毎月決まった額が支給される?一律手当の定義と内容とは

毎月決まった額が支給される?一律手当の定義と内容とはの画像

この記事のまとめ

  • 一律手当とは、対象となる従業員に毎月一定の額が支給される手当のこと
  • 固定手当とも呼ばれ、住宅手当や職務手当などが代表として挙げられる
  • 一律手当を含む手当に支払いの法的義務はないため、設定も企業によって異なる
  • 同じ固定でも「固定残業代」は一律手当とは違うので注意が必要

給与明細の中に「一律手当」という項目があるが内容が分からない…という人もいるかもしれません。「一律」という名がついていることから変化のない手当と捉えることができますが、何に対して変化がないのでしょうか。
当コラムでは、この「一律手当」について詳しく説明しています。各種手当とは別なのか、どのような手当が該当するのか知りたい方は参考にしてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

一律手当って何?

給与明細に「一律手当」という項目があったり、求人詳細の給与欄に「一律手当を含む」と書かれたりすることから、「一律手当という手当があるんだな」と認識している人は多いかもしれません。
では、どの手当が「一律手当」に当てはまるのでしょうか。

求人の給与欄に「一律手当を含む」と記載されている場合の一律手当とは、「その企業が独自に決めた手当のうち、毎月同額支払われるもの」を表しており、固定手当に該当します。
手当の内容は企業によって異なるものの、住宅手当や職務手当、皆勤手当のような、「対象となる従業員に一律に支払われる手当」「勤務時間に関わらず毎月一律の額となる手当」が挙げられます。

例:月給20万円(一律手当含む)の場合

会社規定で職務手当が5,000円、住宅手当が10,000円と定められていたら、一律手当は15,000円。
そのため、月給20万円のうち基本給は185,000円、一律手当が15,000円という内訳です。

固定給にどこまでが含まれているか知りたい方は、「固定給とは?手取りや歩合給との違いを知ろう!」このコラムを参考にすると良いでしょう・固定給の基本的な内訳がしっかり書かれています。

一律手当の内容は会社によって異なる

そもそも手当は法的に支払い義務がなく、種類や金額は会社の裁量で決定できるもの。
そのため、企業によって手当の内容は違うことを理解しておきましょう。
以上のことから、前項で挙げた例のほかにも、通勤手当や職能手当、残業手当などが固定手当(一律手当)に含まれる企業もあるようです。
しかし、待遇欄に固定手当以外のものが別途記載されている場合は、別に記載されている手当は固定手当に含まれず単体で支給されるので注意しましょう。

例:月給25万(一律手当含む) 通勤手当別途支給

この場合は通勤手当は一律手当として処理されず、別途支給されます。

また、通勤手当は固定手当に含まれるが住宅手当は含まれないなど、会社によって「この手当が該当する」というのは異なるので、一律手当の内容は企業に確認することが大切です。

一律手当の一種?気をつけたい固定残業代

求人の給与欄に「みなし残業時間◯◯時間分含む」「一律残業代含む」といった記載がある場合は、既に決まった額が残業代として給与に組み込まれおり、これを「固定残業代」といいます。
固定残業代とは、一定時間分の時間外労働(残業)に対して支払われる割増賃金(残業代)を、最初から給与に含めて支払うものを指しています。

例:月給25万円(みなし残業手当42時間分5万円を含む)

この場合は、25万円の月給の中にあらかじめ「42時間分の残業代として5万円」が含まれているので、月の残業時間が42時間以内であれば残業代は別途支給されません。
42時間を超えた場合は超過分だけ支給。また、残業時間が42時間に満たなかった場合でも、5万円は変わらず支給となります。

固定残業代の注意点

求人のなかには「固定残業代5万円含む」という表現が用いられることもあります。
上記のように「何時間の残業に対して5万円の支給か」について明確な時間が記載されていない場合は、どれだけ残業しても5万円以上が残業代として支払われない可能性があるので注意が必要です(残業時間に関わらず残業代は5万円という認識)。

さらに、月の残業時間が会社規定時間に満たない場合は残業代自体が支給されない、というケースも。
会社規定で月40時間以上の残業をしないと固定残業代5万円が支払われない場合は、39時間の残業だと支払いの対象外になります。
しかし、前述のように固定残業代(みなし残業)を採用している場合は、あらかじめ設定している残業時間に満たなかった場合でも一律で支給しなければいけません
「固定残業だから残業代は支給されない」というのは違法になるので注意しましょう。固定残業については「みなし残業のメリット・デメリットを解説!労働者が損をしないためには」「固定残業代とは?よくあるトラブルと違法求人の見分け方」のコラムでも詳しく解説しています。正しい知識を身につける一助にご活用ください。

仕事を探している時は、記載されている具体的な給与額に目が行きがちですが、手当の内容や残業代の算出法といった「給与の支払い条件」についても確認することが大切です。
「求人詳細をよく見ていなかったから基本給が予想より安かった…」と後悔しない企業選び、仕事探しはハタラクティブまでご相談ください!
転職エージェントとして実績があるハタラクティブには、求人サイトでは分からない企業の詳細情報もお伝えしています。特に気になる給与や手当についての相談もOK。専任の就活アドバイザーが親身になって解決します。
「毎月これくらいの手取りが欲しい」「年収アップを希望している」など、ご希望の収入額をお伝え下さい。あなたの適性や経験から、ぴったりの求人をご紹介します!

一律手当に関する疑問Q&A

一律手当や給与について、よくある質問をまとめました。なかなか人には聞きにくいお金の話。疑問を解決して就職や転職に臨みましょう。

一律手当とはなんですか?

企業が独自に決める任意手当のうち、全社員に対して毎月固定額が支給される手当のこと。
代表的なものには「住宅手当」「通勤手当」「職務手当」などが挙げられます。

一律手当は基本給に該当しますか?

手当は基本給に含みません。
基本給とはどんなもの?金額が高いことによるメリットも詳しく解説」で解説しているように、基本給は各種手当や交通費を除いた賃金が該当します。
基本給はボーナスの基礎となるため、求人を選ぶ際は毎月の支給額だけでなく基本給にも注目してみましょう。

手当が多ければ収入も増えますか?

増えますが、基本給にも目を向けましょう。
基本給が上がれば、毎月の収入だけでなくボーナスの増額も期待できます。基本給を上げるには相応の実績を残したり資格を取得したりがおすすめ。「定期昇給ってなに?平均上昇率とアップに有効な方法とは」で解説しています。

収入アップのおすすめ方法は?

交渉や副業、スキルアップが挙げられます。
ただし、いずれも大幅は収入アップにつながらなかったり、結果が出るまで時間を擁したりするでしょう。短期間での収入アップを狙うなら、転職がおすすめです。「年収を上げる方法を紹介!収入が増えやすい人の特徴を解説」のコラムをご確認いただくほか、ハタラクティブにもご相談ください。専任アドバイザーがご希望に合わせた求人をご紹介いたします。

この記事に関連するタグ