面接対策をしよう!面接官の印象を良くする対策方法

面接対策をしよう!面接官の印象を良くする対策方法の画像

言葉遣いは大丈夫?正しい敬語を身につけて

面接対策の中で、敬語の練習は基本といえます。
そのうちの1つが、正しいビジネス敬語を身につけることです。どれだけ良いことを話しても、敬語が適切に使えないと評価は下がってしまうでしょう。
敬語には間違いやすいポイントがあります。
社会人でも尊敬語と謙譲語の使い分けができていない人は少なくありません。
たとえば面接官が話したことを引用したい場合は、尊敬語を使って「仰ったこと」と表現するのが正しいです。 しかし「申されたこと」というように、謙譲語を使ってしまうミスがよく良く見られます。
また、二重敬語を使ってしまう人も少なくありません。面接官に多く敬意を示せば印象が良くなると思ってしまうからです。
質問するときに「お伺いさせていただきたいのですが」という人がいますが、これも二重敬語です。正しくは「お伺いしたいのですが」と言う必要があります。
できるだけ多く面接の練習をして、正しい敬語を身につけておきましょう。

自己PRを考えよう!何を求められている?

自己PRはライバルたちと差を付ける大きなチャンスです。
面接官の印象に残るような自己PRをすれば、採用が一気に近づくでしょう。そのため自己PRのコツを掴むことは、面接対策として非常に重要です。
面接官は、就職志望者のことを詳しく把握したいと考えて質問してきます。
履歴書やエントリーシートからは分からない人柄や思想など、深い情報まで知りたいと考えているのです。それを踏まえたうえで、何を話せば良いのかを考えましょう。
たとえば実績やスキルをアピールしすぎるのは良くありません。履歴書などを見れば分かることですし、実績やスキルにおいてベテラン社員には及ばないからです。
一般的に面接官が若い就職志望者に求めているのは、企業への将来的な貢献です。成長して企業を担っていく人材になってほしいと考えています。
面接対策では、そのポテンシャルを感じさせる自己PRを考えておきましょう。キャリアアップの意欲を織り交ぜて、熱意や向上心を示すのが効果的です。

短所の答え方は大切!克服のための取り組みも

面接対策で忘れがちなのが、短所を質問されたときのシミュレーションです。
面接で短所を聞かれて戸惑ってしまう人は少なくありません。正直に答えると印象が悪くなってしまい、不利になると思うからです。
しかし上手く答えれば、印象が悪くなるどころか良い印象を与えられます。嘘にならない範囲で、工夫した答え方を考えておくのは、面接対策として非常に有効です。
短所を淡々と伝えるのは避けましょう。自分のことを短所も含めて全て把握してもらいたい、という意気込みで答えることが大切です。目を見てしっかり話せば、誠実である印象を与えやすくなります。

また面接対策では短所を考えるだけでなく、それを克服する取り組みも行っておきましょう。
就職して働きはじめると、難題が発生することは珍しくありません。社員として難題と向き合って、解決のために取り組む必要があるでしょう。
質問されたときに短所の克服に取り組んでいることを伝えると、その素質が備わっていると判断してもらえる可能性が高いです。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION