新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 面接で気をつけることは何?模擬面接もやるべき?就職成功の秘訣を解説

面接で気をつけることは何?模擬面接もやるべき?就職成功の秘訣を解説

公開日:

最終更新日:

面接で気をつけることは何?模擬面接もやるべき?就職成功の秘訣を解説の画像

【このページのまとめ】

  • ・面接で気をつけることは「10分前に到着する」「ドアは3回ノックする」など
    ・面接で気をつけることには、髪を整えるなど身だしなみを整えることもあげられる
    ・面接で気をつけることは、模擬面接を繰り返し行って身につけられる

監修者:室谷彩依

キャリアコンサルタント

就職アドバイザーとして培った経験と知識に基づいて一人ひとりに合った就活に関する提案やアドバイスを致します!

面接で気をつけることを知っておけば、本番で焦らず対処できます。このコラムでは、会場到着時間から受付、入室、面接中、退室などのマナーを解説。就職活動における髪や服、小物などの身だしなみの注意点もまとめています。なぜ模擬面接を繰り返したり事前準備を早めにしたりしたほうが良いのかも、あわせてご確認ください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

面接で気をつけること

面接は、面接中以外にも会場到着時間や入退室のマナーなど、気をつけるポイントがあります。
「この会社で働きたい」と思うほど気になることが多くなり緊張してしまうかもしれませんが、「ここは必ず気をつける」という面接のポイントを押さえて、自分自身をアピールできるようにしましょう。


到着時間

面接で遅刻は厳禁。時間厳守です。
電車が遅延したというようにやむを得ない事情は考慮される場合もありますが、「道に迷った」「忘れ物を取りに帰った」など、自分の注意や準備次第で回避できる遅刻はしないようにしましょう。
それでも遅刻してしまう場合は、分かった時点で早めに電話で連絡を入れ、到着予想時刻を報告します。連絡をしないのは無断欠席とみなされますし、会社に多大な迷惑をかけるので避けてください。
面接会場への到着は、指定された面接時間の5~10分前が目安。早すぎる到着は担当者に気を遣わせてしまいます。時間よりも早く着いた場合は、先に会場を確認して近い場所で時間を潰しましょう。


受付

受付へ進んだら、笑顔で「本日、◯時から面接予定の◯◯(名前)と申します。ご担当の△△様にお取次願えますでしょうか」と伝えます。受付に人がいない場合、インターフォンなどを利用する場合もあるので、どちらの状況でも焦らず落ち着いて対応しましょう。


移動・待機室

受付が終わると待機室へ通される場合も。待機室では人目がなく気を抜きがちですが、すでに選考ははじまっています。だらしない姿勢で待つ、スマートフォンをいじるなどの行為は控えましょう。
また、待機室や面接室への移動時は、受付や面接官以外の社員とすれ違うことも多いです。その際はにこやかに軽く会釈をしてください。


入室~着席まで

面接は第一印象が重要。入室・着席マナーはしっかりと確認しておきたいポイントの1つです。下記の流れを覚えておきましょう。


・ドアを3回ノックする
・面接官が返事をしてから「失礼します」と声を掛けて入室する
・ドアは後ろ手で閉めず、向きなおって静かに閉める
・ドアの前で「よろしくお願いします」と挨拶し、お辞儀をする
・椅子の左側か後ろに立ち、簡単な自己紹介をする
・椅子には勝手に座らず、勧められた後に座る
・椅子には深く腰かけず、背もたれに寄りかからないように気をつける


面接中

面接中は、下記のポイントに注意してください。


姿勢を正す

面接を受ける際は、背筋を伸ばして姿勢を正しましょう。男性の場合は足を肩幅に開き、手は軽く握った状態で太ももの上に添えます。女性は膝を付け両足を揃えて座り、左手を上にして手を重ね、太ももの上に置きましょう。


相手を見てハキハキ話す

落ち着いた態度と明るい表情を心掛けます。面接官の目をしっかり見て、正しい敬語を使いましょう。一生懸命用意してきた自己PRや志望動機も、語尾を伸ばしたり、小さすぎる声では面接官に伝わらないことも。事前の準備を活かすためにも、受け答えの言葉遣いには特に注意が必要です。
また、複数人で面接を受ける場合は、他の人が話しているときも気を抜かず、きちんと話を聞き、うなずくなどのリアクションをしましょう。


自分も選定する立場であることを意識する

面接ではつい「自分をアピールする場」と考え、それにばかり集中してしまいます。しかし、面接は本来「マッチングの場」で、どちらかが優位性を持って行うものではありません。面接を通して「自分に合っている企業かどうか」をしっかり見極めることも大切です。


退室

面接が終了したら、「本日は貴重なお時間をいただき、ありがとうございました」と座ったまま伝え、一礼します。その後、立ち上がって椅子の横に立ち、再度一礼。ドアまで進んだら面接官のほうに向き直って「失礼します」と伝えましょう。さらに一礼した後、ドアを開けて退出し、向き直って静かに閉めます。
特に退出後の手続きなどを指定されなければ、そのまま寄り道やスマートフォンをいじるなどせず、建物を出てください。

身だしなみの注意点

面接官に「一緒に働きたい」と思ってもらうためにも、髪の毛やシャツなど最低限の身だしなみに気を配りましょう。
身だしなみを整えるのは面接だけではなく、社会人として当たり前のこと。下記に注意点をまとめたので、面接前に鏡で見て確認しましょう。自分でチェックリストを作っておくのもおすすめです。


髪の毛

髪の色は黒が無難です。暗めの茶色程度であれば良いとする会社もありますが、できる限り避けましょう。前髪が目にかかる場合は、ヘアピンで止めたりスタイリング剤で流したりするなど整えてください。髪の長い場合、ゴムで1つにまとめるかハーフアップにするとすっきりした印象を与えられます。
ショートカットの方は、髪が耳にかかっていないか、寝癖がついていないかも確認しておきましょう。


シャツ

上からジャケットを着ていたとしても、シャツのシワや汚れは意外と見られている部分。清潔でアイロンがかかっているかがポイントです。特に袖や襟は汚れが付きやすく、相手からも見えるところ。「どのくらいのシミなら許されるのだろう」と悩むのであれば、新調することをおすすめします。


小物

靴やバッグ、眼鏡などの汚れも目立ちます。就職活動ではずっと使っていなかった鞄やバッグを使おうと考える人も多いですが、汚れはもちろん痛みや破損がないかもチェックしておきましょう。眼鏡も綺麗に拭き取っておきます。雨が降っていると雫がレンズに付着し、水垢が残ることも。面接当日、会場に到着したら慌てずに綺麗にすると良いでしょう。


匂い

汗の匂いや体臭にも気を配りましょう。ただし、「臭うかもしれない…」と不安に思った結果、香水をつけすぎてしまうのは良くありません。軽く香る程度の香水は気になるものではないものの、きつい匂いは相手に不快感を与えることがあるからです。また、タバコの臭いもNG。タバコは身体に染み付いていたり、自分では臭っていることに気づけなかったりします。できれば第三者にタバコの匂いが染み付いていないか確認してもらいましょう。もちろん、面接前にタバコを吸うのは控えてください。

模擬面接や準備を入念に行うのが就職成功のコツ

面接を突破するには、模擬面接や事前準備などを行うことも大切です。


イメージだけの練習だと不十分

面接を通過できない原因の1つに、模擬面接を行っていないことがあげられます。「面接対策の本などは繰り返し読んだ」「イメージトレーニングをした」という人は多いですが、実はこういった対策だけでは不十分。本を読んだりイメージトレーニングをすることは重要な対策ですが、これらに加えて「実際の面接イメージを体験する」ことが鍵となるからです。
たとえば、「マニュアルを十分理解したうえで行ったのに、ミスをしてしまった」「家で演劇の練習をしたのに、本番の舞台に立ったら緊張していつもどおりの芝居ができなかった」という経験をしたことがある方もいるでしょう。面接も同じで、イメージだけだと本番で身体や心がついていかず、失敗してしまう可能性が高まります。
本番をイメージして行う「模擬面接」を繰り返し体験することで、本番でも過剰な緊張を感じず、予測された受け答えもスムーズに実現できるようになるでしょう。また、本番の面接では予想とはかけ離れた質問をされることも。そういったイレギュラーな質問も模擬面接では行うため、「すぐに答えを用意できなくても冷静に対処できる力」を身に着けられます。


面接の数日前には準備をする

面接前には交通ルートや持ち物の確認など、準備をしておくことも重要です。しかし、面接の当日や前日に準備をすると、不備があった際に対応できないことも。買い物をする必要が出てきても問題なく動けるよう、ゆとりを持って準備をはじめましょう。


交通のチェック

家から面接会場までのルートを確認しておきましょう。公共交通機関を使う場合は、時間や乗り換えにも気を配ります。電車やバスなどは遅延する可能性もありますし、道に迷ってしまう恐れもあるので、面接会場につく予定時間は早めに設定しておくと良いでしょう。


持ち物の確認

会社に指定された持ち物をはじめ、筆記用具やクリアファイル、履歴書・職務経歴書のコピー、会場までの地図などが揃っているかを確認しておきましょう。ハンカチやティッシュ、手鏡なども持っていくと、必要に応じて身だしなみを整えられます。また、近年はキャッシュレス化が進んでいますが、不具合によりシステムが利用できないこともあるので、現金も持っていきましょう。


面接で大切なことは、働きたいという強い気持ちを伝えること。
特に新卒や既卒、第二新卒など、社会人経験やスキルが少ない場合、仕事に対する意欲や熱意が就活を成功させる鍵になります。
しかし自分を良く見せたいばかりに話を大きくしたり、知らないことを知っているというのはNG。
面接には誠実な態度で挑みましょう。きっと面接官には伝わるはずです。
一人での面接対策に不安を感じているなら、ハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブは、若年層に特化した就職・転職支援サービスです。
カウンセリングや書類作成、一人では難しい面接の練習もマンツーマンで行っています。
面接に自信が持てるようになれば心に余裕が生まれ、より普段に近い自分で面接官にアピールできるのではないでしょうか。
就職を目指す方を、ハタラクティブは応援しています。
就活に関するご相談であれば、何でもお受けします。ぜひ一度ご利用ください。

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ