Iターンのメリットとは?支援制度はある?デメリットも踏まえて解説

Iターンのメリットとは?支援制度はある?デメリットも踏まえて解説の画像

この記事のまとめ

  • Iターンとは、都会から地方に移住し転職することを指す
  • Iターンには生活費を抑えるメリット・交通手段が限られるデメリットなどが存在する
  • Iターンを後悔しないためにも、事前に移住先について調べておく必要がある
  • 自治体によっては移住者に対する支援制度が用意されている場合もある
  • 移住を伴う転職活動に不安がある方は、転職サービスの利用がおすすめ

「Iターン転職のメリットは?」と気になる方もいるのではないでしょうか。都市部出身者が地方へ移住して転職をするIターンは、通勤や生活コストなどいろいろなメリットがあります。このコラムでは、Iターンの意味やメリット・デメリットについて焦点を絞って解説。また、Uターン・Jターンとの違いや、Iターン転職を成功させるコツもまとめています。ぜひ参考にして、後悔しない働き方を選びましょう。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

Iターンとは?

Iターンとは、都心部で生まれ育ち、就職した後、地方に移住して転職することです。転職までの人の動きが一直線になるため、アルファベットの「I」にちなんでこのように呼ばれています。たとえば、「東京で生まれ地元企業に就職したが、田舎暮らしに憧れ沖縄へ」といったパターンが当てはまるでしょう。

馴染みのない移住先に憧れを抱いたり、ゆっくりと子育てがしたかったりする人などがIターンを希望する傾向にあるようです。

未経験OK多数!求人を見てみる

Iターンのメリットとデメリット

下調べをしないままIターン転職をしてしまうと、思い描いていた生活とのギャップに苦しむかもしれません。まずはIターンのメリットとデメリットについて把握していきましょう。

メリット

Iターン転職をするメリットは、生活のストレスが緩和されたり、金銭的な余裕が生まれたりすることです。Iターン経験者はどのような部分に魅力を感じているのか、下記にて紹介していきます。

生活コストが抑えられる

Iターンによるメリットの一つは、生活コストが抑えられることです。地方の平均家賃相場は、都心部と比べてみても低い傾向にあります。
総務省統計局が公表している「住宅及び世帯に関する基本集計(都道府県別の主な指標)」によると、1ヶ月あたりの家賃・間代は全国平均で約55,695円。一方、東京都の平均は約81,001円であり、比較すると約25,306円の差があることが確認できます。そのため、生活コストを少しでも抑えたいという方には、地方に移住するIターンはメリットといえるでしょう。

参照元
総務省統計局
平成30年住宅・土地統計調査 調査結果

通勤ストレスが少ない

Iターン転職をすると、通勤にかかるストレスが軽減されるでしょう。地方の場合、都心部のような満員電車とは無縁であることがほとんど。通勤ラッシュによる人混みのストレスを感じることがないため、余裕のある通勤が可能です。
また、マイカー通勤が可能なところが多いので、時間や荷物、天候などをあまり気にすることなく出勤できるのもメリットになるでしょう。

子育てしやすい

子育てをするためにIターンを選ぶ方もいます。都心部では、入園倍率の高さからなかなか保育園に入れなかったり、交通量が多く子ども一人での通学に不安があったりと、子育てに関する悩みが尽きないことも。

しかし地方では、都心部に比べ入園倍率も低く保育園に入りやすかったり、地域の人と顔見知りになったりする機会が多く、いざというとき助け合えるといったメリットが得られるようです。

自然豊か

Iターンにより地方へ転職した人からは、「空気が澄んでいる」や「水が美味しい」といった声もあります。ビルや高層マンションの立ち並ぶ景色ではなく、緑や花などが身近な自然に魅了されてIターンを選んだ人も少なくないようです。
四季を感じられる環境に身を置いた生活は、心豊かに過ごすことができるでしょう。

​​デメリット

Iターンのデメリットは、交通機関が不便だったり、生涯学習の機会が少なかったりする点があげられます。デメリットの内容によっては事前に対処できるものもあるため、まずは詳細を確認していきましょう。

求人数が少ない

職種や求人数が充実している都心部に比べ、地方では仕事の選択肢が少ない傾向にあります。そのため、自分が望む仕事に就けないといったデメリットがあるでしょう。

自身の培った経験や知識が仕事先で活かせるかどうかは、Iターン前にしっかり検討しておくことが大切です。

交通手段が限られている

交通網が発達している都心部とは違い、地方では車での移動が主な手段となります。マイカーでの通勤が受け入れられてる点ではメリットといえますが、自動車免許を取得していなかったり車を持っていなかったりする場合はデメリットとなる可能性も。
Iターン転職をするなら、自動車免許の取得や車の購入などを検討する必要があるでしょう。

地域の文化に適応する必要がある

Iターン転職後は移住先に馴染むために、その地域の文化や習慣に慣れていく必要があります。都会とは違い、人が少ない地域では人と人とのつながりを重要視する場合も多いため、近隣住民との交流が増えることも。
人付き合いが得意ではない、という方は苦慮するかもしれません。

学習の機会が少ない

都会と比べて商業施設や大きなイベントが少ないため、生涯学習の場が限られてしまっている傾向にあります。そのため、Iターン後に会社以外で学ぶ機会を求めている場合はデメリットに感じることも。

しかし、地域によっては大学図書館の開放や地域ぐるみでのボランティア活動、公民館を利用した勉強会などのイベントも増えてきているようです。

Iターンのメリットとデメリットについては、「Iターン転職のメリット・デメリットを解説!20代におすすめな理由とは?」のコラムでも取り上げているので、ぜひご覧ください。

Iターンと似た意味をもつ言葉とその違いとは?

移住して転職することを指す言葉には、「Iターン」のほかに「Uターン」や「Jターン」などがあります。それぞれどのような意味を持つのか見ていきましょう。

Uターン

Uターンとは、地方で生まれ育ち、都心部で就職した後に地方へ転職することです。

「滋賀出身者が東京に移住し就職した後、地元に貢献したいと滋賀に戻り就職する」といったパターンが当てはまります。

Jターン

Jターンとは、地方で生まれ育ち、都心部で就職した後に故郷とは異なるエリアに移住し転職することを指します。

例にすると「大分出身者が東京に移住し就職した後、福岡で再就職した」といったパターンが当てはまります。一般的には地方都市(東京・大阪・名古屋以外)にJターンする人が多いようです。

Oターン

Oターンとは、Uターンした後再度都会で就職することを指します。

「地方から都会、都会から地方、地方から都会」といったパターンを指し、地元に戻ったものの、やはり都会のほうが性に合っていたなどの理由があるようです。

Iターンとの違いについてもっと詳しく知りたい方は「Iターンとは?UターンやJターンについても紹介」のコラムでも紹介しているので、参考にしてみてください。

Iターンを検討するなら支援制度を利用しよう

地方自治体や企業によっては、都会からの移住者に対して、移住に際した費用を負担する支援制度を用意している場合があります。Iターンを考えた際に、引っ越し費用や生活費の変化に不安を感じる方もいるでしょう。その場合、移住者支援制度を活用してみるのもひとつの手です。

地方創生移住支援事業

国が支援する事業の一つに「地方創生移住支援事業」が存在します。これは東京からほかの地域へ移住する際に、最大100万円の補助金が支援される制度となります。事業の取り組みや詳細は地方公共団体によって異なるため、事前に調べておくのも良いでしょう。

参照元
内閣官房・内閣府総合サイト 地方創生
移住支援金

自治体による助成金制度

国だけでなく、地域の自治体がIターンを支援している場合もあります。地方への引っ越しを検討しても、引っ越し費用がかかることから諦めてしまう人も少なくありません。そのため、移住に際し助成金や補助金の支給を行うことで、移住者を募っている自治体もあります。

移住支援金

都心部から地方へ移住する方に向けた支援制度の中に、移住支援金があります。自治体によって条件は異なりますが、一定期間の居住や就業などを満たすことで、支援金が交付される仕組みとなっているようです。

家賃補助・引越し費用

移住までの引っ越し費用や、移住後の家賃補助を支援している自治体もあります。地方に就職することで、収入が減ってしまうかもしれないと悩んでいる方にはおすすめの制度といえるでしょう。

Iターン転職を後悔しないための4つのコツ

Iターン転職を後悔しないためにも、事前に知っておいたほうが良いポイントを紹介します。

1.家族の了承を得てから行動する

家族と暮らしている場合、移住の前には家族の同意を得る必要があります。都心部から地方へ移住するとなると、環境の変化は避けられません。配偶者や子供がいる場合は理解を得てから行動に移しましょう。

2.Iターンの目的・理由を明確にする

Iターンの目的を明確化することで、あらかじめ移住先のメリット・デメリットを洗い出し、適切な移住先を見つけることができます。通勤ストレスを軽減したい場合は、通勤ラッシュがなく、交通の利便性が保証されている環境を選ぶ必要があるでしょう。

また、何を目的に移住するのか明確にしておくことで、移住先のデメリットを事前に対策することができます。

3.移住先の環境を確認しておく

移住をするにあたり、移住先の環境を確認しておかないと、後でギャップに苦しむかもしれません。都心部と地方では気候が全く違ったり、交通網が発達していなかったりする場合もあります。後悔しないためにも、できるだけ移住先へと足を運び、地域生活に適応できるかを確認しておきましょう。

4.移住前に仕事の目星をつけておく

先に移住してから仕事を見つけるとなると、求人数の少なさから自身の条件に合った仕事が見つからず、生活の負担になってしまいます。まずは移住前に仕事や求人情報などを精査しておくことで、デメリットを払拭できるでしょう。

移住先での仕事の探し方については、「田舎暮らしは仕事がない?パソコンでできるものは?求人探しの方法も解説」でも詳しく解説しています。ぜひあわせて参考にしてください。

Iターン転職をお考えの人は、メリットとデメリット双方を考慮することが大切です。転職に関するお悩みがある方は、エージェントを活用してみるのも良いでしょう。

若年層向け就職・転職エージェントのハタラクティブでは、専任のキャリアアドバイザーによるマンツーマンのカウンセリングから、一人ひとりに合った求人をご紹介しています。また、希望する地域の仕事について相談することも可能です。「Iターンが自分に向いているのか分からない」といった、転職にまつわるお悩みも解決へと導きます。

ほかにも、書類添削や面接対策といった包括的なサポートが充実。サービスへの登録・利用料はすべて無料ですので、まずはお気軽にお問い合わせください。

この記事に関連するタグ