地元就職先の探し方!成功するための方法とは?

親の介護があるので地元で働かないといけません。どうやって探せばいいですか?

親の介護があり地元で就職することを考えています。東京などの都会と違い、就職先がなかなか見つからないのが悩みです。地元就職を希望する場合、どうやって就職先を探せばよいのでしょうか。就職活動のコツを教えてください。

地元就職のコツは情報収集をしっかりと行うことです。情報収集の仕方はWebサイトやハローワークなどさまざまなやり方がありますが、1つの方法に絞るのではなく多角的に情報を集めることで、少人数募集の枠を逃さないようにしましょう!

就活アドバイザーに詳しく聞いてみました!

地元就職先の探し方!成功するための方法とは?

地元就職をしたいと考えているけれど、探し方が分からないという方も多いでしょう。企業数が少ない地域で求職活動をするのなら、1つの方法で探すのではなく、Webサイトやハローワーク、転職エージェントなど、複数の手段で求人情報を集めるのがポイント。コラムでは具体的にどうしたら就職先を見つけられるのかを始め、地元就職することのメリットやデメリットについて解説します。
これから地元で就職活動を始める方はぜひご覧ください。

地元就職したい場合の5つの求人の探し方

地元就職での求人の探し方は、Webサイトやハローワーク、転職エージェントを使っていろいろな方法で求人情報を集めるのがポイントです。Webサイトにはないけどハローワークには掲載がある、ハローワークにはないけど転職エージェントなら紹介可能な求人があるなど、ツールによって得意な業種、地域、雇用形態などに違いがあるため、検索に使うツールを一つに絞らず幅広く利用しましょう。以下より地元就職での求人の探し方として5つの方法を紹介します。

1.地元就職に特化した求人サイトで探す

インターネットの求人サイトの中でも地元に特化したサイトの利用がおすすめです
一般的に大手求人サイトは全国の非常に多くの求人が掲載されているため、地元の求人情報が埋もれがちになってしまいます。地域密着型で地の情報に強い求人サイトであれば、自分の地元にある企業に絞って検索が行えるので、情報を見つやすいでしょう。

2.厚生労働省の「若者雇用促進総合サイト」を利用する

厚生労働省が運営しているWebサイト「若者雇用促進総合サイト」も、地元就職したい方に最適なサービスの一つ。。その名の通り、若者の雇用を促進する目的で運営されているWebサイトで、無料で企業の検索が行えます。サイト内では「都道府県ごとの魅力的な企業のご紹介」といった各地域に特化した情報も扱ってます
自分の地元でどのような人材が必要とされているのかを検索でき、丁寧な個別支援を受けられる窓口なので、ぜひ活用してみましょう。

参照元
厚生労働省
若者雇用促進総合サイト

3.ハローワークに足を運ぶ

ハローワークは、厚生労働省が国民の雇用の安定・促進を目的に設置した施設で、正式名称は公共職業安定所といいます。全国各地にあるので、最寄りの施設を利用してみるのも地元求人の探し方の一つ。ハローワークでは、求人情報提供端末を使った情報収集を始め、個別での就職相談、面接対策セミナー、失業保険の申請など、さまざまなサービスを利用できます。
企業が求人を掲載するのに費用がかからず、大企業はもちろん、採用コストを抑えたい中小企業も求人を掲載しやすいという特長があるため、地域密着型の中小企業も含め求人量が豊富です。
就職活動がはじめての場合、分からないことがあるときなどは、窓口で相談しながら求職活動を進めると良いでしょう。「ハローワークでは県外の求人を紹介してもらえるの?」のコラムでもハローワークの特徴について詳しく解説していますので、あわせてご覧ください。

4.商工会議所を利用する

インターネットやハローワークとは別に、商工会議所という探し方もあります。
商工会議所とは各地域に設置さている非営利の公益経済団体のこと。地元の企業や経営者に対して有益な情報を提供するという役割を担っており、地元の中小企業にとってはアドバイザーとして頼られる存在といえます。
さらに、商工会議所は求職者に向けて就職説明会や相談会を開催していることもあり、地元に就職したい方の心強い味方です。大規模なイベントがない時期であっても、商工会議所には経営指導員が常駐している場合が多く、就職の相談に乗ってくれます。経営指導員は地元企業の事情に通じており、どの企業がどのような人材を欲しがっているのかといった最新の情報を得られる可能性も高いといえるでしょう。
地元の企業、とくに中小企業に就職することを考えているのであれば、商工会議所を利用するのは賢い方法です。

5.就職エージェントに相談する

就職エージェントではWebサイトなどに出ている公開求人だけでなく、掲載されていない非公開求人も持っていることがあり、思いもよらない好条件の就職先が見つかるころもあります。また、利用者の経験や能力、希望条件と企業が求める人物像がマッチしているかを判断した上で、最適な求人紹介してくれるので、入社後のミスマッチが起こりにくいのも特徴。履歴書や職務経歴書といった応募書類の添削や企業の特徴に合わせた面接対策、面接スケジュールの管理、企業との交渉代行など、エージェントによって多彩なサービスを用意しているのでチェックしてみると良いでしょう。地元就職を目指している方におすすめの求人の探し方については、さらに詳しく書かれたコラム「知っておきたい!転職先の効率的な探し方」もご覧ください。

地元就職を成功させるための3つのポイント

地元就職を成功させるためには、求人情報の探し方の他にも押さえておくべきポイントがあります。以下より3つのポイントを見ていきましょう。

1.就職するまでのスケジュールを立てる

いつまでに就職したいのか、そのためにいつから情報収集を始めるべきか、選考が進んだ際の交通費や日程はどれぐらい余裕を持ちたいかといった部分を考慮しながら、就職活動の開始から終わりまでのスケジュールを立てましょう。地方から都市部に出ている方であれば、地元に帰る時期や、引っ越しのタイミングも重要になります。

すでに仕事をしている方の場合、有給を利用して転職活動をする、実際に転職先が決まった後に引継ぎをする、引継ぎ後に引っ越しをするといった工程があります。こうした工程をスムーズにこなすためにも、「転職でやることをチェック!準備リストに沿って効率良く手続きを進めよう」のコラムを参考に計画的に準備を進めましょう。。

2.求人を見逃さない

地元にある優良企業の場合、離職率が低く、滅多に欠員が出ません。そのため、求人情報が少なく、求人があったとしても1名や数名の募集、しかも短期間で締め切ってしまうこともあります。
したがって、いかに丁寧に求人情報を見て、情報を見逃さないようにするかが重要となります。今では企業も多くの媒体を使って求人情報を掲載するので、企業のWebサイトだけでなく、インターネットの求人サイト、求人誌、ハローワーク、転職エージェントなどをフル活用して情報を収集しましょう。こまめな情報収集こそ、地元就職を成功させるカギなのです。

3.志望動機を練りこむ

応募時の志望動機では、「なぜ地元が好きなのか」「入社してどのように地元に貢献できると考えているのか」「都市部で培ったスキルがあるのならばどのように地元でそのスキルを活かしていくのか」といった点を具体的なエピソードを交えて構築しましょう。「地元に貢献したい」という抽象的な志望動機では説得力に欠けてしまいます。企業の事業内容や経営理念、どのような人材を欲っしているかを把握したうえで、自分のスキルをマッチさせた志望動機の作成を心がけましょう。

地元の優良企業に就職する4つのメリット

地元で就職するメリットは「家族や友人の近くで働ける」「慣れ親しんだ環境で生活できる」「地元に貢献できる」「生活コストが安くなる」の4つ。メリットを知って就活へのモチベーションにつなげていくきましょう。

1.家族や友人の近くで働ける

地元で就職すれば、家族や友人の近くで働けるというメリットがあります。
地元と離れた場所で就職した場合、仕事のプレッシャーやストレスによって疲労を感じても、身近に相談できる人がいないこともあるでしょう。
一方、地元で就職すれば、家族や友人がすぐ近くにおり、比較的気軽に会うことができるので悩みなども相談しやすいのがメリット。精神的な支えが近くにあることでリフレッシュしやすいため、仕事へのモチベーションも維持していけるでしょう。

2.慣れ親しんだ環境で生活できる

地元で就職すれば、気候や土地勘などを含め慣れ親しんだ環境で生活し続けられるのもメリットです。遠く離れた土地に引っ越さなければならない場合、大きく環境が変わるため不安を覚えるかもしれません。新しい環境に身を置くと体力的にも精神的にも負担を感じることがありますが、地元にいればストレスを最小限に抑えられます。

3.地元に貢献できる

地元に就職することで、地元に大きく貢献できることもメリットといえます。生まれ育った故郷が好きな方は、地元の経済活動に役立てることで達成感ややりがいを得られるでしょう。

4.生活コストが安くなる

家賃や土地を始め、一般的に都市部よりも地方部の方が物の値段が安くなります。そのため、都市部で就職するよりも地元の方が生活のコストを全体的に下げられるというメリットもあるでしょう。場合によっては
毎月の出費を数万円から十数万円減らすことができるかもしれません。収入が少なく、都市部で生活するのが厳しいという方は、地元の企業に就職するのも一つの手です。

地元で就職することのメリットについてさらに知りたい方は、詳しく書かれたコラム「田舎に就職すると後悔する?都会よりつまらない?地方就職のメリットとは」もご覧ください。

地元就職する3つのデメリット

地元で就職することには多くのメリットがある一方、デメリットについても考える必要があります。
地元で就職先を探そうとしている方は、どのようなデメリットがあるかについてもよく考えるようにしましょう。
地元で就職する3つのデメリットをご紹介します。

1.就職先が限られる

地元就職のもっとも大きなデメリットは、就職先の数が限られる点です。現在、日本は売り手市場であり、都市部では非常に多くの求人が見られます。地元にこだわらず就職先を探そうとすれば、たくさんの選択肢から自分の希望に合った求人を見つけられるでしょう。
一方、地元で就職する場合には企業の数が少ないため就職先が限られてしまいます。加えて、業種や職種が限られることもあり、自分が求める条件が満たされないこともあるでしょう。

2.キャリア形成が難しくなる

地元で就職することの別のデメリットは、自分のキャリア形成が難しくなる点です。
都市部で就職した場合、スキルや知識が身に付いた時点で給与の高い企業に転職するという選択肢を持てるでしょう。年齢に関わらず、成果次第で報酬アップ可能なベンチャー企業も数多くあります。
一方、地方ではいまだに年功序列の文化が根強く、成果に関係なく年齢や勤続年数によって役職が決まることも珍しくありません。また、先述のとおり就職先自体が少ないため、転職によるキャリアアップやキャリアチェンジを目指しにくいという傾向にあります。結果的にキャリアが詰まりがちになることもあるので注意が必要です。

3.視野が広がらない

地元に就職すると、自分のコミュニティが広がらず、視野が広がらないというデメリットもあります。地元で働くことで知人や友人によるコネクションを手に入れられることは大きなメリットですが、それ以上広いコミュニティを獲得することが難しくなるでしょう。
自分の行動範囲や友好関係が地元から広がらず、刺激が足りないと感じるかもしれません。

地元で就職することのデメリットについてさらに知りたい方は、詳しく書かれたコラム「就職するなら地方?都市?それぞれのメリット・デメリットを紹介」もご覧ください。

地元就職では、求人情報の探し方や計画的な準備が成功のカギです。とはいえ、自分一人ですべてを行おうとすると、やるべきことが多すぎて思うように進まない可能性もあるでしょう。
そんな時に役立つのが転職エージェントです。就職・転職エージェントを活用すると、1人で求職活動をするよりも内定までの期間が短くなる傾向があります。志望動機や自己PRの作成、面接対策なども相談できるので、とても便利なサービスです。
就職エージェントのハタラクティブでは応募書類の添削から面接のスケジュール調整まで、就活に必要な準備を幅広くサポート。ヒアリングをとおして利用者の能力や適性にマッチした企業をご紹介しています。

関連タグ