既卒者の就職は厳しい?不利だといわれる理由や就活成功のポイントとは

既卒者の就職は厳しい?不利だといわれる理由や就活成功のポイントとはの画像

この記事のまとめ

  • 既卒者は「学校を卒業したあとに就職していない人」を指す
  • 既卒者の就職は必ずしも厳しいわけではない
  • 既卒者になる理由は「在学中に内定を獲得できなかった」「就職意欲が低かった」など
  • 既卒者の就職が厳しいといわれるのは、マイナスイメージを抱かれやすいため
  • 「就職は厳しい」とあきらめず、自己分析や面接対策をして内定獲得を目指そう

「既卒者の就職は厳しいの?」と疑問に思っている方もいるでしょう。既卒者であっても、事前に自己分析や面接対策などを十分に行えば、就職することが可能です。
このコラムでは、既卒者の就職が厳しいといわれる理由や就職成功のポイントを解説します。既卒者としての就職活動をスムーズに進められるよう、コラムの内容をぜひ参考にしてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

既卒者とは

既卒者とは、学校を卒業したあとに就職していない人のことです。既卒者と似ている言葉に「第二新卒」がありますが、第二新卒は学校を卒業して就職し、数年以内に離職する人を指します。

既卒の意味や第二新卒との違いは「既卒と第二新卒の違いとは?どちらが有利?定義や就職のコツも紹介」のコラムでも解説しているので、あわせてチェックしてみてください。

既卒者の就職は厳しい?

既卒者の就職は、必ずしも厳しいわけではありません。自己分析や企業研究、面接対策などを十分に行えば、既卒者も就職できると考えられます。就職を視野に入れているなら、「既卒者だから厳しいだろう…」とあきらめず、早めに就活を始めましょう。

既卒者の就職が厳しいかは「既卒就活の実態は?厳しいと感じたら就職サイトやエージェントを活用しよう」のコラムでも解説しているので、ぜひ参考にしてください。

就職せず既卒者になる理由

新卒で就職せずに既卒者になる理由には、「在学中に内定を獲得できなかった」「就職意欲が低かった」などがあります。

就職先が決まらないまま学校を卒業した

在学中に就職活動をしたものの内定をもらえず、そのまま学校を卒業して既卒者になる人がいます。そのほか、「どうしても就職したかった会社から内定をもらえず、就活を途中でやめた」という人もいるでしょう。

怪我や病気で就職活動ができなかった

怪我や病気などで在学中に就職活動ができず、既卒者になる人もいます。やむを得ない事情で学生のときに就職活動ができなかった場合、具体的な事情を企業に伝えれば、不利になる可能性は低いでしょう。

就職意欲が低かった

「就職したいと思えず、就活をしなかった」という人もいるようです。学生時代に就職活動をせず、既卒者として内定獲得を目指す際は、現在は就職意欲があることをアピールする必要があります。

既卒者の就職が厳しいといわれる理由

既卒者の就職が厳しいといわれる理由には、「新卒時に比べて求人が少ない場合がある」「マイナスイメージを抱かれやすい」などがあります。

新卒時に比べて求人が少ない場合がある

既卒者の場合、基本的には中途採用の求人に応募することになります。中途採用では実務経験やスキルを必要とする求人もあるため、新卒時に比べて選択肢が少なくなる可能性があるでしょう。ただし、学校を卒業して3年以内であれば、新卒採用枠の求人に応募できることがあります。学校を卒業して間もない場合は、新卒採用枠の求人もあわせてチェックしてみると良いでしょう。

マイナスイメージを抱かれやすい

企業側は、「新卒で就職しなかったなら、仕事への意欲が低いのでは」と既卒者に対して否定的な印象を抱く場合があります。既卒者として就職活動をする際は、卒業と同時に就職しなかった理由や反省点、仕事への意欲を明確に伝えることがポイントとなるでしょう。

就職活動へのモチベーションを保つのが難しい

既卒者が内定獲得を目指す際、新卒のときのように同世代が一斉に就職活動をしているわけではありません。そのため、就職活動について情報交換できる人が周りにおらず、モチベーションを保つのが難しくなる場合があるでしょう。
既卒者として就活している友人がいる場合は、積極的に連絡をとって情報共有しましょう。そのほか、すでに働いている友人に仕事のことを聞き、就職へのモチベーションを維持できるよう工夫することが大切です。

既卒者として就職活動するメリット・デメリットや対策方法は「既卒の就活方法は?職歴の書き方やおすすめの支援サービスをご紹介!」のコラムで解説しているので、ぜひ参考にしてください。

既卒者の就職成功のポイント

既卒者として就職活動を行う際は、「自己分析を十分に行う」「面接の回答を用意する」といったポイントを押さえましょう

自己分析を十分に行う

まずは自己分析を行って自分の特性を理解し、強みを企業にアピールできるようにしましょう。自己分析を行うことで、働くうえで大切にしたいことやモチベーションの源泉も明らかになります。自分に合う企業を選ぶためにも、自己分析は重要です。

既卒者歓迎の求人を探す

中途採用の求人の中には、「既卒者歓迎」と記載されているものがあります。そのほか、「経歴不問」「未経験歓迎」と書かれている求人は、既卒者も応募しやすいでしょう。既卒者がチャレンジできる求人を見逃さないよう、求人サイトや求人広告を見る際は、募集要項を詳しく確認することが大切です。

企業研究を徹底して行う

企業研究をすることで、自分に合う会社なのか、やりたいことは実現できるのかが明確になります。企業のWebサイトや就活サイトなどを活用し、事業内容や理念、社風、今後の展望などをチェックしましょう。

面接の回答を用意する

事前に頻出質問への回答を用意しておかないと、「緊張して考えが思い浮かばず、質問に答えられなかった…」となる恐れがあります。既卒者として就職活動する理由や志望動機は事前に回答を用意し、自信を持って答えられるようにしましょう。

就職活動の期間を決める

就職活動の期間を決めないと、知らず知らずのうちに長引き、終わりが見えなくなってしまいます。「時間をかければもっと良いところに就職できそう」と思ったとしても、その分就職するのが遅れてしまいます。既卒者の期間が長いと、企業から「就職意欲が低いのでは」と思われる可能性があるでしょう。就職活動を始める前に、期間を自分で決めておくことが大切です。

「就職したいけれど、何から始めたら良いか分からない」「既卒者だから内定をもらえるか不安」という方は、ハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブは、既卒者やフリーターなどの若年層を中心に就職・転職支援を行っています。当サービスでは、アドバイザーが希望を伺い、あなたに合う求人をご紹介。未経験OKの求人を多数ご用意しており、ハタラクティブを利用して就職した3人に2人は正社員未経験です。
履歴書・職務経歴書のアドバイスや面接対策をマンツーマンで行っているので、自信を持って選考に臨めるでしょう。既卒者として就職活動を始める方は、内定率80.4%(2021年8月時点)のハタラクティブにぜひご相談ください。

この記事に関連するタグ