既卒者が押さえるべき面接の質問対策

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 既卒就職TOP
  4. >
  5. 既卒の就活
  6. >
  7. 既卒者が押さえるべき面接の質問対策

ここでは、既卒の方が面接時によく聞かれる質問や、回答を考える際のポイントをご紹介します。
自信を持って面接に臨めるよう、参考にしてください。

【このページのまとめ】
・既卒者が面接時によく聞かれるのは、既卒になった理由や空白期間の過ごし方
・既卒になった理由を述べる際は、反省点や今後の抱負を伝えよう
・アルバイトや資格取得をした人は、企業の求める人材像を確認した上で内容をまとめよう
・自己PRや志望動機は、客観的な視点で中身を考えることが大切

面接時によく聞かれる質問

面接時に落ち着いて受け答えができるよう、頻出の質問は回答を準備しておくことが大切。その場で考えると緊張でうまく話せなかったり、悪印象につながる回答をしてしまったりする恐れがあります。

既卒の方は、特に以下の質問をされることが多いようです。

・なぜ既卒になったのか
・空白期間は何をしていたのか
・自己PR
・志望動機 など

自己PRや志望動機は新卒者にとっても定番ですが、既卒になった理由や空白期間の過ごし方は、既卒者ならではの質問です。
内容が同じでも伝え方によって採用担当者に与える印象は変わるため、次項でご紹介するポイントをしっかり押さえましょう。

既卒として過ごした理由

「なぜ新卒時に就職しなかったのですか?」という問いは、既卒の方が必ず聞かれる質問。面接官は、「何か問題があって就職しなかったのでは」という懸念から、この質問をしているようです。

正直に話すことが大切ですが、面接官が納得できる理由でないと、採用されるのは難しくなります。
就職しなかった理由は大きく分けて2種類あるため、それぞれの答え方のポイントを見ていきましょう。

1つ目は、「新卒時の就活で内定を取られなかったから」です。
「就活がうまくいかなかった」「内定を得られなかった」という場合は、「なぜそうなってしまったのか」も併せて聞かれることが多いでしょう。
「業種を絞りすぎてしまったため、就活がスムーズに進みませんでした。今回は反省点を活かし、広い視野を大切にして就職活動を行っています」など前向きな姿勢を伝えられると、企業側の不安を取り除くことができます。
就活の失敗要因の分析や、解決策をしっかり説明できるようにすることが大切です。

もう1つは、「理想の仕事・求人がなかったから」という理由です。
この理由で既卒になった人の中には、「就職活動に興味が持てなくて、なんとなくフリーターに…」という方もいるでしょう。「なぜ就職活動をしなかったのか」「今はどう考えているのか」という点を伝え、今後の仕事に対する意欲をアピールすることが大切です。


空白期間の過ごし方はどう答える?

空白期間をどう過ごしたか伝えるためには、経験の洗い出しが必要です。

フリーターをしていた方は、アルバイト経験で学んだことや身につけたスキルなどを書き出してみましょう。課題を解決したり困難を乗り越えたりしたエピソードが思い浮かぶ人は、どのように対策をとったのか、そこで得たことは何かをまとめましょう。

資格を取得した方は、仕事に役立つというアピールだけでなく、なぜその資格をとろうと考えたのか、どのように勉強を進めたのかなどのエピソードも盛り込むと、「自分で考え実行する力がある」として面接官の印象がUPする可能性が高くなります。

「アルバイトや資格取得のエピソードが多くある」という方は、経験を洗い出したら、応募先企業に活かせる内容をピックアップしましょう。会社側が求める人材像を確認し、マッチする内容を伝えることが大切です。

経験を振り返ることは、自己PRで自分の強みを述べる際にも役立つため、時間をかけて丁寧に行いましょう。


自己PRや志望動機は「企業目線」を忘れずに!

新卒時に就活経験のある方は、「前と同じように考えれば良いのでは」と思う方が多いかもしれません。しかし、空白期間が長い人の場合は学生時代のエピソードを盛り込むことができないため、先述した「経験の洗い出し」を基に、内容を考えることが必要です。

志望動機では応募先企業の魅力を踏まえて意欲や熱意、スキルをアピールし、ビジョンを伝えるようにしましょう。印象的な内容にするために、「その企業ならでは」の中身にするのがポイントです。
自己PRの際は強みを冒頭で述べ、根拠となるエピソードを具体的に伝えます。終盤では強みを活かしてどのように貢献できるか述べることで、入社後に活躍する姿をイメージしてもらえるでしょう。

自己PRや志望動機は自分の目線で考えてしまいがちですが、企業側の立場になることが大切です。
客観的な視点で内容をまとめ、説得力のある中身になっているかしっかり確認しましょう。心配なときは、家族や友人など第三者にチェックしてもらうのも1つの方法です。

既卒から就職を目指している方の中には、「内定を得られるか不安」「面接の正しい受け答え方法がわからない」といった悩みをお持ちの方がいるかもしれません。
ハタラクティブでは、既卒やフリーター、第二新卒などの若年層を対象に就職・転職支援を行っています。応募書類のアドバイスや面接対策などのサポートをマンツーマン体制で行っているので、気軽にご相談ください。

おすすめ記事

▼ご相談はこちらから▼

  • 現在の状況とご希望条件をご選択ください
    • ステップ1
    • ステップ2
    • ステップ3
    現在のご状況必須

    離職中・フリーター
    (契約・派遣含む)

    正社員

    在学中
    (卒業予定)

    在学中
    (中退予定)

    在学中
    (中退を検討中)

    就職開始可能時期必須

    できるだけ早く

    1~2ヶ月先

    3ヶ月以上先

    まだ本当に活動するか決めていない

    最終学歴の卒業年必須

    ←戻る
    次へ

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ