就活浪人とは?留年との違いや割合を解説!不利になるのは本当?

就活浪人とは?留年との違いや割合を解説!不利になるのは本当?の画像

この記事のまとめ

  • 就活浪人とは、就職先が決まらないまま卒業した人のこと
  • 新卒一括採用の傾向が強いため、就活浪人はネガティブな印象を持たれやすくなる
  • 就活を経験しているため、基本の流れや改善点が分かるのが就活浪人のメリット
  • 就活浪人から正社員を目指すなら、自己分析や企業研究を改めて行うことが大切

就活浪人とは、新卒での就職が決まらないまま卒業することを指します。いわゆる「既卒」になりますが、就活に影響はあるのでしょうか。コラムでは、就活浪人をする人の割合や就職留年との違いをまとめています。新卒で就職が決まらなかったときの選択肢として就活浪人を検討しているなら、メリットとデメリットをしっかり把握しておきましょう。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

就活浪人とは

就活浪人とは、「就職浪人」とも言い、新卒での就活時に就職先が決まらなかった、または内定は出たものの辞退した人が、学校卒業後に翌年の就職を目指すことです。
つまり、学校を卒業してからも就活を続けている状態のこと。「既卒」と呼ばれる状態です。

就活留年との違い

就活浪人に類似した言葉に「就活留年(就職留年)」があります。就活浪人が学校を卒業しているのに対し、就活留年は意図的に学校を留年して就活を行うというのが違いです。
就活留年を選ぶ理由は「新卒枠」での応募が可能となるため。ただし、最近では卒業後3年間を新卒扱いとして採用している企業も増えています。留年した分、学費もかかることから、どちらを選択すべきかは自身の状況を長期的に見て判断したほうが良いといえるでしょう。
迷う場合は「就職留年とは?浪人との違いやメリット・デメリットを解説」もぜひ参考にしてください。

第二新卒との違い

第二新卒とは、新卒入社からおおむね3年以内に転職をする人を指します。就活浪人は就業経験がないのに対し、第二新卒は短期間であっても正社員として働いた経験があるのが違い。基本的なビジネスマナーを身に着けていて教育コストがかからず、年齢も若いことから積極採用する企業もあるようです。
第二新卒の就活については「第二新卒とはいつまでを指す?転職成功のコツとおすすめの仕事もご紹介」のコラムで詳しくまとめています。

就活浪人は企業にどんな印象を持たれる?

日本では新卒一括採用が基本となっているため、新卒時に就職しなかった就活浪人に対して「なにか問題があるのでは」と懸念を示す企業は多いでしょう。
ネガティブな印象を払拭するためにも、「就活浪人を選んだ理由」「就活浪人として過ごして身についたこと・気づいたこと」などをしっかり述べることが大切です。就活浪人の就活については「就活浪人から正社員選考を受けるときの5つのポイント」「就活浪人したら選考対策をしっかり行おう」で説明します。

就活浪人の割合

文部科学省が公表した「令和3年度学校基本調査」によると、令和3年3月卒の学生のうち、就職・進学・臨時労働者などに該当しない者は9.6%存在していることが分かります。

卒業後の進路 割合
就職 74.2%
有期雇用労働 1.2%
臨時労働 0.8%
臨床研修医 1.7%
上記以外 9.6%

引用:文部科学省「令和3年度学校基本調査 大学(学部)卒業後の状況(6p)

就活浪人に対して大学を卒業して就職する者は77.7%、大学院などに進学する者は11.3%。
就活浪人を選ぶ人の割合は、比較的少なめであるといえるでしょう。
また、同調査によると就活浪人後の選択肢として、ほとんどの人が「就職に向けた準備」をしていることも分かります。

  人数(男女計)
進学準備中 2507人
就職準備中 28009人
その他 25712人

引用:文部科学省「令和3年度学校基本調査

以上のことから、新卒で就職が決まらなくても卒業後に就活を継続し、正社員を目指す人が多いといえるでしょう。

参照元
文部科学省
学校基本調査

就活浪人になる理由

就活浪人になる最も大きな理由は、「新卒として就活がうまくいかなかったから」でしょう。また、内定は得たものの納得がいかなかったり、そもそも就活をしておらず自ら就活浪人を決意する人もいるようです。

選考で不利になる?就活浪人の3つのデメリット

就職浪人するとほとんどの企業から「なぜ新卒で就職しなかったのか」「新卒就職がうまくいかない理由があるのでは」とネガティブな印象を持たれやすくなります。また、新卒ではなくなるため大学の就活フォローが受けられなくなったり、新卒向けの求人に応募できなくなったりする可能性もあるでしょう。

1.就活浪人に対してネガティブな印象をもたれやすくなる

冒頭で述べたように、日本ではほとんどの企業が新卒一括採用を行っています。新卒で入社するのが一般的なため、イレギュラーとなる就活浪人に対して「新卒就職できない理由があるのでは」とマイナスイメージを抱く企業や採用担当者がいるのも事実でしょう。

2.既卒扱いになり受けられる企業が減る

就活浪人はすでに学校を卒業し就職経験もないため、「既卒」に該当します。
企業の採用枠には「新卒」「第二新卒」「既卒」がありますが、このうち既卒はいわゆる「中途採用」に該当。就活浪人は基本的に中途採用枠に応募することになるため、経験者がライバルとなり就活に苦戦することも考えられます。

就活浪人しても新卒扱いになる?

冒頭でも触れているように、近年は就活浪人しても3年以内なら新卒として応募できる企業が増えています。これは、青少年雇用機会確保指針が改定されたため。政府が若年層の就業支援を目的に、新卒枠の範囲を広げました。あくまでも協力要請のためすべての企業で実施されているわけではありませんが、就職のチャンスは広がっているといえるでしょう。

参照元
厚生労働省
3年以内既卒者は新卒枠で応募受付を!!

3.周囲のサポートを受けられない

また、就活浪人になると、孤独感や不安・焦りを一人で抱え込みやすくなります。周囲の友人の多くは就職や進学をしているため相談しづらく、学校のサポートも受けられない状況になる可能性があります。

就活浪人にはメリットもある!

就活浪人をすることで時間が生まれ、就活の準備がしやすくなったり、就職について改めて考えたりできるといったメリットもあります。メリットを活かして、前向きに活動していきましょう。

1.反省を活かして効率よく就活ができる

就活浪人を選ぶということは、すでに就活を経験しているということ。うまくいかなかった就活を振り返り、結果を出せなかった原因を追求し、分析できるのは就活浪人のメリットでしょう。
また、自己分析・業界研究・企業研究・面接対策も経験しており、就活の流れもわかっていることから余裕を持って準備できるのも大きなメリットといえるでしょう。

2.就活の準備に使える時間が増える

就活浪人はすでに学校を卒業しているため、就活に使える時間が増えます。ただし、時間にゆとりがあるぶん集中力を欠きモチベーションを維持できないことも考えられます。計画性を持って取り組めるよう、スケジュールはしっかり作成しておくのがおすすめです。

3.自分のやりたいことの見直しができる

就活浪人となり自己分析を丁寧に行うことで、もう一度自分のやりたいことを見直せます。「目指すべき業界・企業は間違いなかったのか」「自分のやりたいことは何なのか」を明確にする時間はとても貴重です。
改めて目指すべき業界・企業が明確になれば、効率的・効果的な就活が実践できるでしょう。

4.社会人になった友人からアドバイスをもらえる

すでに社会人として活躍している友人から、就活や就職先についての話を聞けるのは大きなメリットです。
就活ではどんなことに気をつけていたか、実際の業務はイメージどおりか、働いてみてなにを感じるかなどを聞くことで、自身の就活に大いに活用できるでしょう。

就活浪人したら選考対策をしっかり行おう

就活浪人したら選考対策をしっかり行おうの画像

就活浪人から正社員就職を目指すなら、自己分析と企業研究をやり直して改めて就活について対策し直すのがおすすめです。新卒時に就職がうまくいかなかった理由をしっかり考え、対策を行いましょう。

自己分析・企業研究をやり直す

新卒時の就活でも行った自己分析や企業研究ですが、就活浪人となってから改めて行います。新卒時に就職がうまくいかなかった理由として「自己分析・企業研究が不十分だった」という可能性も。また、就活を経験したことで仕事に対する考え方や企業に求めることも変化しているでしょう。
自己分析のやり方を解説!自分をしっかり診断して転職に活用しよう」「企業研究によって転職を成功させるやり方を解説!情報の集め方も詳しく紹介」を参考に進めてみてください。

就活の軸を改めて考える

「就活の軸」とは、働くにあたって譲れない条件や重視するポイントのこと。「就活の軸の決め方を解説!考え方や答え方の例文を確認しよう」でも解説しているように、就活の軸を決めることで自分に合った企業を見つけやすくなったり、志望動機に深みや説得力が出たりします。
就活の軸も、新卒時とは変わっている可能性が高いので改めて考えてみましょう。

書類・面接対策を改める

新卒時の就活がうまくいかなかった理由として、「書類・面接対策ができていなかった」という理由も考えられます。
新卒時に使用した書類が残っていれば見直し、「誤字脱字がないか」「読みやすい字・文章になっているか」「応募企業に合った内容か」を確認しましょう。
ただし、新卒と同じ対策をしても就活は成功しません。就活浪人という立場を理解し、企業がどんな点を重視するかを理解したうえで対策を行う必要があります。「既卒の就活はしんどい?プロがおすすめする面接のやり方と質問の回答例」のコラムでは、既卒がよく聞かれる質問や面接対策について解説しています。対策の参考にご活用ください。

面接で必ず聞かれる「就活浪人をした理由」

何度か説明しているように、企業は就活浪人をした人に対して「なぜ新卒入社しないのか」を必ず問います。就活がうまくいかなかった、そもそも就活をしていなかったなど、理由は人それぞれですが正直に話し、反省を示して就職に前向きな姿勢をアピールしましょう。

就活浪人から正社員選考を受けるときの5つのポイント

就活浪人から正社員就職を成功させるには、就活浪人中の過ごし方がポイントになります。うまくいかなかった就活を振り返り、自分に足りないスキルや経験を身に着けてもいいでしょう。また、自己分析をもとに選考を受ける企業の範囲を広げるのもおすすめです。

1.スキルや資格取得など就職に向けた強みを身につける

就活に費やせる時間を利用して資格取得やスキルアップをすることで、就職に向けた強みを身につけられます。
自身の強みとするには、グローバルに事業を展開している企業であれば英語力を、エンジニアを目指すのならプログラミングスキルなど入社を目指す企業の仕事に役立つスキル・資格の取得を調べ、専門性・希少性の高いものを選びましょう。
また、新卒時の就活で自分に足りないと感じたスキルや経験を身につけるのもおすすめです。

2.応募先の視野を広げる

就活浪人を選択した人の多くは「就職したい業界」を決めています。しかし、志望業界だけにとらわれることは得策ではありません。視野を広げてほかの業界を研究することも就活を成功させる方法の1つです。
改めてほかの業界を研究することで、大学在学中には気づかなかった業界に魅力を感じることも多くあります。また、大企業や有名企業にこだわらず、中小企業まで目を向けることも大切。大企業は新卒採用の傾向が強く、中途では経験やスキルが重視されます。就活を成功させるなら、中小企業も選択肢に入れましょう

3.公務員試験も選択肢に入れてみる

民間企業だけでなく公務員試験も選択肢に含めることで、就職先は大きく広がります。
ただし、公務員試験であっても就活浪人を選択した理由を明確にしておくことは必須です。「ただ何となく」「ほかに就職先がなかった」では話になりません。しっかりとした、動機付け・目標が必要です。

4.パート・アルバイトなどで業界経験を積んでみる

パートやアルバイトなどで業界経験を積むのも、就活浪人生活の有効な過ごし方です。「華やかだと思っていた仕事が実際は体力勝負だった」「経験が必要と思っていたけど未経験でも挑戦できた」など、実際に働いてみると、これまでのイメージと異なる点があることに気づくでしょう。一度業界や仕事を経験することで、本当に自分が理想としている業界・仕事なのかを確認することが可能です。また、企業によってはアルバイト経験であっても即戦力として評価される場合もあります。

5.既卒専門の就職支援サービスを利用する

既卒専門の就職支援サービスでは、中途採用枠での就職を目指す人に有益な情報や効率的な就活のやり方をレクチャーしています。さらに、就活浪人をターゲットとした求人も数多く取り扱っており、有利に就活を進めることが可能です。

既卒の就職活動は、新卒の時とは異なり、就活仲間やサポートしてくれる人がいません。ときには孤独感や不安感を抱くこともあるでしょう。そんなときは、プロの手を借りられる就職エージェントの利用がおすすめです。
就職エージェントのハタラクティブなら、アドバイザーの丁寧な指導を無料で受けられます。書類作成や自己分析、面接対策など、プロのアドバイスによる客観的な視点を交えることで、より自分を高めていけるでしょう。
卒業後の就職活動なら、ぜひハタラクティブまでご相談ください。

この記事に関連するタグ