「取り急ぎ」の意味は?メールでの正しい使い方を詳しく解説!

「取り急ぎ」の意味は?メールでの正しい使い方を詳しく解説!の画像

この記事のまとめ

  • 取り急ぎは「とりあえず急いで」という意味を表している
  • 「取り急ぎ」は結論ではなく、あくまでも経過報告に過ぎない意味をもつ言葉である
  • 「取り急ぎ」は、「まずは」「~のみで」「一旦」「略儀ながら」などに言い換えられる
  • ビジネスメールで「取り急ぎ」を使う場合は、意味を理解して使い分けることが大事
  • お礼やお詫びのメールに「取り急ぎ」は使わないように注意しよう

「取り急ぎ」の意味をしっかり理解できていないという方へ。「取り急ぎ」とは、「とりあえず急いで」を意味する言葉。すぐに回答できないときなどに使うのが一般的です。このコラムでは、ビジネスメールで「取り急ぎ」を用いる際の注意点や正しい使い方を紹介。他の言葉への言い換え表現も、例文を交えてまとめています。ビジネスマナーをしっかり把握したい方は、ぜひご覧ください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

「取り急ぎ」の意味は?

ビジネスメールの中でよく使われる「取り急ぎ」は、「とりあえず急いで」という意味で、文章の末尾に用いられる場合が多いです。
「取り急ぎ」という言葉は、本来手紙が届くまでに時間がかかることから、その前にひとまず連絡しておくという意味で使用されていました。

未経験OK多数!求人を見てみる

ビジネスシーンで「取り急ぎ」を使う場面

「取り急ぎ」をビジネスシーンで使用するのは、何かを緊急で伝えたいときです。
急いではいるけど、すぐには十分な対応ができないときなどに「取り急ぎ」を使用して、用件だけを伝えます。主にメールで使用することが多いでしょう。
具体的には、「取り急ぎご報告いたします」「取り急ぎご挨拶をさせていただきます」「取り急ぎご案内します」など。ビジネスの現場で頻繁に使用されおり、いすれの場合も、内容は不十分であるという断りと、メールを送った相手にそれに対する理解と許しを求める意味合いが含まれています。
「取り急ぎ」は文末に使用するのが基本。締めくくりの言葉として用いるため、文のはじめに記載することはほぼありません。「取り急ぎ…」の後には、「よろしくお願いいたします」と続けることで、相手に良い印象を与えることができるでしょう。

メールで「取り急ぎ」を使える場面について知りたい方は、使用する際の注意点なども紹介しているコラム「取り急ぎ…その表現失礼かも!メールマナーを見直そう」をチェックしてみてください。

「取り急ぎ」の正しい使い方

「取り急ぎ」に対してネガティブな印象をもつ方も少なくないため、マナーを守った正しい使い方をしなくてはいけません。「取り急ぎ」はあくまでも経過報告なので、その言葉が含まれたメールを送信した後には、その後詳しい内容を必ず送りましょう。
なかには「取り急ぎ」を頻繁にメールの文章に用いている方もいるようですが、本来緊急の場合のみに使用する言葉であるため、使用する場合は本当に必要かどうかをきちんと確認することが大切です。
また、緊急の連絡にも関わらずたくさんの情報が含まれているのも不自然なので、文章の中に他の要件も含む場合は、「取り急ぎ」に関する事項を改めて別に連絡することを記載しましょう。「取り急ぎ」をビジネスメールで使用する際の注意点については、次項で解説しています。

「取り急ぎご報告まで」はOK?

ビジネスメールで「取り急ぎご報告まで」と文章を使用する方もいるようですが、これは失礼に当たるので避けるべき。敬語が入っていない言葉なので、不快に感じる方もいるでしょう。「取り急ぎご報告いたします」と、正しい文面を使用してください。

「取り急ぎ」をメールで使うときの5つの注意点

ビジネスメールで「取り急ぎ」を使う時は、相手の立場に合わせた表現に変更したり、メールの内容によっては使用を控えたりすることが大切です。間違えやすい例をまとめたので、送信前に確認しましょう。

1.目上の人に送る場合は表現に気をつける

上司や目上の人に対して「取り急ぎ」を用いる場合は、敬語を使用するなどして表現に気をつけてください。また、できる限り速やかに続きのメールを送りましょう。
「取り急ぎ」が含まれる場合は、相手と自分の関係性と用件の内容を良く考えて、適切な表現であるか確認を。失礼のない好感度の高いメールを心がけます。

2.お礼やお詫びのメールには使わない

「取り急ぎ」は、お礼やお詫びのメールには不適切。
あくまでも略敷の言葉であることを理解していれば、「とりあえずお礼(お詫び)します」といった旨のメールは相手にとって失礼であることは分かるでしょう。自分は「少しでも早くお礼を伝えたい」という意味合いで使用していても、相手が「とりあえず」と捉えてしまう可能性もあります。

3.返信の期間が空いた場合は使わない

受け取ったメールへの返信が当日ではなく数日経過してしまっているような場合は、「取り急ぎ」を使用してはいけません。
そもそもビジネスメールには素早い返信が必要になるため、メールが遅れてしまった場合はできるだけ詳しい内容を丁寧な表現で誠意をもって対応してください。

4.改めて丁寧に連絡をする

これまで説明したように、「取り急ぎ」は「とりあえず急いで」という意味。「商談は成立しました。取り急ぎご報告いたします」「◯日は予定があるため参加できません。取り急ぎご連絡いたしました」など、詳細を伏せて結果だけを伝える際に使用するのが一般的です。
つまり、取り急ぎ報告した結果の詳細などは改めて相手に報告する必要があるということ。なるべく日を空けずに丁寧な連絡を心がけましょう。

「取り急ぎ」の言い換え表現

「取り急ぎ」は、「まずは」「~のみで」「一旦」「略儀ながら」などの言葉に言い換えることができます。
特に、上司や目上の人などに対して「取り急ぎ」を使用するのは、相手に良くない印象を与えることになる可能性が高いので、できる限り他の表現に言い換えることをおすすめします。以下に、「取り急ぎ」と言い換えられる表現別の例文を紹介します。

まずは

「まずは」は、「とりあえず」「最初に」などの意味をもち、「取り急ぎ」よりも口語的な印象になります。

・まずは書面にて失礼させていただきます。
・まずは御礼申し上げます。
・まずはご報告のみで失礼いたします。

~のみで

緊急を要する場合で、必要な情報だけを連絡したい場合は「~のみで」を使うといいでしょう。

・まずは日時のみで失礼いたします。
・要件のみで恐縮ですが、ご検討のほどよろしくお願い申し上げます
・まずは要件のみで失礼します。

一旦

「一旦」も、「取り急ぎ」よりも口語的でソフトな印象を与えることができます。

・一旦ご報告させていただきます。
・一旦書類のみ送付いたします。
・一旦日時のみで失礼いたします。

略儀ながら

「略儀ながら」は「省略したやり方ですが」という意味で、「取り急ぎ」と比較すると、急いでいるというよりは「簡単にした」という意味合いが強い言葉です。

・略儀ながら、メールにてご案内を申し上げます。
・略儀ながら、書面にてご挨拶申し上げます。
・略儀ながら、書中をもちましてお見舞い申し上げます。

転職活動などでも、応募先の企業とメールでやり取りする機会があります。
その際に、「取り急ぎ」の使い方や表現を間違えてしまうと、「基本的なマナーに不安がある」とマイナス印象を与えてしまう可能性があります。
評価を下げないビジネスメールのコツや、基本的なビジネスマナーについて知りたい方は、転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。
転職の際に必要となる履歴書をはじめとした書類の作成や企業への対応などは、経験豊富なキャリアアドバイザーがお手伝い。面接対応もしっかりサポートいたします。サービスは完全無料で利用できるので、まずはお気軽にお問い合わせください。

「取り急ぎ」をはじめとするビジネスメールに関するQ&A

最後に、ビジネスメール関して多くの人が抱きがちな疑問や質問をまとめました。

上司や目上の方に「取り急ぎ」と使うのは失礼ですか?

取り急ぎを目上の方に使うのは失礼ではありません。しかし、前後の文章を丁寧にするよう注意しましょう。また、目上の方に使う場合、お礼や謝罪の場面では使用してはいけません。詳しくはこのコラムの「「取り急ぎ」をメールで使うときの5つの注意点」をご覧ください。

メールで取り急ぎと使っても大丈夫でしょうか?

メールで取り急ぎは使っても問題ありません。しかし、お礼や謝罪、返信までの時間が空いてしまった場合などでの使用はNGです。正しいビジネス用語や敬語をマスターし、失礼の無いようにしましょう。正しい敬語の使い方は「その敬語間違ってない?正しいビジネスメールのマナーとは」にて、詳しく解説しています。ぜひ、こちらも参考にしてください。

ビジネスメールで守るべきマナーは?

正しい敬語が使えているかは必ず確認しましょう。
ビジネスメールの守るべきマナーは多くありますが、なかでも敬語は社会人として身についていて当たり前と考える人が多い要素。間違えた敬語のまま送信してしまうと、信頼性の低下につながります。「その敬語間違ってない?正しいビジネスメールのマナーとは」では、間違えやすい敬語をまとめています。

転職活動でもビジネスメールは重要?

重要です。
転職ということは、社会人経験があるということ。社会人の基礎としてビジネスメールは認識されてるため、単なる連絡手段と考えずに好印象を与えるメールを意識しましょう。詳しくは「油断禁物!転職活動ではメールもチェックされている」のコラムで説明しています。
転職活動のなかで企業とのやり取りに不安があるならハタラクティブにご相談ください。担当アドバイザーが企業とのやり取りを代行するので、企業研究や書類作成に集中できます。ビジネスマナーの基礎もしっかりアドバイス。初めての転職や忙しいなかでの転職なら、ぜひご利用ください。

この記事に関連するタグ