既卒の就職は厳しくない!内定のためにするべき4つのこと

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 既卒の就職は厳しくない!内定のためにするべき4つのこと

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • 既卒とは、内定がないまま学校を卒業した正社員経験がない人のこと

    最近は既卒を新卒扱いする企業が増えている

    企業は既卒の柔軟性や自社との相性に注目している

    面接で既卒になった理由を説明できるようにしよう

  • ・求人に先入観を持たず自分の可能性を広げよう

既卒の就職は厳しくない!内定のためにするべき4つのことの画像

「既卒の就職は厳しい」というイメージを持つ人は多いですが、それはなぜでしょう?

コラムでは、既卒の弱みと言われる要素とともに、就活で役立つ既卒の強みを紹介します。

即戦力になるスキルがなくても、求人の探し方を工夫し面接で熱意を伝えれば、自分に合った企業に就職できます。

コラムを読んで、正社員になるための具体策を知りましょう!

既卒の定義

既卒とは、内定がないまま大学や専門学校を卒業し、正社員として働いていない人を指す言葉。明確な定義はありませんが、卒業後3年以内の人を指すことが大半です。

卒業後に正社員として働いていない人は全て既卒とされ、アルバイトをするフリーターも既卒に含まれます。


第二新卒

既卒と混同しやすい概念として、「第二新卒」がありますが、こちらは新卒入社した会社を3年以内に退職した人を指す言葉。

第二新卒は最初の企業で社会人としての基礎的な教育を受けており、転職市場では「教育コストがはぶける」「ある程度の実務スキルがある」という点が評価される傾向にあります。

既卒と第二新卒はどちらも20代前半のイメージですが、正社員経験の有無が両者の大きな違いです。

既卒の就職が厳しいと言われる4つの理由

既卒の就職が厳しいと言われる4つの理由の画像

「既卒の就職は厳しい…」というイメージを持つ人は多いですが、それはなぜでしょうか?

主な理由を確認していきましょう。

 

(1)就職できない=何か問題があると思われる

既卒は在学中に内定が得られず卒業しているケースが大半。日本では大半の学生が在学中に就職先を決めるため、既卒は「就職への意欲が低いのでは?」「他の企業が採用しない問題があるのでは?」と思われがちです。

 

(2)日本の就職は新卒に有利

日本は今のところ新卒一括採用が主流であり、新卒のみを募集する企業が多くあります。もちろん、既卒でも応募できる企業は多々ありますが、「この企業に行きたい」という強い希望がある人にとっては、選択肢が狭まることになるでしょう。

 

(3)中途枠での戦いに苦戦する

既卒が中途枠に応募する場合、社会人経験がある中途の応募者と戦わなくてはなりません。

学生を対象とする新卒採用では、人柄やポテンシャルが評価基準となりますが、中途採用ではスキルや経験が高く評価されます。

若手が欲しい企業は別ですが、即戦力を重視する企業にとっては、既卒は魅力的な人材に映らないでしょう。


(4)就活に向けた行動をしていない人が多い

「正社員になりたいけど、何もしていない」という人は意外といます。

業界研究をする・求人を探す・就職エージェントに登録する…といった具体的な行動を起こさない限り、就職先は決まりません。

年齢が上がると若さという強みがなくなり、就職先の選択肢がどんどん狭くなります。卒業後何となく過ごしている人は、「○月までに就職する」という目標を立てて、今すぐ就活を始めましょう。

既卒を募集する企業は増加している

既卒の就職が厳しいと言われる理由をご紹介しましたが、「やっぱり既卒は不利」と思うのは早計です。近年は既卒を「新卒扱い」で採用する企業が増加しており、熱意と行動が伴えば既卒の就職は決して難しくありません。

国による取り組みや、企業が既卒に期待する要素を確認しましょう。


国による既卒雇用への取り組み

厚生労働省が行う「三年以内既卒者等採用定着奨励金」(※)では、既卒者を新卒枠で募集・採用した企業に奨励金が支給されます。

こういった制度や人手不足を背景に、近年は既卒を新卒枠で募集する企業が増えていると予想できます。

また、新卒を思うように採用できなかった企業が、その分を既卒で補完するケースもあるようです。

 

※平成29年5月1日から「特定求職者雇用開発助成金(三年以内既卒者等採用定着コース)」


企業が既卒に期待すること

・素直であるか、育てやすい人材か

・一緒に働きたいと思えるか

・入社意欲が高く熱意があるか

・社風にマッチするか

 

企業は、スキルを評価する第二新卒とは少し違った目線で既卒者を見ています。特に新卒枠で募集を行う企業では、ポテンシャルや人柄を評価する傾向にあるようです。

次の項目では、既卒の強みを具体的に説明します。

就活で役立つ既卒の強み

就活で役立つ既卒の強みの画像

一般的に、既卒より新卒の方が就活に有利だといわれます。しかし見方を変えれば、既卒にもいくつかの強みがあります。

資格取得ができる

 就職していない既卒者は比較的自由に動けるため、資格取得に時間を費やせます。実務経験がなくても資格があれば、基礎的なスキルを証明でき、場合によっては選考が有利になるでしょう。

資格取得にあたっては、希望する業界や職種で役立つものを厳選するのがポイントです。目指している仕事で使えない資格は、あまり評価されないので注意しましょう。


冷静な視点で仕事探しができる

 新卒の頃、「あの業界は働きやすい」「あの業界は残業が多い」といった噂で志望先を決めていた人はいませんか?

不確かなイメージに振り回された結果、自分に合った企業を見つけられず、就職に失敗するのはよくあるパターン。

既卒の強みは、そんな過去の反省を活かし、自分が本当にやりたい仕事を冷静に判断できることです。

 

挫折経験を乗り越えた強さがある

 既卒の中には、新卒時に内定をもらえない挫折を味わった人が多くいます。

そのため、粘り強く就活を続ける姿勢を見せれば、採用担当者からハングリー精神を評価される可能性もあるでしょう。

どんな会社でも、困難を乗り越えようとする精神力やストレス耐性は重宝されます。

 

内定後すぐに入社できる

新卒は卒業後の4月から働くのが一般的ですが、既卒は内定後すぐに働けます。早く人材が欲しい企業からすると、いつでも入社可能な既卒は魅力的な人材といえるでしょう。



このように、既卒ならではの強みは複数あることがわかります。

新卒には、「選べる求人数が多い」というメリットがありますが、初めての就活で冷静に仕事選びの軸を定めるのが難しいのも事実。

その点一度就活を経験している既卒は、その時の反省をもとに就職先を見極められます。学生時代に就活をしていなかった人も、過去の反省を踏まえて今後の目標を考えましょう。

<関連記事>

既卒が就職するためにするべき4つのこと

次は、既卒で就活する上で押さえたい4つのポイントをご紹介します。

 

(1)卒業後の空白期間について回答できるようにする

卒業から就職活動のスタートまで間がある場合、ブランクの理由を問われることがあります。ここでしっかり答えるためには、前もって自問自答し、答えを見つけておくことが大切です。

資格などの勉強をしていた人は、なぜその資格を取得しようとしたのかを説明すればOK。卒業後の学びが入社後どのように役立つかを伝えましょう。

何となく時間を過ごしてしまった人は、言い訳に聞こえるような内容は避け、反省点や失敗したことを正直に話してください。反省を踏まえてこれからどう行動したいのか、今後の展望を前向きに説明できると印象が良くなります。

学生時代に就職先が決まらなかった理由を聞かれた場合も、反省点を素直に認めた上で、今後の意気込みを伝えるのが基本です。

 

(2)先入観を持たずに求人を探す

「◯◯業界はきつそうだからやめておこう」といった先入観に捉われると、その分就職のチャンスが減ってしまいます。

求人を探す前に業界研究を行い、自分の知っている業界だけでなく、知らない業界に間口を広げてみてましょう。仕事は合う・合わないが大きいので、大変なイメージを持っていた業界でも、適性があれば働きやすいと感じる可能性があります。

イメージではなく、自分の適性や求める条件に合った仕事を探すことを意識してください。

 

(3)今すぐ行動に移す

「既卒だから…」と、迷っているのではなく「今から積極的に就活しよう!」と前向きに臨むことが大切です。

受ける企業が多ければ多いほど、内定をもらえるチャンスは増え、正社員として働ける可能性が高まります。

面接に自信がない人も、場数を踏むことで流れがつかめ、緊張とうまく付き合う方法が見つかるでしょう。

 

(4)就職支援サービスを利用する

既卒は新卒と違って大学の就職課(キャリアセンター)のサポートを受けられず、就活情報を交換する仲間がいません。

1人で就活をすると視野が狭まったり、行き詰まって就職を諦めたりする場合あります。

「就活のやり方が分からない」という人ほど、ハローワークや就職・転職エージェントといった機関を利用するのがおすすめです。

特にエージェントは丁寧なカウンセリングと求職者に合った求人提案をしてくれるので、プロの指導を希望する人はぜひ利用してみましょう。



ハタラクティブは、既卒の就職に実績のある就職エージェント。

専任アドバイザーがあなたの不安や悩みをヒアリングし、求人紹介や応募書類の作成指導、面接練習まで手厚くサポートしています。

加えてハタラクティブでは、面接日程の調整や条件交渉といった企業との連絡代行を実施。就活の負担が減り、効率よく選考を進められます。

既卒を歓迎する企業を知りたい方や、就活のやり方に不安がある方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

既卒の就活によくある疑問とは?Q&Aで悩みを解決しよう

ここでは既卒ならではのお悩みにQ&Aでお答えします。参考にしながら、疑問の解消に役立ててください。

既卒の場合、入社後に新人研修などはあるのでしょうか?

採用枠によって異なります。新卒枠で採用された場合は、新卒者と同じ新人研修に参加する形が一般的。中途採用の場合、研修の有無は企業によって異なります。とはいえ、「既卒=社会人未経験者」と理解したうえで企業も採用しているため、研修制度を導入している場合がほとんどです。

履歴書の職歴欄にアルバイトの経歴を書くのはOKですか?

基本的に、職歴欄に書くのは正社員の経験になります。正社員を志望する場合、アルバイト経験は記載しないのが一般的です。例外として、アルバイト経験によって応募先の会社で活かせるスキルや知識が身についているのであれば、記載してもOK。記入する際は、社名の後ろに「(アルバイト)」と付け加えましょう。書き方については「アルバイト経験は職歴欄に書くべき?既卒の履歴書の書き方」でも詳しく解説しています。

卒業証明書の提出を要求されたのですが、卒業証書の写しでも良いでしょうか?

卒業証書は卒業証明書の代用にはなりません。卒業証明書は卒業した大学の事務所窓口に依頼するか、申込書を郵送で送れば数日中に発行可能です。企業によっては、卒業証明書の提出を求めることもあります。念の為、事前に大学のWebサイトなどで発行の依頼方法を確認しておきましょう。

既卒の就活開始として有利な時期はあるのでしょうか?

「この時期が有利」というタイミングはありません。既卒は新卒と違っていつでも就活を開始してOKですから、人によってベストの時期は異なるでしょう。ただ1つ言えるのは、行動開始は早ければ早いだけ有利です。詳しくはこちらのコラムの「既卒は早めに就活を始めよう」をご参照ください。

ハタラクティブでは、これまで正社員経験のないフリーターや既卒者への就職支援を積極的に行っています。まずはこちらの相談フォームから、今のお悩みをお聞かせください。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ