既卒の就活はしんどい?プロがおすすめする面接のやり方と質問の回答例

既卒の就活はしんどい?プロがおすすめする面接のやり方と質問の回答例の画像

この記事のまとめ

  • 既卒の就活は、年齢的にはそれほど厳しいわけではない
  • 既卒就活の特徴は「新卒枠に応募可の場合がある」「若手不足の企業で需要が高い」など
  • 既卒者が内定を獲得するには、自分に合った就活方法や必要な対策をとることが大切
  • 既卒は1人で就活するよりも、ハローワークやエージェントを活用するのがおすすめ
  • 面接では既卒になった理由を正直に答え、前向きに就活していることをアピールしよう

「既卒の就活はしんどい?」「既卒で志望企業へ就職するのは無理そう…」と不安に思う方もいるでしょう。既卒は新卒や中途採用者と比べて就職活動が難しい傾向があるものの、企業からの需要が伸びている実態もあります。このコラムでは、既卒の就活で内定を得るためのやり方をご紹介。また、プロの就活アドバイザーが面接で好印象を与えるコツを解説します。既卒ならではの強みをうまくアピールし、就活を成功させましょう。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

既卒の就活はしんどい?就職事情を知ろう

既卒の就活はしんどい?就職事情を知ろうの画像

既卒の就活は新卒や転職者に比べて、「しんどい」「厳しい」といわれることも。しかし年齢が若いので、正社員になるのはそれほど難しいことではないでしょう。この項では、既卒の就職活動の実態を解説するので、参考にしてみてください。

就活における「既卒」とは

就活における「既卒」とは、一般的に「学校を卒業後、一度も正社員としての社会人経験がない人」を指します。「第二新卒」と混同されがちですが、第二新卒は一度でも正社員として就職した経験がある人です。それぞれの定義については、「既卒と第二新卒の違いは?どちらが有利?定義やメリット・デメリットを解説」で詳しく説明しています。

既卒就活の実態

企業によっては既卒も新卒枠で就活することが可能です厚生労働省が定める指針により、卒業後3年以内の既卒者を新卒扱いとする企業は増加傾向にあります。新卒の応募は大手企業に偏りがちなため、特に中小企業では既卒の需要が高いようです。新卒に比べて応募枠は減るものの、既卒も新卒として就職できるチャンスがあるでしょう。ただし、卒業後3年を過ぎると既卒と見なされない場合が多いので、早めに就職活動を始めるのがおすすめです。

参照元
厚生労働省
青少年の雇用の促進等に関する法律(若者雇用促進法)について 若者雇用促進法に関するリーフレット集

既卒を新卒で応募可能とした企業は69%

厚生労働省の「労働経済動向調査(令和4年8月)の概況」によれば、就活における新卒採用枠で「既卒の応募が可能だった」企業は、69%と意外と多い割合でした。以下の表は、新卒採用枠に「既卒者も応募可」としていた企業の割合が高い業界です。

産業 新卒採用枠で「既卒者も応募可」としていた企業の割合
医療、福祉 86%
生活関連サービス業、娯楽業 84%
金融業、保険業 76%
情報通信業 74%
宿泊業、飲食サービス業 73%

引用元:厚生労働省「労働経済動向調査の概況(3)既卒者の応募可否および採用状況(14p)

表から分かるとおり、「医療、福祉」が86%と最も高い結果でした。同産業は「既卒者の採用にいたった」と回答した企業の割合でも47%で2位となっています。なかでも介護職は、人手不足の傾向があるため既卒者のような若い人材のニーズが高いでしょう
既卒の就職活動の実態は「既卒の就職は厳しい?内定獲得のためにすべきことをご紹介」でも解説しているのでご覧ください。

参照元
厚生労働省
労働経済動向調査(令和4年8月)の概況

既卒の就活を成功させるには?

既卒の就活を成功させるには?の画像

既卒の就活を成功させられるかどうかは、工夫次第です。自分に合った就職活動の方法を見つけたり必要な対策をとったりすることで、内定を獲得できるでしょう。

既卒向けの求人を見つける

既卒の就活では、自分に合った求人を見つけることが成功のカギといえます。既卒に向いている求人とは、「未経験者歓迎」「未経験OK」「学歴不問」など、経歴や学歴を問わない求人です。若年層向けの就活サイトや就活エージェント、わかものハローワークなどの就職支援サービスを利用すれば、既卒向けの求人を見つけられるでしょう。特に就活エージェントは、アドバイザーがキャリアカウンセリングを実施したうえで、一人ひとりに合った求人を紹介してくれるのが魅力です。「既卒におすすめの3つの就活方法」を参考に、自分に合ったやり方で既卒向けの求人を見つけましょう。
下記では、既卒向けに未経験歓迎の求人をご紹介しています。気になる求人があれば、詳しく話を聞いてみることもできますし、自分に合った仕事を提案してもらえるでしょう。「自分に合っている仕事なのか」「どんな雰囲気の会社なのか」を実際に聞いてみることで、自分の就活の軸を固めていくことが可能です。

【既卒向け】未経験歓迎の

求人一覧はこちらから

就活の選考対策を万全にしておく

既卒の就活を成功させるには、履歴書の書き方や面接での受け答えを工夫することが重要です。アルバイト経験のある既卒者の場合、履歴書の職歴欄にはアルバイトの経歴を書くのがおすすめ。通常、職歴欄に記載するのは正社員経験からですが、空欄で出すよりも「社会で働いた経験がある」とアピールできます。履歴書作成のコツは「既卒の履歴書の書き方とは?どんな用紙がおすすめ?コツや選び方を解説!」を参考にしてみてください。次項では、既卒者向けに面接対策のポイントを詳しく解説していきます。

既卒が就活する際におすすめの時期はある?

既卒者が中途採用枠に応募する際は、求人が増える時期を狙って就活すると良いでしょう。「いつから就活を本格的に始めるべき?」と迷っている既卒の方は、一般的に求人数が増えるといわれている年度の切り替わり(1~3月)や、ボーナス支給後の時期(10~11月)がおすすめです。

既卒就活における面接対策の3つのポイント

既卒就活における面接対策の3つのポイントの画像

既卒の就活における面接対策のポイントは、「既卒になった理由を明確にする」「応募先企業ごとの志望理由を述べる」「既卒ならではの強みをアピールする」です。説得力のある志望動機を考えたり、よくある質問への回答を用意したりして、万全の体勢で面接に臨んでください。

1.「既卒になった理由」を明確にする

自分が「なぜ既卒になったのか」という理由を明確にしたうえで、面接に挑みましょう。企業は応募者が既卒になった理由を聞くことで、「入社してもすぐに辞めないか」「強い意志で就活に臨んでいるのか」などを確認しています。面接本番で考えながら発言すると上手く答えられない可能性があるため、回答は事前に考えておくのがコツです。「既卒者の面接でよく聞かれる7つの質問とは?成功させるポイントも紹介」を参考に、面接でよくある質問への回答も用意しておきましょう。

2.「その企業だからこそ」の志望理由を述べる

既卒の志望動機は、「その企業だからこそ」の理由を述べるのがポイントです。採用担当者の納得感を得られるよう、応募先企業と自分のマッチ度の高さをアピールするのがおすすめ。曖昧な志望動機だと「志望度が低い」と評価され、内定を遠ざけるリスクがあるので注意しましょう。

3.既卒ならではの強みをアピールする

既卒の就活は、新卒や転職者と比べて不利になる場合もあります。しかし、既卒には、新卒や転職者とは異なる採用メリットがあるので、それを企業にアピールすれば内定にぐっと近づくはずです。既卒の強みは、若い人材特有の将来性や柔軟性。また、企業の都合に応じて入社時期を調整できるのもアピール材料になります。「新卒就活での学び」や「卒業後の社会経験」もあわせて伝えれば、個人の意欲や成長性を重視する企業から歓迎されるでしょう。
就職活動のやり方に悩んでいる既卒者の方は、「既卒1年目の就活は厳しい?就職を成功させるポイントを解説!」もぜひ参考にしてみてください。また、既卒の就活を成功させた人の体験談では、既卒から正社員を目指すときの具体的なエピソードもご紹介しています。

就活で好印象な「既卒の理由」をアドバイザーが解説!

この項では、志望先の会社に「既卒の理由」を聞かれたときの回答のポイントを、ハタラクティブのキャリアアドバイザーである今澤 由起(いまざわ ゆき)さんが解説します。

就活で好印象な「既卒の理由」をアドバイザーが解説!の画像

<今澤 由起(いまざわ ゆき)>

2014年にレバレジーズへ入社。ハタラクティブのキャリアアドバイザーとして、年間700件以上の若者の転職支援を担当。モットーは「求職者一人ひとりに働く楽しさを伝える」こと。一人でも多くの既卒者やフリーターの就職先を見つけるべく、求職者の声にしっかり耳を傾けながらカウンセリングを行っている。

今澤さんは、「ハタラクティブを利用する既卒者のタイプは、大きく6種類に分けられる」と語ります

【理由1】大手を中心に受けて内定を貰えずに卒業した

新卒の就活で100社以上受けたのに就職できなかった人たちは、メーカーや商社、金融関係などの大手ばかりを狙って就活に失敗した方が多いようです。既卒となった理由の伝え方によっては「何か問題があるのでは」と疑われる傾向にあるので、注意が必要だと今澤さんは指摘します。

「人気企業の選考では、求められる経歴やスキルが一段と上がり、倍率もグンと高くなります。答え方のポイントは、新卒での就活の問題点をきちんと振り返った内容を盛り込むこと。たとえば、『努力不足だった』『こだわり過ぎていた』といった反省点を盛り込むだけでも評価が上がります。そのうえで、『仕事について視野を広げた』とか『就職先に多くの条件を求めたのは間違っていた』などと伝えると効果的です」(今澤さん)

回答例

「新卒時には大手金融業界に絞って就活していましたが、なかなか上手く行かず、現在も既卒として就活を続ける結果となってしまいました。今では、社会人としての経験がないにも関わらず、人気の高い業界にこだわり過ぎた点を反省しております。現在は視野を広げ、アルバイト時代に培ったコミュニケーション能力を活かすべく、営業職としての就職を目指しています。」

正直かつ明確に答えるのが大事

既卒になった理由は、正直に答えましょう。正直に答えると採用されにくいのではないかと不安になる既卒者もいるようですが、反省の姿勢を見せれば問題ありません。
重要なのは「既卒になったことをどう考えているか」「その経験から何を得たのか」。採用担当者が知りたいのは、あなたの姿勢や考え方です。就活の失敗を「本当にやりたいことが分かった」「キャリアプランが明確になった」と前向きに捉えている人は、「失敗から乗り越えられる人材だ」と評価されるでしょう。

【理由2】新卒のときに就活に力を入れていなかった

「新卒就活への取り組み方が甘かった」と感じている既卒者は、就職に活かせる自身の行動や努力を伝え、就活に積極的な姿勢をアピールする必要があります。

「新卒の就活で数社だけ応募して選考に進めなかった、面接に落ち続けて既卒になってしまったという方は、『当時何も考えておらず、適当に就活していたら失敗しました』や『就活のモチベーションが上がりませんでした』のように答えるのは控えましょう。アルバイトやサークル活動など、就活以外に取り組んでいたことがあれば回答に入れ込んでください。そうすることで、新卒の就活には情熱を傾けられなかったものの、ほかのことに打ち込む熱意があったとアピールできます」(今澤さん)

回答例

「正社員として働く自信がなく、就活には消極的で既卒になってしまいました。現在は卒業と同時に始めた飲食店でのアルバイト経験を活かしたいと考えており、接客業・販売業を中心に就活を行っています。今後は内定がいただけるまで諦めず前向きに行動したいと思います。」

就職への努力をアピールしよう

既卒の就活では、就職に向けて努力していることを具体的にアピールしましょう。たとえば、「新卒の就活では行動力が足りなかった」という人は、「就職活動のイベントには必ず参加している」といったアピールで積極性を説明します。そのほか、「スキル不足を補うために資格の勉強をしている」といったアピールも努力として評価されるでしょう。

【理由3】アルバイトに熱中し過ぎていた

アルバイトに熱中し過ぎていた既卒者は、学生時代に「どのようにアルバイトを頑張ったのか」を、実績を交えて具体的に伝えることがポイントだという今澤さん。

「たとえば、バイト先のお店の規模やスタッフの人数、一週間の勤務日数。リーダー経験があるなら、何人くらいをまとめていたのかなど、就活まで手が回らなかった理由を混ぜ込んでください。ただ遊んでいて就活しなかったわけではないことを伝える大切な材料になります。正社員経験がない既卒者は、アルバイトで培ったことをしっかりアピールしましょう」(今澤さん)

回答例

「大学時代は居酒屋チェーンのアルバイト副店長として、約10名のスタッフをまとめ、週4日、正午から夜12時ごろのシフトで2年間働いていました。奨学金の返済が始まったこともあり、せっかくの新卒採用という機会を棒に振って既卒になってしまったことは、非常に後悔し、反省しております。現在はアルバイトでの副店長経験で培ったコミュニケーション力や判断力を活かして、企画職に就きたいと考えています。」

仕事で活きる経験は積極的に伝える

既卒の就活において、応募先企業で活かせそうなアルバイト経験は、積極的にアピールするのがおすすめです。たとえば、営業職を志望する場合、飲食店のホールや販売職で得た接客スキルは評価される可能性が高いでしょう。アルバイトは職歴とは認められませんが、ポテンシャルをアピールするには有効です。

【理由4】単位に追われて就活がままならなかった

大学1年〜3年生にかけて遊びやサークル活動などを優先して授業にあまり出ていないと、4年生で多くの単位を取る必要が出てきます。それが原因で就活に手が回らず、既卒になってしまったのがこの理由です。

「『なぜ新卒で就職しなかったのか?』と聞かれたときは、何に熱中して大学に通えなかったのか、4年生でどのくらいの頻度で大学に通っていて就活できなかったのかを、できるだけ明確に伝えることがポイント。過去は変えられないので、遊んでいたから1年〜3年生で大学に行っていなかった、と正直に答えても良いのです。大切なのはその後。4年生でどれだけの単位を週何日、何限から何限まで大学に通って取得しなくてはならなかったのか。それを現在、どう思っているのかを詳しく説明してください」(今澤さん)

回答例

「大学3年までサークル活動やアルバイトに熱中して、学業をおろそかにしてしまいました。そのため、4年の就活時期に50単位以上取らなくてはならず、週5日、朝から夕方まで授業に出ていて就活に専念できず既卒になってしまいました。入学から就職について考えるべきだったのですが、計画性を持たず大学生活を過ごしてしまい反省しております。今後はサークル活動やアルバイトで身につけた経験を少しでも活かしながら、新しいことにも積極的に挑戦し、いち早く御社の売上、事業に貢献できる人材になれるよう尽力してまいります。」

【理由5】家庭の事情で断念した

経済的な問題や家族の介護など、家庭の事情で学生時代に就活ができなくなり、既卒になったという理由もあります。

たとえば、親の介護で就職活動ができなかった場合、具体的な病状やご自分で介護しなければならなかった理由、介護期間、介護方法などを答えるようにしてください。介護や経済的な問題は、命や暮らしに関わるとても重要なことです。その重要性は、会社側も分かっているので、既卒になった理由として納得感があります。そうした事態にまっすぐ向き合ったことは、信頼感や高評価につながります」(今澤さん)

回答例

「大学4年のときに父が脳梗塞で倒れ、後遺症で半身マヒになりました。妹がまだ中学生で、母は仕事があったため、私が自宅で約1年間、父の介護をしていました。トイレの介助から食事の用意、ヘルパーさんの手配まで行っていたなか、就活ができない状態が続き、新卒として就職できませんでした。この度、父が施設に入り自宅で介護する必要がなくなったため、既卒として就活をしています。社会人として後れを取っているため、入社となった際には人一倍努力し、いち早く御社に貢献できるよう、仕事に励みたいと考えています。」

【理由6】夢を追っていた

歌手やスポーツ選手など、新卒の就活時期に夢を追っていて、既卒になった人もいるでしょう。「なぜ新卒で就職しなかったのか?」に上手く答えるコツは、夢を諦めた決意をしっかり伝えることだと今澤さんは話します。

「企業が確認したいのは、本当にその夢を諦めたのかどうか。内定を出した人材が、入社後『やっぱり夢を諦められません』といって辞めてしまったら、会社にとっては大きな痛手です。だから夢に見切りをつけたことを、聞かれる前に伝えるぐらいの姿勢が必要です。夢を断念した理由は人それぞれですが、『夢を趣味として続けていく』といい切ったり、『環境が変わって夢を追う気がなくなった』と伝えたりすると、企業からの安心を得られるでしょう。また、期限を設けて夢に取り組んでいた方には、企業が好印象を抱く傾向にあります。だらだらせず、目標達成のために期限を切って動く。それは仕事にも通じますね」(今澤さん)

回答例

「学生時代はプロミュージシャンを目指して音楽活動に熱中していたので、就職は考えていませんでした。しかし卒業後、音楽活動で生計を立てること、そして音楽を仕事にする厳しさを身を持って知りました。また、音楽仲間がどんどん就職し、音楽で食べていくことへの情熱も徐々に薄れていきました。今となっては、仕事と趣味を分けて考えられずに既卒になったことを後悔しており、もっと早く就活すべきだったと反省しております。音楽活動は今後、趣味として続けていきたいと考えています。今までの甘えた環境から抜け出し、なるべく早く御社のシェア拡大に貢献できる人材になれるように努めてまいります。」

アドバイザーから既卒で就活する方へメッセージ!

最後に、就活アドバイザーの今澤さんから既卒として就職活動中の方へのメッセージをご紹介します。

就職を諦めないで!一歩踏み出せば未来が開ける

「卒業後のブランクをマイナスだと捉える会社も一部あります。それでも、人生で少しぐらい職歴に空白があることは致命的な傷にはなりません。既卒の皆さんはまだ若いので、一歩踏み出せば未来が開けます」

ハタラクティブのサービスについて

「就職・転職エージェントのハタラクティブでは、皆さんが既卒になったことを決してマイナスと捉えません。じっくりお話をうかがったうえで、求人の選び方や履歴書の添削、面接対策など、あなたの就活を丁寧かつ強力にサポートします。『なぜ新卒で就職しなかったのか?』といった答えにくい質問も、企業の面接傾向や好みに詳しいアドバイザーが一緒になって考えるので、まずは安心してご相談ください。ハタラクティブには、そういったサポートを積み重ねることで、既卒の方が正社員として就職した実績が豊富にあります。面接では、厳しいことをいわれる場面もあるでしょう。でも諦めないでください。そんなあなたを理解して求める会社は、きっとあるはずです」(今澤さん)

既卒の就活に関するお悩みQ&A

ここでは、既卒の就活に関するよくあるお悩みをQ&A方式で解決していきます。

既卒として扱われるのはいつからいつまで?

既卒に決まった年齢制限はありませんが、多くの企業では「学校を卒業して3年以内の人」を既卒として扱うようです。既卒とは、高校や大学、専門学校などを卒業後、一度も正社員就職していない人のこと。正社員経験のないフリーターやニートも既卒に含まれる場合があります。就活における既卒の扱いについては、「既卒とは?言葉の意味や就活の方法を知って就職を目指そう」をご覧ください。

既卒の就活は厳しい?

新卒や転職者と比較すると、既卒の就活は厳しいといわれることが多いようです。その主な要因には、日本の新卒一括採用の流れや、中途採用枠における立ち回りの難しさなどがあります。既卒の就活がなぜ不利になるのか詳しく知りたい方は、「既卒の就職が厳しいと言われる3つの理由」をご参照ください。

既卒から正社員になるのは無理?

既卒から正社員を目指すことは可能です。既卒は求人や応募人数の少なさから「就活が厳しい」といわれることもありますが、求人のなかには、経験以上に若さやポテンシャルを重視している企業も存在します。既卒の就活事情は、「既卒は新卒枠に応募できる?内定獲得につながる強みや注意点をご紹介」で詳しく解説しているため、あわせて参考にしてみてください。

既卒1年目の就活方法は?

既卒1年目は、ポテンシャルを重視している求人に注目して就活を進めましょう。企業によっては、新卒として応募できる求人もあるので、求人は幅広く探すことを心掛けてみてください。新卒枠での応募は年齢が若いほど有利になる可能性があるため、少しでも早く就活を始めましょう。効率良く就活を進めるなら、就職・転職エージェントのハタラクティブの利用がおすすめです。20代の既卒や第二新卒を対象に就職支援を行っており、ポテンシャル採用に積極的な企業もご紹介しています。

この記事に関連するタグ