有限会社とは?個人事業主や株式会社とは違う?わかりやすく解説します!

有限会社とは?個人事業主や株式会社とは違う?わかりやすく解説します!の画像

この記事のまとめ

  • 有限会社とは、株式会社より設立条件が低い会社形態のこと
  • 会社法の施行によって株式会社の設立条件が下がったため有限会社は新しく作れない
  • 有限会社は経営者との距離が近く意見が通りやすい傾向
  • 会社を選ぶときは形態ではなく仕事内容や社風を重視しよう

有限会社とは、株式会社などと同じく会社形態のひとつです。株式会社より設立条件が低く、小規模で事業を始められるのが特徴でしたが、会社法の施行によって有限会社は新しく設立できなくなっています。しかし、会社法施行以前に設立された有限会社は残っているため、就職や転職の機会もあるでしょう。「有限会社だから」と会社形態だけで決めず、働くメリット・デメリットを確認して就職先の候補として考えてみましょう。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

有限会社とは

有限会社とは、会社形態のひとつです。設立にあたって資本金や取締役の条件が低かったことから、一般的に株式会社より小規模と捉えられることが多いでしょう。

現在「有限会社」は設立できない

2006年5月1日に新会社法が施行されてからは有限会社は新規に設立できなくなりました。それまでの有限会社は、株式会社に変更するか「特例有限会社」になるかで存続しています。なお、「特例有限会社」として存続している場合でも、法律上は株式会社の一種です。
企業の定義とは?会社や法人との違いもわかりやすく解説!」のコラムも併せてご確認ください。

未経験OK多数!求人を見てみる

有限会社と株式会社の違い

会社法施行前は、有限会社と株式会社は資本金や従業員数で違いがありました。現在は資本金や従業員数による有限会社・株式会社の違いが撤廃されたため、有限会社という枠組みそのものが無くなっています。

会社法施行前の有限会社と株式会社の違い

法律が施行される前の株式会社との大きな違いは、資本金と出資者数。有限会社の設立時の資本金は300万円以上が条件でしたが、株式会社の最低資本金は1000万円以上とされていました。
また、有限会社は社員数が50名以下、取締役も1名以上という制限もあり、有限会社と株式会社の違いは会社の規模にあったといえるでしょう。

現在の有限会社と株式会社の違い

新会社法が施行されてから株式会社は資本金1円からでも設立できるようになり、取締役員も1名で良いことになりました。また、会社法施行前は「取締役3名以上」だった株式会社の設立条件も緩和され、現在は資本金にかかわらず、会社設立時に取締役(役員)が1名以上いればOKに。
このことから、有限会社と株式会社を分けていた「設立時の資本金額」「設立時の取締役の人数」に差がなくなったため、現在は新しく「有限会社」を設立することはできません。

有限会社と株式会社以外の会社形態

この項目では、有限会社とこれまでに紹介した以外の会社形態の違いについて紹介していきます。こちらに関してもきちんと違いを理解しておきましょう。

合同会社

合同会社とは、2006年に新しく作られた会社形態です。「出資者=経営者」という考えのもと、出資したすべての人に会社の決定権があるのが特徴。また、合同会社における「社員」は出資者(役員)のことを指しており、有限責任社員。一般的な「社員」を表す従業員とは異なります。最低社員数は1名です。

有限責任社員とは

有限責任社員とは、会社の債権者に対して出資額の範囲で責任を持つ社員のこと。該当する社員の出資額の範囲を超える負債が発生しても、出資額内の負債を負うことはありません。
対にあるのが無限責任社員。これは、負債の範囲が無限のため、会社が負債を抱えた場合は自身の出資額にかかわらず、負債がゼロになるまで責任を負う必要があります。
合資会社

合資会社とは、有限責任社員と無限責任社員が最低1名ずつひつような会社形態のこと。最低社員数は2名です。「合資会社とはどんな会社?定義やメリットを詳しく解説」のコラムもご覧ください。

合名会社

合名会社とは、無限責任社員のみで成り立つ会社形態のこと。「合名」のとおり、無限責任社員である個人事業主が共同で運営しているといえます。

有限会社で働くメリットとデメリット

有限会社は株式会社に比べて規模が小さいため、経営者との距離が近かったりアットホームな雰囲気だったりすることが多いようです。しかし、取締役が1名かつ任期に期限もないため、経営が偏りがちな面も。有限会社で働くメリットとデメリットを把握しましょう。

有限会社のメリット

有限会社は設立の条件から規模が小さい企業が多く、職場によってはアットホームな雰囲気があるのが魅力です。社長との距離が近いので、社長の考えが理解しやすい、社長に自分の考えが伝わりやすいメリットもあるでしょう。
また、有限会社は1つの事業を続けていることが多いため、異動や転勤が少ない点も魅力になります。

有限会社のデメリット

有限会社は会社の規模が小さく取締役に任期がないので、ワンマン経営になりやすい傾向があります。社長と考えが食い違うと、働きづらさを感じることもあるでしょう。
「安定していない」という社会的なイメージがあるのも、人によってはデメリットに感じる可能性があります。

有限会社も候補に!会社選びで大切なこと

メリットとデメリットをご紹介しましたが、仕事を決める時は「株式会社だから・有限会社だから」というイメージにとらわれない方が良いでしょう。
新会社法の施行後は資本金の少ない株式会社が増えており、「株式会社だから安定している」と一概に判断することはできません。会社法施行前のように、取締役が1名の株式会社も存在します。
大切なのは会社の形態ではなく、仕事内容や職種、社風が自分に合っているかどうか、企業の理念や方針に共感できるかどうかではないでしょうか。

それでも仕事選びに迷った時は、若年層の就職・転職支援に特化したハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブではアドバイザーがカウンセリングを行い、仕事探しの悩みや希望、今までの経歴をヒアリング。その方の適性に合った求人を厳選してご提案いたします。

この記事に関連するタグ