに答えられるよう、時間ごとの自己PRパターンを用意しておきましょう。

【質問別の答え方】面接で好印象な自己PRの例文

ここでは、実際に面接で自己PRや自己紹介に関する質問をされたときの、回答例文をご紹介します。

面接の質問例1:「簡単に自己PRをしてください」

前職では販売職として、お客さまのニーズに沿った商品の提案を行ってきました。お客さまが何を求めているのかをしっかりとヒアリングし、満足度の向上に努めてきました。売り上げが伸び悩むときは、チームメンバーの成功体験を共有することで、新たな提案方法を取り入れました。お客さま一人ひとりの状況を把握し、的確なニーズを掴むことで、幅広いアプローチを実現できると考えております。このような経験から、御社でも最大限に課題解決力を発揮し、顧客獲得と事業の拡大につなげていきたいと思います。

面接の質問例2:「自己紹介をお願いします」

○○○○と申します。本日はよろしくお願いいたします。私は株式会社○○にて、5年間法人営業に携わってきました。医療業界を中心に○○という製品の販売や提案を行い、売り上げ向上に努めてきました。2年前からは部署のリーダーとして任命され、前年比110%の目標達成率を出しました。このような経験を活かし、御社でも営業職として事業に貢献したいと考えております。

面接の質問例3:「あなたの長所を教えて下さい」

私の強みは、計画を立てて物事を進められることです。現職では事務職として働いており、1日単位や週単位で目標を定め、余裕を持って業務に取り組めるように努めています。また、事務職の仕事が効率的に着手できるよう、業務フローを見直したり、簡単な作業の自動化を行ったりしています。この計画性を活かし、御社でも限られた時間での確実な成果を上げたいと考えています。

面接での自己PRの例文をご紹介!状況別の回答と作成のポイントも解説」のコラムでは、自己PRの例文を強み別にまとめています。ご紹介している例文を参考に、自分の言葉でより良い表現の自己PRを作成しましょう。

面接では自己PR以外にどのようなことを聞かれる?

面接では、以下のような質問をされることがあります。

・志望動機を教えて下さい
・部活やサークルは何をしていましたか?
・アルバイトやインターン活動はしていましたか?
・一言で自分はどのような人間ですか?
・あなたは周りからどのような性格だと言われますか?

上記のほか、面接でよく聞かれる質問に関しては「面接でよくある質問と回答例!転職者と新卒では内容が違う?」もぜひ参考にしてみてください。

面接の自己PRで効果的に「長所」をアピールする方法

面接の自己PRで長所を伝えるときは、内容を1つに絞り、説得力のあるエピソードを盛り込むことが大切です。この項では、自己PRで長所をアピールするための効果的な方法をご紹介します。

複数の長所があるなら1つに絞る

複数の長所がある場合は、1つに絞って自己PRへつなげましょう。アピールしたいことがたくさんあるからといって、いくつも自分の強みを盛り込むと、企業側は応募者が何を伝えたいのかが分かりません。多くの要素を詰め込むと、面接官からプレゼンテーション能力がないと判断される可能性もあります。志望する企業の求人傾向に合わせ、どのような長所を伝えるべきかを選択しましょう。

説得力のあるエピソードを伝える

面接の自己PRで長所を伝えるときは、具体的なエピソードを添えると説得力のある内容になります。「周囲から社交性があるといわれる」「計画性をもって物事を進められる」というように、長所を活用できた場面があれば、そのエピソードを交えましょう。自己PRの長所に具体的な話を取り入れれば、入社後に活躍する姿勢をアピールできます。

面接で何をアピールすれば良いか分からない人は、「転職面接の自己PRとは?効果的なアピール方法とよくある質問をご紹介」のコラムを参考にしてください。自己PRの内容を見つける方法を解説しています。

面接で「短所」を聞かれたときの答え方

面接で短所を聞かれたときは、長所につながるものを選びましょう。たとえば「諦めが悪い」という短所なら、「忍耐力がある」という長所として見ることが可能です。「約束の時間を守れない」といった仕事に影響するような短所は答えないようにしましょう。ただし、「短所はありません」と回答すると、自己分析や客観的な判断ができないと思われてしまうので注意が必要です。

自己PRのアプローチ方法は面接と応募書類で変えよう

自己PRの内容は面接と応募書類とで同じにしますが、アプローチの方法が異なります。

面接の自己PR

面接の自己PRでは、応募書類で書けなかった具体例を挙げ、自分らしい答え方でまとめましょう。口頭で伝えるときも要点を絞り、内容が長くならないようにします。本番で緊張しやすい人や、口ごもる可能性のある人は、スムーズに話せるよう練習しておくのがおすすめです。

応募書類の自己PR

応募書類に記載する自己PRは、読みやすく簡潔にまとめましょう。内容を詰め込みすぎると読みづらくなり、企業側に負担を与えてしまいます。応募書類の自己PRには、志望先企業が求める人物像や、業務に関連する強みを積極的に記載するのがポイントです。

自己アピールは履歴書と面接でどう変える?例文や書き方のコツを解説!」のコラムでは、履歴書と面接における自己PRの作成ポイントをご紹介しています。それぞれの違いを理解したい方は、ぜひご覧ください。

面接と応募書類の自己PRには整合性を持たせる

面接時の自己PRと応募書類に書かれている自己PRの内容には整合性を持たせましょう。それぞれの自己PRの内容がかけ離れていると、面接官は応募者の人物像を描きづらくなってしまいます。面接の自己PRでは、応募書類(履歴書やエントリーシートなど)に書かれている自己PRを深掘りし、分かりやすく伝えることが大切です。

面接の自己PRを考える際の注意点

ここからは、面接の自己PRで避けたほうが良いことをご紹介します。以下の注意点を押さえ、好印象につながる自己PRを考えましょう。

自己PRに具体的な根拠やエピソードがない

具体的な根拠やエピソードがない答え方だと、説得力やオリジナリティに欠ける自己PRになってしまいます。自己PRは自分ならではの経験や体験を伝えられる絶好の機会。面接官の納得感を得るためにも、自分の経験や体験と結びつく自己PRを考えましょう。
自分の経験や体験を盛り込んだ自己PRを作成するには、自己分析が必要不可欠です。効果的な自己分析方法が知りたい方は「自己分析とは?就活や転職活動での必要性を解説!方法やメリットもご紹介」で詳しく解説しているので、ぜひご覧ください。

仕事内容と自己PRの内容がマッチしていない

志望先企業の仕事内容にマッチしていない、入社後に活かせないような自己PRもNGです。前述したように、面接官は自己PRから「入社後どのように活躍できそうか」を判断しています。そのため、仕事に活かせない強みや長所を自己PRすると、「自社への理解が不足している」「自社とのマッチ度が低い」と面接官に思われ、内定を遠ざけてしまう恐れがあるでしょう。
自己PRを考える際は、企業分析を徹底しておくことが大切です。企業研究を通して企業が求めている人材を知ることで、その企業に合った自己PRを考えられます。企業研究の方法は「企業研究ってどうやるの?基本的なやり方と目的を解説」をぜひ参考にして見てください。

「自己PRでアピールできるような強みが見つからない…」「一人での面接対策に不安がある」とお悩みの方は、ハタラクティブを活用してみませんか?
ハタラクティブでは、若年層に特化した就職・転職サービスを提供しています。求職者の希望条件に合った求人のご紹介や応募書類の作成、面接対策、入社後のアフターフォローなどに対応。アドバイザーがマンツーマンでサポートしています。すべてのサービスは無料で提供しているので、まずはお気軽にご相談ください。

面接の自己PRに関するQ&A

ここでは、面接の自己PRに関するお悩みをQ&A形式でご紹介します。

面接の自己PRは何を話せば良い?

自己PRは自身の性格やスキルを有効的に話しましょう。企業側がなぜ自己PRを聞くのかを理解し、その意図に沿った内容を用意することが大切です。自己分析や企業研究を行い、具体的なエピソードを交えながら強みをアピールします。自己PRの内容が浮かばない人は、「自己PRの見つけ方は?効果的なアピール方法もご紹介」のコラムをご一読ください。

面接の自己PRはどれくらいの時間で話す?

自己PRは1分以内に収めるのが基本です。企業によっては「1分以内に自己PRをしてください」と時間を指定される場合もあります。求められる時間ごとに自己PRを用意しておくと、本番で慌てることがありません。自己PRの時間については、「面接での効果的な自己紹介!自己PRとの違いは?回答例文でコツをつかもう」のコラムでもご紹介しているので、合わせてチェックしてください。

面接の自己PRはいくつ必要ですか?

自己PRは4つほど用意しましょう。複数の自己PRを作成しておけば、企業や求人の傾向によって内容を適宜変更できます。志望先ごとに伝える内容を変えれば、面接をスムーズに進めることが可能です。面接で効果的な自己PRの例文は、「受かる自己PRの書き方が知りたい!新卒と転職で内容は変わる?」に記載しています。

面接で伝える自己PRに自信がありません

自己PRに自信がないときは、第三者の意見を取り入れるのも一つの手です。家族や友人に自分の強みは何かを聞き、内容の強化に努めましょう。より客観的な意見がほしいのなら、就職・転職エージェントに相談するのがおすすめです。ハタラクティブなら、専任のアドバイザーがあなたの特性を把握しながら応募書類や面接の対策を行います。

この記事に関連するタグ