新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 地元で就職…就職先はどうやって探す?

地元で就職…就職先はどうやって探す?

公開日:

最終更新日:

親の介護があるので地元で働かないといけません。どうやって探せばいいですか?

親の介護があり地元で就職することを考えています。東京などの都会と違い、就職先がなかなか見つからないのが悩みです。地元就職を希望する場合、どうやって就職先を探せばよいのでしょうか。就職活動のコツを教えてください。

地元就職のコツは情報収集をしっかりと行うことです。情報収集の仕方はWebサイトやハローワークなどさまざまなやり方がありますが、1つの方法に絞るのではなく多角的に情報を集めることで、少人数募集の枠を逃さないようにしましょう!

就活アドバイザーに詳しく聞いてみました!

◆地元での就職・転職にはコツがあります!

地元で就職…就職先はどうやって探す?

企業数が少ない地域で求職活動をするのなら、1つの方法で探すのではなく、Webサイトやハローワーク、転職エージェントなど、複数の手段で求人情報を集めてみましょう。

東京や大阪といった求人情報が豊富な都心部では、企業や労働条件などにこだわらなければ就職・転職に必要な情報は比較的簡単に手に入ります。
その一方で、地元就職やUターン転職の場合は、正社員募集や募集人数自体が少ないケースが多く、「求人が見つからない」「競争率が高そう」など、就職に対するネガティブなイメージを持つ人は少なくありません。

求人情報を探すツールには、Webサイトやハローワーク、転職エージェントなどさまざまな種類があります。
Webサイトにはないけどハローワークには掲載がある、ハローワークにはないけど転職エージェントなら紹介可能な求人があるなど、ツールによって得意な業種、地域、雇用形態などに違いがあるため、いろいろな方法で求人情報を集めるのがポイントです。

また、優良企業は知名度の高い企業だけとは限りません。
知名度の低い企業や中小企業の中にも優良企業はあるので、1名限定、2~3人募集などの少人数募集を見逃さないようにすると、就職・転職のチャンスが広がりますよ。

◆地元のハローワークに行ってみる

ハローワークは、厚生労働省が国民の雇用の安定・促進を目的に設置した施設で、正式名称は公共職業安定所といいます。
ハローワークでは、求人情報提供端末を使った情報収集はもちろん、個別での就職相談、面接対策セミナー、失業保険の申請など、さまざまなサービスを利用できます。
企業が求人を掲載するのに費用がかからず、大企業はもちろん、採用に経費をあまりかけたくない中小企業も求人を掲載しやすいという特長があり、求人量は比較的豊富です。

就職活動がはじめての場合、分からないことがあるときなどは、窓口で相談しながら求職活動を進めると良いでしょう。
ハローワークは全国各地にあるので、最寄りの施設を探して気軽に利用してみてはいかがでしょうか。

◆求人サイトをチェックしてみる

就職・転職向け求人サイトは、全国の幅広い職種、業界の求人を、パソコンやスマートフォンから気軽に検索できるのが大きな特長です。
フリーター向け、新卒向け、既卒者向けなど、就活をする人の立場や状況に合わせた求人サイトが多数存在します。

求人量が多いのが1番のメリットですが、Webサイトの情報だけでは実際の選考基準が不明確というケースもしばしば。
そのため、求人サイトから応募し続けているのに、なかなか内定をもらえない…という意見も多いようです。
求人サイトを利用する場合は、「こんな求人があるかもしれない」とあくまでひとつの手段として活用する程度にとどめ、ほかの求人サービスと並行して利用するとスムーズな求職活動ができるでしょう。

◆就職・転職エージェントに相談してみる

就職・転職エージェントは、インターネットで「〇〇エージェント」などと検索できる、就職・転職サポートサービスです。
就職・転職エージェントでは、あなたの経験や能力、希望条件と企業が求める人物像がマッチしているかを判断した上で、最適な求人紹介をします。
また、履歴書や職務経歴書といった応募書類の添削や企業の特徴に合わせた面接対策、面接スケジュールの管理、企業との交渉代行など、エージェントによって多彩なサービスを用意しているのでチェックしてみると良いでしょう。

就職・転職エージェントをうまく活用すると、1人で求職活動をするよりも内定までの期間が短くなる傾向があります。
しかしながら利用には少し注意が必要かもしれません。
エージェントによっては希望する地元エリアの求人を多く取り扱っていない場合があり、なかなか求人情報を得られないというケースもあるようです。
就職・転職エージェントの利用を考えるときは、あなたの地元に密着したエージェントかどうかを見極めて、自分にに合ったサービスを見つけましょう!

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ