1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. ご教示?ご教授?「教えてください」の正しい敬語とは

ご教示?ご教授?「教えてください」の正しい敬語とは

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・「教えてください」も間違いではないが、ご指導、ご教示、ご教授など言葉を言い換えるだけでより丁寧な表現になる
    ・教えてもらった際には、きちんとお礼を伝えることが社会人として当然のマナー
    ・正しい言葉遣いをするだけでなく、クッション言葉を使う、相手の都合を確認するなどの気遣いでさらに好印象を与えられる

ビジネスの場において、正しい敬語が使えることは最低限のマナーとされています。しかし、間違ったまま使用している人は意外に多いもの。悪気がなくても、間違った使い方をすることにより相手に失礼になることもあります。
今回は、上司や先輩など目上の人に対して、「教えてください」とアドバイスを求める際の表現方法についてご紹介。正しい敬語を使い、気持ちよく教えてもらいましょう。

◆「教えてください」はどう言うのが正解?

「教えてください」も実は間違えというわけではなく、丁寧な表現の1つです。特に口頭にて言う場合には、「教えていただけませんでしょうか」「お教えください」といった表現を用いても失礼にはあたりません。
しかし、メールでは不適切とされているのと、より相手に丁寧な印象を与えられる言い回しが存在するのも事実です。今回はさらにステップアップした、ビジネスシーンに相応しい表現方法をご紹介します。

【表現方法】

・ご指導ください、ご指導いただけませんか

「教える」を「指導」に言い換えて表現することで、「教えてください」よりもぐっと丁寧な印象に。口頭ではもちろん、「今後ともご指導よろしくお願いします」のように、メールでも活用できます。

・ご教示ください

教え示すという文字通り、単純に教えてほしいときに使用する言葉です。専門的な分野でない物事の教えを乞う際に使用。「教えてください」よりも丁寧でかしこまった表現であると理解しておくと良いでしょう。

・ご教授ください

ご教示同様、ビジネスシーンではよく目にする表現です。どちらも同じ「教」が入っているため、似たような意味だと認識している方も多いのですが、意味合いは微妙に違います。
専門的ではない分野で教えてほしい場合に使用する「ご教示」に対し、「ご教授」は専門的な分野を教えてほしい場合に使う言葉です。
例えばPCスキル関係の特定された分野においては「ご教授いただけませんか」が相応しく、スケジュールを教えてほしい場合には「ご教示ください」が相応しいといえます。

何を教えてほしいかによって最適な表現を使い分け、相手に気持ちよく「教えてあげたい」と思わせる言葉遣いを実践することが大切です。


◆教えてもらったら必ずお礼を

教えを乞うことは、相手の時間と労力をもらうことと同義です。下の人に教えるのは上の立場の人として当然のことだと思い違いせず、感謝を言葉でしっかり伝えましょう。
お礼を伝えるときに最適なフレーズをご紹介します。

・教えていただきありがとうございます
・ご指導いただきありがとうございます
・ご教示いただきありがとうございます

以上の3つがどんなシーンにも通用する汎用性の高い言葉です。前述したとおり、より専門的な知識に関して教えてもらった場合には、「ご教授」を使用しお礼を述べるのが適切。
教えを乞うときと同様、お礼を言う場合にも教えてもらった内容について最適な表現を使い分けましょう。


◆プラスアルファでさらに好印象をゲット

最後に、さらに関係性を円滑にするためのちょっとしたポイントについてまとめてみました。

【注意点】

・普段から正しい敬語を話す

教えてほしいときだけ敬語を使うのは逆効果の場合も。こういうときだけ敬語なのかと、特別印象が良くなることは少ないでしょう。日頃から丁寧で正しい言葉遣いで話すことが大切です。

・クッション言葉を使う

「恐れ入ります」「お忙しいところ恐縮です」「お手数おかけしますが…」など、教えを乞う前にクッション言葉を用いると、さらに印象アップに繋がります。

・相手の都合を確認する

「恐れ入りますが、◯◯についてお教えいただけないでしょうか」と、クッション言葉を用いて正しい表現をするだけでは今ひとつな印象。「お忙しいところ恐れ入ります。◯◯の件でご教示いただきたいのですが、ただいまお時間よろしいでしょうか」と表現したほうが、相手への気遣いを感じられより良い印象を与えられます。
自分都合ではなく相手都合を優先させましょう。

・自分の考えも伝える

相談内容にもよりますが、一方的に相手の意見を求めるのは他力本願な印象を与えます。自分の意見や考えを伝えた上で相手から指示を仰ぐことで、仕事への熱意も伝わりやすいでしょう。

いかがでしたか?ちょっとした気遣いや言葉遣いで、相手への印象は大きく変わります。今現在仕事中の方は会社で正しく実践し、就活中の方はメールや電話、面接などで正しく実践できるようにすることが大切です。
敬語マナーに自信がない、面接に不安がある…。そんな方はハタラクティブにご相談ください。お仕事に関する不安や就職に関する不安を、プロのアドバイザーの視点で解消へと導いています。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる