「ご教示ください」とはどんな意味?正しい使い方やご教授との違いを解説!

「ご教示ください」とはどんな意味?正しい使い方やご教授との違いを解説!の画像

この記事のまとめ

  • 「ご教示ください」は教えてくださいを丁寧に言い換えた言葉
  • 「ご教授ください」は、長期的なお願いをするときに使われる
  • 「ご教示」「ご教授」はともに書き言葉なので、会話で使わないようにしよう
  • ご教示いただけますでしょうか、ご教示いただけますと幸いですはどちらも正しい使い方

「ご教示ください」の使い方が分からない方へ。「ご教示ください」は「教えてください」を丁寧に言い換えた言葉です。基本的には、目上の方に質問をする際に使用します。このコラムでは、「ご教示ください」の正しい使い方について解説。また、「ご教示」と似ている言葉の意味や用法も紹介しているので、メールや書面でのやり取りにお役立てください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

「ご教示ください」の意味と使い方

「教示」とは「教え示す」という意味で、簡単な知識や方法を目上の方に質問する際に用います。たとえば、ビジネスシーンでは、わからないことがあったとき・アドバイスをもらうとき・確認することがあるときなどに使うのが一般的です。
先輩や上司の方がすぐに回答できるような質問には「ご教示ください」を使うのが無難といえるでしょう。

「ご教授ください」の意味と使い方

「教授」には学問・技芸を教え授けるという意味があり、スキルや技術の指導をお願いするときに使うのが一般的です。そのため、目上の方から物事を継続的に教わる場合は、「ご教授ください」を使用するのが望ましいでしょう。

なお、「ご教示ください」「ご教授ください」は書き言葉なので、話し言葉として使う場合は、「教えていただけますでしょうか?」「お聞かせいただけますか?」と言い換える必要があります。
両者の使い分け方をさらに詳しく知りたい方は、「「ご教授ください」と「ご教示ください」は何が違う?意味と正しい使い方」を参考にしてください。

ご教示と似た言葉の意味

前項で紹介した「ご教授」のように、ご教示には似た意味を持つ言葉が存在します。ここでは、ご教示と似た意味を持つ言葉を解説するので、ぜひご一読ください。

ご指導

ご指導には「教え導く」という意味があります。「今度ともよろしくお願いいたします」といった意味で使われることが多く、どこか社交辞令的な意味合いを持ち合わせているのが特徴です。目上の人に、今後も変わらない付き合いをお願いする挨拶として使用するのが良いでしょう。

ご指南

ご指南という言葉は、武道や芸事を教えてもらうときに使う言葉です。そのため、ビジネスシーンにおいてはあまり使われていません。ビジネスシーンでよく使用されるビジネス用語への理解を深めたい方は「社会人なら知っておきたい!よく使われるビジネス用語一覧」をご覧ください。

「ご鞭撻(べんたつ)」の意味も押さえておこう!

「ご鞭撻」には「強く励ます」という意味があります。新しい職場で自己紹介をしたあとや、新しい事業に携わる際など、自分が教えてもらう立場のときに使うのが一般的です。使用例としては、「ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。」といった表現が挙げられます。

ご教示くださいはどんな場面で使える?

以下に「ご教示ください」の例文をいくつか紹介します。

「◯◯の書き方をご教示いただければ幸いです」
◯の書き方という一時的な情報を求めているため、ご教示という言葉が適しています。

「◯◯の手順についてご教示いただきますよう、何卒宜しくお願い致します」
こちらも〇〇の手順という一時的な情報なので、ご教示が使われています。

「今後のスケジュールをご教示のほど、何卒宜しくお願い致します」
相手のスケジュールを知りたいので、ご教示が正解です。

「◯◯についてご教示いただき、誠にありがとうございます」
相手から教えていただいたあとの返事としても、ご教示が使えます。

「入社してから聞き慣れない言葉が出てきたらどうしよう」「就活や転職活動で、企業とのやり取りや面接で正しい敬語を使えるか不安」と思っている方は、転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブでは、アドバイザーが、就職カウンセリングから入社後の定期的なフォローまで親身にサポート。企業が求めている人物像や、仕事内容、職場の雰囲気、経営者の考え方などの細かい情報を把握しているため、ミスマッチを防げます。
また、自己分析や就活軸の探し方、履歴書や職務経歴書の作成、面接対策などをしっかりと行うため、就職活動が初めての方も安心です。サービスはすべて無料なので、まずはお気軽にご連絡ください。

「ご教示ください」に関するQ&A

この項では、「ご教示ください」という言葉の使い方に関して、よくある疑問や質問をまとめました。

ご教示とはどのような意味ですか?

ご教示とは「教えしめすこと」「実験や調査で、被験者に研究者が意図する行動をとらせるための指示」などを指す言葉です。具体的には、事例や数字などを用いてやり方を教えるという意味があります。ご教示の意味は、このコラムの「「ご教示ください」の意味と使い方」をご参照ください。

「ご教示」はどうやって使う?

「ご教示いただけますでしょうか」「ご教示いただけますと幸いです」といった使い方ができます。どちらを使用しても相手に丁寧な印象を与えられるので、自分が使いやすいほうを選びましょう。なお、「ご教示していただけるでしょうか」という「ご~していただく」の表現は誤りなので使わないように注意してください。「​​その敬語間違ってない?正しいビジネスメールのマナーとは」では、敬語の種類やメールでの注意点などを解説しているので、あわせてチェックしましょう。

ご教示とご教授の違いは?

「ご教示」は、一般的な知識や方法を目上の方に聞く際に用いる言葉です。一方、「ご教授」はより専門的な知識や学問、技芸を教え授けてもらう際に使用します。ご教授の意味は、このコラムの「「ご教授ください」の意味と使い方」でも解説しているので、チェックしてみてください。また、「ご教示?ご教授?「教えてください」の正しい敬語とは」のコラムも確認すると、より言葉の理解が深まるでしょう。

「ご教示ください」は口頭で伝えても良い?

「ご教示ください」は書き言葉なので、口頭で伝えるのは避けるべきといえます。対面で伝えるときは、「教えていただけませんか」「お聞かせいただけますと幸いです」などと言い換えましょう。
敬語を含むビジネスマナーに自信がない方は、ぜひ就職・転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。就職活動を全面サポートします。

この記事に関連するタグ