「働かせていただく」は合ってる?正しい敬語の使い方

「働かせていただく」は合ってる?正しい敬語の使い方の画像

この記事のまとめ

  • 「させていただく」は、相手の許可を受け自分が恩恵を受ける場面でのみ使える 
  • 過剰に丁寧な回りくどい表現や、二重敬語にならないように注意しよう 
  • 「させていただく」に換わる言葉を覚えて、自然な言い回しを身につけよう

敬語は、社会人として基本的なスキルのひとつ。しかし、正しい敬語を勉強する機会は少なく、曖昧なまま社会人になる人もいるでしょう。
中でも間違えやすい「させていただく」という言い回しは、正しい敬語なのでしょうか。
ここでは、「させていただく」の使い方や、言い換え方についてまとめました。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

◆「させていただく」とは?

ビジネスの場でもよく耳にする「させていただく」という言葉は、「させてもらう」の謙譲語にあたります。謙譲語とは、目上の人に対して自分をへりくだるときに使う言葉のこと。
丁寧な印象を与えようとして多用しがちですが、使い方を間違えてしまうとトラブルに繋がる可能性もあります。それでは「させていただく」は、どのようなシーンで使用できるのでしょうか。

「させていただく」を使用できる条件は以下の2つです。

・相手の許可を受けているかどうか
・自分が恩恵を受けるかどうか

「働かせていただく」をはじめ、「予定を変更させていただきたく」「早退させていただけますか」などのように、相手の許可や依頼があり、自分が恩恵を受けるシーンで用いるのが正しい使い方です。

参照元:文化庁 - 敬語の指針 http://www.bunka.go.jp/seisaku/bunkashingikai/sokai/sokai_6/pdf/keigo_tousin.pdf(p.40)

◆間違った使い方

いつも使っている言葉が、実は間違った使い方をしていたということがあります。「させていただく」の間違った使い方には、一体どのようなものがあるでしょうか。

【くどい表現】

過剰に丁寧な表現は、相手にくどい印象を与えてしまうことも。以下のような遠回しの言い方は避けましょう。

・本日中にお送りさせていただきますので、ご確認いただけますでしょうか
・末永くお付き合いをさせていただけますと幸いでございます
・来月退社させていただくことになりました
・手前どものほうで、努力させていただきました
・ご案内させていただきます

【二重敬語】

同じ文章内に謙譲語が重複して使われている場合もあります。過度に丁寧な印象を与えてしまうだけではなく、非常識だと思われてしまう可能性もあるでしょう。

・メールを拝見させていただきました
・○日に伺わせていただきます
・頂戴させていただいた資料について、お聞きしたいことがあります
・先日ご連絡させていただきました

語尾に「~させていただく」を付ければ丁寧な文章になる、という思い込みから用いる人も多く、世代に関わらず誤用が広まっているようです。しかし、頻繁に「~させていただく」を使用してしまうと、回りくどく、読みにくい文章になってしまいがち。
いくら丁寧さに気をつけても、間違った敬語になってしまっていては元も子もありません。普段使っている敬語に疑問を感じたら、一度調べてみるのも良いでしょう。

◆「いたします」でも十分

前項で説明したように、「させていただく」という言葉には誤用の可能性があるのが現状です。
「させていただく」は、以下のように言い換えることもできます。使い方に悩んだときは、以下の言い方も参考にしてみましょう。

【~いたします】

「いたします」は「する」の謙譲語である「いたす」に、丁寧語である「ます」がついたものです。
「させていただく」と同じように、自分を下げ相手を立てることができるため、ビジネスシーンでは汎用性の高い言葉と言えるでしょう。
「いたします」や「いたしました」に言い換えることで、丁寧な印象を与えながらすっきりとまとめられます。ただし、同じ文章内に謙譲語があると二重敬語になってしまうため、注意が必要です。

【~しました】

「~しました」という言葉は、場面や相手の立場を問わず用いることができます。
また、「~しました」は丁寧語にあたるため、間違えがちな「拝見させていただきました」「拝見いたしました」という二重敬語を「拝見しました」と言い換えることが可能です。
正しい文法にするだけではなく、自然な言い回しになり読みやすく、聞きやすくなるでしょう。

ビジネスシーンでは、正しい敬語が使えないと悪い印象に繋がります。日頃から正しい敬語を覚え、正しく使うように心がけましょう。

ビジネスマナーに関する疑問や、転職活動のお悩みはハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブでは、アドバイザーが履歴書や職務経歴書などの応募書類を添削。あなたの意欲や熱意を伝える書類の作り方をアドバイスしています。
面接日や入社日の調整もアドバイザーが代行しているため、転職活動を効率的に進めることが可能です。
転職や退職を考えている方は、まずはハタラクティブへお問合せください。