就職したくない女性の選択肢は?就活するメリット・デメリットも紹介!

就職したくない女性の選択肢は?就活するメリット・デメリットも紹介!の画像

この記事のまとめ

  • 就職したくない女性の心理は、「就活がめんどくさい」「仕事が大変そう」など
  • 就職したくない女性には「フリーター」「起業」「結婚」「進学」などの選択肢がある
  • 就職したくない女性が結婚した場合、結婚後に就職が必要になることもあるので注意
  • 就職するメリットは、収入や雇用が安定しやすいことや社会的信用が得られること
  • 就職のデメリットは、「自由な時間が少なくなる」「人間関係に縛られやすくなる」など

女性のなかには、「就職したくない…」と感じている人もいるでしょう。女性が就職したくないと感じるのには、「就職活動がめんどくさい」「結婚したらすぐに退職するから就職する意味がない」といった理由があるようです。このコラムでは、就職したくない女性の選択肢や就活のメリット・デメリットを解説します。進路に悩んでいる方は、ぜひご一読ください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

就職したくない女性の心理

就職したくないと思う理由は人それぞれ異なります。この項では、就職したくない女性が抱きやすい感情をまとめました。

「就職活動=めんどくさいもの」と思っている

就職したくない女性は、「就職活動はめんどくさいもの」と認識している傾向があります。実際に、就職活動は、求人検索・求人応募・書類作成・面接対策・面接・企業とのやり取りなど、やるべきことが盛りだくさんです。さらに、髪を明るく染めている人は暗く染め直したり、スーツがない人は新たに用意したりする必要があるため、より「めんどくさい・就職したくない」と感じやすくなります。

働くことにマイナスイメージを持っている

働くことにマイナスイメージを持っている女性は、「就職したくない」と感じやすいようです。たとえば、テレビやネットニュースでブラック企業の特集を目にしたり、知人が仕事で疲労している姿を見たりした際に、「就職したらパワハラされるかも」「残業時間が多過ぎて、自由な時間が持てなそうだから就職したくない」と感じる場合があります

就職しなくても何とかなると思っている

「結婚して養ってもらえば良い」「フリーターでも全く不便していない」というように、「今のままでも何とかなるから就職したくない」と感じる女性もいます。特に、結婚を視野に入れている女性の場合は、「結婚後すぐに退職する可能性があるから、努力して就活しても意味がない」と思いやすいようです。

「就活が怖い・動けない」のは就活恐怖症?不安を感じる理由や対処法を紹介」のコラムでは、就職したくないと感じる理由をより深掘りして解説しているので、自分がなぜ就職したくないのか考えるきっかけにしてみてください。

就職したくない女性の5つの選択肢

就職したくない女性には、以下のような選択肢があります。

フリーターになる
起業する
結婚して家事に専念する
資格を取る
専門学校に入る
大卒者の場合は大学院に進学する

「正社員就職はしたくないけど、何かしらの仕事はしたい」という女性はフリーター、「働きたいけど面接は受けたくない」という女性は起業、「とにかく就職に関わりたくない」という女性は結婚、「今は就職したくないけど、将来的には正社員として働きたい」という女性は資格取得や専門学校、大学院への進学を検討すると良いでしょう。

結婚後に就職が必要になることもある

「就職したくないから結婚して家事に専念しよう」と考えている女性は、結婚後に就職が必要になる可能性も想定しておく必要があります。たとえば、結婚相手がリストラされたり、病気やケガをしたりして収入がなくなった場合、基本的にパートナーである女性が収入を得なければなりません。全く就職しない気でいると、いざというときに生活が立ち行かなくなる恐れがあるので注意が必要です。

就職したくないと考える理由とは?就職せずに選べる進路についても解説!」のコラムでは、就職したくない方の選択肢をより詳しく解説しているので、ぜひご一読ください。

就職したくない女性が就活するメリット

就職したくないと考えている女性が、就活して正社員になる主なメリットは以下のとおりです。

収入が安定しやすい
社会的信用が得られる
やりがいのある仕事を任されやすくなる
安定した雇用が望める
賞与や昇給がある場合が多い

正社員は月給制である場合が多く、毎月安定した収入が入ってきます。また、安定した収入は社会的信用につながり、住宅や車、クレジットカードといったローンの審査に通りやすくなるのもメリットです。さらに、正社員は基本的に会社と無期雇用契約を結んでいるため、有期雇用契約者よりも安定した雇用が望めます。
上記のほか、自己分析を通して自分のことをより深く知れたり、それによって人生の選択肢が増えたりするのも就活のメリットです。

就職したくない女性が就活するデメリット

下記は、就職したくない女性が就活して正社員になるデメリットです。前項のメリットと比較しつつ、就職するかしないかを判断してみましょう。

自由な時間が少なくなる
人間関係に縛られやすい
選考結果に感情を左右されやすい
ブラック企業に入る恐れがある

自分の好きな時間に働くことが可能なフリーターとは違い、正社員は勤務時間が定められている場合が多いので、自由な時間が少なくなります。また、前項では「無期雇用契約のため、安定した雇用が望める」のが正社員のメリットだと解説しましたが、反対に考えると「人の入れ替わりが少なく、人間関係が固定化されやすい」ともいえるでしょう。しかし、人間関係に問題があったりブラック企業であったりしても、きちんとした手順を踏めば退職できるので、就職を重く考え過ぎないようにしましょう。

「就職したくないけど、このままでいるのは不安…」という方は、就職・転職エージェントのハタラクティブの利用を検討してみてください。ハタラクティブは、ニートやフリーター、既卒などスキルや経歴に自信がない若年層に特化した就職・転職支援サービスです。経歴や現状を踏まえたうえで適切なアドバイスをするので、就職したことがない人も安心して利用できます。カウンセリングの日程調整はメールでもできるので、ぜひお気軽にご相談ください。

就職したくない女性が抱えるお悩みQ&A

この項では、就職したくない女性が抱えがちな疑問を、Q&A方式で解決します。就職したくない…と悩んでいる女性は、以下の回答をお役立てください。

就職したくないときはどうする?

就職したくないときは無理に就職する必要はありません。ただし、「なぜ就職したくないのか」は明確にしておくのがおすすめ。「就職活動をしたくないのか」「やりたい仕事がないのか」といった理由によって、解決策は異なるからです。たとえば、やりたい仕事がない場合は、「どのように働きたいか」に重きを置いて仕事を探してみるのが良いでしょう。就活がしたくないから就職したくないという方は、「「就活したくない」と思った時に読むコラム」をご覧ください。

フリーター女性の結婚は難しい?

フリーター女性は、結婚を避けられる場合があります。フリーターは、雇用や給料が安定しない傾向にあり、将来を不安視されやすいからです。また、パートナーが結婚したいと言ってくれても、両親に反対されることもあります。結婚を視野に入れているフリーター女性は、「フリーター女子が結婚するために就職は必要?」のコラムも要チェックです。

就職しなくても結婚できる人の特徴は?

夢や目標があったり、就職できない特別な事情があったりする女性は、結婚できる可能性があります。ただし、実際に結婚できるかどうかは相手の判断によって異なるので、パートナーがいる方は、結婚の条件を確認してみると良いでしょう。就職しなくても結婚しやすい人の特徴は、「フリーターの女性は結婚できない?正社員も目指せる7業種を紹介」のコラムでも紹介しているので、あわせてご確認ください。

就職したくない女性の末路は…?

女性が就活しないまま年を重ねると、次第に就職が難しくなります。企業は、選考で若さや即戦力などを求める傾向にあるからです。「スキルも経験もない」という方は、若さやポテンシャルが評価されるうちに就職活動をするのが良いでしょう。なお、就職しないリスクは「正社員になるのが怖いと感じる理由を解明しよう!就職しないリスクも解説」のコラムでも確認できます。

この記事に関連するタグ